2009年11月14日

[天皇杯 ヴィッセル神戸戦]トーナメントは難しい

日本代表に、篤人・大樹、追加で興梠くんまでもが連れて行かれ
さらにイバのけがで、大幅にメンバー構成を変える必要に迫られた。

もうこれはどんなメンバーになっても応援するしかないしょモータースポーツ
と思っていたのに、これがなんと熱を出しましてあせあせ(飛び散る汗)
何とかキックオフまでには行こうと様子を見ていたけど
間に合わない時計になってしまって断念たらーっ(汗)
それでも何とか試合直前までに体調を整えて
家の近所のネットカフェへGoしてきましたダッシュ(走り出すさま)

最近帰りが遅かったから、
アントラーズ情報があんまりない状態でスタメンを待った。
興梠くんのとこは、タッシーだとどこかのニュースで見てて
イバのとこはパクチーだろうし。
大樹のとこは剛さんで行くのか、青木くんもあるなぁ。とか。
篤人のとこは誓志か、青木くんかな??とか。
色々な組み合わせを思い浮かべました。
CB剛さんで、右SBは久しぶりの誓志でした。
タッシーは、今シーズン初スタメンでしたね。

前半、アントラーズペースで時間が進みいつゴールが
生まれてもおかしくない雰囲気で押していた。
攻撃の起点のほとんどがタッシーになっていて。
おしいプレーが何度となく続いた。

でもこういう時って、何かのきっかけで先制点を取られちゃったりする。
今日もそのパターンだった。
先制点を取られ、きっちり守られ、勝ち逃げされちゃう。
あの勝てない苦しかった時のことが、一瞬思い浮かんだよ。

でもそのすぐ後に、マルキーとタクさんが目の覚める
コンビネーションで同点弾を決めてくれたよ。
今日のタクさんは動きがキレてた。
あの下から上に向かって弧を描くシュートってすごい技術たと思った。
得点後の重厚感あるガッツポーズが、タクさんの気持ちの強さを感じたよ。

その後は均衡状態のまま、後半の終盤にさしかかった。
これはもしかしてと、延長も覚悟した時に、
セットプレーから、ダニーロのヘッドが決まって逆転した。

その後の時間は、マルキーがタクさんがボールを持って
時間を使って行き、2-1のまま勝利出来た。

パクチーも誓志も攻撃参加はしていたし、
剛さんはさすがに落ちついていたね。
タッシーもチャンスを何度も作っていたし。
急造チームとしては、落ち着いた試合運びは出来ていたね。

タクさんは攻撃にも、守備にも今日はメリハリをつけて
動けていたよ。

次はガンバなんだよね。
この押し迫った時期にガンバとの対決が2試合あるなんて。
どんっ(衝撃)燃えるなぁ〜。
リーグも天皇杯も勝利を続けて行きたいね。


拍手する
posted by noyama at 18:57 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

[フナ]昇格の瞬間〔vsザスパ草津〕

カシスタで山形戦がキックオフした60分後、
長居で昇格が決定するかもしれない試合が
キックオフしてました。

船山くんが移籍して、試合に出場するようになってから
天皇杯以外は、アントラーズと同日に試合ってなかった。
だから、セレッソの試合TVでライブで見ること出来たのに
今節はそういうわけにいかなかったんで、取りあえず
ハースタイムで、スタメンのチェックを急いでしたら
なくって・・・。
船山くんの名前がスタメンにないたらーっ(汗)
どうやらけがをしていたらしく、
ベンチスタートになったようです。

帰りのバスで、携帯電話で試合速報をチェックすると
2-0でハーフタイムに入っていた。
乾選手と、マルチネス選手が復帰ゴールを決めた。
出来れば昇格が決定する終了のホイッスルが鳴る時は
ピッチにいて欲しいと願うばかりでした。

何度か携帯電話を更新してチェックしていると、
60分 乾 貴士
60分 乾 貴士
68分 乾 貴士

乾選手のお祭りになっていました。
最近ゴールが出来ず苦しんでいたように見えたけど
大事な試合で大爆発してました。
しかも乾選手は今シーズン2回目の1試合4得点。
ものすげーことですよぴかぴか(新しい)

携帯電話更新する度に「in船山祐二」を期待し、ガッカリ。を
繰り返し、交代枠も最後の1つ。
77分にマルチネス→船山祐二ひらめき
どうにか、昇格へのホイッスルはピッチで聞けるようでした。
それでも悔しいだろうなぁって思いました。
あとは録画をチェックするつもりで、携帯電話更新終了。

家に帰りバタバタ片付けをしていたら、やべっちの時計
いやーみんなさん良い顔してましたぴかぴか(新しい)
船山くんも大騒ぎのメンバーに入ってました。
ピンクの昇格Tシャツを着て嬉しそうにしてる船山くんが
昨年のアントラーズの優勝Tチャツを着て喜んでいたのと
だぶって、なんかセンチになってしまって。
まだセレッソの試合は見れてません。

プロ3年目の船山くん。
1、2年目はアントラーズで優勝を味わい
3年目は、セレッソで昇格を味わいました。
きっと今までで1番、実感が湧いたセレモニー
だったんじゃないかと勝手に想像しています。
昇格への道のりにたくさん貢献したから、
きっと嬉しさも倍増してると思うから。
自分(達)の手で、勝ち取った昇格って思えたよね。

セレッソの昇格、おめでとうございます。

次節は優勝を左右する上位直接対決。
船山くんが最終節まで、試合に出場できるように
仙台戦で、猛アピールだ!!と、思っていたのにたらーっ(汗)
携帯電話更新を最後までしなかったから、知らなかった。
最後の黄紙を貰っていたんですよ船山くん。

何やってんのぉ〜と大きい声を夜中に上げてしまいました。
なんと仙台戦は出場停止。あり得ないってたらーっ(汗)
貰ってしまったのはもう仕方ない・・・。

残りの試合は、思いっきり戦える出場時間が貰えるように
いっぱい練習して、アピールしてください。
最後まで頑張ってほしいです。


拍手する
posted by noyama at 01:08 | Comment(2) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

[第31節 山形戦]まだまだ

ソガの仕事がないくらい、危なげない勝利を目撃してきたよ。

20091108_01.JPG
この試合に家族・親戚を招待していた興梠くん、活躍でしたぴかぴか(新しい)
なんでこの試合だったんだろう??気になるなぁ。

鹿嶋は日差しが温かくて、応援日よりだったよ。
20091108_02.JPG
山形からも、たくさんのサポーターの方がいらしてました。
浦和以外のチームで、こんなにたくさんゴール裏がうまるのを久しぶりに見ました。

アップに選手が登場
20091108_03.JPG
今日もスタメンは、浩二&満男のWボランチ、モトもスタメン復帰しましたぴかぴか(新しい)

天皇杯ではベンチ外だったイバも
20091108_04.JPG
スタメンに復帰し、日本人の79年組揃い踏みるんるん

ピッチに出てきた時から
20091108_05.JPG
篤人は笑顔が多かったなぁ。
体調が心配だったのでちょっと安心しましたよ。

キックオフ前には
20091108_06.JPG
マルキーの200試合出場のお祝セレモニーがありましたぴかぴか(新しい)
助っ人外国人選手が200試合って、ものすごいことだよね。
これからもどんどん試合数を重ねて行くマルキーに
今日も期待満タンでした。

キックオフ直後は、ガッチリ守る山形にボールの出しどころを
模索する時間も多かったけど、常にボールを支配していた。
この試合はインターセプトが幸運のパスワードだった。
少し前までは中盤でサッカーを拾えない試合が多かったけど、
攻守の切り替えが早かった今日は、中盤でかなりサッカー
拾えていた。

満男が中央をドリプルしながら、山形の選手を引き連れて
ゴール前までいった。
満男がサッカーを持つと3人くらいは必ず囲みにきていた。
でもそのディフェンスを抑えてどんどん突き進んでいく
満男の背中は、ものすごく頼りがいがった。
その動きを見ながら興梠くんも動き、その興梠くん動きを確認して
満男が絶妙なパスを送った。
落ち着いて興梠くんが、シュート!!先制点が決まった。

それからは、中盤でしっかり守備しながら、サッカーを支配して
どんどんしかけて行った。
その攻撃の多くはイバから始まったり、イバを経由していた。
裏MVPはイバ!!そう言い切れるくらい、攻守に渡って走っていた。
そして気持ちの強さをプレーで見せてくれていた。

もっともっとゴールのチャンスはあったけど、
追加点は奪えず1-0で折り返し。

ハーフタイムで他試合の結果を確認すると、
降格争い真っただ中の千葉と川崎の試合。
千葉が1-0でリードしていた。
千葉には中後くんもいるし、頑張ってほしいなぁと
こちらの試合結果も気になるところでした。

後半も前半と変わらず、攻撃の手を緩めることなくゴールを脅かしていった。
結構ラフプレーが多い試合で、ちょいちょいイザコザしてて心配でした。

興梠くんがサッカーを持ってエリア内に突入すると、後から脇腹を蹴られる形に。
なかなかカードを出さないレフリーでしたが、ココは黄紙でPK獲得。
興梠くんが奪ったPKだから、本人に蹴って欲しかったけど、
痛がる興梠くんを見つめるマルキーが、すでに準備万端グッド(上向き矢印)
蹴る方向は読まれていたものの、速いサッカーを蹴り込んだので
GKにセーブされる前に、ゴールに突き刺さっていたるんるん
マルキーの肝っ玉のすわったとこ、すごいよね。
PKから追加点を奪い2-0。

その後もチャンスはありつつも、追加点はなく2-0の完封勝利。

後半もチャンスはかなりいっぱいあった。
とんとん拍子で得点を重ねることが出来なかったのは残念。
でも、中盤でボールが持てる時間が多かったので
守備に関して危ないシーンがほとんどなかったのは◎
やっぱりそれは浩二&満男のWボランチがうまく機能してるからだと思う。

試合後のイバは
20091108_07.JPG
バックスタンドに挨拶に行く選手たちからは離れ、そのまま下がりました。
下がっていく時には、こうやってゴール裏などに挨拶をしていましたが
やっぱり、もも裏を触って、つっぱってるような感じで歩いてました。
ものすごいスピードで、ボールにむかっていってるイバを見ていたから
もも裏に爆弾をかかえていたことをすっかり忘れていた。
それくらい、サイドを走り続けていた。
どうか、ひどいことになっていないように願うばかりです。

他の選手は、盛り上がるというよりは安堵な雰囲気でした。
20091108_08.JPG
タクさんは、後ろ向きなバックパスをすることも多かったけど
振り向きざまにシュートって、攻撃的に出たりとバランスを
考えてプレーしてるのか??微妙な感じでした。
またまたキッチリと袖をまくってましたよ。
なぜかとても気になる腕まくり。

もちろんMVPは、興梠くんぴかぴか(新しい)
20091108_09.JPG
終盤にむかって、調子がグッド(上向き矢印)ってきたのは、とてもとても頼もしい。
残りの試合もガンガンシュートを蹴って、
今年の目標の背番号と同じ「13」ゴールを決めて欲しい。
きっとそれはアントラーズの優勝にとても必要なものだと思いました。

千葉vs川崎は、2-2と踏ん張って追いついた千葉が
ロスタイムに川崎に得点され3-2で川崎が勝利しました。
これで千葉のJ2降格が決定し、川崎は首位を守りました。

アントラーズは3連覇を信じて勝ち続けるしかないexclamation×2
だから、私も信じて応援します。
拍手する
posted by noyama at 23:11 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

[天皇杯 アビスパ福岡戦]タクさん活躍

アントラーズにとっての天皇杯2戦目、
アビスパ福岡戦に行ってきたよ。

20091031_16.JPG
危なげない試合でした。

20091031_01.JPG
試合前、落ち着いた良い雰囲気。

前半はボールを支配し、いつ得点が入っても良い雰囲気があった。
先制点は、興梠くんの右足から生まれた
タクさんが、ゴールラインギリギリまでボールを持ちこんで
ラインの上なんじゃないか??ってとこで、低いパスを出した。
そのボールを混雑の中で、シュート。
ゴールだとわかった時には、
ザザザーって芝を滑った音が聞こえるような、
頭からスライディングしたようなかっこで、興梠くんが倒れていたとこ。
20091031_02.JPG
FW2人のこの姿、今日も見られましたぴかぴか(新しい)

2点目は、タクさんの足技。
思いっきり蹴り切った豪快なシュートが、ゴール吸い込まれていったよ。
焦らなければ、蹴りたいとこに蹴れる技術を持っている選手だもん。
さすが、タクさんるんるんってゴールでした。
20091031_03.JPG

20091031_04.JPG
自分のことのように喜ぶ興梠くんのこういうとこ、良いなぁって思います。

20091031_05.JPG
タクさんも、嬉しそうだったよ。

その後もアントラーズ優勢に試合は進み、
タクさんのCKをダニーロがヘディングシュートー(長音記号1)で3点目。
20091031_06.JPG
このあと、ゆりかごパフォーマンスをダニーロはしていました。
すご〜く嬉しそうでしたね。

3点リードで前半終了。

ハーフタイムが終了して、選手がピッチに出てくる時って、
決まって、タクさんとイバが遅い。
イバは太もも裏の状態が良くないようですね。
残念ながら、メンバーから外れていました。

20091031_09.JPG
そのイバがいないからなのか、タクさん珍しく早く姿を現しましたひらめき

20091031_10.JPG
この満男を見て、得点差は関係なく、後半も戦うって気持ちが伝わってきました。

後半が始まると、得点を取りにきた福岡がボールを支配し始める。
ただそれは、ボールを持っているという時間で、
ゴール前での危ないシーンは、ほとんどなかったと思う。
本来の安定したディフェンスが戻ってきていた。

20091031_12.JPG

浩二くんがボランチに入ったことで、満男の攻撃参加の時間も増えたと思う。
がむしゃらにボールを追いかけディフェンスに走る満男の姿にはいつも感動する。
でもそればかりに追われて、攻撃への仕事が出来なくなっていた気がする。
だけど、浩二くんが入ったことで、満男は自由に動ける時間が
できたんじゃないかと感じました。違うかな・・・。

後半も3点は取れるんじゃないか??と期待していたけど、
押せ押せの空気はそれほど感じなくなっていった。
残り15分を過ぎると、選手交代開始。

マルキーout→大迫くんin 
20091031_13.JPG
いつもほど、ゴールのニオイを感じなかったマルキー。
興梠くんとも動きが合わなかったのか、何度かコンセンサスを
取り合う姿も見ましたよ。

ダニーロout→誓志in
20091031_14.JPG
活きの良い動きで、入って行きました。

満男out→青木くんin
20091031_15.JPG
満男と青木くんが交代になるとこ、初めて見た気がします。
浩二くん、満男、青木くんと3人のボランチをうまく組み合わせて行くのが
今後のチームのパスワードな気がしました。

3枠の交代枠を使い切り、危ないシーンもそのままなく、
3-0で、勝利でしたぴかぴか(新しい)

前半3点を奪ったことで、後半は無理する必要はなくなりました。
それでも後半何点か積み重ねて欲しかったというのが本音です。

20091031_17.JPG
20091031_18.JPG
試合後、選手の和やかなお顔、やっぱり勝利が1番の特効薬だぴかぴか(新しい)

久しぶりの試合となった篤人は、前半はパクチーとのバランスを
考えてなのか、あんまりサイドを上がっていたイメージはなかったけど
後半には、長い距離を走ってチームの攻撃リズムを作っていました。
20091031_11.JPG
でも、この細さがとても心配になる時があります。

最後に久しぶりに、タクさん。とても気になったことがありました演劇

前半は
20091031_19.JPG
右側の袖

後半は
20091031_20.JPG
左側の袖

片方だけをきちんと、まくってました。
グルグルってまくし上げてるんじゃなくて、折ってあげてました。

なんで、片方だけなんだ??

きっと暑くて上げてるんだろうから、後半は半袖のユニかな??って
予想していたのだけど、完全に予想は裏切られ、
今度は逆側の腕をまくっていましたよ。
バランスでもとっているんか??
相変わらず、不思議タクさんでした。

欲を言えば、もっと得点が取れる試合だったと思う。
でも、興梠くんの調子も上がってきたと思えるし、
ディフェンスも安定していたし、良いことをたくさん感じた
嬉しい試合でした。

元旦は国立が合言葉です


拍手する
posted by noyama at 22:47 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

[フナ]すっかり馴染んでいた〔vs横浜FC_A〕

国立競技場に行ってきたよ。

20091025_01.JPG

船山くんの戦う姿を、生で見られて良かった。
熊本戦でスタメン出場して、3試合連続で黄紙貰っていたから、
もう1枚貰ったら、出場停止になってしまうので、心配していました。
セレッソは、レギュラーとサブは試合によって変動があるので
1試合でも休んだら、命取りにもなりかねないよ。
このまま4枚目を貰わないまま、連続出場を続けてシーズンを終えて欲しいよ。

久しぶりに戦う姿が見られたので、
いつもにも増して船山くん中心のレポになっちゃいます。
それでも良かったら、どんどん覗いてってくださいなぁ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

指定席でもメインスタンドってことだけの自由席なので、早めに向かった。
席を選んで「早く来すぎちゃったかなぁ」って、思っていたとこに、
ピッチコンディションを確認に、選手がぽろぽろと出てきた。

少しすると
20091025_02.JPG
香川選手と一緒に、こんな感じで出てきたよ。

20091025_03.JPG
香川選手は、手(パー)でピッチの感触を確認してるように見えました。
船山くんは???

20091025_01.JPG
控室に帰りがけに、監督と談笑してました。
スパイク2つひらめき
ピッチにしゃがんでやっていたのは、どっちのスパイクにするか
感触を確かめていたんだなぁ。と妙に納得した瞬間でした。

雨降ってなかったけど、秋とは思えん寒さで、早く出てこーい選手!!

20091025_05.JPG
サポーター席はゴール裏ではなく、バックスタンドの端になっていて、
アップに出てきた選手たちは、そちらに挨拶に行きました。

すぐに円陣パスが始まって
20091025_06.JPG

サポーターさんから、
「XXXXX〜フ〜ナ〜ヤ〜マ〜るんるんるんるんXXXXX」前後は聞き取れなかったけど
確かに曲の中にフナヤマって言ってたようなぁ。。。と半信半疑だったけど

20091025_07.JPG
やっぱりひらめきひらめきひらめき 船山くんの応援ソングるんるんでした。
すごいなぁぴかぴか(新しい) 感動しました。

応援ソングの後には「フナヤマ、オレるんるん フナヤマ、オレるんるん
20091025_08.JPG
これも船山くん用のコール。
もうすっかり、サポーターさんに認められた証拠グッド(上向き矢印)

そしてまたまた
20091025_09.JPG
リフティングされていましたよ、相変わらずうまかった。

アップ時間が終了して控室に戻る時に
20091025_10.JPG
知り合いを見つけて、嬉しそうだった。

20091025_11.JPG
またまた人気でした石神くん。

今日もベンチスタートの香川くんは、スタッフさんと一緒に
サッカーの片付けをお手伝いしてました。
20091025_12.JPG

選手入場の時には、かなり厳粛な曲が流れて、厳かな空気になりましたよ。

20091025_13.JPG
船山くんは、リラックスムードで、良いお顔をしてましたね。

20091025_15.JPG
香川くんは、こちらで戦況を見守ってます。

20091025_16.JPG
ハネケンもすっかりキャプテンなんですよね。
船山くんと何やら打ち合わせでもしてる感じでしたが・・・。

またまたキックオフまで、前置きが長くなりました<(_ _)>

試合が始まると最初のセットプレーで、カイオ選手がヘディングシュート。
これが、キレイにゴール角に。アッサリと先制点を決めてくれました。

20091025_17.JPG

セットプレーの時は、カウンター要因で残る役割の船山くんは
喜びの輪にたどり着くのに、遠いー。

20091025_18.JPG
みんな良いお顔してましたよ。

そしてその後すぐに。
ゴール前での混戦から、チエゴ選手がシュートしたサッカー
ラッキーなオウンゴールになって、追加点!!

20091025_19.JPG

まだまだどんどん得点が取れるんじゃないか!!と期待しちゃうグッド(上向き矢印)
めちゃくちゃ良い出足でした。

が・・・。レフリーがねぇ。なかなかどうして。
20091025_20.JPG
わかるんですよ。
セットプレーは試合で大事な場面だっていうのは。
でも良くわからない意味、壁の位置にめちゃこだわってて。
何度かこういうシーンがあったんですが、監督さんが
ピッチに入っていっちゃうくらいの勢いで憤慨してました。
通訳さんが、めいいっぱい手をひっぱって監督がピッチに
飛び込んで行くのを必死で制してました。通訳さんも大変です。
そのまま2-0前半終了。

後半スタートから、
20091025_21.JPG
香川くん投入。

20091025_22.JPG
後半スタート前も、良い雰囲気でした。

横浜FCは早い時間にまず1点と、前がかりになってきて。
危ない場面も何度かあり、GKのナイスセーブがあったり
ディフェンダーが落ち着いてクリアしたりして、ゴールは
させなかった。
前がかりになっている分、セレッソにもチャンスはいっぱいあった。
だぶん、前半後半とももっともっと得点が取れた試合だったと思う。
触れば・・・ってシーンが結構あって、ポジショニングや冷静さって
大事なんだって、再認識できたよ。
ゴール裏から見てることが多いので、選手の動きが横では見られない。
縦だから、距離間とかわかりづらかったりするから。

途中交代で、マルチネス選手が投入されるのが見えた時
これは船山くんと交代なのかな??とちょっと覚悟したのですが、
乾選手との交代でした。
20091025_24.JPG
出場停止明けだった乾選手は、納得のいかない試合になったかもしれません。

マルチネス選手が入る時に、船山くんが自分のポジションを確認してました。
どうなるんだろう??と見ていたら、マルチネス選手がボランチに、
船山選手が1つ前のポジションに入っていたように見えました。
より攻撃的なポジションに入って、ボールを押し上げていました。
前に、マルチネス選手が戻ってきたら、船山くんはどうなるんだろう??
って書いたことがありました。出来れば共存は出来ないのか??とも。

2人のバランスなかなか良かったと思います。
マルチネス選手と船山選手が両方いることで、どっちかがボールを
経由することで、攻撃の幅も広がるし、ボールも落ち着いてました。
(ちょっと贔屓目だったらすいません)

両チームにも得点が入らないまま、もう終了間近って時に
やっぱり、決めるんですよ!! 香川選手。
簡単なコースではなかったと思うのになぁ。

20091025_25.JPG
ダメ押しの3点目を決めてくれました。

3-0で、危なげない勝利でした。

20091025_26.JPG
試合後、やっぱり仲良く話してましたよ。

20091025_27.jpg
みんな良いお顔でした・・・

これで次節勝利すれば、昇格決定です演劇
でも昇格というより、完全優勝を目標にしてるチームなので、
気を緩めることなく、戦っていくチームだと思います。

20091025_28.jpg
ステキなお顔をたくさんしてました。

ヴェルディ戦では、まだまだって消化不良な気持ちになったけど、
もうすっかりチームにフィットしてて、活かし活かされてました。
ちょっとミスもしてたけど、縦のパスにはやられますね。
ハードワークもしてるけど、最初の頃のように無理に奪いに行くって
無茶はしてませんでした。どんどん成長していますぴかぴか(新しい)

このまま昇格は間違いないと思います。
船山くんが初スタメンから、まだリーグは負けなしです。
船山くんだけの力ではないけど、役に立っているのは
間違いなしの事実。
シーズン後、船山くんはどんな答えを出すのか
そろそろ気になり始めた、管理人でした。

長々お付き合い頂き、ありがとうございました。


拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(1) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

[第30節 千葉戦]快勝

良かった良かったと終わってみれば、ホッとした試合でした。

20091024_08.JPG

が、管理人にはちぃと複雑な試合でもありました。

20091024_05.JPG
今日の対戦相手は降格争いの真っただ中のジェフ千葉。
たくさんのサポーターさんが、いらしてました。
東京駅のバス乗り場も長蛇の列が出来ていました。

20091024_01.JPG
そう、今シーズンから中後くんがR移籍したチームであり、
深井くんが完全移籍したチームでもあります。

中後くんは監督が変わる前、出場チャンスに恵まれていませんでしたが、
新しい監督になってからは、コンスタントに使って貰っていました。
敵チームとして初めて、カシスタにやってきた中後くんに複雑な気持ちでした。

もちろん敵ですパンチ
この試合には絶対に勝利なんだ!!とアントラーズを応援する気持ちは、
いつもと変わりませんでしたよ。

アップに選手たちが出てきて、興梠くんのコールが始まると
20091024_03.JPG
と、いつものようにゴール裏に挨拶をしてくれました。

興梠くんは愛され選手だなぁって、スタジアムくるといつも思う。
アップの時のコールも多いし、試合で交代する時にもコールされる。
期待度が高いのもあるし、ちゃんと毎回って言っていいくらい
こうやってサポの声に応えてくれるから、応援しがいもあるよね。

その興梠くんが、久しぶりにやってくれましたねexclamation×2
キックオフ直後、千葉の猛攻撃で冷や汗もののいやな空気だったけど
満男が中盤くらいのとこでインターセプト、それに反応して興梠くんが
動き出してたのも良かった。2人の力がマッチして先制点を奪ったるんるん
ゴールが決まった瞬間は、久しぶりに嬉しい発狂しちゃいました!!
興梠くんは腕をグルグル回して喜びを爆発させてて、
他の選手もどんどん祝福に走っていってたよ。

ここで安心をしないで、集中!!
サポの想いは、ちゃんと選手に届いてて、すぐに追加点グッド(上向き矢印)
興梠くんが持ちこんで、マルキーがシュートぴかぴか(新しい)
コレコレコレ!! FWコンビのゴールが見たかった!!
このゴールを得て、やっと暗闇から抜け出したような気がした。

前半はそのまま終了。
後半も、千葉にチャンスをそんなに与えることもなく時間は進む。

今日のスタメンに青木くんの名前がなくてビックリした。
確かに今シーズンは昨シーズンに比べて、
コンデションは良くないようには見えたけど。
オリヴィラ監督が青木くんを外すことは考えにくかったから。
でも前節の満男が2列目よりも、浩二くんと満男のWボランチの
布陣の方が、中盤が安定するんじゃないかとは思った。
2列目はモト&タクの相性は良いし。
実際、満男と浩二くんのWボランチはバランスが良かった。
浩二くんが中盤にいることで、満男が少し前目で安心して
プレーしてるように見えた。
大樹が攻撃的に前に行けば、浩二くんがDFに下がっていた。
チャンスと見ては、浩二くんもゴール前に上がれる。
モト&タクや伊野波くんが空いてしまったスペースを
うめる動きもしっかりしていて、最近見なかった攻撃だけじゃなく
守備も含めた連動がちゃんとしていた。

時間もなかばを過ぎたことで、興梠くんoutタッシーin。
タッシーも苦しいシーズンが続いている。
そのタッシーが、投入されてすぐにチャンスがやってきた!!
サイドよりに抜けだして、ドリブル。GKが飛び出してきたとこを
狙い定めてシュート!!
ゴール裏にむかって、胸を叩く姿を見てジーンとした。
このゴールパフォーマンスをもう暫く見ていなかったなぁ。
本人も嬉しそうだったけど、他の選手が自分のことのように
喜んでいたのが、印象的だったなぁ。
みんなタッシーが苦しんでるのを見ていたからだと思う。
やっぱり、チーム愛だなぁ。
このゴールがきっかけになって、残りの試合のタッシーの
奮起に期待したいよぉ。

このゴールは勝利を決定づけるものだったけど、
その後もゴールを狙い続ける姿が、良かった。
そのまま3-0で、勝利。

終了のホイッスルは、アントラーズに歓喜をジェフ千葉に沈黙を与えました。

先制点、2点目を早い時間に決めてくれたので、
選手の動きなど冷静に見ることが出来ました。
タッシーのゴール、直前でディフェンスにいったのは中後くんで、
その中後くんをかわしてのゴールだった。
中後くんは、途中交代でピッチを後にしました。
その背中を見るのは、辛かった。
試合中、中後くんはかなり後ろ目に位置してました。
ボールに触る回数がかなり少なかったように思います。
それでもボールを蹴る精度、パスのタイミングは
変わらないなと思った部分もありました。
自分の可能性を信じてR移籍に踏み切った中後くんも
苦しいシーズンになっているようでした。

試合後、勝利インタビューは興梠くん。
20091024_09.JPG

インタビュー後は、こうやって選手たちと挨拶しながらゴール裏へ

20091024_10.JPG

やっぱり試合後は、こうやって選手と一緒に喜び合うのが1番。
出場したFW3人が全員ゴールと、完封勝利。
絶対3連覇!!
そう、また強く信じられる試合でした。
拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

[フナ]FW起用もありなんだ〔vs徳島ヴォルティスA〕

J2は、どんどん試合がやってくる。
J1も上位が大接戦だけど、J2も同じく、
毎試合の結果が順位に響きます。

今日は鳴門・大塚ポカリスエットスタジアムでの試合でした。

キックオフにはTVの前に滑り込むべく、仕事を片付けたいのに
なんだか今日は、色々と邪魔が入って中々進まんかった。
やっと手が空いたので、ちょっとスタメンを調べてあんぐりダッシュ(走り出すさま)

GK、DF、MFと見ていて、名前がないexclamation×2
今日はとうとうスタメンじゃなくなったかぁ。と
FWの名前を見ると「船山祐二」ってひらめき
えらいこっちゃ。
見つけた時は、汗出てましたよぉ。

選手のけがなどで厳しい台所事情。
前節でのゴールが認められたからなのかはわからないけど
得点能力を期待してだと思えるFW起用されました。
それ知って何だか心配になって、急いで会社を飛び出したよ。
それでも家の着くには、キックオフを少し過ぎてから。
焦って焦って急いで、追っかけ再生TVにかじりついた。

カイオ選手の1トップの下の2シャドーの位置に入ると
スカパーのフォーメーションでは表示されてました。
試合が始まって見るとがっちり前目って感じはなくって。
たぶん自然と下がっててしまってるように見えた。
2列目で得点を獲れる選手で、経験はあるとは思うけど
1.5列目は、0.5違うだけでも、役割はだいぶ違うから
難しかったと思います。前に出てくタイミングとかね。

それでもカイオ選手とも1、2で、ゴール前に抜け出した時は
これは行けるって思ったんだよなぁ。
軸の足を踏ん張れれば、ゴール出来たと思うのに。
ぐちゃーってなってしまった分、ゴール横にすぽ抜けてしまった。
くぅー惜しかったし、決めなきゃいけなかったよ。

前半のチャンスと言えば船山くんのこのシュートくらいだったような。
3クールになるとお互いの戦い方を知ってるし・・・。
ハードワークの戦いでしたね。
どちらかのチームが一瞬でも隙を見せると、
攻撃され、守られ、の一進一退。
キッチリ守備られて、前線にボールを入れることが
出来ないまま前半終了。

後半は予想してた通り、香川選手を投入、
船山くんは、ボランチに下がりました。
これで少しは流れは変わるかぁと期待したけど、
思っていたほどの変化はなく、
香川選手がボールに触るチャンスが少なくて、
焦りみたいなものを感じたよ。珍しい。

それでも後半のラストは、猛攻撃で。
何度か、これは!!っていうのがあって、
こぼれ球の位置にいたら、1点だったのに。
そのままタイムアップで、終了でした。

スコアレスドロー。
上位の仙台と湘南が勝利したので、勝ち点差が2に。
負けてはないけどこの勝ち点1が、この後の試合に
重くのしかかりそうです。

アントラーズと一緒にするのは違うと言われるかも知れませんが
勝利することも、優勝することもたやすいものではないですよね。
次節は、両チームともの勝利を目撃したいとたくらんでいます。

船山くんは後半になると疲れのせいなのか、
パスミスが目立つように感じるのは、私だけかな。
気のせいだといいなぁ。
FW起用はなかなか厳しいものだったと思うけど、
期待されてるんだなぁというのがわかってちょっと安心しました。



拍手する
posted by noyama at 23:11 | Comment(0) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

[フナ]ミドルシュートでゴール!!〔vs愛媛FC〕

リーグでは9試合負けていなかったセレッソが、
天皇杯でアマのチームに負けた。
それがどれくらいの後遺症になっているか、
気になった試合。

まだまだセレッソというチームのこと語れるほど
知っているわけではないけど、スタメンを見ただけで
チームの苦しい選手事情がわかった。

チームの中心選手の香川選手はけがの具合が
まだ完全ではないようで、ベンチスタート。
乾選手は累積欠場。
カイオ選手はけがを抱えたまま、強行出場。
攻撃陣には初出場、今期初出場、18試合ぶりと
新しいメンバーを送り込む必要があった。

試合は厳しいものでした。
やはりコミュケーションという部分ではまだまだで。
意思の疎通が足りない分、ミスが目立ってました。
しかも相手GKは、昨シーズンまでセレッソに
在籍していたらしく、セレッソ選手のプレーは
知り尽くしてるようでした。

それでもシュートまで何度か持って行くことは出来た。
TVだとゴール前にボールが来ると、その周りしか見えない。
中盤の動き、後から飛び込んでくる選手が見えないのが
状況がわからなくて、イライラしちゃう。

サイドからチャンスボールがゴール前に上がって
でも相手の壁がすぐそこに迫って、後にパスした。
そこはスペースがあって
「フナーこい!!」って、またお得意の大声で叫んだら
TVに飛び込んできた船山くんが映り出されて、ビックリした。
そして、スペースにうまく入って行って、ミドルシュート。
空気を切り裂くようなボールがゴール右上に突き刺さった。
欲しくて欲しくてたまらん先制点は、フナの足から生まれた。

そりゃーそりゃー、チーム全体が大喜び。
先日ハネケンに赤ちゃんが生まれたばかりなので
みんなで「ゆりかご」パフォーマンスが、ステキでした。

これで少し落ち着くかな??と思ってましたが、
流れは行ったり来たり・・・。
そして、同点ゴールを決められてしまう。
悪い流れを切ってくれたのは、藤本選手のゴール。
船山くんのセレッソでの初ゴールの試合も、
2点目は藤本選手でした。なんかいい感じです。

後半も、ところどころでミスが出てました。
前線での攻撃も単調にしかならず・・・。
そんな時、香川選手の投入。
香川選手が入るとやるべきことが統一されたように
前でボールが落ち着くんですよね。
香川選手の技術もすごいんですが、ボールが
なんでか香川選手のもとにくるって感じがする。
勝利を決定づける3点目を決めちゃうあたりがさすがです。

3-1で勝利しました。

勝利インタビューはゴールを決めた3人で、
船山くんは、自分のゴールを素晴らしいと言いながら
もう出来ないっすっと、謙遜して恥ずかしそうに話してました。
活躍が嬉しく、目の前で見られないことがちぃと悔しい。

きっときっとアントラーズにあのままいたら、
得られないような経験をしてて、成長してる。
だからとてもイキイキしてる船山選手を
見るとこができて嬉しいです。

あっ、試合には関係ないですが、
黒髪にしてる船山くんを初めて見ました。
とても新鮮でしたー。


拍手する
posted by noyama at 21:25 | Comment(0) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

[第29節 磐田戦A〕吉とでるか凶とでるか

3連覇するには、今日は絶対に勝利して勢いに乗りたい。
今まであんまり布陣を変えなかった監督が、
勝負に出たと思えるスタメンだった。

興梠くんが累積欠場ということもあり、大迫くん。
ボランチに久しぶりに浩二くん。
そして、満男が2列目をやってたことなんて
はるか昔の記憶になっていたよ。

私がアントラーズを応援するようになった時、
ボランチと言えば浩二くんで、助っ人選手とWボランチ。
年月が過ぎて、青木くんの不動のポジションになっていた。

久しぶりのこの布陣が吉と出るか凶と出るか。

前半、完全に磐田ペース。
前線にボールが入ることも少なかったから、
シュートもほぼ蹴れてない。
マルキーが下がり、大迫くんが孤立。
満男の2列目も、活きてない。
満男が前目にいる分、中盤からディフェンスのバランスも悪い。
最終ラインが安定しないと両サイドも上がれない。
攻撃に厚みが出ない。
TVで見る限り、何かのきっかけがないと、やばい雰囲気でした。

後半、大迫くんに代わってタッシーが投入された。
磐田ペースは変わらない。
セカンドボールが取れない、前線でボールが持てない。
そんな試合展開だったから、モトを出せぇ!!って大声出してた。

その後早い時間にダニーロと誓志をピッチに送り出した監督。
疲れてくる時間に誓志の動きは効きそう。行けー誓志!!
叫ばずにはいられませんでした。

この交代によって、満男がいつものボランチに。
すると中盤でボールが落ち着き、散らせることが出来るようになった。
タッシーも役割を果たき動きをしていたし、何より誓志が躍動していた。
完全にアントラーズの押せ押せの時間になった。
あと1歩ってとこまでは行った。
でも、ゴールを奪うことは出来なかった。
ソガの頑張りで、ゴールを奪われることもなかった。

そのままスコアレスドローで終了。
残りの試合数を考えたら、勝利しなきゃいけない試合だったと思う。
布陣を見たら監督にも迷いが出てきたように感じたし、
選手にも自信を感じられなかった。

うーん。うーん。うーん。
唸っていても、信じて応援するしかないよね。
拍手する
posted by noyama at 22:07 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

[日本代表]新旧融合〔vsトーゴ代表〕

スタメン知って、アントラーズ戦士がいなくてちょいガッカリバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ベンチにはいるのぉ〜って。
なかなかベンチメンバーの紹介がなくてむかっ(怒り)した。

この前の試合で大樹は高評価だったと思うのに、
ベンチにも入っていないのは、チェッだよ。
右サイドは徳永選手が秘密兵器みたいな記事を
見ていたので、やっぱりかぁって。

それでも森本選手と岡崎選手の2トップ。
得点力に期待大で見始めました。

そして、その期待にアッと言う間に岡崎選手が応えてくれました。
ポンポンって2得点。
それを追うように、森本選手がゴール。
前半10分くらいで、2トップで3ゴール。

トーゴが2軍メンバー中心ということで、力の差があっても
得点を獲るというのは簡単なことではない。
天皇杯とか見ててホントそう思う。
得点を獲った2トップもすごいけど、
クロスを上げる側のクロスのスピードがものすごい。
ずっと練習してきたことらしいけど。
みんなが同じ理解で動かないと難しいだろうなぁって思う。

前半ポンポンってゴールを奪ってから、少し落ち着いてしまったなぁ。
後半最初から、篤人・本田圭・大久保の3人が投入された。
本田圭は俊輔と交代したのかと思ったけど、ヤット選手とだった。
マスコミがあおる、俊輔と本田圭関係。
話がウソでもホントでもピッチの中ではしっかりと感じ合っていた。
あれだけビックマウスをしてれば、外してはいけない。
そんな立場に自分で自分を追いこんでる本田圭を嫌いじゃない。
でもあの俊輔からのボールは決めなきゃいけなかったよね。

後半も、これぞ岡崎っていうヘディングゴールを決め、
またまたハットトリック。すごいって認めざるを得ないよね。
そして、本田圭のゴールで5点。
またまたごっつあんゴールに見えるけど、あの位置にいるって
それがゴールのニオイを感じるってことなのかな。

これっという、危ないシーンもあんまりなかったので、
ディフェンス面では確認なんかは出来なかったとは思う。

岡田監督が他のチームより1km以上を多く走らないと
日本は勝負にならないってような話で、走行距離に目標数字を
立てたらしく、TVでは時折、全体の走行距離と選手ベスト3が
表示され、紹介されていた。
両サイドバックがそりゃートップだろうって考えるよね普通。
長友選手は予想通りトップ。
でも2位は長谷部選手で、3位は中村憲選手だった。
これにはちょっと驚いた。
長谷部選手は目立たないとこで、しっかり仕事をしてるんだなって。
ボランチの選手ってそういう仕事なんだって改めて数字見て思った。
徳永選手は入っていませんでした。
この数字を見ていたので、後半は篤人かもってなんとなく思ってた。

その篤人。後半直後はクロスの速いの上げてました。
さすが篤人って思わせてくれましたが・・・。
次第にボールに触ることが減って行きましたよね。
最近の篤人は、ちょっと攻撃にも迫力が感じられず・・・。
あのサイドをかけ上がって、精度の高いクロス上げちゃう
元気な篤人がいっぱい見たいなぁ。
これでチームに戻って、リーグ・天皇杯とグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)して欲しいです。

代表はやっぱり個のレベルが高いなぁって。
誰が交代で入っても、同じ動き攻撃ができるのは
やっぱりすごいと思いました。

新旧の融合かぁ。


拍手する
posted by noyama at 22:20 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。