2010年03月14日

[第2節:京都戦A]勝てた試合

ぽかぽか陽気の西京極競技場行ってきました。
20100314_01.JPG

こういう試合は勝って終わらないと、と悔しい気持ちが残る試合でした。

今日は指定席でしっかり観戦・応援手(グー)
なので、少し遅めに競技場に到着。
なんだかんだで、席についたら、すぐに選手がアップに出てきたダッシュ(走り出すさま)
アタフタしちゃったな。

指定席なので、試合前の様子をゆっくり観察してきました。

20100314_02.JPG
タクさんは、クローズな様子(かなりぽかぽかだったのになぁ)
でも、ソックスはしっかり履いてたのに・・・。

20100314_03.JPG
興梠くんは、ご機嫌ちゃんでした。

少しすると
20100314_04.JPG
やっと、オープンしたタクさん。

20100314_05.JPG
満男とペアだったのはヤス。
周りのペアはパスをしていたのですが、満男が柔軟をしてる間は
ヤスも同じような柔軟をして、満男を待ってたのがかわいかったなぁ。

京都といえば・・・ヤナギexclamation×2
選手がアップ中に、選手紹介がありました。

昨年、西京極に来た時は
20100314_06.JPG

だったけど、

20100314_07.JPG

大人&鮮明になっていました。
鹿島サポさんからは、ブーイングバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)やら、拍手手(パー)手(パー)やら・・・。
どっちにしても愛され選手だなぁと、実感する。

試合後には、京都サポさん、鹿島サポにも
20100314_29.JPG
こうやって挨拶するヤナギだからこそ、愛され選手なんだとも思う。

アップが終了して、
選手が登場する時には、ものすごい音の花火雷?が
京都側のゴール裏からあがったので、びっくらして声出しちゃいました。
20100314_08.JPG
景気づけの花火にしては、かなりの威力だったよ雷

20100314_09.JPG

20100314_10.JPG
キョロキョロと何かを確認してるタクさん。
しっかり、ソックス下がってひらめきた。やっぱりだども。

20100314_11.JPG
「アッチー」なイバ。

20100314_16.JPG
興梠くんとヒソヒソのイバ。

20100314_17.JPG
そして、みんな気合いいっぱいパンチ

20100314_18.JPG
試合前によく見かける光景1

20100314_19.JPG
試合前によく見かける光景2

20100314_20.JPG
昨年の対戦時、試合直前でも親密ムードだった2人が、
今年は、かなりの闘士ムードに見えました。

試合が始まって1番気になったのは、
至るところで、選手が滑ってること。
ここぞとふんばると決まってというほどに、
やられてました。
そのせいかはわからないけど、危ない接触も多かった。
ハラハラしました。

マルキーはいつもと同じように、攻守に走り回っていた。
あのパワーが最後まで続くことがすごい。
何度となく決定機はあったものの、ゴールにはならずで後半に。

京都はヤナギが1.5列目くらいの役割を担っていた。
前への飛び出しは要注意で、後半始まった時点では、
おされる場面も増えて、どうにかこっちのペースにしたい時、
興梠くんが倒されて、絶好の位置でのFKのチャンスぴかぴか(新しい)

20100314_21.JPG
キッカーはどっち??な時に・・・。

20100314_22.JPG
壁の中はオシオシの状況爆弾

出来れば、良いタイミングで蹴りたいのに
20100314_23.JPG
「ややこしい」状態に、ヤナギが割って入ってどうにか治まったと思ったら

20100314_24.JPG
そのヤナギが、今度は壁より少し前にポジションを取り動かない。
これに鹿島の選手はレフリーに抗議どんっ(衝撃)
レフリーが注意を与えたら、それにヤナギは猛抗議して、イエローに。
ヤナギの負けん気を見た気がした。

カードが出て直後、サッとタクさんキック。
練習なのかと見間違うようなリラックスした動きに見えた。
サッカーは鮮やかに、ゴールに吸い込まれて見えたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
これぞFKの見本といっても過言ではない、見事なゴール。
あのドタバタの中、ものすごい集中力ぴかぴか(新しい)

20100314_25.JPG
タクさんも得意気るんるん

20100314_26.JPG
みんな、大祝福演劇だった。

ここから何点積み重ねるかと期待してたけど、
チャンスは作れど、決めきれないまま時間が過ぎてく。
1点ではまだまだ安心出来ないけど、
なかなか攻撃に幅が生まれない。

攻撃にひと味加えたい時間に
20100314_27.JPG
ヤス。
ピッチに入る前から、満男がしっかり指示を与えてるのが見えた。

ヤスが入るとサッカーを運ぶのは、ヤスの仕事になる。
マルキーも満男も、ヤスの動きを確認してサッカーをさばいてるのが
良くわかる。
スピードもヤスに合うように、マルキーは調整していた。
ヤスが活きることで、得点チャンスは生まれた。
でもどうしても決まらん。

もうすぐロスタイムかな??って時に、青木くんが呼ばれた。
クローザーの役割をするべく、指示を受けていざ、出陣exclamation×2
って時に、同点弾をアッサリと決められた。
アッサリでは選手はもちろん思っていないと思う。
けど一瞬のすきに、決められたように見える。
もうあとは、青木くんにしっかり守ってもらおうって
ちょっと安心した気持ちに私もなっちゃっていた。

でも、ホイッスルが鳴るまでわからないって本当だよね。
青木くんの交代はなくなり、大迫くんを急いで投入。
残り3分。
3分でも大迫くんはチャンスに絡んだし、
他の選手ももう1回ギアを入れなおしたけど、
あまりにも残り時間は少なくて、同点のまま試合終了。

20100314_28.JPG

前半から飛ばしていたタクさんは、後半の決定機を何度か外し、
FKを決めたとは言え、かなり悔しそうな様子だった。
他の選手も同じ。

同点は同点でも、終了間際に追いつかれるというのは
精神的にもよろしくない・・・。
でも、気持ちの切り替えはしっかり出来るチームだと思うので
次節までは1週間あるので、しっかり立て直してくれるよね

それに攻撃の形はだんだん出来てるというのは、
連携が出来てきてるってことでもあるよね??と
プラス志向で、大宮戦に備えます!!
拍手する
posted by noyama at 23:28 | Comment(4) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

[ACL:全北現代A]ヤス、ゴォーール!

昨晩は、スカパー!TV観戦に間に合いたくて猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)で帰ってきたよ。
雨というか、みぞれ雪だぁバッド(下向き矢印)
シンシン霧するから、給与前なのに車(RV)タクってしまったぁぁあああパンチ

こんな天気はこっちだけかと思ったら、韓国も天気悪台風
選手の吐く息が真っ白で、動いてないと身体固まっちゃうだろうなぁって。
GKは特にやばいだろうなぁ〜と心配をよそに、
良くも悪くもソガが動かないでいる時間はあんまりないような、
攻められる危ないシーンもたくさんあったよね。

雨にやられたピッチは、スリッピーで、サッカーがかなり速い。
足を取られる選手も多かったから、けがしないようにってドキドキした。

全北現代はフィジカルが強いうえに、よせも速かった。
しかもオフサイドにひっかけるのも巧い。
かなりのオフサイドを取られていたよ。

その中でマルキーの守備意識に、どれだけ助けられたか。
サイドバックの選手くらいの距離は絶対走っているよね。
タクさんのシュートへの意識も今季は高いなぁと思う。
それでも前半は、得点を奪うことはできず、
逆に相手に先制点を与えてしまった。
ゴール前でのパス回しが速かったなぁ。

後半も、ゴール前で危ないシーン。
篤人はかなり相手と競って、寄せて身体でクリアしたあのシーン。
そのままサザァーって篤人は滑っていったけど、
あの気持ちが伝わるプレーにグッときちゃったなぁ。
またまた納得できないジャッジをするレフリーだ!とイライラしたり。
後半も半分以上過ぎたころ、セットプレーのチャンス。
少し遠い距離からタクさんがクロス系のボールを入れた。
フェリペを経由して、浩二くんがシュート。
これ、浩二くんの判断の速さが素晴らしかった。
というか、ゴール前に入ってきてからの動き
すべてが速くて、キレイだったなぁ。
利き足ではない右でシュートしても、かなり正確だったと思う。
ACL初戦と2戦連続弾。
ゴール前で落ち着いているからできるプレーだよね。

同点になったことで、勢いもついたけど。
マルキーは前半からかなり飛ばしていたから、
疲れが見えたよ。
いつもなら考えられないパスミスとか見えた。
それでもマルキーは走り続けていて、
もうそれは感動するくらい。
タクさんもヘトヘトに見えた。
他の選手にも、疲れが見え動きが悪くなっていた。
「ヤスヤスヤス」ってヤスの登場を心待ちにしてたよ。

残りわずかになって、その時がきたひらめき
ヤスとジウトンの2枚がえ。
入ってすぐディフェンスに入り、
だんだんボールに触るようになったヤス。
満男からのコレだって、メッセージが乗ったボールは
まっすぐヤスへ。
ドリブルでゴール前に入って行くヤスを相手ディフェンダーは
ただ力なく追いかけるだけに見えて。
ヤスはそのままシュート。
ヤスも状況を考えて、利き足ではない右足でシュート。
左隅に、正確にゴールした!!
大興奮でTVに、どんどん近づいていったよ。
どんだけ興奮してたんだってるんるん

入団して4年目。
公式戦初ゴールは、苦しいチームを助けるACL弾でした。
ヤスはのんびり屋さんで、自分のペースで行ければ良いって
良く言っていた。
でもそんなヤスから、今季にかける強い想いを感じた。
浦和戦、その前のACLでもしっかり見えた。
監督は今まで頑張ってきたヤスを信頼し起用して
そしてヤスはそれに応えている。
今季は「ヤス」が熱いですね!!

またまたヤスより、ヤスの上に乗っかった篤人が嬉しそうだったよ。
他の選手に祝福されるヤス。愛され選手だなぁと思う。

逆転したあとの残りの2分は、もうドキドキすぎて
早く時間が過ぎてくれ〜と願うばかり。
ソガはこの試合も、集中力を切らさないで、
ファインセーブの連続だった。
ソガの力にもかなり助けられていると思う。
他の選手たちも、必死で、でも落ち着いていた。
ホイッスルがなった時は、それはもうホッとしました。

アントラーズが韓国チームにアウェイで勝利は12年ぶり。
これで勢いがついてそのままACL優勝まで、突き進んでくれ!!


拍手する
posted by noyama at 23:58 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

[開幕戦:浦和]白星スタート

とうとう?やっと開幕しましたねぇぴかぴか(新しい)
なのに雨台風にと、選手もサポもにもありがたくない天気バッド(下向き矢印)
スタジアムに入るころには、身体の芯から冷え冷えにダッシュ(走り出すさま)

それでもコンコースで
P1100516.JPG
しかおに会ったり、温かいカシスタフードを食べたら、
テンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

こちらのお店は
P1100517.JPG
ビールドリンクに新しいメニューが登場してましたるんるん
残念ながら下戸なので試せないのが、悔しいなぁバッド(下向き矢印)

寒さにはかなわず、地下に降りて雨台風をさけて暖を取って
キックオフまで温存していたら、闘士がちゃんとわいてきたるんるん

やっとやっとこの時間ひらめき
雨の降り続くピッチに選手が登場してきたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
P1100520.JPG
久しぶりのリーグ戦に、サブGKとして登場した杉山くん。
GKは、ポジション争いがとても難しいポジション。
ソガや小澤さんを見てきた杉山くんだもの、きっと役割を果たしてくれるはず。

試合前、浦和サポさんの応援に鹿島のコールの音頭が聞こえなくて
しっかり応援しないとって、気持ちになったなぁ。

試合が始まると、浦和の出足に押され気味。
柏木選手にシュートを蹴られて、ものすごかったからヒャッとした。
けど運よくゴールからは外れた。
浦和優勢で試合が進むのかな?と思っていたら、
満男から出たパスに興梠くんが反応して、シュート。
ズリッと滑っていく興梠くんの方に視線がいっちゃって、
サッカーの行方はあとになっちゃて。
スタジアムがグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)わいたわいたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
こういう動きができるFWがいるから、
満男があぁいうパスが出せるんだと思う!!
お互いが感じてるってことだよねるんるん

それからは、鹿島ペース。
そこで目立って感じたのは、浩二くんの動き。
ファウルを貰ったけど、アレは覚悟してだったと思う。
それだけではなく、見えないことで危機を見つけると
早めにその危機をつんでいた。
やっぱり浩二くんはすごいなぁって思ったな。
もう1つ。
満男だけではなく、色々な選手がピッチで会話をしていた。
悪いとこはその場で修正してる、全員サッカーを感じた。

ハーフタイムが終わって選手が出てくるときには
柏木くんと興梠くんが一緒に話しながら出てきたよ。
この柏木くんが、前半1番の要注意人物だった。
後半は、自由にさせては行けないってね!?

後半直後、浦和の反撃がexclamation×2
でも落ち着いて対処して、序々にこっちペースに。
マルキーの気合い、気迫は前半からすごかった。
ゴールを決めてやるってね。
何度も何度もシュートして、ゴールだぁぁぁってシーンも。
ゴールに嫌われた。
絶対ゴール決めてもらいたいって気持ちになったもん。

そしてその瞬間はやってきたexclamation×2
今季監督期待のヤス。もちろんサポも。
フェリペ選手と交代で入ってきた。
ヤスは、相手の動きを良く見てるからだよね??
ボールカットを結構する選手だ。

選手全員が残り時間が気になり、焦り始めたころ。
ヤスがドリブルで上がってきた。
優しいクロスがゴール前に。
マルキーに、ピッタリのタイミング。
ヘディングシュートが決まって、それはそれはスタジアムが揺れたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
決めたマルキー、さすが!!
ででで、ヤスもすごい〜。
何度も何度も声にしちゃったもん。

選手たちが大喜びしてる姿がちょうど目の前でよーく見えて。
印象的だったのは、篤人がヤスをギュッと抱きしめていたこと。
ヤスの活躍は、いつも一緒にいる篤人にも嬉しかったんだね。
他の選手も手荒く、お祝いをしていたけどね。

雨の試合は、GKはいつも以上に神経を使うはず。
1回ミスキックはあったのは、ドキッとしたけど、
集中してゴールを守っていたソガの活躍もあり
2-0で快勝ぴかぴか(新しい)
P1100535.JPG

インタビューカラオケは、興梠くんかな??って見ていたら
P1100541.JPG
満男。
勝利チームインタビューがありました。

P1100550.JPG

P1100556.JPG
嬉しそうな選手見られて嬉しかった

P1100558.JPG

P1100560.JPG
伊野波くんの俊敏な動きがあるディフェンスもいいなぁ

P1100568.JPG
気づくと、ゴール前に飛び込んでくるのは篤人でした。
何度「あ、あつとっ」って叫んだか。
攻撃参加を心がけていたことが、ものすごくわかる。
代表戦戦っているから、スピード面がキツかったように見えました。

P1100587.JPG
ちょいフェイントなヒーローインタビューが始まると

ゴール前では
P1100572.JPG
サブのメンバーに、集合がかけられたました演劇

P1100590.JPG
ランニングが命じられた様子ダッシュ(走り出すさま)
それが目に入ったようで、興梠くんニヤニヤしちゃってました。
以前にも見たことがあるけど、毎試合じゃないよね・・・。
どんな時にこのランニングは命じられるのかな??
とてもとても気になりますよ。

P1100598.JPG
インタビューが終わった興梠くん。
ゴール前まで来てくれないかな??って淡い期待をしてましたが、
その場で挨拶してくれました。

そんな中
P1100601.JPG
本気ダッシュの最中です。
若手の中で走っても、絶対負けない!!本気モードのごうさん。
とてもとても尊敬しちゃいます。

興梠くんのインタビューが終わっても、何周も走っていたので、
足の指がジンジンしてどうにもならないので、最後まで待たず
帰ってきました。

試合後半になると雨もあがってましたね。
帰りのバスが、二階建てでした。
来るときも帰りも、昨年ならものすごい長蛇の列だったのに。
今年はそんなに待たずに乗れたのは、バス会社さんの協力おかげ?
来るときはさすがに、開幕戦なのにって不安になりました。
ただ、おやつを食べすぐに眠い(睡眠)してしまったので、
二階建てを満喫できなかったのが、損した気分でした。

開幕戦、FW2人のゴールで勝利で勢いつきますよね!!
次節も楽しみです。


拍手する
posted by noyama at 13:26 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

[XEROX杯:G大阪]表彰式

試合が終わると、一斉に周りの人たちが動き出したよ。

メイン席って選手たちがあがって来るんだったひらめき
すっかり出遅れてしまったよぉバッド(下向き矢印)

100228_31.JPG
ヤスに、ワンサイズ下のベンチコートを用意してあげてくれダッシュ(走り出すさま)
かわいいけどもグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

表彰式を待つ間
100228_32.JPG
篤人の話に、浩二くんとタクさんめちゃ楽しそうだったよ。
カーリング競技のようにマイクをつけてくれたらなぁ〜。

100228_32.JPG
イバの姿、凛としててステキぴかぴか(新しい)

100228_34.JPG
どの画像も篤人のお顔が映ってないたらーっ(汗)
どうしても篤人のナイスなショットが撮れません・・・。

100228_35.JPG
選手層が厚いってことなのかな??
伊野波くんや大迫くんは、こちらで選手たちを迎えていました。
伊野波くんはけが明けらしいですが、イ・ジョンスが加入して
CBのポジションもかなりの激戦になりますね。

表彰式が終わって、記念撮影のはずが・・・。
100228_36.JPG
すぐに、ゴール裏のサポたちのもとに行ってしまってて、戻ってきてましたるんるん

100228_37.JPG
イバは、ベストポジョンを確保るんるん

100228_38.JPG
みんな嬉しそうだけど、満男はどこだ??

100228_39.JPG
こんな端っこにいましたぴかぴか(新しい)

なんでこんなが斜めの方向を見てるかというと、
100228_40.JPG
応援にきていた、葛西くんや川島くんたちを呼んでいたんですよ
みんな一緒に!! アントラーズの合言葉ですよね。

記念撮影が終わると、ゴール裏のサポさんたちと、盛りあがって、
こちらに戻ってきましたー。
100228_41.JPG
イバのこのポーズも、メダルかけてだとちょっと違った雰囲気でした。

100228_42.JPG
マルキとフェリペは、五輪期間中ということもあってだよね??
こんな感じで記念撮影をしてましたよ。
マルキは仲間が出来て、とても楽しそうでした。

表彰式って、選手の笑顔が見られて、こっちも嬉しくなりますよね。
今季優勝して、また選手と喜び合いたいと思いました。
拍手する
posted by noyama at 20:46 | Comment(6) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

[XEROX杯:G大阪] PK戦で決着

すっきりしない小雨曇りの中、国立競技場に行ってきた。

U代表vs高校選抜も観戦の予定だったのに、小雨で断念したよ。
指定席での応援だったので、結構ギリギリに到着。
コンコースはスタジアム名物目当ての人で、いっぱい。
もうどこも行列で、名物はあきらめ普通の売店へ。
それでもかなりの人でしたよダッシュ(走り出すさま)

やっと買ったランチをむさぼっていると、ソガと杉山くんが出てきてしまって。
全然心の準備が出来てない!! 急いで残りを食べ終わるころには・・・

100228_02.JPG
選手がアップをしに、ピッチに登場サッカー
今季加入した助っ人外国人選手の3人と小谷野くんもいました。

2年連続で、G大阪との対決。
G大阪戦となるとどうしても、イバが気になってしまう。
イバが優勝報告会で「もうすっかり」鹿島の選手だとと言っていたのにね。

そのイバは、
100228_03.JPG
こちらのヤット選手と会話をされていたり

100228_04.JPG
G大阪の選手に向かって、こんなステキぴかぴか(新しい)な挨拶をしてましたよ。

100228_06.JPG
少しアップをすると、寒がりで暑がりなイバは、すでにほっかほかのご様子。
たまらず、上着を脱いでいました。

アップを終えて、選手が1度ピッチを後にしたら
100228_07.JPG

100228_08.JPG

100228_09.JPG
今季のJ1・J2の全チームのフラッグがピッチに。
最後に登場したのはアントラーズのフラッグでした。

そんなこんなでやっと、選手たちが入場るんるん
100228_10.JPG
篤人は楽しげに安田くんと会話してました。

100228_11.JPG
ガンバボーイとしかおも一緒。

100228_12.JPG
まだキックオフ前は、小雨が降ったり止んだりで、肌寒かったのに。
満男だけすでに、ユニだったるんるん さすが気合いが違いますよね。

100228_13.JPG
ずっと誰かを探してる様子だったイバは、相手が見つかったらこんな感じでしたぴかぴか(新しい)

100228_14.JPG
イバに何かささやかれ、怯える興梠くんでしたが

100228_01.JPG
すぐに笑顔グッド(上向き矢印) FWのゴールが見たい!!期待でした。

記念撮影が終わっても、しかおがピッチをウロウロしてて
100228_15.JPG
監督に握手して貰ったら、ピッチから退散してましたよ。

そして、キックオフ。
100228_16.JPG
ACL初戦を見た時、マルキと興梠くんのスパイクの黄色さに
度肝をぬかれて、しかもお揃い?なん??ってビックリだったのに。
さらにもう1人・・・安田くんも同じようなスパイクでした。
レフリーの黄色とスパイクの黄色がピッチに映えてたよあせあせ(飛び散る汗)

ボール支配率は、G大阪。
アントラーズはまだまだ全体的に動きがにぶくて、
なかなかボールを持てない。
それでもG大阪にゴールをおびやかされることも
そんなにはなかった。

100228_17.JPG
フェリペは、意外と細身の選手でG大阪からファウルを受けることが度々で
ピッチに倒れる度に心配でした。

そんな中、ゴール付近でのコーナーのチャンスに、レフリーの笛が聞こえて。
アントラーズの選手がファウルをされたと判断されPKを奪ったよ。
100228_18.JPG
抗議してる最中に

100228_19.JPG
こんなお二人の姿が見えたので、どっちが蹴るん??と、ドキドキでした。

いやいや〜フェイント(そんなつもりはないと思うけど)
PKを蹴ったのはマルキー
100228_20.JPG
しっかり決めて、先制したよ。

でもその後も流れの中での攻撃というのはうまく行かない。
アディショナルタイムが1分かぁって、ふとした瞬間。
ゴールにサッカー突きささったよ。
加地選手に同点ゴールを決められて、そのままハーフタイムに。
ビジョンに映し出された、ゴールシーンにはサッカーが満男に当ていたよバッド(下向き矢印)
圧倒的に押し込まれていた時間が多かったから同点で良いほうかも。

ハーフタイム後にピッチに出てきた篤人は
100228_21.JPG
もう1つスパイクを持ってて。
何度かピッチを足でこすり滑り具合を確認してましたね。
雨で濡れたピッチは、滑りやすくなっていたんですよね。

100228_22.JPG
浩二くんは、長い時間奥野コーチと話しをしてたら、ピッチに入って行きました。
いつも出てくるのが遅めのタクさんとイバも、今日は早くに出てきてたよ。

後半に入っても、なかなかアントラーズのペースにはならなかった。

そこに
100228_23.JPG
ヤス投入。

今季、監督のヤスへり信頼・期待が、伺える交代でした。
ヤスは中盤からボールを拾い、そのまま攻撃に出たり、
前線にパスしたりと、攻撃に勢いがついたよ。
ヤスの躍動がピッチでものすごく目立ってて、気迫を感じた。

その後青木くんが投入され、両SBの攻撃参加も増えて
惜しいシーンはあったけど、結局ゴールは生まれず、
そのままPK戦に持ちこまれた。

100228_24.JPG

昨シーズンは、マルキー・ダニーロ・タクさん・浩二・満男・浩二くんたちが
キッカーだったと思う。だから、誰が蹴るんだろうexclamation×2

100228_25.JPG
先後攻を決めるコイントスには満男とルーカス。

1番はマルキーかな??と思っていたら、
トスが終わったら満男がそのままキックの位置についた。
顔色ひとつ変えずに、落ち着いて決める満男の心臓の強さってぴかぴか(新しい)

G大阪のキッカーは、ヤット選手。
それこそ、PK職人と言われるほどの選手だもん。
決められるのは覚悟していた・・・。
それが大きくボールは外れていったから、驚いた。

2番は、タクさん。これは予想通り。
ポールを足で蹴り上げて手で持つとそのまま頭につけた。
たぶんおまじないみたいなものだよね。
こういうとこ、やっぱりタクさんいいなぁ。
100228_26.JPG
テクニション・タクさん、キッチリ決めてくれました。
G大阪の2番手は、成功。

3番は、イバ。
これにはG大阪サポさんから、大ブーイング。
かなりのプレッシャーの中だったと思う。
100228_27.JPG
落ち着いて決めるイバ。ものすごく気持ちが伝わりました。

100228_28.JPG
仲間の選手も大喜びでイバを迎えてましたぴかぴか(新しい)
G大阪の3番手も、成功。

4番は、大樹。
100228_29.JPG
気持ちの強さを発揮。
ものすごい冷静にボールを蹴ってました。

PKの間も満男は、他の選手がベンチコートを着てるのに
ユニだったことに気付きました。
あと、なぜかタクさんがPK蹴る選手のベンチコートを持って
あげてるんですよね。
なんか、こういう時でも性格出るなぁって、後から思いました。

そして、ここで外せばアントラーズの勝利が決まる。
大事なG大阪の4番は、チョ ジェジン。
そこは、しっかりと決めてきました。

そして最後は、マルキー。
100228_30.JPG
全然大丈夫だろうなぁと思ってたけど、本当に普通に蹴ってて。
見事にゴールして、アントラーズの勝利ぴかぴか(新しい)

PKは、全員見事に決めましたよ。
これはすごいですよね。
ヤット選手がゴールを外すってことが珍しく、そこで勝負あり!!だったのかも。

全体的にはアントラーズはPKの1点だけ。
まだまだチーム全体で調子を上げないと厳しいなぁって状態だと思う。
新しく加入した選手や、若手、中堅、ベテランと全員サッカーが
アントラーズだから、開幕戦までに少しでもそうなってくれるといいなぁ。

とは言え、勝ちは勝ち。幸先よいスタートになりましたよねぴかぴか(新しい)
次は、表彰式をアップしようと思っています。

最後に船山くん、ベンチ入りして活躍もしてもらいたい!!そう願うばかりです。
拍手する
posted by noyama at 15:57 | Comment(4) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

のんびりしていたら・・・

ギャー、とてもとてもご無沙汰してた「かくかくしかじか」。

東アジア杯やら、プレシーズンマッチに、
ACL初戦までもが終わっていました。
あははははぁバッド(下向き矢印)

本当は、東アジア杯が3戦終わった時点で、語ってやろう!!
なんて思っていたのに・・・。
いやー。なんというのか。
もう悔しいを通り越して、体調を崩してしまったよ。
まぁ、東アジア杯が原因ではないけどさっパンチ
風邪をこじらせ、会社を休みがちな日々が過ぎ、
すっかり日本代表のことを語る戦闘力がうせた。

そうこうのんびりしてるうちに、もうバンクーバーが始まってしまったexclamation×2
もうもうもう、毎晩毎朝五輪で頭がいっぱいでした。
フィギュアはもうもうもう、ドキドキ、感動でしたよ。
機会があったら、別に書きたいなぁなんて思っています。

戦闘力はうせていたのですが、
3/3に行われるアジア杯予選のメンバーが発表になりましたよねぇ。
予想してましたが、そこに満男の名前はありませんでした。
そして、大樹も。
東アジア杯で、満男のパフォーマンスがベストだったとは言い難い。
でもボランチではなくとも、満男の持っている能力や精神力などなど
伝わってきたけどなぁ。
それが岡田さんには見えていないのが、残念というか・・・。
悔しいというか・・・。いらつくというか・・・。

それでいて、こんな記事を昨日見ちゃったから。
なんか、悲しいというか・・・なんというか・・・。
いつまでこんなこと言ってんだか。
こういうことをいちいち書く必要があるのかねぇ。
落選の理由なんて、本当のとこの事実がわからん話だから、
後味の悪いなぁ・・・。

「代表」メンバーが発表される度に満男のことが話題になるけど、
もうそんなんどうでも良いって思うようになった。
選ばれても、選ばれなくても満男は変わらずに
アントラーズで戦ってくれるはずだからさ。
そういう満男を応援すればいいかなっ。と。
(個人的にはもう呼ばんでくれっと思ってしまった)

プレシーズンマッチは現場に行けなかったので、なんともですが。
ACL初戦は、スカパー!TVで応援してました。
シーズン前ということ、今季加入した選手が何人も起用したこと、
満男もいないこともあってか。
まだまだ身体は重いし、連携もバラバラに見えたけど、
浩二くんを中心に、落ち着いた試合だったと思います。
ヘッドが強いのは大樹だけじゃない!!
そう思わせてくれた、浩二くんの1発でしたね。
チームとしてはまだまだだけど、初戦を白☆で発進できて良かったぴかぴか(新しい)

そして今日。
国立へ行ってきたので、明日ゆっくりアップしようと思ってまするんるん
100227.JPG
拍手する
posted by noyama at 23:36 | Comment(0) | Antlers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

チームのために

満男が帰ってくる。
「キリン杯」で、こんなに黒ハートがワサワサするの久しぶりだなぁ。

夕方に重たい業務を頼まれないことだけを、祈りながら仕事してたよあせあせ(飛び散る汗)
急いでいるって雰囲気を醸し出さないで、早くに会社を出るのが苦手。
キックオフには間に合わなかったけど、そこは携帯電話でワンセグしながら
前半の始めの時間に家に辿り着けたのは、良かったグッド(上向き矢印)

ちいさい携帯電話の画面の中に、満男を探す。
やっと国歌斉唱の時に、ブルーユニの満男。
やばい、どんだけ涙腺弱いんだ。ジーンとして鼻ツンとしてビックリした。

満男体の線は太いけど、やっぱり小柄だなぁって。
その満男が大きな相手選手にディフェンスに挑んで
負けないとこが、やっぱりすごい。

ちょっと試合の話から離れちゃうけど。
満男が代表に久しぶりに招集されてから、昔の満男の言動とか
行動とか、今さら書きたてる記事をいっぱい見た。
過去は過去で事実だよ。
でもさぁこの3年以上の年月は長いよ。
満男に流れた年月を、今の満男を見て欲しい。
どんだけすごい成長をしてるか。
今の満男のプレーを見たら、わかるはず。
そして、口にする言葉といったら「チームのために」だ。
代表でも、きっとそうするはずだもん。

で、キリン杯。
ベネズエラの若手選手が中心だと言われていたから、
どうなんかな??って思っていたけど、
ものすごい、フルでぶっかってきた。
出足は早いし、スタミナも落ちないし。
どのチームと戦ったって、簡単なんてことはないんだよね。

いつもの「アントラーズ」とは違う「代表」というチームで戦う
満男を見ていつも以上に「熟」を感じた。
おっさんの新人は、久しぶりの代表というのをほとんど感じさせない。
もちろん、連携部分ではまだまだ良く出来ると思う。
でも満男が入ってチームが「ぶれる」なんてことは一切なかった。
どのチームにいても満男は、チーム全体を見ている。
そう感じた。
代表はチームのためと言っても、自分が選ばれるためにって
気持ちは誰にでもあること。もちろん満男にだって。
でもその思い以上に、この試合にかける気持ちが見えた。
しっかり中盤のキープレーヤーで、中心人物だったよ。

欲を言えば、フルで見たかったし、篤人や興梠くんが
一緒だったら、ホットラインももっとあったかな??とか
色々考えちゃうけど、でも久しぶりの満男の代表戦。
いつもの満男で、良かったと思う。

試合はスコアレスドローで、不満もあるよ。
でも、まだまだあと3試合。
また満男も見られるかな??

試合後に満男のインタビューがあって
「チームコンセプトを理解して」とか
「勝ちたかった」って何回も言ってて。
そういう満男はやっぱりステキだなぁって思いました。

大樹に1試合でもチャンスが欲しいし、
興梠くんもまだまだチャンスを与えて欲しい。
そして、篤人の状態が心配です。


拍手する
posted by noyama at 21:46 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

田中康平選手

2007年シーズンまでアントラーズで戦っていた、田中康平選手。

2004年にアントラーズに加入して、
2005年の1年間はモンテディオにR移籍。
2006年にアントラーズに復帰して、
2007年には北海道出身だからか、コンサドーレに移籍!!
決定的みたいなニュースが、流れたりして。
翌年の2008年にベカルタに完全移籍。

アントラーズ時代、サテライトの試合を見に行ったら、
ボールにくらいついていく、熱いプレーに目を奪われました。
出足が遅れてボールに追いつかなかったり、
納得出来ない動きをしてしまうと、ペシッって音が応援席に
聞こえるくらい思いっきり太腿を叩く姿を、今でも覚えています。

また、おすすめのマンガは「新宿スワン」だとか。
寮のお風呂場にはマンガがいっぱい置いてあるとか。
とても気さくにお話してくださる選手でした。

その康平選手が、昨シーズンでベガルタから戦力外通告をされて、
ブログで、そのことを報告していました。
その日のブログもその後のブログも、
お礼の気持ちや状況を冷静に更新してました。

トライアウトを受けるというのも、そのブログで知りました。
その日から、移籍先の発表がされるのを待っていました。
どうなったんだろう?? 大丈夫かな??と気になっていましたが、
昨日待望の報告がアップされました。

FC琉球に移籍が決定ぴかぴか(新しい)
良かった〜良かったよぉ。
おめでとうこざいます演劇

トライアウト受けてなかなかチームが見つからず、
サッカーを辞めようと思った時期もあったとか。
その時期にはブログでは語らなかった本心も
一緒につづられてました。

色々相談に乗ってもらった方々を
「いつか彼らを見返します!!」と強気な発言がたまりません。

楽しいだけじゃないと思うけど、
これからも康平選手らしく、戦い続けるだろうなぁ〜。

ちょっとホッとした、嬉しい夜です。


拍手する
posted by noyama at 02:49 | Comment(0) | 元アントラーズの選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

今日は

船山くんの誕生日。

P1020145.JPG

25歳になった船山くんが、アントラーズに帰ってきます。

背番号も気持ちも新たに、NEW船山祐二ぴかぴか(新しい)
活躍に期待してます。

勝負のこの1年、
応援する気持ちが船山くんの力になることを信じて、
「かくかくしかじか」は、今年もめいいっぱい応援します。
拍手する
posted by noyama at 23:05 | Comment(0) | 選手[フナ・タク] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ちょっとのお話。

とうとう始動なんだなぁ〜って、胸がはやる発表がありましたね。

新しいユニ。
オフィシャルHPで、発表までのカウントダウンしてましたよね。
またまた、ボーダーなんですね〜。
今回のは、違った2色の深紅を使ったボーダーでしたね。
イラストを見ただけだと、ちょっと微妙な感じに見えますが
去年までのユニも、発表になった時は、ビックリして、
なんだこりゃって思ったけど、どんどん馴染んで好きに
なったので、今回のもどんどん好きになるんだろうなぁ。

新しい背番号。
ネットのスポーツニュースで、大迫くんの背番号が
「9」になるって言うのは、知りました。
その時に思ったのは、ちょっと寂しいなぁって。
それは大迫くんがどうのってことでは、ないです。
タッシはレンタルだから、まだ背番号が
空き番でもいいのになぁって。
(全員の背番号発表を見て、チカシもだと知りました。)
もちろんチームの事情もあるし、満男が移籍した時に
タクさんが継承したし(それはまたちょっと違うけど)
今までになかったとは言わないし。
戻ってきて他の背番号になることが、いけないことではない。
でもなんか、ちょっと寂しかった。
もちろん、大迫くんとイ・ジョンスの新たなスタートを応援します。

ちょっと腹が立つ、切ない記事を目にしたよ。
「“客寄せパンダ”にされた2選手」という言葉が
気になってクリックしてみたら・・・。
「岡田監督の不人気の尻拭いで動員された平山と小笠原」と
見出しから、イラッとさせられた。
書いてあることが、岡田さんの本心か、事実か、そんなのは
わからないし、読んでる方の捉え方によっても違う。
それにさっ、こんな記事でどう言われても、満男は満男。
代表でもやるべきことは、絶対にやってくれる選手だと思ってる。
でも最後に
「予想される低視聴率を上げるために指揮官にとって
小笠原と平山は“客寄せパンダ”なのである。」と言いきった
この記事をそれでも私は、ちょっと許しがたい。
拍手する
posted by noyama at 22:58 | Comment(0) | Antlers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。