2010年08月01日

[第16節:神戸戦]夏場もタクさん!

夏場にどうも弱いと言われるアントラーズ。
クライマックス男の異名を持つタクさん。

やってくれましたねぇ手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)

とその前に。
20100731_00.JPG
ゆるキャラ大集合るんるん

ゆるキャラちゃんたちは、ものすごく暑かっただろうなぁ〜。
真夏に大集合って、ゆるキャラちゃん泣かせだわ〜。
と言いながら、いっぱいのマスコットちゃんたちにテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
試合前から、ハイテンションー(長音記号1)

試合の話に戻りますひらめき
最近守備面に不安があったから、
早い時間に得点が奪えて、良かったぁ。

タクさんのヘディングゴール、初めて見たかも黒ハート
マルキー、大迫くんとは違った動きをするタクさんが
相手守備陣に効いていたよね。

2点目も、サインプレーだったのかな??
タクさんこっち側のCK蹴らないんだなぁ〜って思っていたら、
満男からグランダーのボールって。意表を突かれた。
で、きっちり決めちゃうあたり、さすがぁタクさん。

ちょっと残念なのが最近、ゴールパフォーマンスが大人しいんだなぁ。
30歳を目前にして、大人になっちゃうんかい??寂しいなぁバッド(下向き矢印)

後半、マルキーのゴール。
マルキーの動き出しはもちろんだけど、タクさんのパスグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)
マルキーにお祝いに集まる選手たち〜。
モトは後ろからタクさんにまず抱きついて褒めてからマルキーのとこへ。
モトとタクさんのこういうシーン久しぶりるんるん

守備ではソガが、ものすごい好セーブ連チャン。
いやいや、その前にどうにかしろって話もあるけど。
あのソガの集中力、恐れない飛び込みはすごい。
最近失点が多かったから、0で抑えられたことは大きい。

あの〜日本のレフリーのレベルって・・・。
世界レベルのレフリーだとわかってはいても。
ちょっとどうなんだろうかぁって思う試合でもありました。

監督が熱くなって退場しちゃうのは、
次の試合が「清水」だと考えるとまわりが
どうにかその前に止められなかったのか??
その前に、退場にされちゃうほどの抗議だったのかな??とか。
思うとこはあるけれど。
3点リードしていても、納得出来ないことは出来ない!と
熱くなる監督だからこそ、選手が信頼するんだろうなぁ。

MVPは、1アシスト2ゴールのタクさん。
20100731_01.jpg
右足の感じが、タクさんぽいるんるん

20100731_02.jpg
浩二さんとヤスが、王子と姫

20100731_05.jpg
モトとフェリッペとジウトンが仲良しだったり。

勝利すると、嬉しそうな選手たちが見られてさらに嬉しくなっちゃう。

そしてそして。
20100731_04.jpg
興梠くんが復活しましたねぇ〜手(パー)

バースディゴール見たかった〜。
でもでも全然ブランクを感じさせない動きは、さすが野生児。

20100731_03.jpg
浩二くんも、お祝い〜手(グー)

お祝いのゲーフラもいくつもあがってて、頭を下げてお礼したり。
20100731_06.jpg
手を振ったり。ホントに、いい子だよ〜。
次節のゴールを期待してます、誕生日おめでとう演劇

インタビューを終えたタクさんも
20100731_07.jpg
いいお顔してました〜。
今年はこのまま、得点王を狙って頂きたいです黒ハート

↓良かったら、パチッとして頂けると嬉しいです。
拍手する
posted by noyama at 12:30 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

[第12節:名古屋戦A]モトの存在

中断前、なにがなんでも勝ちたい試合。

現地には行けなかったけど、TVの前で熱く熱く母親と応援したよ。
スタメンに篤人の名前がなかったのは、驚いたよ。
その理由は、試合後の監督インタビューで、わかったよ。

前半は堅さが目立って、連携もチグハグで。
名古屋にボールを支配される時計が長かったよね。
それでも残り1分。
興梠くんがフェリッペからのボールをヘッドで落として、タクさんがシュート。
興梠くんはマルキーに出したつもりだったと思うけど、
そのマルキーがおとりになったかっこで、タクさんゴールひらめき
今日もタクさんのパフォーマンスは見られなかったなぁ。

前半はグッド(上向き矢印)な感じのまま、終了。
これは良くやったぁ〜と安堵したのもつかの間、
後半1分も経たないうちに、同点ゴールさせちゃうって。
準備をしていなかったと言えば、それまで。
いやな空気になったよ。

それを吹き飛ばしてくれたのは、マルキー。
果敢にボールに飛び込んで奪い、興梠くんへ。
追いつけない名古屋DFをよそに、シュート。
2点目。また1点差をつけた。良かったぁ。
マルキーがボール奪ったとこ、一瞬ヒヤっとしたよ。

1点差ではまだまだ不安だし、
アントラーズの流れになっているとは言いきれない状況だった。
それを変えてくれたのは、モトひらめき

モトがラインの外で交代を待つ姿見て、恥ずかしながら感涙雨
ピッチにお帰り〜。
モトが入った途端、別チームのように勢いづいたよね。
モトってやっぱりすごい。
ボール持っても簡単に取られないし、
前線に出すボールは計算されているし。
復帰戦とは全然思えない、一体感。
きっと出られない試合は、味方の選手の動きを観察していたんだろうなぁ。
モトが出すボールが、相手DFを翻弄。
マルキーがGKと1対1になったら、もうゴールしたようなもの。
3点目。
FWの2人がゴールを決めてくれるとチームは元気になる。

3点目の後も、何度もチャンスがあって。
モトの動きに感動しまくってしまった。
FWに裏をつくボールとか、かなりあったから、
FWの2人も、いつも以上に飛び出して走っていたね。

アディショナルタイム4分。
まだ4分、名古屋にもまだチャンスがあると解説の方が発した直後、
こぼれ球すら、モトに味方した。
モトのシュートで4点目。技術の高さはさすが。
復帰戦にゴールしてくれちゃうなんて、最高だよ。
プレーだけじゃなくて、一緒に闘魂も注入してくれる。
モトの姿に他の選手もパワーが沸いたはず。
モトの存在は、大きい。

1点は取られたものの大樹vsケネディ、大樹踏ん張っていたと思う。
なかなか自由にさせていなかった。

そのまま4-1で、見事な勝利ぴかぴか(新しい)をありがとう。
アジア制覇がなくなって、どうだろうと思っていたけど、
選手たちは、チームは前を向いていたね。
ようやく悔しさを払しょく出来たよ。

ちょっと気になったのは、試合後インタビューの時
後ろを通るイバが、アイシングをして足を引きずっていたこと。
中断期間が、ゆっくり治療する時間になるといいな。

試合後、サポーターに挨拶してるモトに近づいて肩を組む篤人。
その篤人を抱きしめるモトの姿見ていたら、ズルズルたらーっ(汗)しちゃった。
色々な想いがつまった試合だったなぁ。
中断前、最後の試合が良い形で勝利できて、良かったよぉ。
明けにもつながるよね??

中断かぁ、篤人のことだけじゃなくて色々と選手の動向も気になる。
出来れば、シーズン通してこのメンバーで戦ってくれたら幸せ。
けど、喜んであげなきゃいけないこと、寂しくなることが起こりそうで、
怖かったりしてます。
拍手する
posted by noyama at 23:24 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

[第10節:C大阪戦A]鬼門と疲れとタクさん

なんで、GWの最終日なんだろう??
行きたかったな、長居。
メンバーに入れて欲しかったな船山くんを。

C大阪と言えば、昨年船山くんがR移籍をしていたチーム。
石神くんが完全移籍し、ハネケンがキャプテン。
とてもとても燃える爆弾チームとの対戦。

乾・香川選手に加え、今年加入した
「高橋大輔、家長昭博、茂庭照幸」も油断ならん。
開幕当初はなかなか結果に繋がらなかったけど、
チームの底力がバッグンに上がったチーム。

超攻撃的とも思えるチームに、
疲労蓄積のアントラーズがどう戦うか??

前半はスコアレスドローで折り返したけど、

疲れからなのか・・・。
箇所箇所で“らしからぬ”ミスが目立った。
それと気になったのは、
選手同士の呼吸が合っていなかったこと。
いつもならば、ホットなラインがうまく機能してなかった。

結果、チャンスをものに出来なかった。

同点に追いたタクさんのゴールを見ると
まだまだタクさんのコディションは良さそうだった。

けど追加弾を奪われ、
「鬼門」といういやな先入観とお別れすることが
今回も出来なかった。

チームに勢いが感じられなくなってきた。
この連戦では仕方ない・・・。
けどまだ少し試合は続くから、ここはふんばって
中断をむかえたいよね。
拍手する
posted by noyama at 23:50 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

[ACL:全北現代戦]全勝で1位通過

やりましたねぇ演劇

全勝。

雨の中、前半にトントンと得点を奪ったので、

コレはいいぞ。と余裕モードかと思いきや。

猛チャージの全北現代に、

ロスタイムに入るまでは、そうとうドキドキしたよ。

でも最後は落ち着いたサッカー回しで、安心できたよ。

それにしても、“激”パンチプレーに、ハラハラした。

けがは勘弁だよね。

興梠くんは大丈夫だったみたいだけど、篤人・・・。

大丈夫でありますように。

先取点は、イジョンスの得点力の高さがわかるよね。

高さもさることながら、CKにバッチリ合わせる力もすごいるんるん

2点目はタクさ〜ん揺れるハート

タクさんのシュートまでの連動した選手たちの動きもグッド(上向き矢印)

大樹のクロス?は、意表を突いてたし、正確だったよね。

そして、もちろんタクさんの蹴りぴかぴか(新しい)

タクさんらしい、足技にやられました。

ゴール以外にも、タクさんの足から繰り出されるサッカー

魅了される試合だったよるんるん

これでラウンド16は、ホームで戦えるねパスワード

監督の兄弟対決に、絶対勝利したいね手(グー)

拍手する
posted by noyama at 21:54 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

[ACL:長春亜泰戦A]5連勝

平日の15:30〜試合なんてぇぇぇえええぇぇぇ
現地どころか、TVでもライブで見ることもムリだよぉぉぉバッド(下向き矢印)

試合の結果がわからないように、携帯電話電源切って、
PCでネットを見ないように気をつけてって。
何やってんだか。
会社からマッハダッシュ(走り出すさま)家帰宅。

メンバーに剛さんと伊野波くんの2人ともが、
入っていたのはちょっと驚いたぁ。

現地は前日に雪
スタジアムで前日練習ができないって、天候までアウェイかexclamation×2
登場した選手たちの完全防備の様子を見ただけでも
どんだけ寒いんか、伝わったよ霧
パンツが黒だった(練習の時に履いてるような)のも、寒さのせい??
イバ・タクさん・篤人のスパッツ姿が、新鮮でモエ~

こんな連戦中だと、多くを望んではいけないのかな??
勝利をしたけど、なんだかとても物足りない・・・。
もぎ取った1点は、興梠くんの個人技の力が大きいよね??
DFと1対1に持ち込めば、興梠くんのスピード勝ちひらめき
落ち着いてGKの位置見て、シュートしていたね。

チーム状態があんまりグッド(上向き矢印)じゃないから、
派手に取り上げられていないけど、
公式戦4試合連続ゴール中の興梠くんぴかぴか(新しい)
その興梠くんに「もう1点」って言っちゃったら贅沢かな。
最近の試合は、あと1点奪えたらチームに「勢い」の波が
やってくると思うんだけどね。

前半に奪った1点を「守る」というよりは、
「同点にされないように」な、後半のゲーム展開。
マルキは献身的に動いていたし、イバも良い動きをしていた。
浩二くんがいて、安定していたし・・・。
青木くんが入って、さらに守備はバッチリの布陣になった。
けど・・・久しぶりの2列目の満男が機能したとは思えん。
1点を守ることが第一優先だから、良いと言えば良いのか。
う〜ん、このモヤモヤがたまらん。

けど、けが人がなく、勝利も出来たし良かったるんるん
今日の勝利が、Jリーグ繋がる勝利になればいいな。


拍手する
posted by noyama at 23:31 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

[第5節:仙台戦A]今シーズン、初★

キツイ試合だった。

フェルナンジーニョ、苦手。
ものすごい苦手意識があるので、「絶対に自由にさせないでよ!」
TVにむかって試合前から、叫んでいたよ。

キックオフ直後、仙台は闘士全開ー(長音記号1)
少し遠い位置でも、マークがきつくなる前にシュートしてきた。
ゴールはシュートしないと生まれない!って攻撃の基本だよね。
するどいサッカーは、ソガがパンチングで何とかクリア。
でもサッカーは生きて、イジョンスがクリア出来たら良かったんだけど、
ヘッドで出したサッカーは勢いもなく微妙な位置に落ちた。
そこを見逃さないというか、狙っていたフェルナンジーニョに見事にやられたパンチ

守備への心構えが整っていなかった鹿島
攻撃への意識を開始から全開にしていた仙台
先制点は、この差で勝負あった気がする

マルキーのご家族が、鹿嶋に残るように言ってくれたんだね。
そのマルキーのご家族とマルキーの気持ちに、涙だった。
だから、マルキーの思いをこの試合ぶつけて欲しいって。
マルキーの熱い闘士は、開始直後からものすごいもので。
相手DFと激しくぶつかり合うこともあって。ちょっと心配していた。

熱い闘士が、この試合ではプラスに働かずに、レッドカードで1発退場。
相手に身体(お尻)をぶつけ、手も相手の顔に入ってしまったよね。
うーんうーん。レッドかぁバッド(下向き矢印)
イエローじゃだめなの??っていうのは、鹿島サポだからなのかな。
どうしても、この試合マルキーにゴールを決めて欲しかったから、
早い時間の退場は残念すぎだし、チームにとっても痛かった。

興梠くんの1トップでカウンターを狙いながら、
追加点を奪われないように戦うしかないように見えた。
ボールもほとんど仙台に支配されたまま、キツイ時間が過ぎた。

後半早い時間に同点にしたいとこ。
だったのに、追加点を奪われた。
これは痛かった。

仙台は1点取ってから、さらに勢いがあった。
これで2点差。
数的不利な状況で、どうカードを切るか・・・。

報道でもあったけど、心配した篤人の調子。
前半は、そんなに動きが悪いようには見えなかったけど、
後半に入ると、いつもの俊敏な動きがあまり見られなくなった。
ヤスも期待していたほどは、ボールに触れてはいなかった。

大迫くんとジウトンの2枚代えで、攻撃に厚みが出た。
ボールを支配できる時間も増えて、やっといつもの鹿島らしさが見られた。
満男→興梠くんのコンビのゴールは、鹿島の十八番。
お互いを信頼して動いてるからだよね。
興梠くんのスピードはやっぱり、武器だよね。

これで1点差、どうにか同点にはしたかった。
けど、チャンスはそんなに生まれず、そのまま2-1で終了。

しんどい試合だった。
鹿島は選手の層が厚いって言われている。そう思う。
でも途中から入って、大きく流れを変えるような選手が足りない。
先制点を奪われ、数的不利になったからこそ、わかることもある。
「もっともっと」「イケイケ」な選手が出てこないと、キツイ。

試合前は、ナカシや平瀬選手とも対決が楽しみだったけど、
そんな余裕もなかった。
ホームで戦う時は、絶対にリベンジしたい。


拍手する
posted by noyama at 17:32 | Comment(4) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

[ACL:ペルシプラ・ジャヤプラ戦A]決勝T進出決定

久しぶりにTVスカパーで、生ライブよぉ〜。
でもでも、17:55〜って。まだ就業時間だってダッシュ(走り出すさま)

またまたイソイソと、会社から逃亡ー(長音記号1)
あはははは〜。
家に着いたら、急いで追っかけ再生次項有

マルキーのこともあって、どんな布陣でくるのか??
大迫くんのスタメンは予想通りで、イバがベンチスタートは予想外。

マッハだったなぁ、ゴールが決まるまでぴかぴか(新しい)
利き足ではない、右足にうまく合わせたシュート。
簡単と言えば、そうじゃないだろうけど、
先制点をまたまたヤスが決めたるんるん
持ってる人はどこまでも持っているんだね。

同点にされるのも早かったバッド(下向き矢印)
連戦だけで疲れはたまっているはずなのに。
この気温差は、きついはずで。
ほとんどの選手の動きが重かったよ。
タクさんも球際かなり、やられていたよね。

だから、ヒヤヒヤした。

それでもその後に、興梠くん・篤人が立て続けにゴール。
マルキーの分まで自分がやる!!と言っていた興梠くん。
豪快なシュートが決まった後は、ふっきれたお顔に見えた。

篤人のゴールはキレイだった。
篤人→タク→篤人戻ってきたサッカー
スライディングで、ゴールへ。
素早い判断と動きは、FWの動きそのもので。
今年は攻撃参加をたくさんして挑んでするとこ見ていたから
結果に結びついて、嬉しかったなぁ。

後半になると「ムリしない」という戦術が明確だった。
選手の疲れも目立ったし、早い段階で交代もあるだろう。
それが竜太くんだった。
今季はずっとベンチ入りしたいたのに、今までチャンスがなかった。
このチャンスを活かして、大暴れして欲しかったけど。
なかなかどうして。気持ちに焦りみたいなのが、見えちゃったかな。

ヤスに疲れが見えたころ、青木くんを投入。
かなり短い時間だったから仕方ないけど、
「さやえんどう」のホットラインがもう少し見たかったなぁ。
タクさんが、全然ゲームにノレていないように見えたけど、
最後の交代は、なんと伊野波くんと満男との交代。
もしかしたらの船山くんの投入もあるかと少し期待もあったりして。

興梠くん→竜太くん
ヤス→青木くん
満男→伊野波くん

だよexclamation&question
青木くんが入った時は3ボランチ?
だとタクさんが1.5列だったのかな?
どんなポジションになってるんだって確認したくても、
動きがあり過ぎて、最後まで正確にはわからなかった。
伊野波くんが入って解説者さんは、5バックと言っていたけどさ。
伊野波くんはもともとMFだし、真ん中できない訳じゃないからね。
両サイドをあげて攻撃的に行くのか、守りの体制なのか、
両方取れる交代だったなぁ。
さすがオズの魔法使いは、奥が深いなぁ。
試合後のコメントを見ると、勝ち点を取るための安全策だったみたい。

青木くんや伊野波くんが入るとやっぱり、安心力が上がるよね。
追加点は与えずに勝ち点3を奪ってくれましたぴかぴか(新しい)
ソガの好セーブや、浩二くんのバランサーとしての動きが
チームの勝利に貢献してるというのも、忘れちゃならんパスワード

それにしても、ヤス〜。
出場する度、連携も良くなって行くね。
スイスイ自由にやれてて、それが結果に出てるよねひらめき

決勝トーナメント進出を決めました演劇
残りのACLは、疲れ気味選手を交代しながら戦えるね。

でも次もアウェイで、仙台。
身体も精神的にも、苦しい時だよね。
応援することしかできないけど、頑張れ〜アントラーズ手(グー)

最後になりましたが、マルキーニョスのお父様のご冥福をお祈り致します。


拍手する
posted by noyama at 23:23 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

[ACL:全北現代A]ヤス、ゴォーール!

昨晩は、スカパー!TV観戦に間に合いたくて猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)で帰ってきたよ。
雨というか、みぞれ雪だぁバッド(下向き矢印)
シンシン霧するから、給与前なのに車(RV)タクってしまったぁぁあああパンチ

こんな天気はこっちだけかと思ったら、韓国も天気悪台風
選手の吐く息が真っ白で、動いてないと身体固まっちゃうだろうなぁって。
GKは特にやばいだろうなぁ〜と心配をよそに、
良くも悪くもソガが動かないでいる時間はあんまりないような、
攻められる危ないシーンもたくさんあったよね。

雨にやられたピッチは、スリッピーで、サッカーがかなり速い。
足を取られる選手も多かったから、けがしないようにってドキドキした。

全北現代はフィジカルが強いうえに、よせも速かった。
しかもオフサイドにひっかけるのも巧い。
かなりのオフサイドを取られていたよ。

その中でマルキーの守備意識に、どれだけ助けられたか。
サイドバックの選手くらいの距離は絶対走っているよね。
タクさんのシュートへの意識も今季は高いなぁと思う。
それでも前半は、得点を奪うことはできず、
逆に相手に先制点を与えてしまった。
ゴール前でのパス回しが速かったなぁ。

後半も、ゴール前で危ないシーン。
篤人はかなり相手と競って、寄せて身体でクリアしたあのシーン。
そのままサザァーって篤人は滑っていったけど、
あの気持ちが伝わるプレーにグッときちゃったなぁ。
またまた納得できないジャッジをするレフリーだ!とイライラしたり。
後半も半分以上過ぎたころ、セットプレーのチャンス。
少し遠い距離からタクさんがクロス系のボールを入れた。
フェリペを経由して、浩二くんがシュート。
これ、浩二くんの判断の速さが素晴らしかった。
というか、ゴール前に入ってきてからの動き
すべてが速くて、キレイだったなぁ。
利き足ではない右でシュートしても、かなり正確だったと思う。
ACL初戦と2戦連続弾。
ゴール前で落ち着いているからできるプレーだよね。

同点になったことで、勢いもついたけど。
マルキーは前半からかなり飛ばしていたから、
疲れが見えたよ。
いつもなら考えられないパスミスとか見えた。
それでもマルキーは走り続けていて、
もうそれは感動するくらい。
タクさんもヘトヘトに見えた。
他の選手にも、疲れが見え動きが悪くなっていた。
「ヤスヤスヤス」ってヤスの登場を心待ちにしてたよ。

残りわずかになって、その時がきたひらめき
ヤスとジウトンの2枚がえ。
入ってすぐディフェンスに入り、
だんだんボールに触るようになったヤス。
満男からのコレだって、メッセージが乗ったボールは
まっすぐヤスへ。
ドリブルでゴール前に入って行くヤスを相手ディフェンダーは
ただ力なく追いかけるだけに見えて。
ヤスはそのままシュート。
ヤスも状況を考えて、利き足ではない右足でシュート。
左隅に、正確にゴールした!!
大興奮でTVに、どんどん近づいていったよ。
どんだけ興奮してたんだってるんるん

入団して4年目。
公式戦初ゴールは、苦しいチームを助けるACL弾でした。
ヤスはのんびり屋さんで、自分のペースで行ければ良いって
良く言っていた。
でもそんなヤスから、今季にかける強い想いを感じた。
浦和戦、その前のACLでもしっかり見えた。
監督は今まで頑張ってきたヤスを信頼し起用して
そしてヤスはそれに応えている。
今季は「ヤス」が熱いですね!!

またまたヤスより、ヤスの上に乗っかった篤人が嬉しそうだったよ。
他の選手に祝福されるヤス。愛され選手だなぁと思う。

逆転したあとの残りの2分は、もうドキドキすぎて
早く時間が過ぎてくれ〜と願うばかり。
ソガはこの試合も、集中力を切らさないで、
ファインセーブの連続だった。
ソガの力にもかなり助けられていると思う。
他の選手たちも、必死で、でも落ち着いていた。
ホイッスルがなった時は、それはもうホッとしました。

アントラーズが韓国チームにアウェイで勝利は12年ぶり。
これで勢いがついてそのままACL優勝まで、突き進んでくれ!!


拍手する
posted by noyama at 23:58 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

[天皇杯 ヴィッセル神戸戦]トーナメントは難しい

日本代表に、篤人・大樹、追加で興梠くんまでもが連れて行かれ
さらにイバのけがで、大幅にメンバー構成を変える必要に迫られた。

もうこれはどんなメンバーになっても応援するしかないしょモータースポーツ
と思っていたのに、これがなんと熱を出しましてあせあせ(飛び散る汗)
何とかキックオフまでには行こうと様子を見ていたけど
間に合わない時計になってしまって断念たらーっ(汗)
それでも何とか試合直前までに体調を整えて
家の近所のネットカフェへGoしてきましたダッシュ(走り出すさま)

最近帰りが遅かったから、
アントラーズ情報があんまりない状態でスタメンを待った。
興梠くんのとこは、タッシーだとどこかのニュースで見てて
イバのとこはパクチーだろうし。
大樹のとこは剛さんで行くのか、青木くんもあるなぁ。とか。
篤人のとこは誓志か、青木くんかな??とか。
色々な組み合わせを思い浮かべました。
CB剛さんで、右SBは久しぶりの誓志でした。
タッシーは、今シーズン初スタメンでしたね。

前半、アントラーズペースで時間が進みいつゴールが
生まれてもおかしくない雰囲気で押していた。
攻撃の起点のほとんどがタッシーになっていて。
おしいプレーが何度となく続いた。

でもこういう時って、何かのきっかけで先制点を取られちゃったりする。
今日もそのパターンだった。
先制点を取られ、きっちり守られ、勝ち逃げされちゃう。
あの勝てない苦しかった時のことが、一瞬思い浮かんだよ。

でもそのすぐ後に、マルキーとタクさんが目の覚める
コンビネーションで同点弾を決めてくれたよ。
今日のタクさんは動きがキレてた。
あの下から上に向かって弧を描くシュートってすごい技術たと思った。
得点後の重厚感あるガッツポーズが、タクさんの気持ちの強さを感じたよ。

その後は均衡状態のまま、後半の終盤にさしかかった。
これはもしかしてと、延長も覚悟した時に、
セットプレーから、ダニーロのヘッドが決まって逆転した。

その後の時間は、マルキーがタクさんがボールを持って
時間を使って行き、2-1のまま勝利出来た。

パクチーも誓志も攻撃参加はしていたし、
剛さんはさすがに落ちついていたね。
タッシーもチャンスを何度も作っていたし。
急造チームとしては、落ち着いた試合運びは出来ていたね。

タクさんは攻撃にも、守備にも今日はメリハリをつけて
動けていたよ。

次はガンバなんだよね。
この押し迫った時期にガンバとの対決が2試合あるなんて。
どんっ(衝撃)燃えるなぁ〜。
リーグも天皇杯も勝利を続けて行きたいね。


拍手する
posted by noyama at 18:57 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

[第29節 磐田戦A〕吉とでるか凶とでるか

3連覇するには、今日は絶対に勝利して勢いに乗りたい。
今まであんまり布陣を変えなかった監督が、
勝負に出たと思えるスタメンだった。

興梠くんが累積欠場ということもあり、大迫くん。
ボランチに久しぶりに浩二くん。
そして、満男が2列目をやってたことなんて
はるか昔の記憶になっていたよ。

私がアントラーズを応援するようになった時、
ボランチと言えば浩二くんで、助っ人選手とWボランチ。
年月が過ぎて、青木くんの不動のポジションになっていた。

久しぶりのこの布陣が吉と出るか凶と出るか。

前半、完全に磐田ペース。
前線にボールが入ることも少なかったから、
シュートもほぼ蹴れてない。
マルキーが下がり、大迫くんが孤立。
満男の2列目も、活きてない。
満男が前目にいる分、中盤からディフェンスのバランスも悪い。
最終ラインが安定しないと両サイドも上がれない。
攻撃に厚みが出ない。
TVで見る限り、何かのきっかけがないと、やばい雰囲気でした。

後半、大迫くんに代わってタッシーが投入された。
磐田ペースは変わらない。
セカンドボールが取れない、前線でボールが持てない。
そんな試合展開だったから、モトを出せぇ!!って大声出してた。

その後早い時間にダニーロと誓志をピッチに送り出した監督。
疲れてくる時間に誓志の動きは効きそう。行けー誓志!!
叫ばずにはいられませんでした。

この交代によって、満男がいつものボランチに。
すると中盤でボールが落ち着き、散らせることが出来るようになった。
タッシーも役割を果たき動きをしていたし、何より誓志が躍動していた。
完全にアントラーズの押せ押せの時間になった。
あと1歩ってとこまでは行った。
でも、ゴールを奪うことは出来なかった。
ソガの頑張りで、ゴールを奪われることもなかった。

そのままスコアレスドローで終了。
残りの試合数を考えたら、勝利しなきゃいけない試合だったと思う。
布陣を見たら監督にも迷いが出てきたように感じたし、
選手にも自信を感じられなかった。

うーん。うーん。うーん。
唸っていても、信じて応援するしかないよね。
拍手する
posted by noyama at 22:07 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

[第25節 川崎戦:再開]勝利は奪えなかったけど

モヤモヤ気になってた、川崎戦。
とうとう再開試合の日が来た。

会社から猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)して、家に帰ってTVをつける。
スタートに間に合った。
TVに映り出された選手の表情や、TVから聞こえる応援の声。
頑張れーって思えば思うほど、スタート前から涙でてるし。

初の再開試合がスタート。
直後、大樹がゴールを決めたー。
チーム全員の魂を感じるゴールだった。

まだまだこれから。
そう、熱くさせてくれるゴールだった。
そのまま、どんどんゴール前にボールがあがる。
選手が飛び込む。
その繰り返しのような時間が続いた。
選手みんなの気持ちが伝わってきた。

終了のホイッスルがなった時、悔しかったけど
それは選手に対しての怒りではなく、
勝利を奪わせてあげたかった気持ち。

勝ち点は奪えなかったけどもっともっと大事なものを
貰った気がしました。

この選手たちなら大丈夫。
次節に期待して、また応援します。


拍手する
posted by noyama at 21:52 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

[第22節 神戸戦A]キックオフ直後の集中力

平日アウェイなので、現地には行けず、母とTVの前で応援でした。

びっくりするっていう間もない時間に、先制点を決められてしまいました。
大久保選手の狙いどころも良かったと思いますが、
開始直後で集中が間に合わなかった。
そんな風に映りました。

マルキーが負傷していたことは、スタメンメールが届くまで知らず。
モトの状態は良くないんですね。
そして、伊野波くんが累積でいません。

ベストメンバーとかいうのは、ひとそれそれ違うと思うんです。
だからそうことではなくて、定着していたメンバーが3人違うと
チーム力は変わらなくとも、勝手は違う。
タイミングとか、連動とか、守備範囲とか。
そういう動きの確認作業が終わる前に、決められてしまった。
うまく伝えられないのですが、そんな風に感じました。

今日のこの結果は、
1分にも満たない時間に先制弾を入れられたことにつきると思えました。

先制点を入れられて、あんなにバランス良く守られてしまうと、
両サイドからの攻撃すら、難しかったよね。
ボールが持てても、出しどころが見つからない。
動き出してる選手がいないから、バックパスを選択するようになる。
でも体力は消耗していくから、さらに動きもなくなる。
チャンスを決められず、そのまま試合終了になってしまいました。
このメンバーで勝つことが、またチームの自信になったと思うので残念です。

だけど上位4チームがすべて負けたことで、勝ち点差の変動はなく
まだまだアントラーズに運があるというか、強運だと思いました。
けが人の状況など心配はたくさんですが、次節をしっかりですよね。


拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

☆第10節A 頑張っていきたいと思います

ACLを戦っていた・いるチームの残していたリーグ戦1試合を
今日やったから、こんな過密スケジュールだよ。
しょうがないんだけどさ。
行きたかったよぉ大分ぁぁぁ〜、名古屋やぁぁぁ〜
なので、今日もTVの前での応援ですバッド(下向き矢印)

大分、名古屋、川崎とアウェイ3連戦ってダッシュ(走り出すさま)
精神的にも体力的にもそうとうキツイだろうなぁ。
メディア情報では、選手のうちの何人かは疲労がたまっているから
スタメンを回避するのでは?と言われて、その中にタクさんの名前も
あったから、ベンチスタートなんだなって思っていました!!

2009070101.JPG

おおかたの予想に反してスタメンは、今言われているベストメンバーでしたね。
オズの魔法でメディアを混乱させたのか、勝手に勘違いしたんだかねぇ。
名古屋グランパスはリーグは3連敗中だけど、ACLを勝ち続けてるチーム。
そのチーム相手ですもん、しっかり戦いますよぉ。

2009070102.JPG
ピッチに登場した選手たちの横に「グランパスくん」。
かわいいなぁー。
うちのマスコットたちもピッチに出てきたらいいのになぁ。
絶対「しかこ」はイイ仕事すると思うんだけどなぁー。

スカパー!のこの試合での注目選手は
2009070103.JPG
興梠くん。そうだともそうだとも。
「今日も決めてくれーコロちゃん!!」叫んでましたよ

そしてもう1人
2009070104.JPG
玉田選手。
オーストラリア代表のケネディ選手の加入も決まって、チームでも
ポジション争いが大変になるだろうから、ここは結果を出したいとこ。
でもでもそうは簡単にさせませんよーパンチ

日本代表FW対決が見物ということでした、はい。

試合直前でもナチュラルな感じのマルキー
2009070106.JPG
気持ちに余裕を感じたよー。やってくれるよね!!

スタートは静かな戦いでした。
両チームともに疲れはあるし、スピーディーな展開は難しい。
お互いがお互いの様子をうかがい、ゆったりとしたペース。

ピッチで倒れてる選手がいるよ〜 なかなかゲームがとまらーん。
2009070108.JPG
うんん?どなたなんでしようか?? あわあわしてTVかじりつきだよ

2009070109.JPG

こういうシーンで篤人の登場をよく見かけますよね。
篤人って男気っていうかなんていうか、チーム愛ですね。

2009070110.JPG

そりゃーオイヴィラ監督だって心配ですよね?

で、誰だって?
2009070111.JPG
大樹だったんですよ。
頭がクラクラしてるような感じで、さすがの強靭大樹も辛そう。
頭を手でおさえながら立ちあがり、しばらくは痛そうにしてましたが
その後しっかりプレーしてたので、良かったよう。

えっ!!
2009070112.JPG
まさか、まさか!! ストイコビッチ監督がマルキーに指示出し??
するわけないよね。
でもこんなシーンを見たら、間違えるって!!

2009070113.JPG
どうやら大樹がなんで倒れているのかを、マルキーに聞いていたらしい。
ご心配いただいたようですよ。

そのなこともありつつも、徐々に攻撃を仕掛け始めたら、
ボールに触れる選手たちの連携で、ゴールが決まったよ!!
2009070114.JPG
モトが出した低めのクロスをノーマクだった興梠くんが、蹴り込んだ!!
相手DFを崩してのゴールは、ものすごく流れもゴールもきれい。
2009070115.JPG
2009070116.JPG

2009070117.JPG
この満足気なお顔がかっちょ良かったぴかぴか(新しい)

1点差がついたことで、相手が早い時間に同点に追いつこうと、
しゃかりきになってあぶない場面は何度もあったけど、
そこはソガとCB2人がしっかり守ってくれた。
あせらずサッカーを支配しながら、追加点のチャンスを狙う。

2点目もみんなが同じことをやろうとしてないと生まれないゴールだったよね!?

2009070118.JPG
まず1人目スルー

2009070119.JPG
2人目もスルー

「なんでみんなスルー?」って疑問だったけど、
 試合後のタクさんのコメントを読んで納得。
(タクさんのコメントは下の方に載せますね)

ペナ付近の選手が連携しながら、最後は
2009070120.JPG
タクさんの足技で、追加点を奪う!!

2009070121.JPG
今期はずっとこれなんだろか?? ゴールパフォーマンス。
決して洗練されたものを望んではないけど、もうちょい違うのもみたいよ。

2009070122.JPG
めっちゃみんな嬉しそうだったー

前半が終了して、ピッチを引き上げる興梠くん
2009070123.JPG
足をかばいながら歩いていたので、とても心配だったけど、
後半もしっかりピッチに登場してくれて、ひと安心ー。

後半スタート直後から、ガンガン前がかりで攻撃をしかけられたが
なんとかしのいで、ゴールチャンスを狙いながらサッカーパスを回す。

3点目も、前線の選手たちがお互いの動きをわかっているから
生まれたゴール。

2009070124.JPG
きっちりマルキーが決めてくれました。
今期はゴールポスト、クロスバーにボールが当たるおしいのが
たくさんあって。ゴール運がついてこなかった感じだったけど。
ようやくゴールを決めてくれましたねexclamation×2

マルキーはもちろん嬉しそうだったけど、
2009070125.JPG
同じくらい興梠くんが、嬉しそうだった。
もっのすごく勢いで、マルキーの胸に飛び込んできたよぉー。

3点目って久しぶりじゃない?
連勝はしてるけど、点数ではそんなに差をつけて勝ってなかったよね。
この1点で、勝負が決まったよね。
それからはゆっくりとボールを繋ぎながら、しっかり守備。
危ない場面はあったけど、これもソガがしっかりセーブして0点で守りきり、
8連勝ぴかぴか(新しい)るんるん

終了のホイッスルの時に興梠くんは、交代していたので
2009070126.JPG
ベンチで喜びをかみしめてました。

雨の中、応援してくれたサポーターに挨拶をして
2009070127.JPG
いつもなら、ピッチを引き上げる選手たち・・・のはずが・・・

2009070128.JPG
篤人が

2009070129.JPG
大樹やマルキーが、呼んでる呼んでる!!

円陣になってるよぉ〜

何が始まるんだexclamation&question 
胴上げか、バンザイかー(長音記号2)

2009070130.JPG
なんと、全員で「ゆりかご」。
初めて見ましたよー。こんな豪華版の「ゆりかご」。
でもこれでは、円陣内の選手の様子が見えーん。
(こちらで、選手のお顔が見られますよ)
背中だけでも、みんなが楽しそうなのはわかりますー。
何気に満男がノリノリだったとこが見られてるんるんるんるんるんるん
だけどこの時は誰のためにしたのか、わからなくって。

2009070131.JPG
やりきった選手たちの姿を見ながら「誰?誰?誰?」と連呼してました私。

試合後、選手のコメントでソガに2人目のお子さんが誕生したことを知った。
かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいおめでとうございますかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
しかもTV気づかなかったけど、タクさん1人でゆりかごやってたんですねひらめき

2009070138.jpg
(J’s GOALさんから、拝借しております)

演劇試合後のタクさんのコメント
「早めにスルーって声をかけたらみんなスルーしてくれた(笑)。
 ↑ それでみんなスルーしたんだねぇ、納得。
(ゆりかごダンスは)オレだけやってた。
物まねしながらやろうよ、って言ってたんだけど。本当に決めれて。
ソガさん、点決められないからね。失点してやるのも悪いし。
ミツオくんもやろうって言っていたのに。前日練習したのに。
ホテルで『生まれた』って言ってたから、名前とか勝手に決めて、
そうやって和んでました」

アウェイ遠征してる選手の精神的な疲れを癒してくれていたのは
ソガのお子さん誕生のようです!!

ゆりかごを終えた選手たちは
2009070132.JPG

2009070133.JPG

2009070134.JPG

みんな幸せそうでした。
アントラーズはファミリーなんだなぁって再確認した瞬間でした。
選手のこんなたくさんの笑顔を見たのは久しぶりです。

今日は出番がなかった
2009070135.JPG
誓志とタッシーも楽しそうでした。

というか、誓志がずっと話してたように見えたけども。
2009070136.JPG
最終的には噴き出してましたー。
何を話してたんだろう?? 気になるじゃないぃぃぃぃぃ。

もちろん勝利インタビューは
2009070137.JPG
興梠くん

以下:インタビュアー→イ、興梠くん→興

イ 「大雨の中、完封勝利いかがですか?」
興 「いつも1点差とか厳しい戦いだったんですけど、
   今日の試合は圧勝だったんじゃないかと思います」

イ 「鹿島の勢いを示すような先制ゴールでしたが、
   振り返ってみていかがでしようか?」
興 「いやーあれは僕のゴールじゃなくて、その前のパス回しを
   ほめたほうがいんじゃないかなと思います」

イ 「ACLを勝ち抜いてる名古屋との対戦でしたが、
   特別な想いはあったんですか?」
興 「ACLで負けた悔しさって言うのは、もうACLでしか返せないと思うので
   Jリーグに切り替えようってことで、僕たちはみんなふっきってるんで
   そういう意味でグランパスに勝てたということは大きいと思います」

イ 「チームはリーグ戦8連勝、勢いが止まりませんね」
興 「次もフロンターレですから次に切り替えて、
   頑張っていきたいと思います」

イ 「2位とは10点差、独走態勢に入りました」
興 「もっともっと差を広げられるように、頑張っていきたいと思います」

イ 「次節アウェイでの川崎戦、意気込みをお願いします」
興 「フロンターレも手ごわい相手なので、1点差の勝負になると思うんで
   頑張っていきたいと思います」

そう、ACLに再チャレンジするためにもリーグ制覇をしなくてはならない。
興梠くんの「頑張っていきたいと思います」が全てだと思う。
それにしても、頼りになるFWになってきたなー興梠くん。
とても頼もしい限りです。どんどんゴールを決めちゃってください。

試合後の選手の表情を見ると、笑顔もあって安心しました。
興梠くんも言ってたけど、もう日曜にはフロンターレ戦。
今日もガンバに1-0で勝利してて、勢いも力もあるチームだから
全力でぶつかるだけですよね!!
(川島GKがヤット選手のPKを止めたそうです)

アウェイ3連戦の最終章、絶対に勝つ!!


拍手する
posted by noyama at 02:24 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

☆第15節A あきらめない気持ち

ACLの悔しい敗退から、中3日でリーグ戦ですよ。
相手は大分トリニータ。
順位だけみたら最下位の大分トリニータだけど
昨年のナビスコ杯では優勝をしてる実力あるチーム。
けが人とピッチコンディションに恵まれずに、今は沈んでいるけど
決して順位ほど“楽”な相手ではない。

それに
2009062801.JPG
大旗もゲーフラもいっさいなしのゴール裏のサポーターたちの声。
ピッチで戦う大分の選手たちに届かないはずはないよね。
厳しい戦いになりそうなのは、キックオフ前からヒシヒシと感じてた。
でも、アントラーズにとっても、ここで負けてズルズル行く訳にはいかない。

現地には行けなかったけど、TVの前でガッシリ応援してましたよ。
スカパーでは、キックオフの少し前から放送が始まって
スタジアム入りする選手の表情も教えてくれます。

2009062802.JPG
満男は試合前の移動中どんな曲を聞いてるんだろう?

そして、両チームの思いを表す映像が流れましたー。
2009062803.JPG
2009062804.JPG

順位の差はあっても、お互い譲れないプライドがあるから。

今日の勝負はまさに
2009062805.JPG
気持ち。
心が折れたほうが負ける。

大分はけが人が、少しずつ復帰。
2009062806.JPG
エジミウソンも戻ってきてまして、モトと固い握手してましたよ。

解説の増田(元アントラーズ)さんが今日の見どころとして
エジミウソンと満男をあげていました。中盤をどっちが制するか。

2009062807.JPG
マルキーは、リラックスしてる様子

FCソウル戦のPKでは、守護神ぶりを発揮してくれた
2009062808.JPG
ソガは、今日でリーグ250試合出場!! 

敵はピッチにいる選手だけではなく、この芝ってどうよ!?
2009062809.JPG
ありえないんですけど。
これじゃ、キックもダッシュも足踏ん張れないよ。
大分にけが人が多いのは、この芝も原因の1つだと実況の方が説明してました。
だったら、そんな芝で試合させないでー。けがが心配じゃないよぉ。
実際に試合中この芝にやられまくりでしたね。

大分はかなり引き気味。
正直、身体の疲れが残っているアントラーズは、動きが重い。
ボールは持てるよ。前にも行くよ。
でもなんだろう?? 勢いがないよ。
それ仕方ないけど。
でもボールを回すことで相手を走らせ、後半疲れてきたとこを一気に!!
それなら、良いボディブローになるかも。

さっき芝も敵と言ったけど、まだ敵がいて。レフリー!!
東條レフリーは良い印象がないんだよな、ワタクシ。
このピッチコンディションでは、したくてしてるんじゃない。
止まらない!!のかもだけど。アフターが多かった。
TVから、ものすごいうめき声が聞こえて、モトが倒れた。
2009062810.JPG
多少痛みが治まったのか、起き上がり痛めたとこを確かめていたよ

このプレーにはオリヴィラ監督もだまっていなかった
2009062812.JPG
めちゃ抗議していた。

その後もチャンス場面は少なく、ボールを支配できるものの
実は大分のゲームプラン通りなんじゃないかと不安になった。

前半終了後、たまってる疑問をぶつけるように
2009062813.JPG
東條レフリーにつめ寄る2トップの2人。
どのプレーについていっているのかは、わからなかったな。

そこに現れた我らキャプテン
2009062814.JPG
マルキーをなだめながら、レフリーから離して連れて行く。

でもでも納得が出来てないのか
2009062815.JPG
興梠くんは再度詰め寄ってたよ。

後半は、攻撃にリズムが欲しいな。

うーん、後半もなかなか思い通りには行かない。
開始直後に、前半でも活きの良い動きをしていた清武選手に
バタバタの中押し込まれ、先制弾を決められてしまう。
ACLの精神的なダメージがまだあるのかな?? やばい。
このままではまじやばい。
と応援してる私は不安でいっぱいになった瞬間TVに映ったのが
2009062817.JPG
満男。
大きい声を張り上げ、さもすると下を向いてしまいそうな仲間に
2009062818.JPG
「まだまだ」って気持ちで伝えていた。

チャンス!!に繋がるはずのドリブル突破も
2009062819.JPG
踏ん張れない芝生に足をとられ
2009062820.JPG
バランスを崩して転んでしまう
2009062821.JPG
ピッチコンディションのせいで、やりたいサッカーができない。

攻撃にスピードがたらんのよ。
前半からずっと入れてくれーと思っていた選手がいる。
いや違う、FCソウル戦の時も、その前の試合でも
心の底から叫んでいた選手がいる。

きたー
2009062823.JPG
イバの出番。

2009062824.JPG
そうだ。
このむきだしの闘志が、見たかった。

そして、この交代が功を奏でる。
前半元気がなかった篤人も、サイドをかけ上がり始める。
攻撃的な両サイド復活!!
左サイドを上がるイバにボールがどんどん経由され、ゴール前へ。
言いすぎじゃないよね。
攻撃に幅が広がって、良いリズムになってキター。

こんな時にはずさない男が満男。
2009062825.JPG
タクさんから放たれたクロスは簡単なものではなかったのに
絶妙なタイミングで合わせ、豪快ボレーを叩き込んだ!!
勝!!その思いが魂がやどった熱いゴールだったよ。
同点弾を決めた満男は、もちろん浮かれることもなく冷静に
ポジションに戻っていった。
このゴールが、チームにもたらしたものはドデカかった。
やっぱり満男がいると心強い。

断然勢いに乗ったチームは、ゴール前に押し込む時間が増えて。
CKのチャンスには、ポジションを入念に支持する満男
2009062826.JPG

それをしっかり決める男
2009062828.JPG
大樹。
ゴール前は混戦だっだけど、落ち着いてゴールに蹴り込んだよぉ。
最高!!

2009062829.JPG
篤人がこんな風になるの珍しいと思う。
この篤人をみて、なんかホッとした。
ACL敗退が篤人にダメージを与えてるって思っていたから。
きっとこの試合で、少しは払拭できたはず。

もちろん、逆転された大分が黙っているはずはなく
2009062830.JPG
スタンバイOKの高松選手が、ベンチ前に出てきた。
大分に取って、心強い選手が復帰した。
って事は、こっちはピンチが増えるってこと。

選手たちは集中を切らすことなく、相手の攻撃をシャットアウト。
そんな中で
2009062831.JPG
タクさんも奮闘してました。
決めるやろ!!ってゴールをなかなか決めることが出来てないのは
良くないけど、でも中盤で地味に踏ん張っている。
今年はカードを貰っていることでも証明されているけど
守備頑張ってる。
それに中盤のボールの落ち着きどころはやっぱりタクさん。
簡単にはボールを奪われなかったよ。

浩二くん、ダニーロとボールを落ち着かす選手がピッチに。
その後鉄壁の守備で、守りきり勝利!!
あきらめない気持ちが、勝利を奪った。

倒れこむ選手や呆然とする大分の選手の中に
攻撃陣を苦しめてくれた、厳つい雰囲気の上本選手の姿もあって。
2009062832.JPG
タクさんが、立ちあがらせにいってる姿が映っていたんだ。
調べてみたけど、2人は年が1つ違いくらいしかわからなかった。
同世代だから、いろいろな大会で顔を合わせいてたのかな。

ゴール裏へ挨拶を終えた選手たちの様子は
2009062834.JPG
やっぱり疲れていました。

2009062835.JPG
興梠くんは笑顔でゴール裏に手を振っていて、知りあいでも見つけたのかな??
こんな感じでした。

2009062836.JPG
篤人も疲れは見えたけど、なんとなく気持ちは晴れているように見えました。
(勝手な推測ですんません)

そして勝利インタビューに呼ばれたのは
2009062833.JPG
満男でした。

インタビュアーから
「ACL敗退もあってキツイ試合だったんじゃないか?」
と聞かれて
「単なる1敗じゃなくてすごい悔しい思いして、
 自分もチームに迷惑をかけてしまったんで
 でもそんな中、今日勝てて良かったです。」


「1点先に取られて、チームの中どうだったんでしよう?」には
「そんな慌てることなく、試合をひっくり返すことができたんで
 良かったと思います。」


「魂のこもった、すごい同点ゴールだったと思うんですが・・・」には
「なかなか最近あすこまで行ってなかったんですけど、
 ゴールは良かったです」

「このあとも過密日程が続きますけども、この先に向けてひとこと」には
「自分もそうですし、チームの中にも、やっぱりもう1回アジア優勝したいって
 気持ちがあるんでその為にJリーグとってまた来年挑みたいっていう、
 高いモチベーションがあるんで、絶対今年優勝できるように
 そういう気持ちで戦っています」


と、それぞれの質問にゆっくり何かをかみしめるように、答えていました。
ACLの敗退は悔しかったけど、満男にチームに、新たなる力を与えた敗戦。
そう思える戦いをしてくれたアントラーズに感謝です。

3連覇と、その先につながるアジアの頂点への挑戦をつかみ取ろう!!


拍手する
posted by noyama at 23:53 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

☆第13節A 中田浩二スタメン復帰

中断前最後の大事な試合。
242日ぶりにスタメン出場した浩二くんの活躍で1-0と勝利しましたぴかぴか(新しい)
20090524_19.JPG

こっは曇りったり雨だったりとウジウジした空模様だったけど
TVで映った万博は晴れで、暑そう。
アップしてる選手が映り出されると、すでにマルキーが裸ー(長音記号2)でした。
あらら。
そして、天気<新型インフルエンザが心配のガンバ戦でしたが
20090524_01.JPG
ガンバボーイも、しっかりマスクをしていましたよ。

満男は出場停止、興梠くんは右胸部の打撲治療の為に帯同しませんでした。
満男→浩二くんが、興梠くん→大迫くんとなりました。

スカパー!の放送は12:30〜と優勝決定戦ばりの力の入れよう。
試合前のアップの様子、スタメン紹介(選手プチ情報)や、
元清水エスパルスでチームメイトのチョ ジェジンとマルキー「VS」として
2人のインタビューも流れましたー。
また宇佐美選手と大迫くんの2人にスポットを当てて、活躍に期待!!と
盛り上げていました。

ピッチへ登場前の様子も映していて
20090524_02.JPG
すでに誓志も、準備万端でしたーダッシュ(走り出すさま)

そのままユニで出てこないよね?と気になって画面にくいいってると
20090524_03.JPG
ごきげん笑顔で登場した、ピッチ解説者の名波さんの後に・・・
トボトボとユニ姿で歩く誓志が確認できましたー。あはははは。

その後スタメン選手に続き、サブ選手の紹介に。
20090524_04.JPG
誓志はベンチに座ってもまだユニ。すでにアツアツのご様子いい気分(温泉)

20090524_05.JPG
そのままベンチの様子が映り続け、誓志サポにはたまらんであろう
「誓志選手の正しいヘアゴムの付け方」をお届してくれましたー。
意外と伸びるのねー。とか鏡を見なくてもセット出来るんだーとか。
試合前のひとときに、一呼吸出来ました。

試合が始まると、お互い譲らず一進一退。
その中でも、中盤のモトとタクさんとで連動して、攻撃に出る。
モト→シカケに上がってきた篤人→モトとつなぎ、最後は
スルスルっと左サイドに上がっていた浩二くんがゴールに押し込んだ!!
20090524_06.JPG
ゴール!! 泥臭いゴールで先制点を奪う。

20090524_07.JPG
浩二くんの2004/06/13以来の約5年ぶり、Jリーグでのゴール。
スタメン復帰戦でゴールを決める、やっぱり「中田浩二」は持っていた。
苦しい戦いになるだろう試合で、先に得点出来たことは大きい。

相手がガンバってことを考えると1点が、安心出来る点数ではないことは
わかりきっていること。
その後も攻撃をゆるめた訳じゃないけど、早く同点にしたいガンバの猛攻撃で
なかなか追加点を狙えない。
それどころか、ヤット選手をゴール前でフリーにしてしまったり。
そこはソガが落ち着いてセーブしてシュートは蹴らせなかった。
そのまま前半を終了。

後半は、安田選手が投入されさらにガンバは、攻撃に勢いを増す。
そこは、浩二くん・青木と大樹・伊野波の中盤とCBでカバーをし合う。
何度もゴールが脅かされ、身体を投げ出し、壁になり必至で守り抜く。
アントラーズも隙をつき、ゴールを狙うも追加点は奪えず。
危ない場面が次々・・・チョ ジェジンのシュートは同点を覚悟したけど
クロスバーが跳ね返してくれてセーフ。

ううん?オリヴィラ監督の怒鳴り声がTVから聞こえてきた
20090524_10.JPG
めっちゃ怒ってるよぉー。
「なんだ?なんだ?」TVには映らないことで何かあったのかな?
・・・ピッチ解説の名波さんからの情報だと
「ロスタイムの時間が長すぎる」と抗議していたそうです。

この時はまだお茶の間にはアディショナルタイムが、何分間か不明だったけど
こんなに怒っているんだから「4分くらいあるのかな?」と一緒に応援してた
母と話してると、予想通り表示されたのは「4分」。
確かにそんなに試合は止まってなかったとは思う・・・。
その4分もチーム全員で守りきり1-0のまま、終了グッド(上向き矢印)

20090524_11.JPG
ベンチでモトは、大喜び。

ピッチでは
20090524_12.JPG
 ↑ ジャイアン大樹がのび太パクチーと喜び合ってましたたらーっ(汗)

いつもの試合より、選手たちの喜びが大きく見えたのは、良い形で中断期間を
迎えられる喜びとホッとしたからなのかな。
TVに映る喜びムードいっぱいの中で、1番喜びを表していたのがモト。

浩二くんがゴールを決めた時も
20090524_08.JPG
ものすごいダッシュして、お祝にかけつけてた

20090524_14.JPG
マルキーに

20090524_15.JPG
大樹に

20090524_16.JPG
パクチーに

20090524_17.JPG
篤人と。ガシッガシッ抱きついて行ってましたー。
見てたほうも、どんどん嬉しくなりました。

大活躍の浩二くんは
20090524_13.JPG
足を引きづっているように見えて、カメラが下まで映すと膝にアイシングが。
膝、心配です。

20090524_18.JPG
それでも笑顔が見られてホッとしました。

インタビューでは
「自分が出て負けたくはなかった」と本音も話てましたね。
「きれいな形で決められたら良かったけど、ああいう形ででも
決めることが出来て良かった。」とも言ってましたが、
泥臭いゴールだったからこそかな?浩二くんの気持ちが
いっぱい伝わってきた気がしました。
オフィシャルに載ってる浩二くんのお写真、とても充実した素敵なお顔ぴかぴか(新しい)
中断明けも浩二くんに期待です。

中断明けからもリーグにACLと厳しい試合が続くから、
ゆっくりと休んで、疲れを取ってください。
首位のまま、良い形で中断期間を迎えられて嬉しいな。
拍手する
posted by noyama at 20:24 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

△ACL/上海申花戦A なんとか1位通過

帰ってきましたーって、現地じゃなくてネットカフェから。
スカパー!のテレ朝chで録画放送でも当日やるって疑わず、
まさか早くて木曜だって知ったの今朝たらーっ(汗)
会社帰りにネットカフェへ立ち寄り、応援してきましたー。

キックオフ直後に、ガツンとタクさんがやられて
上海申花のこの試合での戦い方がわかった気がして怖かった。
けが人だけは出さないでと祈るばかりだったけど、
それもかなわず興梠くんが負傷退場した。
結果を出して調子が良かった興梠くん。
負傷して退場するのは、本人が1番悔しかったと思う。
そして今週メンバーが発表される代表へも意欲的だった。
試合後、救急車で病院へ向かったそうです。
鎖骨の骨折ではなく、胸の強打した痛みがあるそうです。
軽傷であることを今は願うばかりです。

試合は、タクさんが激しいタックルを受けて始まり
ファーストシュートは興梠くんだった。
ゴールとはならなかったけど勢いを感じた。
だけど、チームはいつもとは違う落ち着かない雰囲気を感じた。
その空気のまま、上海申花にチャンスを与えてしまう。
セットプレーは、なんでかドフリーの選手がいて
どんぴしゃのヘディングゴールではなく<(_ _)>
キレーなシュートを決められてしまう。
そのままドタバタな時間は続いた。
慌てる気持ちは「縦へ」「縦へ」のパスを選択し、
相手DFにひっかかってしまい、攻撃がうまくいかない。

そんな曇り行きが怪しくなってきたとこに、マルキーがやってくれたぴかぴか(新しい)
2人DFに付かれながらもコースを見つけて叩きつけるヘディングシュート!!
DFの間を抜けて、ゴール!!
ともすれば、ずるずる行きそうな空気を踏み留めてくれた1発だったよ。

後半に入ると、落ち着きを取り戻していた。
攻撃的に出るより、自陣で引き気味でのポジションを取った。
それによって相手の動くスペースを消すことが出来たけど
どんどんどんどんプレーは荒さが増していった。
もっとカードが出てもおかしくない試合だったと思う。
危険なファウルを回避しながら、戦うってことがどんだけ大変か。
画面を通してでも伝わってきたよ。
精神的の疲れが大きいのか、選手はいつもよりヘトヘトな顔してた。
それでもパスを回しながら、ゆっくり時間をかけて戦っていた。
そのまま同点のまま、終了のホイッスルを聞くことができた。

これで1位通過が決まりましたー。お疲れ様でした。
次はホームで戦えるから、選手たちに「声」で力が与えられますね!!

そうそう汚い相手のプレーもムカついたけど、
セットプレーになった時に何回か緑の光線が見えた。
最初は気のせいかと思ったけど、あれは絶対ビーム。
それがとても腹が立つし、心配でもありました。
拍手する
posted by noyama at 01:05 | Comment(4) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

△第7節A 厳しい、難しい

山形との初対決は、雨の中での戦いとなりました。
現地に行って大声で応援したかったたらーっ(汗)
スケジュールが片付かずTVの前で応援してました。

山形と言えば、以前アントラーズに在籍していた「石川竜也」選手がいる。
キャプテンマークを巻いてる試合も多く、山形の中心選手になっています。
アントラーズにいた時も正確な左足からのキックで、
プレースキッカーもやっていました。
きっと今日もその左足から危ないクロスが上がるだろうて要注意人物。
試合前にはその石川選手と懐かしそうに握手してた興梠くんの姿が
見られてなんか懐かしかったよ。と、懐かしんでるのはここまでダッシュ(走り出すさま)

ACL/SAF戦と少しスタメンのメンバーは変わってましたね。
FWは2トップでマルキーと興梠くんで、モトと伊野波くんがスタメン。
累積欠場が青木くん→ミツオになったあせあせ(飛び散る汗)

うーん。うーん。うーん。
前半最初は守備的だった山形対して、タクさん・マルキー・興梠くんと
パスをポンポン渡しながら、流れる攻撃をしていた。
両サイドのイバ・篤人も攻撃参加をしていて良いバランスだった。
ゴール前でイヤな動きをする興梠くんに、相手のディフェンダーも
手こずる場面も見られた。
あのスピードでゴール前に飛び出されたら、怖いよね。
身体ごと相手ディフェンダーとペナエリア内でぶつかりPKを貰えた。
こういう動きも出来るから、興梠くんがピッチにいるとワクワクする。
そのPKをきっちりマルキーが決めて先制点が決まった。
それから勢いに乗るかと思いきや、逆に山形に火がつく。
カウンター攻撃を狙われてあわやのシーンも。
後半に入っても、勢いはあんまり感じられず、どんどん選手の
身体が重くなっていくように見えた。
そんな時間に「くる!」ってTVにむかって大声を出してしまうほど
隙をつかれて、きれいなヘディングシュートをさせてしまい、同点に
追いつかれた。
雨なんだから、ミドルがあり!!って鉄則もなかなか飛び出さずだったけど
強烈な青木くんのミドルは、GKにファインセーブされてしまった。
おしかった、めっちゃおしかった。
ボールは支配出来てるけど、それだけでどんどん時間が経過。
途中交代で入ってきた大迫くんになかなかボールが出ないし、
だから、ボールに触れる機会も少なかった。
終了間際にラストチャンス!!ってCKがあったけど、これもものに出来ずに
終了してしまった。
監督も選手も連戦の疲れはないといっているけど、やっぱりいつもに
比べたら動きが重いように見えた。

昨シーズンはここだって時にマルキーが決めてくれたイメージがある。
でも今シーズンはマルキーも苦しんでいるように見える。
もちろん、ディフェンスに攻撃にものすごくやってくれてると思う。
でもゴール運っていうのかな。なかなか微笑んでくれてない。
マルキー頼みなのは良くないけど、やっぱりマルキーの活躍なしには
アントラーズは勢いに乗れない気がしてしまう。
次はすぐ神戸戦、スッキリ勝利とリーグ通算1000ゴールを目撃しに
スタジアムに応援に行きます。
拍手する
posted by noyama at 19:15 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

☆ACL/SAF戦H 初めての3トップ

仕事でスタジアムには行けなかったバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
帰ってきて、家TVスカパーの録画放送を見ましたー。

スタメンにかなりの変更がありましたね。
オリヴィラ監督になってから、初めての3トップ。
イバ・興梠くんが久しぶりにスタメンに復帰して
剛さんは今シーズン初出場がスタメンになりました。
もちろんカード累積の為、欠場した青木くんがいないことも
布陣をいじった理由だと思うけど。
スタメンを見ただけで、今日は攻撃あるのみってわかる。

その監督の想いに答えて前半から、良い動きでした。
マルキー・大迫くん・興梠くん3トップが連動していたよ。
タクさんの動きもボールのおさまり役になったり、
前へのパスはかなりの精度だったと思う。
ボールしか見てなかったように頭から突っ込んだ
ヘディングシュートが先制弾になったー。
そして、このゴールがアントラーズ通算1500ゴール!!
タクさんはメモリアルに縁がある選手だなぁ。
マリノス戦では元気がないように見えたけど、
またこの試合をきっかけに浮上してくれそう。

そしてやっぱり、イバと興梠くんの攻撃力はすごい。
今日は何度も何度も左サイドからの攻撃が起点となっていた。
興梠くんのなんとも言えないゴールへの嗅覚がねぇー。
他の選手が持っている嗅覚とは違うものを感じた。
2人ともスタメン落ちしたことが逆に力となっている。
攻撃陣とミツオ・タクさんがうまく絡み合い得点を重ねていけた。

なんとなく納得がいかないレフリージャッジに対して
剛さんは抗議というより笑顔で確認してたのもさすがだなって思った。
マルキーはなかなかゴールが遠いけど、前線の選手なのに
あんなにディフェンス頑張ってくれたり、ボールを納めてくれるのは
チームにとってすごい力だよね。
でもやっぱりマルキーにはゴールを量産して欲しいとも思う。
そして大迫くんACLでは3試合連続ゴールを決めましたね。
やっぱり持ってますよね。

交代で入ってくる選手にモトがいたりして。やっぱり選手層が厚い。
誓志にしても今日は右サイドバックで起用されてても、
しっかりこなしているもん。誓志って確か2列目の選手だよね。
ボランチ起用もこなすし。たぶん1番守備範囲広いと思う。
パクチ(ュホ)にしても、イバにしても2つポジションが出来る。
そういう選手もいるから、さらにスタメン争い激化するよなぁ。

興梠くんは2点を決めて、勝利インタビューされてましたね。
次の水原三星戦について聞かれると、自分がスタメン落ちした
チームなので。と言った興梠くんに熱い気持ちを感じました。
リベンジを約束してくれました。ものすごい期待してます。
次の水原三星戦に勝利して、グループ1位を奪っておきたいね。
スタジアムに応援に行きますとも。

最後に管理人的には、船山くんがベンチ入りが嬉しかった。

そしてサテライトリーグのFC東京戦で負傷退場した大道くんが
軽いけがではありませんでした。
そばに、ミツオや浩二くんという大きなけがと戦って復帰した選手がいる。
それを見てきた大道くんだから簡単なことではないと思うけど、
自分を信じて手術・リハビリと戦ってほしいです。
復帰を待っています。


拍手する
posted by noyama at 00:33 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

☆ACL/SAF戦A

シンガポールは気温28度、湿度89%とか言ってましたー。
スカパーのテレ朝チャンネル23:00〜だったから今、見終わった。
暑さも大変そうだったけど、人工芝に苦労してる選手が結構いた。
ボールがよく弾んでて、芝の下がゴムとか解説の安太郎さんが言ってました。

モトのゴールも
篤人のゴールも
大迫くんのゴールも
青木くんが奪ったオウンゴールも
どれも素晴らしかった。

ちょっとちょっと不思議なジャッジがあって。
今日は篤人がそのジャッジに当たってしまったのかも知れない。
SAFの同点弾は、篤人がゴール近くでファウルを取られ、
そこからのプレーが得点となってしまった。
けどその後、するどいスピードで攻撃的にいって逆転ゴールを
決めちゃう篤人はすごいと思った。
かなり嬉しそうで低い位置がガッツポーズしてるように見えたー。
アントラーズにはカードが出るのに、SAFには出ないのがなぁー。
PKを与えたシーンは、相手が勝手に篤人に圧し掛かってきたようにも
見えたんだけどなぁー。
それでも、ソガが超セーブしてくれて、追加点を与えずに済んで良かったー。
その後、攻撃の展開になって、超スピードで上がっていく篤人が映り、
アッという間に倒れこんで。
ちょっとちょっと、大丈夫なん? と画面で篤人の姿を探したら
1度はピッチに戻ったけど、イバと交代になった。
プレーもしていたので、大したことがないといいなぁ。心配です。
代わりに入ったイバが攻撃参加をしながら、しっかり役目を果たして
くれましたねー良かったよ。
篤人は今日のは大丈夫(で、あって欲しい)だとしても、腰・足には不安がある。
代表も行かなくてはならない。
そんな時にイバとパクちゃんの両サイドバックってオプションもありかなって。
まだまだ連戦は続くし。

試合は得点だけ見ると3-1で快勝だったけど、もっともっと得点が出来たと思う。
これからは得失点差の勝負になるかもしれないので、得点することが大事に
なってきますよね。
そのことでも青木くんが奪ったといっても良いオウンゴールはかなり意味の
ある得点になりそう。
次はホームなので、大量得点に期待します。


拍手する
posted by noyama at 01:58 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

☆どうしても欲しかった勝利

ACL1次リーグの2戦目は、ホームで上海申花を迎え撃つ。
「絶対に負けられない戦い」という言葉がぴったりの試合。
大事な試合に、オリヴィラ監督はスタメン選手をいじってきましたね。
スタメンを知らせるメールを見て、驚いた。
今までスタメンをこんなにいじることは、あまりなかったから。
ベンチ入りメンバーも、新しい顔ぶれがありました。

前半、ものすごくアントラーズが優勢ということはなかったけど
みんな落ち着いているように見えた。
大樹の目が血走って見えたけど、ものすごく集中していた。
相手のディフェンスも甘くはないし、かなり危ないプレーもしてくるし。
なかなか前へのパスの出しどころがなかった。
それでも中盤でボールを支配する時間は多かったので
ボールを回しながら、チャンスをうかがうようだった。
半年ぶりにスタメン復帰したミツオの存在は大きい。
中盤でボールが落ち着くし、指示もしてくれるし、
何より精神的に安心ができる、そう見えた。
初スタメンの大迫くんは、はじめこそ固い動きはあったけど
おしいシュートのあとは「らしい」身体を張ったプレーがあったり。
どんなボールでもゴールへの気持ちが見える動きをしていたなぁ。

試合後にタクさんがコメントしてたけど、大迫くんと近い位置で
プレーすることを意識していたんですね。
いつもより前目でプレーしてるなぁって思ったよ。
マルキーより前にいることもかなりあったし。
その距離間があったからこそ生まれたタクさんの先制弾!!
青木くん→大迫くん→タクさんと連携バッチリ。
先制できたことは大きい。

後半、選手の交代はなくスタート。
前半はマルキーがボールを持ちすぎるプレーが何回かあって。
それが後半に入ったら、少し後ろ目に入ってパスを前線へ
さばく仕事をしていた。
前半大迫くんのプレーを見て、そうした方が良いと思ったのかな?
時間が経つにつれ、相手の激しいというか怖いファウルが増えて
ピッチに選手が倒れることが多くなった。
そんな中、DU WEI選手が2枚目のイエローで退場。
剛さんが呼ばれたと聞いて守備的になるのかな?と
思ってて矢先の退場劇。
久しぶりに剛さんのプレー見たかったけど投入は見送られ
様子を見るようだ。
その直後、ダニーロが後ろからヒザカックンみたいな感じで
倒れこみそのまま交代。
前線でのボールのおさまりどころとなっていたダニーロ。
軽傷でありますように。
交代でタッシーが投入され、超攻撃的な布陣で追加点を狙う。
マルキーもそうだけど、ミツオも大迫くんの動きを見てパスを
出すことが多くなった。ポジショニングが巧い選手だなぁー。
上海申花の速いカウンターに、何度か危ない場面もあったから
1点では怖くて怖くて追加点が早く欲しかった。

その追加点は、残り10分に生まれた。
1.5列目くらいでゴール前にパスを配給していたマルキー
左サイド中盤からディフェンスを交わしながら上がっていく。
ゴール前にマイナスのパス、ノーマークでいた
大迫くんが蹴りあげた。
ボールはゴールの上部に勢いよく突き刺さった!!!!!!!!
あすこに蹴れるって、ものすごく心の強いよねー。
初スタメンで1アシスト、1ゴールってただもんではない。
まじで「持ってる」選手だよぉー。
もちろん回りのサポートもあってだけど、すげー。
追加点を奪ってくれたところでお役御免とばかりに交代。
誓志が投入され、マルキー・タッシーの2トップ。
この2トップは、まだ連携部分とかで難しかったと思う。
両チームとも足が止まってきて、あと残りも少し。
踏ん張りどこで、マルキーに代わり竜太くん投入。
竜太くん、前線で活きがいい動きをしてくれました。
ボールへの反応がいい。
ノーマークに近い感じでゴール前篤人からのパスを受けたけど
うまくフィット出来ずに、外してしまった。
コレ、決めて欲しかった!!ものすごく残念。
そのまま2点差を守りきり、2-0で勝利出来た!!

良かった良かった良かった。
初スタメンの大迫くんは結果を出したし、パクちゃんの左サイドも
問題ないように見えた。
スピードではイバとは比べられないけど、隙を見て攻撃参加もしてた。
安定感を感じた。
ミツオがフル出場出来たこともチームにとっては最高の結果。
大事な試合で賭けに出たと言われていたオリヴィラ監督。
やっぱりオズの魔法使い。
起用した選手が結果を残すから、すごい目を持ってるなぁ。
チーム全員の気持ちが1つだったから、奪えた勝利だと思う。

試合後のインタビューは、大迫くん→タクさんの順番。

P1460485.JPG

インタビュー後には、ゴール裏に2人で挨拶に行ったようで
TV画面には、観客席に上がった2人の姿が映し出されてました。
いいなぁーいいなぁー。
タクさん、観客席に上がってくれるんだー!!
この場にいたかったなぁー。
と、一緒に喜び合うことができたサポーターさんがうらやましかった。
でもそれは、平日の夜にもかかわらずスタジアムに詰めかけた
サポーターさんへのプレゼントですよね!!お疲れ様でした。

タクさん好調をキープしてて嬉しい限りです。
今度は、この勝利が日曜のJリーグ広島戦へと繋がりますように。


拍手する
posted by noyama at 01:54 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。