2010年07月28日

[第15節:新潟戦]う〜ん、失点

行ってました、昨日の新潟戦。

守備、厳しいなぁ。
正直な気持ち言いますと、ジウト〜ン。
チームもジウトンを活かそうと練習で色々試してるみたいだけど。
まだまだフィットするには時間がかかりそうな気配。
今のままだと、伊野波くんの負担ったら半端ない。
実戦の中で培っていくしかないんだよね。
でもでも何度か蹴ったシュートの威力はすごい。
もう少し待つしかないよね。

先制点を奪われ、同点にし、逆転した時
これは青木くん投入だろうなぁ〜と思ったけどそれはなくって。
またまた同点にされた。
その瞬間ピッチ横でアップしてる青木くんの姿が目の端に映った。
手を叩き、悔しそうにしていたのが、とてもとても印象深い。

勝ち点3を積むことは出来なかった。
前半の終了間近、選手の足が止まっていた。
後半も最後はきつそうだった。
夏の試合は、体力との戦いだと改めて感じた。

20100727_01.jpg
試合後、大樹と伊野波くんはこんな感じで話し合いをしていました。

バッド(下向き矢印)なことばかり言いましたが、2点目を決めた大迫くんのゴール。
キレイだったよ。
いい動きはしていたものの、ゴールを決めていなかった大迫くんのグッド(上向き矢印)になるはず。
FW争いに、良い風になるといいなぁ。

20100727_02.jpg
まだ少し呼吸があっていない場面があったモトも、
これから試合時間が増えれば、間違いなくチームの強みになるよね。

夏場の連戦なんで、選手の疲れをかなり感じた。
出場機会が欲しい選手も使いながら乗り切って貰えたらな。
夏のこの苦しい時期が踏ん張り時〜頑張れ〜。

そうそうハーフタイムに
20100727_00.jpg
挨拶が流れました。

スケジュールの都合なのはわかるけど、
篤人にしてもイジョンスにしても、
スタジアムなどで直接本人の言葉が聞けなかったのが残念です。

↓パチッとして頂けたら、嬉しいです。


拍手する
posted by noyama at 16:16 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

[第13節:川崎戦]堅いなぁ

きゃ〜、ほぼ2ヶ月ぶりのスタジアムでの応援ですよ演劇

20100717_13.JPG

スタジアムに到着したら、もうかなりの人がいたよ。
気合い入れていったはずが、まだまだ修行が足りんあせあせ(飛び散る汗)

クラクラする待ち時間を乗り越えて、スタジアムに入ると
20100717_10.JPG
ワルガキ君が、登場るんるん

コンコースをフラフラしていたら
20100717_11.JPG
2010年版リストバンドが、新発売ひらめき

ガチャガチャ、1発で「16」を引き当てたかったなぁたらーっ(汗)
そんな簡単にお目当ては当たらない、2敗して今日のところは退散ダッシュ(走り出すさま)

久しぶりのカシスタグルメを堪能したかったけど、
夜の試合って、食べる時間微妙じゃない??
スタジアムに着いてすぐ、焼きとりやら焼きそばやら
食べちゃってさぁ〜、でも食べないと試合後お腹空くってやつ。
ちゃっちゃっちゃっと食事を済ませて席に行くと

20100717_12.JPG
Jリーグ特命PR部長のユッキーナぴかぴか(新しい)
色白くて、細くて、めちゃくちゃかわいかったよん黒ハート

日が落ちると風が快かったなぁ〜。

篤人の移籍、モトの欠場に加えて、興梠くんが結膜炎って。
興梠くんのポジションには、大迫くんが入ってましたね。

20100717_08.jpg
フェリッペのゴールで先制(試合後の挨拶)

したものの、同点弾を決められちゃた。
ジウトンとイジョンスが息が合うまでにはまだまだって感じなのは、仕方ないのかな?
ジウトンのポジションニングにも問題はあったけど、
イジョンスも簡単に抜かれてしまっての、失点。
ゴール裏から見ていて、キレイな攻撃をされたから、ショック大だった。

川島・チョンテセが移籍でいなくなったとは言え、侮れんチームには変りなく
稲本選手が前半で退場になってのに、1人少ないって思えなかった。

後半もなかなか、攻撃がかみ合わず。
大迫くんが外へ外へとポジションを取るのが気になったなぁ。
ヤスがサイドバックに入ったのは、驚いたけど、
後ろから走り上がって攻撃参加して、リズムを作っていた。
途中で浩二君とポジションチェンジをしていたけど、浩二の判断だったんだね。
さすが浩二君。
チーム全体を見ているから、危ないことにも駆けつけるし、
戦いながら判断も出来るんだと思った。

アントラーズの時間が増えた。
タクさんからのCKをバッチンコのヘッドでイジョンスがシュート。
20100717_09.jpg
(試合後の挨拶)
逆転弾〜決まったぁ〜ひらめき
その後すぐに青木くんを投入。ヤスとの交代だった。
勝ちにこだわる監督の戦略はわかる。
でもヤスが入って流れが良くなったように感じていたから、
短い時間での交代は、残念。

交代で入った青木くんは、ガッチリ憲剛選手をマーク。
1人多い+攻撃の生命線憲剛選手の自由を奪う。
堅い堅い堅い戦略。

もちろん勝つことが1番。勝ちにこだわることは当然。
でも心情としては
竜太くんが、マルキーばりコーナーでのふんばりを見て、
やっぱり竜太くんにはゴールへゴールへとがむしゃらに
向かう姿が見たいなぁと思ってしまった。
4連覇を成し遂げようとしてるチームなら、
もう1点を奪う戦い方も見せて欲しいって贅沢かな。
タクさんの5試合連続ゴールも見たかったよぉ。

危なげない時間が過ぎて2-1で勝利ひらめき

試合後手(パー)
ベテラン陣の手荒な若手への愛情揺れるハート 

20100717.jpg
ヤスを優しく労う浩二君るんるん

と思ったらパンチ

20100717_02.jpg
ヤスへの愛情をかけまくり小雨

20100717_03.jpg
相変わらず、良いリアクションだわヤスひらめき

こちらのベテランさんは
20100717_04.jpg
愛情こめた一撃

20100717_05.jpg
こちらの若手さんは、とても嬉しそうでした〜

愛情が止まらなくなってしまったベテランさんは
20100717_06.jpg
再度、愛一撃黒ハート

20100717_07.jpg
そんな愛情をたっぷり受けた若手さんは、一面の笑顔

この試合で首位に立ったひらめき
けど、夏場が弱いと言われるアントラーズ。
ここからが勝負です。

↓パチッとして貰えたら、嬉しいです
拍手する
posted by noyama at 14:43 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

[ACL:ラウンド16]敗退

今さらだけど、カシスタに応援に行ってました。
ショックのあまり、現実逃避しとりました。

東京駅に着いた時には、スタジアム行きのバス停が長蛇で。
まじで間に合わないかと思ったよ。

なんとかキックオフには間に合ったものの、
選手たちのウォーミングアップが丁度終わったとこ。

P1110755.JPG

サポたちの、この試合にかける思いがわかるビックフラッグがいっぱいでした。

P1110784.JPG

昨年ここで敗退した無念を果たすべく、キックオフ。

これがなかなかのレフリーで。
選手たちの動きも良くはなかったけど、レフリーの笛が試合をつまらなくしていたなぁ。

そして、選手たちの動きがバラバラで、ミスが多かった。
連携、連動がねぇ。
インターセプトされた後、相手のボールの待ち方とか、やっぱりうまくて。
ボールを取り返すことが出来なかったなぁ。

前半先制点を奪われ、後半もなかなかうまく攻撃が機能しない。
何度かあったチャンスはことごとく外れ、そのまま時間だけが過ぎて。
ラストの方は足が動いてる選手が少なくなってて。
「まだあるよ!!」って、アディショナルタイムが4分あったので叫んじゃったなぁ。

けど、ゴールは奪えず、終了のホイッスル。
っていうか、あそこで笛吹くかね??
最後のチャンスだと信じていた矢先にねぇ。

今年は絶対、アジア制覇!!
その想いが強かったので、ショック大。
拍手する
posted by noyama at 23:05 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

[第9節:G大阪戦]タクさんの華麗なFK

GW初日はG大阪戦。
ここは連勝して、勝利の波牡牛座に乗りたいとこ。
ガンガン攻め込んでくるであろう、G大阪の攻撃を押さえ、
こっちの流れに持ち込めるかが、ポイントのはず手(グー)

篤人、伊野波くんはけがで欠場らしいし、剛さんは骨折だって話。
どんなメンバーを監督は使ってくるのか??

アップに選手が登場ひらめき
100501_01.JPG
先制点奪ってくれ〜
今日もお揃いのスパイクって、どんだけ仲良しなのさ黒ハート

100501_02.JPG
手首を骨折してる剛さんも、メンバー入り

100501_00.JPG
イバの愛娘ちゃん、GWは鹿嶋に帰ってきてましたねるんるん
「7」ユニ着てて、パパはとてもとても嬉しそうグッド(上向き矢印)


100501_04.JPG
篤人が欠場なので、右サイドバックに。

100501_05.JPG
近頃グッド(上向き矢印)なタクさんに、期待大演劇

試合直前にレフリーを知ったんだけど、扇谷レフリーとはねぇたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

試合は予想通り、攻め込まれる時間が多かったなぁ。
その度に、ハラハラドキドキしまくった。
ソガの好セーブもあって危ない場面をしのいで、
チャンスと見るや攻撃に出てましたよパンチ

先制ゴールは、ロスタイムのCKから。
キレイなゴールが決まったのはわかったけど、
混戦の中だったもんで、またダレダレ?って感じ。
そろそろゴールをと試合前にコメントしていた大樹の
ばっちんこのヘッドでしたexclamation×2
そのまま、前半終了。

それにしても相変わらずだったなぁ爆弾
扇谷レフリーのジャッジは。
サッカーに追いつけてなくて、後ろから見てることも。
その位置からで、どうして笛が吹けるのだろうか??

後半。
これぞ野沢拓也というゴールで追加点。
ゴール近くでFKのチャンス。
満男とタクさんのどっちが蹴るんだろう??
あの位置なら、タクさんに蹴って欲しいexclamation×2
心の声が届いたのかタクさんが、
小刻みにサッカーとの間合いを合わせて動き出した。

サッカーはキレイな弧を描いて、ゴールに。
現場では、サッカーがゆっくりと動いて見えたから不思議。
かわいいパフォーマンスを期待してたけど、
最近のタクさんは、そういうのはなくて、
ガッチリとゴール裏に手(グー)手(グー)を掲げて見せただけ。
それがかえって、熱い魂を感じたよ。

2点差。でも相手はG大阪。安心できる点差ではない。
やっきにかかるG大阪と、だんだん身体が重くなっていく鹿島。
だんだんと防戦になってくる。
ソガがいないゴールにイバが入り、シュートを蹴り出して
危ない場面もなんとかしのいだけど、
安田選手と代わって入った星原選手に1点奪われてしまった。

早く時間が過ぎないかと祈るばかりだったのに
アディショナルタイムが4分ってむかっ(怒り)長すぎだから。

息がつまる時間は4分以上に感じたけど、
なんとか、1点を守りきったよ。

100501_06.JPG
ジウトンの過度なスキンシップにも、慣れてきましたワタクシ。

100501_07.JPG
ピッチを後にする選手たちから疲労を感じたけど、
しっかり流れを組み立て、頭はまだまだ動いてるって、試合でした。

ヒーローは、タクさん。
100501_09.jpg
頼もしいなぁ。

100501_08.jpg

連勝ぴかぴか(新しい)
これで勢いついたよね雷

次はアウェイでの名古屋戦。
ここも勝って順位もあげて、気分良く中断をむかえたいね。

試合前にはGW恒例、アントラーズファミリーJoinデイズを
満喫してきたのでそれもまた、アップします。
拍手する
posted by noyama at 23:08 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

[第8節:マリノス戦A]マルキー、100GOAL

ここんとこ勝利を見てないなぁ〜、今日こそは手(グー)

晴れなのに、寒い。
100424_01.jpg
雨粒がちょっと身体に当たった時はびっくりした〜。
本降りにならなくて良かったよぉ。

アップに登場した選手〜
100424_02.jpg
なぜか“いい子いい子”されるヤス

100424_03.jpg
そして、過度のスキンシップに発展ー(長音記号2)
竜太くんと篤人の視線が痛いよぉ。

ゴール裏から1番始めに、タクさんの応援歌るんるん
その本人、タクさんは不思議そうな感じで、
プイって振り返って「なんで慎三じゃなくて、オレ?」
とかなんとか言ったのかな??
100424_04.JPG
興梠くんはニコって、はにかんでたぁ。

で。
100424_05.JPG
挨拶してピッチを後に。
出来た子だよ。

試合前に「荒川静香」さんから花束贈呈のセレモニーNEW
100424_06.JPG
「荒川静香」さんより、選手たちが羽織っていた“赤ジャージ”が珍しかった〜

キックオフ後は、押され気味でこっち側のゴール前が慌ただしかった。
でも、先制点はアントラーズグッド(上向き矢印)
満男のFKからの得点だったけど、あっち側のゴール前の攻防は
全然見えないから「誰?誰?誰?」な具合で。
ビジョンにイ・ジョンスと表示されてやっとわかった始末。

最近奪えなかった先制点。
このまま、アントラーズに流れがこい!!
なのに・・・渡邉千真選手に同点弾を決められる。
侮れん・・・。
渡邉千真選手もだけど、
渡邉千真選手にパスを出した波戸選手は、
イバを振り切ってパスを出したんだもん、侮れん。

前半のうちに、追加点を奪って欲しかったけど
そのまま前半終了。

100424_07.jpg
珍しいメンバーでピッチに再登場。

ワタクシ、タクさんは後半に力を貯めてる選手だと思ってます。
最近は決定打は決めれてはいないけど、
あのタクさんのヒラメキとテクニックは、チームを助けているとも。

そのタクさん→マルキー→満男のシュートで、追加点ぴかぴか(新しい)
マルキーの個人技と、ゴール前でつぶれた興梠くん、
落ち着いた満男のシュート。
キレイな流れの得点は、満男今シーズン初ゴール。

そのマルキーの待ちに待った100GOAL!!
タクさんの絶妙スルーパスを受けて、豪快シュート。
観戦仲間ちゃんと一通り大喜びをしてピッチを見たら、
目の前に選手たちが集まってきた。
急いでカメラ出したんだども、ピントが合わずに、残念賞。
100424_09.JPG
パスを出したタクさんも、ものすごく嬉しそうだったよ。
ゴール裏に向かって、胸を叩いて見せたマルキーと
一緒に喜べて、感動でしたひらめき

前半からのソガの好セーブにも助けられて、
追加点を奪われることなく、勝利。
久しぶりに、気持ちの良い勝利だったぁ。

100424_10.jpg
選手たちのこんな姿も久しぶりで、キラキラしていたなぁ。

100424_11.jpg
攻撃に厚みが増していたのは、やっぱり、マルキーのおかげ。
マルキーがいるのといないのとでは、やはり違う。
マルキーの存在のデカさを、改めて噛み締める試合でした。
嬉しそうな顔が、たまらんかった。

興梠くんは、記念撮影をするマルキーを少し離れたとこで待ってて
100424_12.jpg
ギュッでした。1試合でどんだけ抱擁してんだexclamation×2
でもこのシーンが多ければ多いほど、チームはグッド(上向き矢印)ってことだから、
見ていて、とても幸せな気分になったよ。
マルキーありがとう、おめでとうぴかぴか(新しい)

やっぱり勝利は良いね〜。
試合後にオブラディ歌うのは、こんなに気持ちが良いんだねるんるん
拍手する
posted by noyama at 14:17 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

[第7節:広島戦]疲れのピーク

久しぶりのホーム戦!指定席で応援してきたよ。

何年ぶりだろう?? リーグのホーム戦を指定席で応援したのは??
ACLとか、ナビとか、天皇杯とかで年に何回かは、
ホーム戦でも指定席にすることはあったけど、リーグ戦は・・・4年ぶりかも。

P1110009.JPG
公式戦5試合連続ゴールに期待したり

P1110028.JPG
篤人のNEWヘアーを観察したり

P1110063.JPG
挨拶にわざわざ手袋はずす、槇野選手の礼儀正しい一面を見たり

P1110075.JPG
こちらも仲良さ気だったりさ。
あと小谷野くんともじゃれあった槇野選手って、どんだけ顔広いんだ!!とか。

試合前は中々楽しかったのになぁー(長音記号2)

P1110086.JPG

しっかりカメラでおさえて来ようと思ったのに、集合写真後はさ、
そんな余裕もない試合展開と、寒くて寒くて手が動かなかったよ。

精神的なこともあると思うけど、身体の「疲れ」には勝てないよね。
全体的に重い試合だった。
広島には寿人選手をはじめ、スピードがある選手が多いから、
そこをきっちり抑えることが大事で、そこは何とかやりきった。
けど、攻撃面では足りないよね。やっぱりマルキの穴は大きい。
前線でタメが出来ないから、攻撃も単調になっていたよね。
厳しいなぁ、あの状況で得点を取るのは。。。
スコアレスで、何とか守備陣ふんばったって試合だった。
ソガの好セーブも何度かあったよね。

P1110110.JPG
試合後、みんなの身体全体から“疲れ”を感じました。

タクさん、またまた惜しいシュートがあったけど、
最後の最後のチャンスのシーンでは、ゴール前につめて欲しかったな。
最近のタクさんは、ゴールに嫌われてばかり・・・。
1ゴールのきっかけさえあれば、タクさんのことだからグッド(上向き矢印)っと思うのに。

次節までは1週間あるし、マルキ頼みは良くないけどマルキも戻るし、
少しでも、チームがグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)なるといいよね。

あっ、そう言えばねっ試合始まる前に、
P1110097.JPG
レフリーがゴールをチェックしてて、中々試合が始まらんかったのだよ。
満男まで出張ってて。。。なんなんだぁって思ったよ。
野球見たいにマイク説明してくれたらなぁ。

あと・・・
P1110113.JPG
濃密な社交ダンスをしてるばりの、寿人選手と興梠くんを目撃しちゃいました。
どれだけ仲良しなんだって。


拍手する
posted by noyama at 22:31 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

[第6節:FC東京戦A]なんとか、同点

春めいてきたなぁかわいい

100410_01.jpg
ナイターでも、震えずにいられるのって嬉しい。

試合前から、
篤人の体調が気になるとこにきて、ジウトンも・・・とか。
浩二くんがけがしているとか・・・。
マルキーが出場できないのに、心配な情報ばかりバッド(下向き矢印)
そんな中、フェリペが予定より早く復帰グッド(上向き矢印)とか
ベテランの剛さんや當間くんがベンチ入りしていたね。
船山くんのベンチ入りを期待してましたが、
なかなか厳しい現実です。

試合は、いきなりタクさんがファウルを取られてPKを献上あせあせ(飛び散る汗)
だと現地では思ってて、
あの程度でファウルなんですね? 西村レフリー爆弾
怒り爆発でしたが「イジョンスのハンド」だったんですね。
ペナエリアでの動きは、注意しないと怖いなぁって
改めて実感しましたよ。

またまた早い時間から1点のビハインドを負うことになっちゃったよ。

FC東京の勢いに負けていた。
こっちのゴール前での時間が多くて、息がつまったつまった。
なかなかシュートまでいかないし。
前半もあと少しのとこで、
遠目だったけど満男がはなったシュートは
権田GKにセーブされたけど、こぼれ球に興梠くんexclamation×2
きっちり決めて、やっことさ同点。
ゴールした興梠くんもさすがだけど、
満男の「闘魂」が、ゴールを生んだんだよね。
なんとか、同点に持ち込んで前半終了。

後半も、なかなかアントラーズの時間はやってこない。

マルキーがいないって、やっぱりキツイ。
そう思いたくはないけど。
マルキーの「オレが!オレが!」って姿勢が、
パスしてよ!!って思う時あったけどさ。
必要なんだなって。
攻撃だけじゃなくて守備の面でもさ。
間延びっていうのか、しまらない。

どうにも、前線でボールが持てず、
パスミスっていうのか、セカンドボールを持てない。
けが明けすぐはどうでしょう??って少しフェリペに不安だった。
けど、やっぱりポテンシャル高かった。
フェリペが入ってから、鹿島がボールを持つ時間が増えた。
やっとゴール前での厚い攻撃も出てきた。
これからー(長音記号1)って時に、終了のホイッスル。
はぁ〜、あともう少し時間があったら・・・。

100410_02.jpg
選手たちの身体全体から「疲れ」を感じました。

100410_03.jpg
FC東京は、スピードチーム。
イバと、石川(直)選手とのマッチアップ。
見ごたえ満点、すさまじかったよ。
「スピードスター」と言われる石川(直)選手に
全然負けていなかった。
サイド際を2人の駆け上がりながらの勝負。
気合いと迫力、イバの負けん気が前半から全開。
気づくと前線に上がってて、攻撃も忘れていなかった。
90分走り続けたイバ。
「???」ってジャッジが多くて。
PKを取られたシーンでは、
レフリーに、前のめりで詰め寄るんだけど
手は後ろにしっかり組んでたり。
相手ボールにジャッジした副審に詰め寄る時も
手を自分の目にあてて、激抗議する姿とか。
試合を通して、イバにやられちゃいました。

なんとか「同点」。
負けなくて良かった。

でもでもさ。
満男が前半に見せた「闘魂」みたいな
パンチが効いた攻撃が、足りないよ。

いつもの鹿島はどこいった??


拍手する
posted by noyama at 11:27 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

[第4節:山形戦]持ってるヤス

開幕戦、ACL(ペルシプラ・ジャヤプラ)戦と天気が雨だったから、
やっとじっりくり見ることができたるんるん
100327_01.JPG
激熱の満男に迎えられ、カシマスタジアム行ってきたよ。

この満男を見て観戦仲間ちゃんがひと言
「これ、いつ撮ったんだろう??」って。
開幕戦の時にはすでにあったよね??とすると・・・。
満男がこれの為にこのポーズをして撮影をするとは、思えないしなぁ。

さくらの季節
100327_02.JPG

100327_03.JPG
しかこのバックから、ダニーロのバッチがなくなってて、
当たり前なんだけど、なんか淋しいな。

今年は女性用もあるらしい
100327_04.JPG
なかなかのお値段なので、手は出せませんなぁ。

またまた観戦仲間ちゃんのひと事。
「篤人のネクタイだけ、にょんってなってないのはなんで??」
あはははは篤人のほうが、普段は普通なんだけどね。
でもなんでだろう。

日向はいいけど日陰はやばくて、
台風なんか吹いたら、震えるくらいのカシマスタジアム。

100327_05.JPG
アップに出てきたタクさん。
今日もきっちり、ソックス履いてました。

山形と言えば、
誓志・タッシがR移籍中で、元鹿の石川選手も活躍してる
アントラーズと、縁(ゆかり)を感じざるをえないチーム。

選手紹介では、3人には大きめ「ブーイング」。
「ブーイング」って、されてなんぼだよね。
どうでも良い選手になんてしないし。
大活躍はなんてされたくはないけど、
3人のプレーは、どうしても気になってしまった。

試合結果だけ見ると圧勝に感じるけど、そうでもなかったよね。

前半はACLの疲れか、動き鈍かった。
流れの中でゴールが、難しい展開で。
マルキーの動きが精彩を欠いて見えて、
それがスパイクとの相性なのかな??
途中で履きかえていたし。

そんな中で目を奪われたよ
アントラーズではNEW初スタメンの「イ・ジョンス」にぴかぴか(新しい)
背が高いから空中戦に強いのはもちろん、
危ないとこに必ずいる、判断・動きの速さ。
でも1番は、攻撃に必要な押し上げる力(ビルドアップの能力)グッド(上向き矢印)
ディフェンスラインから攻撃が組み立てられるって、
またまたチームの強みが増えるよグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

先制弾は、そのイ・ジョンス手(チョキ)
タクさんのCKを、ヘディングで決めたよ。
タイミングをずらして飛んだのかな??
ノーマーク気味で頭が1つずば抜けて高く見えたよ。
この1点から、少しずつ動きが良くなっていった。

それに続いて公式戦初スタメンNEWのヤスが、ゴールぴかぴか(新しい)
サッカーに勢いがあるように見えなかったけど、持ってるヤスだからね。
ヤッターって手(グー)上げたのが、かわいかった。

後半のヤスゴールは、
ヤスのココに出してっていう動きにばっちりサッカーを出した篤人。
DFを反転してかわして、ゴールを確認してシュート。
惜しくもゴールポストかと思いきや、跳ね返ったがサッカーGKに当たり、
ゴールにコロコロコロって。あるんだよね〜。持ってるヤスだもん。

その後は、マルキーと興梠くんがチャンスを作るも、
だんだん動きが鈍くなって行ったよ。

誓志→タッシのホットラインに、ゴールを奪われる。
1番やられてはいけない2人にだよ。
微妙な気持ちになった。

それから、危ない場面を何度か防いで追加点を与えることはなかった。
けど、ヤスのハットトリック、興梠くんのゴール、マルキーの100点と
期待したシーンも見ることは出来ないまま、3-1で試合終了。
終了のホイッスルを聞いた満男は、納得できないというように、
首を傾げるしぐさをしたのを、見ちゃいました。

100327_06.jpg

100327_09.jpg
タッシや誓志と交わす握手は、思い思いの気持ちが込められているようでした。

100327_08.jpg
トコトコと興梠くんが向かう先には・・・

100327_07.jpg
そっちかいexclamation×2 石川選手。
興梠くん入団当時には、チームメイトだったもんね。
左足は、やっぱり怖かったよ。

100327_11.jpg
その後にガッチリ、タッシにも。
相変わらずのジャンプ力で、その滞空時間はおそろしい。
伊野波くんも誓志のもとにやってきていたよ。

少しおいて、もう1人ちょこちょこっと山形選手のもとへ
100327_10.jpg
篤人と誓志。
誓志の走りまわる動きは、邪魔で手ごわかった。
さすがのクロスにやらちゃったしね。
でも、まだまだ前途多難なことは感じた。
少し頬がこけていたよね・・・。

100327_12.JPG
満足してる雰囲気は、感じませんでした。

100327_13.jpg
興梠くん「チームのために」は、良く伝わる。
でもでも、もう少しオレがオレがじゃダメかな?
ゴールがそろそろ見たいなぁ。

HAPPY BIRTHDAYバースデー
100327_14.jpg
交代後は、ベンチで腰をグルグル巻にされていた篤人。
篤人が元気な身体で戦うことができるといいのになぁ。
それにしても、いっぱいお祝いゲーフラが掲げられてましたねモータースポーツ

浩二くんからも、お祝いプレゼント
100327_15.jpg
小雨ですが、何かexclamation&question

気づいた篤人は
100327_16.jpg
嬉しそうだったから新月
浩二くんが中盤にいるから、チームが安定している。
頼れるベテラン、今日もばっちりのバランサーだったもの。

ヒーローのインタビュー中の小雨は・・・。
100327_17.jpg
嬉しくて篤人、いてもたってもいられなかったんでしょうねバッド(下向き矢印)

100327_18.jpg
リアクション良すぎだよひらめき

100327_19.jpg
試合後、相思相愛のコメントをしてましたね揺れるハート
2人で、篤人の誕生日お祝いゴールができて、良かったよ。
次は、さやえんどうと篤人の饗宴がみたいexclamation×2と熱望してみたり。

インタビュー後
100327_20.jpg
まっすぐ走ってきたぁ〜と、思ったら消えたダッシュ(走り出すさま)

ゴール裏の端から挨拶を始めたみたいなんだけど、
スタンドに近すぎて、姿が見えんあせあせ(飛び散る汗)

あっ
100327_21.jpg
いた〜

100327_22.jpg
「今シーズン売り出し中」のキャッチフレーズも、すっかり定着。
チャンスをしっかりものにして、結果を残したヤスは、スタメンには定着の期待大ぴかぴか(新しい)

他の選手とタイミングが違うんだよね。
小さいから、動きがつかめないとか。
バランスが良いんだよねとか。
ヤスの特徴を武器に、持ってるヤスの活躍は続く。と期待です。
拍手する
posted by noyama at 17:54 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

[ACL:ペルシプラ・ジャヤプラ戦]贅沢な話

鹿嶋をなめちゃいかん!!って、いつになったらわかるんだろう。
激寒のカシマスタジアムに行ったきたよ。

応援は寒さとの戦いって。
動きを止めたら凍えるって中での応援だったので、
サクサクっと覚えてることを。

0-9で大敗したチームとインプットされていたせいもあって
ガンガン、ゴールを決めてくれ〜ってグッド(上向き矢印)
いやー、あんなにひかれてしまうと足が出せないっていうのバッド(下向き矢印)

前半の30分位まで
「まさかまさかのスコアレスドロー」とかないよねと疑うほど守られたダッシュ(走り出すさま)

あんなに固められちゃったらむずいと思った矢先に
緩めに入れてったなってクロスが、思わぬイバのゴールるんるん
あまりに突然過ぎて、その瞬間足の指がつっちゃたたらーっ(汗)

マルキーの2点目はセットプレーから。
向こう側のゴール前での攻防は、サッカーがゴールに入ったとこしか見えんあせあせ(飛び散る汗)

2点リードで前半折り返し。
手足の指の感覚がなくなってた雪

ハーフタイム明けピッチに、2番目に姿を現したタクさんに驚いたるんるん
いつもだいたいブービー賞演劇

後半もやっぱり、ペルシプラ・ジャヤプラは守備固めで、
ゴール前にいるいるのペルシプラ・ジャヤプラの選手たち。
ごちゃごちゃのゴール前、大迫くんに密着ディフェンダーのおかげでPK獲得ひらめき
落ち着いてというか、当たり前のようにPK決めちゃう満男。

篤人がゴール前に切りこんであげたクロスに
ザザザーって大迫くんが滑りこんできて、決まった4点目。
そうそう篤人の「切りこんで」が見たかったグッド(上向き矢印)
バッチリのタイミングで入ってこれる大迫くんも、持ってるなぁ。

マルキー、大迫くんとゴールを決めたら、
そりゃー「コウロキるんるんコウロキるんるんオゥオゥオゥるんるん」。
サポの興梠くんへの期待は、コールした数に比例してるよね。
とにかく、みんなが「コウロキるんるんコウロキるんるんオゥオゥオゥるんるん」。

ダメ押しのダメ押しの5点目は、満男→興梠くん→マルキーで。
この流れは理想的な形。キレイだったなぁ。

そして、小谷野くんデビュー。
かなり落ち着いていたよ。
前線でボールに絡んでゴールしてやるexclamation×2って、
意気込みをプレーで見た。
ボールを持ったとき、身体のバランスがいいなぁ。


20100324_03.jpg
5-0で、勝利しましたひらめき

大差で勝利したけど、もっともっと得点は出来たよねバッド(下向き矢印)

3トップって、どうでした??
興梠くんは良い動きをしてるのに、ゴールが生まれないね。
満男は興梠くんを活かすパスを出すよね
大迫くんはどんなボールにもつっこんで行って、
自分を活かそうと良い動きをしていたな。
マルキーは下がり気味な時間が多かったような。
でも、そのおかげでインターセプトがかなり多かった。

3ボランチだったよね??
タクさんはやりにくそうに見えた。
満男とタクさんの距離がいつもとは違うから、なんとなく。
青木くんは、長い時間プレーすると試合勘のせいかな??と
思わせるミスがあったな。とか。

試合後の
20100324_01.jpg


興梠くんが、凍ってしまうんじゃないか。

20100324_02.jpg
タクさんが笑顔で良かったとか。

20100324_05.jpg
デビューは突然やってくる、おめでとう小谷野くん演劇

とかとか。

できたら、10点とか見たかったけど贅沢な話だよね。
あまりの天気でテンションバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)だったけど、
完勝は元気をお土産にくれましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

---------------------------------------------------------------------------
私事ですが・・・って、もともとブログは‘私事’だけど。
今年初の船山くんでした。
久々に船山くんのプレーが見たかったと言えば贅沢な話ですか。
帰りのバス、後ろのほうから聞こえた男子くんたちの会話。
「船山は悔しかっただろうな」って。本当だよ。
監督は船山くんをボランチでしか、起用を考えていないのか。
そうではなく、ヤスや小谷野くんに船山くんが今足りてないからか。
ヤスや小谷野くん、若手の活躍は嬉しいものすごく。
でも贔屓目選手の今後にもチャンスがありますようにと
願わずにはいられない今夜でした。
---------------------------------------------------------------------------
拍手する
posted by noyama at 02:43 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

[第3節:大宮戦A]しぶい

太陽晴れに恵まれた、ナック5スタジアムに行ってきました。

スタジアムに行く前にちょっと寄り道して、氷川神社へ。

20100320_000.jpg

必勝祈願などなど、お願い事があとからあとから出てきて困ったちゃん。
願いが届いて、勝利を目撃することが出来て、良かった。

スタジアムに入ると、ピッチでは子供さんたちの試合がやっていて
20100320_01.JPG
目を細めて観戦してる方たちを、発見ひらめき
興梠くんもジウトンも音楽を聴きながらなのに、
2人で会話していたので、不思議だよ。
何語で話してんだろうか??

間もなくして選手がアップに登場るんるん

20100320_03.JPG

20100320_02.JPG
期待の両サイドバックは、こんな感じ。

20100320_04.JPG

暖かいのは良かったけど、あまりの日差しの強さに
逆光で試合が見ずらい見ずらい。
選手たちに後光が射して見えたぴかぴか(新しい)

レフリーのジャッジは、鹿島にも大宮にも「??」なことが多かったはず。
笛を吹くのが遅かったり、大事な場面が見えていなかったり・・・。
イライラ、イライラだったなぁ。

キックオフ直後から、激しい接触プレーが。
浩二くんが倒れてそっちに気を取られていたら、
フェリペが手前で痛そうにしてるじゃない!!
1度はピッチに戻ったけど、足を引きずりながら走っていた。
すぐにヤスとの交代に。
予想できない早い時間帯でのヤスの投入。
今季のヤスの活躍や成長は見てきた。
それでも「期待」と「不安」が入り混じった気持ちになったよ。

そのヤスは、攻撃に守備にとかなり走っていた。
攻撃時には、他の選手がヤスの動きを確認しながら、
ヤスを活かそうとしていた。
相手のセットプレーには、篤人がポジショニングを注意して教えたり。

大樹の不用意なプレーが、若干気になったけど、
浩二くんが、伊野波くんがしっかりとしのいでいた。

決定的なチャンスもあった。
マルキーが、興梠くんが、タクさんが・・・。
けど、どうしてもゴールをゆらせない。

どんどん時間が過ぎていって。
この空気を変えないと、やばい状態が続いた。
誰か選手を変えて、状況打破しないでいいの!!って
ハラハラしても、その様子はベンチになくて。
待って待って待って、大迫くんの投入。

これが、オズの魔法なんだね。采配が的中して、
大迫くんのファーストプレーが、決勝弾になったぴかぴか(新しい)
マルキーも大迫くんもお互いの動きを信じてのホットラインー(長音記号2)
大絶叫が、ナック5に響き渡ったよぉ。
すんげぇ、大迫くん。

今日は「ゆりかご」見られるかな??と
観戦仲間ちゃんと話していたけど、
見られて良かったなぁ〜。
伊野波くんおめでとう「ゆりかご」が
ゴールパフォーマンスでしたるんるん
照れ屋さんであんまりそういうのしない篤人が、
真ん中中央でやっていたのが、ものすごくかわいかった。

でもでもでも、浮かれてなんていられない。
まだ1点。
京都戦のようなことはないように。
大迫くんのゴールが決まった直後のベンチの動きはマッハダッシュ(走り出すさま)
疲れが見えたヤスに代えて、青木くんを投入。
目立ったないけど、青木くんはかなり効いていた。
中盤の危険を防いでいた。

残り時間もあとわずかになると、
マルキーの個人技炸裂で、ボールを大宮に渡さない。
コーナーで3人に囲まれてもボールを地面につけて
あとは、ボディバランスと強さで負けない。
満男もそれに加わって、最強だった。

そのまま1点を守って、勝利の笛が聞けました演劇
20100320_00.jpg
まだまだ手ばなしで喜べる状態ではなく
しぶい試合だったけど、その中でも1点を奪い、
勝ちきることが出来て、良かった良かった〜。

交代した興梠くんは、ベンチの横で立ったまま試合を見ていました。
20100320_05.JPG
右ふとももにアイシングをしていたのが、気になります。
興梠くんは、動きは悪くはないのに、
少しだけ足りないというか・・・好調にはまだ少しなのかなと。
はがゆい感じがしました。

その興梠くんは
20100320_11.jpg
ゴール裏への挨拶の時、この後イバに頭をナデナデされていました。
相変わらず、興梠くんへの褒め方は「頭ナデナデ」。とてもかわいかったです。

タクさんは、今季はクロスバーに嫌われてるね。
いつも通りに蹴れば入るはずのシュートも
力が入って外したり・・・と惜しいシュートが
何度かあって、悔しそうだった。

20100320_07.jpg
ヤスが出すサッカーは、優しい弾道が多い。
それが良い時・悪い時が両方あった。
後半の残り時間が少なくなってきた頃は、
少しずつ、動きと判断が遅くなっていった。
他の選手がヤスを活かしてくれるのもいいけど、
ヤス自身がどんどん積極的に攻撃に行くようになると
さらにさらに、チームのレベルが上がるよね。
突然の投入でも落ち着いてプレーしていて、すごいと思った。
選手たちも、労っていましたよ。

ナック5スタジアムは、選手との距離がとても近くて、
選手の表情もバッチリ見えるから、ものすごい迫力だし、
気持ちがストレートに伝わったきた。
ピッチの選手だけではなく、ベンチにいる選手たちの姿も。
剛さんは、試合中は気がつくとベンチの中で立っていたので
たぶんほとんど立って試合を見ていたんだと思う。
プレーが切れた時には、選手にドリンクを差し出したり・・・。
献身的にチームを支えてる存在。

20100320_08.jpg

20100320_10.jpg

20100320_09.jpg
試合後も、こうやって選手を労ってて、こういうベテラン選手がいることが
また鹿島の強さなんだと思った。

20100320_13.jpg
今季の篤人は「縦横無尽」。
戻ってきて欲しい危険な場面も、チャンスの場面も
篤人が顔を出す機会が多い。
体力的にはまだ心配なとこもあるけど、頼もしいよ。

こんな姿も見られたよ
20100320_12.jpg
負傷しているのに、挨拶に出てきたフェリペ。
フェリペはボディタッチが多い選手だとは思っていたけど、
まさか満男に、こんなことができる選手はいないよね!!
照れくさそうな満男・・・。グッときました。
(フェリペの完治は6週間になるそうで、そんな足でも
最後までピッチに残って挨拶までしてくれたんですね。
ピッチに戻ってくるのを待っています)

いやな流れを断ち切る勝利は、選手を元気にしてくれました。
みんな良いお顔だったものぴかぴか(新しい)
水曜にはまたACLがあるから、勝利の波牡牛座に乗りたいね!!

-----------------------------------------------------------------------------
塚本選手への募金をしに、スタジアムに行く途中ショップに寄りました。
会場前にはナック5の外でも募金活動をしていましたね。
塚本選手のこと、ずっとずっとブログに書くべきか悩んでました。
簡単に言葉にはできない、しちゃいけない、うまくできない気がして。
病気を知った時は、ものすごい衝撃でした。
そしてこの病気と真正面から戦おうと決めた塚本選手の強さに
尊敬と感動をしました。
だから何かできるとしたら募金だと思って、やっとそれが出来ました。
もう手術は終えて、辛い辛いリハビリが待っていると思います。
「頑張れ」って簡単なことじゃないから、他チームのサポですが、
塚本選手のこれからを応援し、見守りたいと思います。
-----------------------------------------------------------------------------
拍手する
posted by noyama at 12:21 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

[第2節:京都戦A]勝てた試合

ぽかぽか陽気の西京極競技場行ってきました。
20100314_01.JPG

こういう試合は勝って終わらないと、と悔しい気持ちが残る試合でした。

今日は指定席でしっかり観戦・応援手(グー)
なので、少し遅めに競技場に到着。
なんだかんだで、席についたら、すぐに選手がアップに出てきたダッシュ(走り出すさま)
アタフタしちゃったな。

指定席なので、試合前の様子をゆっくり観察してきました。

20100314_02.JPG
タクさんは、クローズな様子(かなりぽかぽかだったのになぁ)
でも、ソックスはしっかり履いてたのに・・・。

20100314_03.JPG
興梠くんは、ご機嫌ちゃんでした。

少しすると
20100314_04.JPG
やっと、オープンしたタクさん。

20100314_05.JPG
満男とペアだったのはヤス。
周りのペアはパスをしていたのですが、満男が柔軟をしてる間は
ヤスも同じような柔軟をして、満男を待ってたのがかわいかったなぁ。

京都といえば・・・ヤナギexclamation×2
選手がアップ中に、選手紹介がありました。

昨年、西京極に来た時は
20100314_06.JPG

だったけど、

20100314_07.JPG

大人&鮮明になっていました。
鹿島サポさんからは、ブーイングバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)やら、拍手手(パー)手(パー)やら・・・。
どっちにしても愛され選手だなぁと、実感する。

試合後には、京都サポさん、鹿島サポにも
20100314_29.JPG
こうやって挨拶するヤナギだからこそ、愛され選手なんだとも思う。

アップが終了して、
選手が登場する時には、ものすごい音の花火雷?が
京都側のゴール裏からあがったので、びっくらして声出しちゃいました。
20100314_08.JPG
景気づけの花火にしては、かなりの威力だったよ雷

20100314_09.JPG

20100314_10.JPG
キョロキョロと何かを確認してるタクさん。
しっかり、ソックス下がってひらめきた。やっぱりだども。

20100314_11.JPG
「アッチー」なイバ。

20100314_16.JPG
興梠くんとヒソヒソのイバ。

20100314_17.JPG
そして、みんな気合いいっぱいパンチ

20100314_18.JPG
試合前によく見かける光景1

20100314_19.JPG
試合前によく見かける光景2

20100314_20.JPG
昨年の対戦時、試合直前でも親密ムードだった2人が、
今年は、かなりの闘士ムードに見えました。

試合が始まって1番気になったのは、
至るところで、選手が滑ってること。
ここぞとふんばると決まってというほどに、
やられてました。
そのせいかはわからないけど、危ない接触も多かった。
ハラハラしました。

マルキーはいつもと同じように、攻守に走り回っていた。
あのパワーが最後まで続くことがすごい。
何度となく決定機はあったものの、ゴールにはならずで後半に。

京都はヤナギが1.5列目くらいの役割を担っていた。
前への飛び出しは要注意で、後半始まった時点では、
おされる場面も増えて、どうにかこっちのペースにしたい時、
興梠くんが倒されて、絶好の位置でのFKのチャンスぴかぴか(新しい)

20100314_21.JPG
キッカーはどっち??な時に・・・。

20100314_22.JPG
壁の中はオシオシの状況爆弾

出来れば、良いタイミングで蹴りたいのに
20100314_23.JPG
「ややこしい」状態に、ヤナギが割って入ってどうにか治まったと思ったら

20100314_24.JPG
そのヤナギが、今度は壁より少し前にポジションを取り動かない。
これに鹿島の選手はレフリーに抗議どんっ(衝撃)
レフリーが注意を与えたら、それにヤナギは猛抗議して、イエローに。
ヤナギの負けん気を見た気がした。

カードが出て直後、サッとタクさんキック。
練習なのかと見間違うようなリラックスした動きに見えた。
サッカーは鮮やかに、ゴールに吸い込まれて見えたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
これぞFKの見本といっても過言ではない、見事なゴール。
あのドタバタの中、ものすごい集中力ぴかぴか(新しい)

20100314_25.JPG
タクさんも得意気るんるん

20100314_26.JPG
みんな、大祝福演劇だった。

ここから何点積み重ねるかと期待してたけど、
チャンスは作れど、決めきれないまま時間が過ぎてく。
1点ではまだまだ安心出来ないけど、
なかなか攻撃に幅が生まれない。

攻撃にひと味加えたい時間に
20100314_27.JPG
ヤス。
ピッチに入る前から、満男がしっかり指示を与えてるのが見えた。

ヤスが入るとサッカーを運ぶのは、ヤスの仕事になる。
マルキーも満男も、ヤスの動きを確認してサッカーをさばいてるのが
良くわかる。
スピードもヤスに合うように、マルキーは調整していた。
ヤスが活きることで、得点チャンスは生まれた。
でもどうしても決まらん。

もうすぐロスタイムかな??って時に、青木くんが呼ばれた。
クローザーの役割をするべく、指示を受けていざ、出陣exclamation×2
って時に、同点弾をアッサリと決められた。
アッサリでは選手はもちろん思っていないと思う。
けど一瞬のすきに、決められたように見える。
もうあとは、青木くんにしっかり守ってもらおうって
ちょっと安心した気持ちに私もなっちゃっていた。

でも、ホイッスルが鳴るまでわからないって本当だよね。
青木くんの交代はなくなり、大迫くんを急いで投入。
残り3分。
3分でも大迫くんはチャンスに絡んだし、
他の選手ももう1回ギアを入れなおしたけど、
あまりにも残り時間は少なくて、同点のまま試合終了。

20100314_28.JPG

前半から飛ばしていたタクさんは、後半の決定機を何度か外し、
FKを決めたとは言え、かなり悔しそうな様子だった。
他の選手も同じ。

同点は同点でも、終了間際に追いつかれるというのは
精神的にもよろしくない・・・。
でも、気持ちの切り替えはしっかり出来るチームだと思うので
次節までは1週間あるので、しっかり立て直してくれるよね

それに攻撃の形はだんだん出来てるというのは、
連携が出来てきてるってことでもあるよね??と
プラス志向で、大宮戦に備えます!!
拍手する
posted by noyama at 23:28 | Comment(4) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

[開幕戦:浦和]白星スタート

とうとう?やっと開幕しましたねぇぴかぴか(新しい)
なのに雨台風にと、選手もサポもにもありがたくない天気バッド(下向き矢印)
スタジアムに入るころには、身体の芯から冷え冷えにダッシュ(走り出すさま)

それでもコンコースで
P1100516.JPG
しかおに会ったり、温かいカシスタフードを食べたら、
テンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

こちらのお店は
P1100517.JPG
ビールドリンクに新しいメニューが登場してましたるんるん
残念ながら下戸なので試せないのが、悔しいなぁバッド(下向き矢印)

寒さにはかなわず、地下に降りて雨台風をさけて暖を取って
キックオフまで温存していたら、闘士がちゃんとわいてきたるんるん

やっとやっとこの時間ひらめき
雨の降り続くピッチに選手が登場してきたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
P1100520.JPG
久しぶりのリーグ戦に、サブGKとして登場した杉山くん。
GKは、ポジション争いがとても難しいポジション。
ソガや小澤さんを見てきた杉山くんだもの、きっと役割を果たしてくれるはず。

試合前、浦和サポさんの応援に鹿島のコールの音頭が聞こえなくて
しっかり応援しないとって、気持ちになったなぁ。

試合が始まると、浦和の出足に押され気味。
柏木選手にシュートを蹴られて、ものすごかったからヒャッとした。
けど運よくゴールからは外れた。
浦和優勢で試合が進むのかな?と思っていたら、
満男から出たパスに興梠くんが反応して、シュート。
ズリッと滑っていく興梠くんの方に視線がいっちゃって、
サッカーの行方はあとになっちゃて。
スタジアムがグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)わいたわいたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
こういう動きができるFWがいるから、
満男があぁいうパスが出せるんだと思う!!
お互いが感じてるってことだよねるんるん

それからは、鹿島ペース。
そこで目立って感じたのは、浩二くんの動き。
ファウルを貰ったけど、アレは覚悟してだったと思う。
それだけではなく、見えないことで危機を見つけると
早めにその危機をつんでいた。
やっぱり浩二くんはすごいなぁって思ったな。
もう1つ。
満男だけではなく、色々な選手がピッチで会話をしていた。
悪いとこはその場で修正してる、全員サッカーを感じた。

ハーフタイムが終わって選手が出てくるときには
柏木くんと興梠くんが一緒に話しながら出てきたよ。
この柏木くんが、前半1番の要注意人物だった。
後半は、自由にさせては行けないってね!?

後半直後、浦和の反撃がexclamation×2
でも落ち着いて対処して、序々にこっちペースに。
マルキーの気合い、気迫は前半からすごかった。
ゴールを決めてやるってね。
何度も何度もシュートして、ゴールだぁぁぁってシーンも。
ゴールに嫌われた。
絶対ゴール決めてもらいたいって気持ちになったもん。

そしてその瞬間はやってきたexclamation×2
今季監督期待のヤス。もちろんサポも。
フェリペ選手と交代で入ってきた。
ヤスは、相手の動きを良く見てるからだよね??
ボールカットを結構する選手だ。

選手全員が残り時間が気になり、焦り始めたころ。
ヤスがドリブルで上がってきた。
優しいクロスがゴール前に。
マルキーに、ピッタリのタイミング。
ヘディングシュートが決まって、それはそれはスタジアムが揺れたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
決めたマルキー、さすが!!
ででで、ヤスもすごい〜。
何度も何度も声にしちゃったもん。

選手たちが大喜びしてる姿がちょうど目の前でよーく見えて。
印象的だったのは、篤人がヤスをギュッと抱きしめていたこと。
ヤスの活躍は、いつも一緒にいる篤人にも嬉しかったんだね。
他の選手も手荒く、お祝いをしていたけどね。

雨の試合は、GKはいつも以上に神経を使うはず。
1回ミスキックはあったのは、ドキッとしたけど、
集中してゴールを守っていたソガの活躍もあり
2-0で快勝ぴかぴか(新しい)
P1100535.JPG

インタビューカラオケは、興梠くんかな??って見ていたら
P1100541.JPG
満男。
勝利チームインタビューがありました。

P1100550.JPG

P1100556.JPG
嬉しそうな選手見られて嬉しかった

P1100558.JPG

P1100560.JPG
伊野波くんの俊敏な動きがあるディフェンスもいいなぁ

P1100568.JPG
気づくと、ゴール前に飛び込んでくるのは篤人でした。
何度「あ、あつとっ」って叫んだか。
攻撃参加を心がけていたことが、ものすごくわかる。
代表戦戦っているから、スピード面がキツかったように見えました。

P1100587.JPG
ちょいフェイントなヒーローインタビューが始まると

ゴール前では
P1100572.JPG
サブのメンバーに、集合がかけられたました演劇

P1100590.JPG
ランニングが命じられた様子ダッシュ(走り出すさま)
それが目に入ったようで、興梠くんニヤニヤしちゃってました。
以前にも見たことがあるけど、毎試合じゃないよね・・・。
どんな時にこのランニングは命じられるのかな??
とてもとても気になりますよ。

P1100598.JPG
インタビューが終わった興梠くん。
ゴール前まで来てくれないかな??って淡い期待をしてましたが、
その場で挨拶してくれました。

そんな中
P1100601.JPG
本気ダッシュの最中です。
若手の中で走っても、絶対負けない!!本気モードのごうさん。
とてもとても尊敬しちゃいます。

興梠くんのインタビューが終わっても、何周も走っていたので、
足の指がジンジンしてどうにもならないので、最後まで待たず
帰ってきました。

試合後半になると雨もあがってましたね。
帰りのバスが、二階建てでした。
来るときも帰りも、昨年ならものすごい長蛇の列だったのに。
今年はそんなに待たずに乗れたのは、バス会社さんの協力おかげ?
来るときはさすがに、開幕戦なのにって不安になりました。
ただ、おやつを食べすぐに眠い(睡眠)してしまったので、
二階建てを満喫できなかったのが、損した気分でした。

開幕戦、FW2人のゴールで勝利で勢いつきますよね!!
次節も楽しみです。


拍手する
posted by noyama at 13:26 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

[XEROX杯:G大阪]表彰式

試合が終わると、一斉に周りの人たちが動き出したよ。

メイン席って選手たちがあがって来るんだったひらめき
すっかり出遅れてしまったよぉバッド(下向き矢印)

100228_31.JPG
ヤスに、ワンサイズ下のベンチコートを用意してあげてくれダッシュ(走り出すさま)
かわいいけどもグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

表彰式を待つ間
100228_32.JPG
篤人の話に、浩二くんとタクさんめちゃ楽しそうだったよ。
カーリング競技のようにマイクをつけてくれたらなぁ〜。

100228_32.JPG
イバの姿、凛としててステキぴかぴか(新しい)

100228_34.JPG
どの画像も篤人のお顔が映ってないたらーっ(汗)
どうしても篤人のナイスなショットが撮れません・・・。

100228_35.JPG
選手層が厚いってことなのかな??
伊野波くんや大迫くんは、こちらで選手たちを迎えていました。
伊野波くんはけが明けらしいですが、イ・ジョンスが加入して
CBのポジションもかなりの激戦になりますね。

表彰式が終わって、記念撮影のはずが・・・。
100228_36.JPG
すぐに、ゴール裏のサポたちのもとに行ってしまってて、戻ってきてましたるんるん

100228_37.JPG
イバは、ベストポジョンを確保るんるん

100228_38.JPG
みんな嬉しそうだけど、満男はどこだ??

100228_39.JPG
こんな端っこにいましたぴかぴか(新しい)

なんでこんなが斜めの方向を見てるかというと、
100228_40.JPG
応援にきていた、葛西くんや川島くんたちを呼んでいたんですよ
みんな一緒に!! アントラーズの合言葉ですよね。

記念撮影が終わると、ゴール裏のサポさんたちと、盛りあがって、
こちらに戻ってきましたー。
100228_41.JPG
イバのこのポーズも、メダルかけてだとちょっと違った雰囲気でした。

100228_42.JPG
マルキとフェリペは、五輪期間中ということもあってだよね??
こんな感じで記念撮影をしてましたよ。
マルキは仲間が出来て、とても楽しそうでした。

表彰式って、選手の笑顔が見られて、こっちも嬉しくなりますよね。
今季優勝して、また選手と喜び合いたいと思いました。
拍手する
posted by noyama at 20:46 | Comment(6) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

[XEROX杯:G大阪] PK戦で決着

すっきりしない小雨曇りの中、国立競技場に行ってきた。

U代表vs高校選抜も観戦の予定だったのに、小雨で断念したよ。
指定席での応援だったので、結構ギリギリに到着。
コンコースはスタジアム名物目当ての人で、いっぱい。
もうどこも行列で、名物はあきらめ普通の売店へ。
それでもかなりの人でしたよダッシュ(走り出すさま)

やっと買ったランチをむさぼっていると、ソガと杉山くんが出てきてしまって。
全然心の準備が出来てない!! 急いで残りを食べ終わるころには・・・

100228_02.JPG
選手がアップをしに、ピッチに登場サッカー
今季加入した助っ人外国人選手の3人と小谷野くんもいました。

2年連続で、G大阪との対決。
G大阪戦となるとどうしても、イバが気になってしまう。
イバが優勝報告会で「もうすっかり」鹿島の選手だとと言っていたのにね。

そのイバは、
100228_03.JPG
こちらのヤット選手と会話をされていたり

100228_04.JPG
G大阪の選手に向かって、こんなステキぴかぴか(新しい)な挨拶をしてましたよ。

100228_06.JPG
少しアップをすると、寒がりで暑がりなイバは、すでにほっかほかのご様子。
たまらず、上着を脱いでいました。

アップを終えて、選手が1度ピッチを後にしたら
100228_07.JPG

100228_08.JPG

100228_09.JPG
今季のJ1・J2の全チームのフラッグがピッチに。
最後に登場したのはアントラーズのフラッグでした。

そんなこんなでやっと、選手たちが入場るんるん
100228_10.JPG
篤人は楽しげに安田くんと会話してました。

100228_11.JPG
ガンバボーイとしかおも一緒。

100228_12.JPG
まだキックオフ前は、小雨が降ったり止んだりで、肌寒かったのに。
満男だけすでに、ユニだったるんるん さすが気合いが違いますよね。

100228_13.JPG
ずっと誰かを探してる様子だったイバは、相手が見つかったらこんな感じでしたぴかぴか(新しい)

100228_14.JPG
イバに何かささやかれ、怯える興梠くんでしたが

100228_01.JPG
すぐに笑顔グッド(上向き矢印) FWのゴールが見たい!!期待でした。

記念撮影が終わっても、しかおがピッチをウロウロしてて
100228_15.JPG
監督に握手して貰ったら、ピッチから退散してましたよ。

そして、キックオフ。
100228_16.JPG
ACL初戦を見た時、マルキと興梠くんのスパイクの黄色さに
度肝をぬかれて、しかもお揃い?なん??ってビックリだったのに。
さらにもう1人・・・安田くんも同じようなスパイクでした。
レフリーの黄色とスパイクの黄色がピッチに映えてたよあせあせ(飛び散る汗)

ボール支配率は、G大阪。
アントラーズはまだまだ全体的に動きがにぶくて、
なかなかボールを持てない。
それでもG大阪にゴールをおびやかされることも
そんなにはなかった。

100228_17.JPG
フェリペは、意外と細身の選手でG大阪からファウルを受けることが度々で
ピッチに倒れる度に心配でした。

そんな中、ゴール付近でのコーナーのチャンスに、レフリーの笛が聞こえて。
アントラーズの選手がファウルをされたと判断されPKを奪ったよ。
100228_18.JPG
抗議してる最中に

100228_19.JPG
こんなお二人の姿が見えたので、どっちが蹴るん??と、ドキドキでした。

いやいや〜フェイント(そんなつもりはないと思うけど)
PKを蹴ったのはマルキー
100228_20.JPG
しっかり決めて、先制したよ。

でもその後も流れの中での攻撃というのはうまく行かない。
アディショナルタイムが1分かぁって、ふとした瞬間。
ゴールにサッカー突きささったよ。
加地選手に同点ゴールを決められて、そのままハーフタイムに。
ビジョンに映し出された、ゴールシーンにはサッカーが満男に当ていたよバッド(下向き矢印)
圧倒的に押し込まれていた時間が多かったから同点で良いほうかも。

ハーフタイム後にピッチに出てきた篤人は
100228_21.JPG
もう1つスパイクを持ってて。
何度かピッチを足でこすり滑り具合を確認してましたね。
雨で濡れたピッチは、滑りやすくなっていたんですよね。

100228_22.JPG
浩二くんは、長い時間奥野コーチと話しをしてたら、ピッチに入って行きました。
いつも出てくるのが遅めのタクさんとイバも、今日は早くに出てきてたよ。

後半に入っても、なかなかアントラーズのペースにはならなかった。

そこに
100228_23.JPG
ヤス投入。

今季、監督のヤスへり信頼・期待が、伺える交代でした。
ヤスは中盤からボールを拾い、そのまま攻撃に出たり、
前線にパスしたりと、攻撃に勢いがついたよ。
ヤスの躍動がピッチでものすごく目立ってて、気迫を感じた。

その後青木くんが投入され、両SBの攻撃参加も増えて
惜しいシーンはあったけど、結局ゴールは生まれず、
そのままPK戦に持ちこまれた。

100228_24.JPG

昨シーズンは、マルキー・ダニーロ・タクさん・浩二・満男・浩二くんたちが
キッカーだったと思う。だから、誰が蹴るんだろうexclamation×2

100228_25.JPG
先後攻を決めるコイントスには満男とルーカス。

1番はマルキーかな??と思っていたら、
トスが終わったら満男がそのままキックの位置についた。
顔色ひとつ変えずに、落ち着いて決める満男の心臓の強さってぴかぴか(新しい)

G大阪のキッカーは、ヤット選手。
それこそ、PK職人と言われるほどの選手だもん。
決められるのは覚悟していた・・・。
それが大きくボールは外れていったから、驚いた。

2番は、タクさん。これは予想通り。
ポールを足で蹴り上げて手で持つとそのまま頭につけた。
たぶんおまじないみたいなものだよね。
こういうとこ、やっぱりタクさんいいなぁ。
100228_26.JPG
テクニション・タクさん、キッチリ決めてくれました。
G大阪の2番手は、成功。

3番は、イバ。
これにはG大阪サポさんから、大ブーイング。
かなりのプレッシャーの中だったと思う。
100228_27.JPG
落ち着いて決めるイバ。ものすごく気持ちが伝わりました。

100228_28.JPG
仲間の選手も大喜びでイバを迎えてましたぴかぴか(新しい)
G大阪の3番手も、成功。

4番は、大樹。
100228_29.JPG
気持ちの強さを発揮。
ものすごい冷静にボールを蹴ってました。

PKの間も満男は、他の選手がベンチコートを着てるのに
ユニだったことに気付きました。
あと、なぜかタクさんがPK蹴る選手のベンチコートを持って
あげてるんですよね。
なんか、こういう時でも性格出るなぁって、後から思いました。

そして、ここで外せばアントラーズの勝利が決まる。
大事なG大阪の4番は、チョ ジェジン。
そこは、しっかりと決めてきました。

そして最後は、マルキー。
100228_30.JPG
全然大丈夫だろうなぁと思ってたけど、本当に普通に蹴ってて。
見事にゴールして、アントラーズの勝利ぴかぴか(新しい)

PKは、全員見事に決めましたよ。
これはすごいですよね。
ヤット選手がゴールを外すってことが珍しく、そこで勝負あり!!だったのかも。

全体的にはアントラーズはPKの1点だけ。
まだまだチーム全体で調子を上げないと厳しいなぁって状態だと思う。
新しく加入した選手や、若手、中堅、ベテランと全員サッカーが
アントラーズだから、開幕戦までに少しでもそうなってくれるといいなぁ。

とは言え、勝ちは勝ち。幸先よいスタートになりましたよねぴかぴか(新しい)
次は、表彰式をアップしようと思っています。

最後に船山くん、ベンチ入りして活躍もしてもらいたい!!そう願うばかりです。
拍手する
posted by noyama at 15:57 | Comment(4) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

[天皇杯 G大阪戦]お疲れ様でした

天皇杯G大阪戦、カシスタへ行ってきたぁ。

091212_01.JPG

今シーズン最後になるカシスタでの試合、勝利でもちろん飾りたいぴかぴか(新しい)
最後はじっくり応援と目撃をしたかったので、S指定席に。

ゴール裏は1階席だけの解放だったけど、パンパンにサポが入ってたよ。
091212_02.JPG
退団が決まっていて、負傷もしてしまったダニーロへのメッセージが
掲げられていて、ジーンとした。

アップに選手たちが登場すると、スタジアムは熱気満タングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

091212_03.jpg
いつもはゴール裏にいるので、選手登場を後から見る機会がないので、
じっくりと観察しちゃいました。

マルキーの帰国、ダニーロ負傷、大迫くん・當間くんのU20代表参加で不在。
スタメン&リザーブ選手を携帯電話で、チェックしてました。
久しぶりに「さやえんどう」2人がベンチ入りるんるん一緒にピッチに登場してきた。

091212_01.JPG
091212_06.jpg
何となく、緊張した空気が・・・。

Tシャツ投げに
091212_07.jpg
篤人とモト、そして珍しい・・・

091212_08.jpg
誓志。
ゴール裏に投げることが多いので意外。

満男もゆっくりと、応援席に近づいて渡すような感じでした。
投げる選手と渡す人を目がけて持って行く選手がいますよね。
持って行く選手は、子供さんに渡すことが多いから、
それはそれで夢があっていいなぁって思う。

緊張して空気を感じたけど、
アップではみんなリラックスしてて笑顔がいっぱい見られたぴかぴか(新しい)
091212_09.JPG

091212_12.JPG

091212_13.JPG

091212_14.JPG

竜太くんは、どんどん大人になりますね〜(もう大分大人ですが・・・)
091212_11.JPG

アップを終えた興梠くんは
091212_15.JPG
挨拶をして上がっていきました〜。

ユニに着替えて、再び登場
091212_15.JPG
091212_17.JPG
和やかな雰囲気でしたが・・・。

すぐに戦闘モード
091212_18.JPG

G大阪からしたら、リーグのリベンジ。
選手もサポーターも、簡単に勝たせてくれるはずはないから、
厳しい試合になることは、予想出来ました。

が・・・。先制点をきめられて焦りました。
ただ、アレはファウル??って思ったけれど、
レフリーが言うんだから、仕方ない。

やっぱりG大阪、手怖い。
どうにか、前半で同点にと、そればかり願ってました。
が、これがおしいシュートはいくつもあったけど、決まらずで。

タッシーのゴールシーンは、見逃してしまいました。
なぜ??かと言えば、最初のシュートが外れて、目をそらせてしまって。

歓声が聞こえてゴール前を見たらグッド(上向き矢印)
091212_19.JPG

タッシーがオシリをドーンってふざけてぶつけて、ふざけて倒れた選手がいてぴかぴか(新しい)
091212_20.JPG
ふざけて倒れたのはタクさんだった??のかな??

これで、同点。
091212_21.JPG
まだまだこれからって、選手たちの顔から感じましたよ。

同点で、折り返し。
ハーフタイムを終え出てきた満男は、
091212_22.JPG
レフリーに何か訴えているようでした。

こういう緊迫した試合は、ゴタゴタがあったりして。

091212_23.JPG

最初はイバも間に入っていたのに、間もなくサッて行き、
残った興梠くんは、あのキュートな笑顔で、G大阪選手を一生懸命
とりなしていましたね。

091212_24.JPG
G大阪の選手も、笑顔でポジションに戻って行きました。
興梠くんは、プレーももちろん、この1年で精神面もかなり成長してますよねexclamation×2

気持ちは見えるけど、身体がついて行ってないような・・・。
危ない時間が続いていた。

091212_25.JPG

ピッチサイドに、ヤス。
今シーズンは、出場チャンスがあまりなかったヤス。
ここでヒーローになってひらめき 母親になった気持ちでした。

が、ヤスがピッチに入る前に、1点決められてしまった。
選手の身体が、どんどん重く感じました。

確かヤスのファーストタッチのプレーだったと思う。
ちょっと消極的だった。
そのプレーを見た満男は、すかさずヤスに近づき叱咤。
これってめちゃすごい「+」の効果があって。
それからヤスのプレーは積極的になっていったんだよ。
ヤスが良いプレーをしたら、満男はまた近づき今度は褒めてました。
浩二も同様にヤスの頭をなでていた。
試合の中で若手を育てる、ベテラン選手のすごさをヒシヒシと感じました。

ただ、どうしても再度振り出しに戻す同点弾が、中々決まらず。

動きが重くなってきた篤人を誓志と交代
091212_26.JPG

ディフェンダーのイバを1枚けずって
091212_27.JPG
FWの竜太くんを投入。

残り時間はあまなかったけど、竜太くんの気合いは背中で伝わってきた。
終了のホイッスルまで、選手は気持ちを奮い立て戦っていましたが、
同点ゴールは生まれず、準々決勝敗退となりました。

終了のホイッスルをベンチで聞いたイバは、ベンチ前で立ったまま
ぼう然としていました。
スタッフから声をかけられても、そのまま動かなかったです。

091212_28.JPG
イバはG大阪のベンチへ歩いて行き、コーチ?と挨拶をした後、
幡戸選手のもとに。

そこへ他の選手も集まってきて
091212_29.JPG

091212_30.JPG

091212_31.JPG
アントラーズの中に加わるとすぐ、誓志の肩を抱いてました。
やっぱりイバはステキな選手だなぁって思います。

浩二くんは
091212_32_0.jpg
091212_32.jpg
タッシーに気づいて近づき、優しく労っていました。

バックスタ、ゴール裏、メインと選手はうつむき気味で歩いてました。
どのチームも同じだとは思いますが、リーグを終え満身創痍の中、
戦い勝利するのは、とてもとても大変で、厳しい。
あのプレーがとか、あそこでとか、勝てたかもって思うとこはあるけど
選手たちが、勝利したいって気持ちで最後まで戦っていたのが
わかるから、1年間お疲れ様でしたという気持ちで、拍手してきました。

来シーズンはACLを含め4冠の制覇!!
もうそんな目標が立つ、今シーズン終了の試合でした。

選手のみなさん、今シーズンも優勝をありがとうございました。
お疲れ様でした。

試合後にはダニーロのお別れセレモニーがありました。

091212_35.JPG
ゴール裏で「11」を持つ、たくさんのサポーターを見たらたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)止まりませんでした。

助っ人選手は、シーズン終了後にひっそりと帰国するイメージがあって
こういうセレモニー初めて見ました。

091212_36.JPG

091212_37.JPG

お疲れ様でした、ありがとうダニーロ。

とてもあたたかい、セレモニーでした。


拍手する
posted by noyama at 13:16 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

[最終節 浦和戦A]三連覇

大雨の中、「勝利・優勝・三連覇」目撃してきましたぴかぴか(新しい)

091205_01.jpg

試合内容は、TVやマッチプレービューでいっぱい
やっていたのでちょっとだけ。

前半から攻め攻め押せ押せの浦和ペース。
キレイにパスを回されてしまっていました。
チャンスはそんなたくさんはないなぁって空気。
とにかく得点を与えず、チャンスを逃すなexclamationそんな感じでした。
後半に入っても、浦和の攻撃に押されてはいた。
そこを篤人→興梠くんで、ゴールをこじ開けた。
興梠くんが、ゴールに身体ごと突っ込んだとこと
サッカーがゴールに入ったとこ、スローモーションに感じた。
そして、ゴール裏は大歓声るんるんるんるんるんるん
ゴール裏全員が仲間化して、誰かれかまわず抱き合ったよ。
それくらいの大興奮と大感動だった。
興梠くん、とてもとても勝負強くなりましたよね。

その後は、守備の時間に。
伊野波くんのスピード、大樹の高さ、ソガの集中力。
チーム全員が勝利にむかって1つになっていたよ。

ロスタイム長かったなぁ。

優勝の瞬間は、思い出せないよグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
記憶にあるのが、興梠くんとマルキーが
肩を抱き合ってゴール裏に走ってきたとこ。

記憶があいまいなので、順番はあっていないかもだけど。
興梠くんが指を「3」にして、両手で笑顔で見せるから
「33」になってるよるんるんって突っ込んできたよ。

オリヴィラ監督がゴール裏に篤人を連れてきた。
親子みたいな2人が一緒に挨拶をしてくれて、
何か篤人がゴール裏に叫んでて。
「えっ、何?」って聞いたら、オリヴィラ監督指しながら、
「誕生日だから、歌ってやってるんるん」って。
篤人の指揮で、ハッピバースディを合唱してきたよ。
その時の篤人は、本当にかわいかったなぁ。

その前なのか、後なのか記憶があいまいだけど、
選手がゴール裏にきたぴかぴか(新しい)
雨だったから、カメラムリだなぁってあきらめてたけど、
だめもとで、撮ってきたよ。

091205_02.jpg

091205_03.jpg

091205_04.jpg

091205_05.jpg

091205_06.jpg

091205_07.jpg

みんな嬉しそうだったけど、篤人と大樹は目に光るものがぴかぴか(新しい)
大樹はたらーっ(汗)でメロメロだった。
篤人と大樹が今シーズンどんなに苦しいものだったのか、
そんな中で、気持ちを奮い立たせて戦ってきたのか、
わかった気がしました。

091205_08.jpg
そんな篤人に気づいたモトが頭をイコイコしてたり、
剛さんが色んな選手と熱い熱い抱擁をしていたり。

091205_09.jpg
みんな思い思いに、喜び合っていました。

そんな中、印象に残ったのが
091205_10.jpg
静かに輪の外で見守ったり、記念撮影の時も前には出て行かずに、
後の方いる浩二くんでした。

その浩二くんの肩は震えていました。
あとで浩二くんの「やっと恩返しが出来た」というコメントを見て、
涙が止まりませんでした。
私がアントラーズを応援するようになったきっかけは
浩二くんの存在でした。
その後海外移籍をし、アントラーズに復帰、けが・・・。
決して順風満帆ではなかったとは思っていたけど、
ずっとずっと「恩返し」の想いを抱えていたんだと思うと
いっぱいいっぱいアントラーズへの愛を感じました。

選手がだいたい引き上げた後も篤人は
091205_12.jpg
オリヴィラ監督やスタッフさんたちと、記念撮影をしたり、周りを盛り上げてるんるん

091205_13.jpg

091205_14.jpg
最後も、笑顔で手を振っていました。

もう1人残って、サポを盛り上げてくれたのが
091205_11.jpg
イバ。

試合前に良く見る「ヒモを結ぶとこ」だと思って見ていたら
091205_15.jpg
脱いでいたexclamation×2

コレは!!コレはまさか!!
ゴール裏にスパイクを投げ入れてくれました。
イバの三連覇への気持ちが伝わってきて、
サポへのスパイクのプレゼントという行為が
とても嬉しかったです。

091205_16.jpg

091205_17.jpg

イバの背中は、とてもとてもかっこ良かったです。

今シーズンは応援してる選手がR移籍したりして、
いつでも心豊かに応援出来たとは言えないシーズンでした。
でも三連覇を目撃して、応援してきて良かったって心から思いました。
優勝、連覇、三連覇と全部の瞬間に立ち会えていることは
とてもとても幸せなことだと思います。

満男が色々なTVのインタビューで答えていましたが、
まだ天皇杯が残っているし、来年はアジア(ACL)に再挑戦と
まだまだこれからも戦いは続くので、いっぱいいっぱい応援します。
拍手する
posted by noyama at 21:55 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

[第33節 G大阪戦]圧勝

強い日差し晴れで、冬とは思えない暖かなカシスタは、
ものすごい人で、コンコースもすれ違うのが大変でした。

091128_01.JPG
バックスタンド2階にビックフラッグが広がって、大事な一戦前には既にグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

選手紹介の時には、やはりイバに対するブーイングはものすごかった。
でもこれは「愛情」なんだなぁって。
イバがどうでも良い選手だったら、もう移籍して何年も経っているのに
毎年ものすごいブーイングする訳ない。
イバも以前の公開取材の時に、いまでも「愛」を感じるって言ったから。

091128_02.JPG
試合前に興梠くんと伊野波くんの100試合出場記念セレモニーがありましたよ。
2人のこれからのもっともっとの活躍に期待です演劇

お互い負けられない試合は、前半の中盤くらいまでは、守備をしながら
チャンスを作ることも出来ていたけど、なかなか得点には結びつかない。
前半の終盤ころには、G大阪の攻撃にヒヤヒヤあせあせ(飛び散る汗)しながらも
満男やディフェンスの選手が落ち着いて、攻撃の芽をつんでいた。
G大阪の得点力から考えるとシュートは少なかったと思うけど
アントラーズもなかなか攻撃の幅がなかったなぁ。

そのまま前半終了。
これは難しい試合になるなぁって、思ったんだよね。
ハーフタイムでは。

後半は、攻守の入れ替わりは激しくしかもG大阪が押せ押せの時間が長かった。
そこを集中してケアしてその時間を耐えたアントラーズは、
そこからチャンスを逃さない、底力を見せてくれました。

この試合、満男の動きはピカぴかぴか(新しい)イチ。
あぶない攻撃の芽を中盤でつみ、そのまま攻撃につなぐパスを出す。
そんな動きを繰り返ししてました。

その動きから、先制点が生まれた。
興梠くんの動きを読んで出された満男からのサッカーが、
キッチリと興梠くんに渡って、でもそのサッカーには相手のDFが、付いたきた。
そこを切り替しでDFの振り切ってのシュート。シュートコースは狭かったはず。
私の位置からだと、ゴールからギリギリ外れたように見えたんだけど。
一瞬にして、カシスタが揺れた。
入ったんだ!!ってわかった時には、ピッチの興梠くんはもみくちゃだったよ。

興奮がさめやらぬうちに、マルキーが強烈なミドルシュート。
これはGKに好セーブされた・・・そのサッカーをタクさんが、シュート。
またまた技ありシュートは、弧を描きながら、ゴール上角に突き刺さる。
やっぱりタクさんは、天才だなぁ。

ただその直後、二川選手にゴールを決められて、1点差になったしまった。
いやな空気を一括してくれたのが、モトと交代で入ったダニーロが
中盤でサッカーを奪い、タクさん。
タクさんサッカー受けながら、ピッチ状況をしっかり見てるんだよね。
グランダーでゴール前にサッカーを出すと、ジェストのタイミングで
興梠くん出てきて、つっつく感じで、ゴール。
1点差に追いつかれた直後のこのゴールは、サポーターにも力をくれたよ。

でもG大阪。得点力を考えたらまだまだ時間もあるし。油断できない。
そんなときにルーカスが黄紙2枚目を貰って退場になった。
その直後にマルキーと中澤選手の一触即発のシーンがあったりして
ワサワサする時間もあったり・・・。
10人になったG大阪が、人数をかけて攻撃をしかけてきて。
やばいシーンは何度となくあったけど、伊野波くんすごかった。
ゴール前での速い動きで、危ないシーンを防いでいた。
足が速いからそのまま攻撃に上がってくれると、
相手選手も追いつけなくて、アタフタもさせてくれていた。

途中で安田選手が入ってきて、篤人とマッチアップになった。
でもその時間は長くなく、篤人out→誓志inになった。
まだ時間があるとこでの交代だったので、少し不思議な感じでした。
ベンチでアイシングをしていたので、何か足に異変があったんだとは
わかりましたが、篤人は半月板を痛めていたんですね。心配です。
交代で入った誓志が、少しするとふくらはぎを痛そうにしていたので
気になりましたが、その後は活きの良い動きをしていたので安心したよ。

G大阪のディフェンスの足が止まってきたとこに
興梠くんと交代で入ったタッシーが、タイミングぴったりで
ゴール前に飛び出して、ゴールを決めて4点目。
ダニーロがヘッドで5点目を奪った直後に、マルキーが
ピッチから出てくのが、見えた。
えっえっえっ!! 交代枠使い終わっているのに???って。

アディショナルタイム5分。
ヤット選手を軸にまだまだ攻撃をしかけるG大阪に、
追加点を与えず、気持ち良く勝利がしたい!!もの。
川崎が負けてるかも知れないもの。
って、グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)は最高潮でした。

試合終了のホイッスルと同時に拍手が響いたカシスタでした。
アントラーズベンチが、落ち着いていたのでなんとなく、
川崎は勝ったんだろうなぁって感じてました。
スタジアムで他会場の試合の結果が発表され、
川崎が勝利したことがわかっても、この大一番に
5-1で圧勝した選手たち・チームを見たら、
そんな結果なんて気になりませんでした。
ホームで優勝が見られなかったことは残念だけどね。

091128_03.JPG
イバが移籍してきて、G大阪に勝てない時期があって。
それがこんな顔が見られる、圧勝な試合でした。
とても感慨深いよぉ。

昨年とは違って、大喜びな選手の姿はなかったです。
逆に気を引き締めてるように見えましたよ。
091128_04.JPG
ホーム最終戦だったので、この後セレモニーがあるからか、
あっさりと、選手は挨拶を終えてピッチ中央へ戻って行っちゃいました。
浩二くんは、花束やらプレゼントを渡されていましたよるんるん

ホーム最終戦のセレモニーも、昨年のような監督が感極まることもなく
ふつふつと優勝に向けての闘志が伝わるものでしたよ。

セレモニー後の場内、一周ひらめき
091128_05.jpg
091128_06.jpg
ゴールに、アシストにと、大活躍だったタクさん。
下向きでずっと歩いててちょっと残念でした。
ムダのない動きと、選手を活かすパス、チャンスを逃さないシュート。
タクさんのプレーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)してましたよね??

091128_07.jpg
091128_10.jpg
2ゴールの大活躍、興梠くん。
ゴール後のパフォーマンスも、こっちもさらに嬉しくなっちゃう。かわいいッス。
浦和戦で2ゴール以上して、目標の13ゴールを決めて欲しいよぉ。

091128_08.jpg
091128_09.jpg
091128_11.jpg
ステキな笑顔ぴかぴか(新しい)も、たくさん見られましたよ。

091128_12.jpg
イバは、後ろの方を歩いてました。

091128_13.jpg
太腿を触りながら、会話をしていたので、心配でドキッとしましたが、
すぐ笑顔になったので、ホッ。
イバは、太腿のけがをかかえながらにの戦いが続いてるんですよね。
あと1試合、無事でありますように。

マルキーは、腿に違和感があったらしく途中でピッチを後にしたようです。
どの選手も満身創痍なんですよね。
そんな中で、「優勝したい、勝ちたい」ってガンガン伝わってくる試合を
魅せてくれた選手・チームに、優勝を疑いません。

最終節、しっかり応援してきます。


拍手する
posted by noyama at 19:24 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

[第32節 京都戦A]ミスター・クライマックス、タクさん

「そうだ 京都、行こう。」JR東海のCM、
哀愁漂う曲も雰囲気たっぷりですぐ京都に行きたくなりませんか??

紅葉の真っただ中の京都へ、行ってきました。
ただ今回は紅葉はお預けで、闘志で熱く赤い「西京極」へ。

091121_01.JPG

敵地へ乗り込んだのに、ちょっと癒されました。

リーグが1週なかったので、カードの累積欠場のこと、忘れ気味でした。
終盤の大事な試合に、マルキーと大樹が出場停止でしたねバッド(下向き矢印)
それに、日本代表から戻ったばかりの興梠くんと篤人のコンディションと
イバの太腿裏の状態も気になるところです。

バタバタしてて、アップに登場するところは見られませんでした。

091121_02.JPG
篤人も

091121_03.JPG
興梠くんも
スタメンに名前がありましたねひらめき

そして京都サンガと言ったら
091121_04.JPG
ヤナギexclamation×2

アップを終了して、ピッチから下がる時には
091121_05.JPG
応援席からかなりの声援でしたー(長音記号2)
敵だけど、さすがヤナギは人気だなぁって思っちゃいました。

出場停止のマルキーと大樹に代わり、先日の天皇杯と同じく
タッシーと剛さんがスタメンとなりましたねぇ。
091121_06.JPG
試合が始まる頃には晴れが元気がなくなってきて、肌寒くなっていました。
剛さんひらめきやっぱり半袖、手袋でしたるんるん 冬期の名物ですよね。

太腿の状態が気になるイバ
091121_08.JPG
試合に復帰してくれたのは嬉しいけど、心配でした。

キックオフ前のピッチでは
091121_07.JPG
篤人が口にしているドリンクの矛先を、タッシーに向けて噴射させたり・・・

091121_09.JPG
ヤナギとタクさんが、親しそうに会話をしたりと・・・

大事な試合でもリラックスした雰囲気が見られましたよ。

試合は前半、前線で細かく動くヤナギをなかなか止めることが出来ず
攻められる場面もあったけど、そこはディフェンスが落ち着いて対応して
ゴールを決められることはなかった。
やっぱりヤナギのボールへのコンタクト、飛び出しは変わらずすごい。

アントラーズは前線にタッシーがいるので、まずはタッシーの頭に
ボールを合わせてそこから攻撃を組み立てる形だったけど、
興梠くんが孤立したり、モトが突破しても他に前にいる選手が
いなかったりと、なかなかチャンスに結びつかなかった。

剛さん→タッシーの頭→タクさんにサッカーが繋がり、
相手ディフェンダーの動きを伺いながらドリブルするタクさん。
まだゴールからは距離もあったし、シュートコースもせまい位置で
大きめに足をふり上げたから「そこから!!」ってびっくりしたけど、
キレイな弧を描いたサッカーは、ゴール上角にしっかりとゴール。
タクさんだから、決められたゴールだと思う。ものすごかったよ。

091121_10.JPG
うわぁーとよってくる仲間をなぜか、避けようとするタクさん。

その直後には
091121_11.JPG
やっぱり、ダンシングー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
いつもながら、奇怪な踊りを満面の笑みで踊られてました〜
テクニックゴールとこのタクさんのギャップが、たまりません黒ハート

ポジション的にその輪に加われなかった
091121_12.JPG
篤人。
ここで、喜びをかみしめていたご様子ひらめき

091121_13.JPG
091121_14.JPG
良かった良かった〜タクさんがよってきて、一緒に分かち合えましたぴかぴか(新しい)

先制点を奪ったことで、その後も安定した試合運びで、前半終了。

ベンチ入りメンバーがアップをしてたんですが・・・
091121_15.JPG
ベンチコートを脱げない選手がいましたよ、竜太くん。
後半竜太くんの投入を期待してました。
ゴールハンター竜太くんのプレーが、ぜひ見たいexclamation×2

ハーフタイムの時、大樹の姿を発見しました。
メディア席の近くで、記者さんらしい方とお話してました。
立っていたので、大きいので目立ちましたよ。
やっぱり当たり前だけど、気になるんだよね試合が・・・。

後半、1点差ではまだどうなるかわからない。
追加点が欲しいとこだけど、なかなか追加点が生まれない。
少し早めに交代メンバー入れて、空気を変えて欲しいなぁって
思っていたけど、いつもと同じくらいかな??
最初の交代はモトとダニーロ。
モトは今日もチャンスと見れば前線へ仕掛けていってましたよ。
それがなかなか得点にはならなかったのは残念だったけど。

そして次の交代は
091121_16.JPG
タッシーと竜太くん。
おいしチャンスが何回かあったので、それを1本決めてくれたらと
タッシーには期待が大きいので、思ってしまいます。

2トップに興梠くんと竜太くん。
昔サテライトの試合でこの2トップを良く見ていました。
2人もお互いの動きはわかっているようで、少しやりとりをして
お互い了解手(パー)って感じでした。

091121_17.JPG
竜太くんがピッチに入ってから、私も含めて周りのサポが
「竜太」応援団化して、「竜太、竜太!!」の大声援でした。
竜太くんが愛され選手なんだって実感しましたよ。
ものすごかった。

試合時間もあとわずかというとこで、興梠くんと青木くんが交代。
しっかり1点リードを守って、勝利へ。
最近のアントラーズの勝利の形になりつつある、最後は青木くん。
青木くんはスタメンで出たいに決まっている。
それでも守備の安定感は、青木くんにまさる選手はいない。
しっかりと役目を果たしてくれました。

そのまま1-0で、アントラーズらしい試合で勝利ぴかぴか(新しい)
091121_18.JPG

ゴール裏のサポーターから
「オォ〜ノザワ、タクヤるんるん オォ〜オ〜るんるん」と応援ソングが歌われると
091121_19.JPG
こんな感じで、応えてましたグッド(上向き矢印)

前半から長く走ったり、大きくボールを出した後に
太腿裏を気にする姿が見られたイバが、
試合中ずっと心配でした。
いつものイバなら、もっと突っ込むだろうプレーも
少しセーブしていてようにも見られていまだに心配です。

でも試合後は
091121_20.JPG
とても楽しそうに他の選手に声かけたり、サポーターに手(パー)を振ったりと
ごきげんな様子だったので、少し安心しましたよ。

アントラーズの選手が引き上げた後、サンガの選手が挨拶に来ました
091121_22.JPG

ちょっとザワザワしていたので、その方向を見ると
091121_21.JPG
アントラーズの選手と秋田コーチと入れ替わり、挨拶をしていました。

京都サンガには、ヤナギや秋田さんとアントラーズと関わりが深い
選手・コーチがいて、こういうシーンが色んなとこで見られました。

ここ何年か、残り試合が少なくなって負けた記憶がありません。
ずっと勝ってるのがもちろん安心だけどさ。
残り試合も負ける気がしない。

その立役者の一人、タクさん。
「ミスター・クライマックス」って、すごいネーミングだよね。
それでも今年は、序盤も中盤でもゴールしてるイメージが
あるんだけどなぁ。
本当は簡単なシュートでゴールを決めて欲しい。
それだったら、さっきの方が簡単だったのに・・・って思うこともしばしば。
でも、厳しい試合にゴールを決めてくれる!!って頼れる存在で
あることには変わらない。
残り試合も、その「ミスター・クライマックス」ぶりを思い存分発揮して
勝利へ導いて欲しいと願うばかりです。


拍手する
posted by noyama at 12:18 | Comment(3) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

[第31節 山形戦]まだまだ

ソガの仕事がないくらい、危なげない勝利を目撃してきたよ。

20091108_01.JPG
この試合に家族・親戚を招待していた興梠くん、活躍でしたぴかぴか(新しい)
なんでこの試合だったんだろう??気になるなぁ。

鹿嶋は日差しが温かくて、応援日よりだったよ。
20091108_02.JPG
山形からも、たくさんのサポーターの方がいらしてました。
浦和以外のチームで、こんなにたくさんゴール裏がうまるのを久しぶりに見ました。

アップに選手が登場
20091108_03.JPG
今日もスタメンは、浩二&満男のWボランチ、モトもスタメン復帰しましたぴかぴか(新しい)

天皇杯ではベンチ外だったイバも
20091108_04.JPG
スタメンに復帰し、日本人の79年組揃い踏みるんるん

ピッチに出てきた時から
20091108_05.JPG
篤人は笑顔が多かったなぁ。
体調が心配だったのでちょっと安心しましたよ。

キックオフ前には
20091108_06.JPG
マルキーの200試合出場のお祝セレモニーがありましたぴかぴか(新しい)
助っ人外国人選手が200試合って、ものすごいことだよね。
これからもどんどん試合数を重ねて行くマルキーに
今日も期待満タンでした。

キックオフ直後は、ガッチリ守る山形にボールの出しどころを
模索する時間も多かったけど、常にボールを支配していた。
この試合はインターセプトが幸運のパスワードだった。
少し前までは中盤でサッカーを拾えない試合が多かったけど、
攻守の切り替えが早かった今日は、中盤でかなりサッカー
拾えていた。

満男が中央をドリプルしながら、山形の選手を引き連れて
ゴール前までいった。
満男がサッカーを持つと3人くらいは必ず囲みにきていた。
でもそのディフェンスを抑えてどんどん突き進んでいく
満男の背中は、ものすごく頼りがいがった。
その動きを見ながら興梠くんも動き、その興梠くん動きを確認して
満男が絶妙なパスを送った。
落ち着いて興梠くんが、シュート!!先制点が決まった。

それからは、中盤でしっかり守備しながら、サッカーを支配して
どんどんしかけて行った。
その攻撃の多くはイバから始まったり、イバを経由していた。
裏MVPはイバ!!そう言い切れるくらい、攻守に渡って走っていた。
そして気持ちの強さをプレーで見せてくれていた。

もっともっとゴールのチャンスはあったけど、
追加点は奪えず1-0で折り返し。

ハーフタイムで他試合の結果を確認すると、
降格争い真っただ中の千葉と川崎の試合。
千葉が1-0でリードしていた。
千葉には中後くんもいるし、頑張ってほしいなぁと
こちらの試合結果も気になるところでした。

後半も前半と変わらず、攻撃の手を緩めることなくゴールを脅かしていった。
結構ラフプレーが多い試合で、ちょいちょいイザコザしてて心配でした。

興梠くんがサッカーを持ってエリア内に突入すると、後から脇腹を蹴られる形に。
なかなかカードを出さないレフリーでしたが、ココは黄紙でPK獲得。
興梠くんが奪ったPKだから、本人に蹴って欲しかったけど、
痛がる興梠くんを見つめるマルキーが、すでに準備万端グッド(上向き矢印)
蹴る方向は読まれていたものの、速いサッカーを蹴り込んだので
GKにセーブされる前に、ゴールに突き刺さっていたるんるん
マルキーの肝っ玉のすわったとこ、すごいよね。
PKから追加点を奪い2-0。

その後もチャンスはありつつも、追加点はなく2-0の完封勝利。

後半もチャンスはかなりいっぱいあった。
とんとん拍子で得点を重ねることが出来なかったのは残念。
でも、中盤でボールが持てる時間が多かったので
守備に関して危ないシーンがほとんどなかったのは◎
やっぱりそれは浩二&満男のWボランチがうまく機能してるからだと思う。

試合後のイバは
20091108_07.JPG
バックスタンドに挨拶に行く選手たちからは離れ、そのまま下がりました。
下がっていく時には、こうやってゴール裏などに挨拶をしていましたが
やっぱり、もも裏を触って、つっぱってるような感じで歩いてました。
ものすごいスピードで、ボールにむかっていってるイバを見ていたから
もも裏に爆弾をかかえていたことをすっかり忘れていた。
それくらい、サイドを走り続けていた。
どうか、ひどいことになっていないように願うばかりです。

他の選手は、盛り上がるというよりは安堵な雰囲気でした。
20091108_08.JPG
タクさんは、後ろ向きなバックパスをすることも多かったけど
振り向きざまにシュートって、攻撃的に出たりとバランスを
考えてプレーしてるのか??微妙な感じでした。
またまたキッチリと袖をまくってましたよ。
なぜかとても気になる腕まくり。

もちろんMVPは、興梠くんぴかぴか(新しい)
20091108_09.JPG
終盤にむかって、調子がグッド(上向き矢印)ってきたのは、とてもとても頼もしい。
残りの試合もガンガンシュートを蹴って、
今年の目標の背番号と同じ「13」ゴールを決めて欲しい。
きっとそれはアントラーズの優勝にとても必要なものだと思いました。

千葉vs川崎は、2-2と踏ん張って追いついた千葉が
ロスタイムに川崎に得点され3-2で川崎が勝利しました。
これで千葉のJ2降格が決定し、川崎は首位を守りました。

アントラーズは3連覇を信じて勝ち続けるしかないexclamation×2
だから、私も信じて応援します。
拍手する
posted by noyama at 23:11 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

[天皇杯 アビスパ福岡戦]タクさん活躍

アントラーズにとっての天皇杯2戦目、
アビスパ福岡戦に行ってきたよ。

20091031_16.JPG
危なげない試合でした。

20091031_01.JPG
試合前、落ち着いた良い雰囲気。

前半はボールを支配し、いつ得点が入っても良い雰囲気があった。
先制点は、興梠くんの右足から生まれた
タクさんが、ゴールラインギリギリまでボールを持ちこんで
ラインの上なんじゃないか??ってとこで、低いパスを出した。
そのボールを混雑の中で、シュート。
ゴールだとわかった時には、
ザザザーって芝を滑った音が聞こえるような、
頭からスライディングしたようなかっこで、興梠くんが倒れていたとこ。
20091031_02.JPG
FW2人のこの姿、今日も見られましたぴかぴか(新しい)

2点目は、タクさんの足技。
思いっきり蹴り切った豪快なシュートが、ゴール吸い込まれていったよ。
焦らなければ、蹴りたいとこに蹴れる技術を持っている選手だもん。
さすが、タクさんるんるんってゴールでした。
20091031_03.JPG

20091031_04.JPG
自分のことのように喜ぶ興梠くんのこういうとこ、良いなぁって思います。

20091031_05.JPG
タクさんも、嬉しそうだったよ。

その後もアントラーズ優勢に試合は進み、
タクさんのCKをダニーロがヘディングシュートー(長音記号1)で3点目。
20091031_06.JPG
このあと、ゆりかごパフォーマンスをダニーロはしていました。
すご〜く嬉しそうでしたね。

3点リードで前半終了。

ハーフタイムが終了して、選手がピッチに出てくる時って、
決まって、タクさんとイバが遅い。
イバは太もも裏の状態が良くないようですね。
残念ながら、メンバーから外れていました。

20091031_09.JPG
そのイバがいないからなのか、タクさん珍しく早く姿を現しましたひらめき

20091031_10.JPG
この満男を見て、得点差は関係なく、後半も戦うって気持ちが伝わってきました。

後半が始まると、得点を取りにきた福岡がボールを支配し始める。
ただそれは、ボールを持っているという時間で、
ゴール前での危ないシーンは、ほとんどなかったと思う。
本来の安定したディフェンスが戻ってきていた。

20091031_12.JPG

浩二くんがボランチに入ったことで、満男の攻撃参加の時間も増えたと思う。
がむしゃらにボールを追いかけディフェンスに走る満男の姿にはいつも感動する。
でもそればかりに追われて、攻撃への仕事が出来なくなっていた気がする。
だけど、浩二くんが入ったことで、満男は自由に動ける時間が
できたんじゃないかと感じました。違うかな・・・。

後半も3点は取れるんじゃないか??と期待していたけど、
押せ押せの空気はそれほど感じなくなっていった。
残り15分を過ぎると、選手交代開始。

マルキーout→大迫くんin 
20091031_13.JPG
いつもほど、ゴールのニオイを感じなかったマルキー。
興梠くんとも動きが合わなかったのか、何度かコンセンサスを
取り合う姿も見ましたよ。

ダニーロout→誓志in
20091031_14.JPG
活きの良い動きで、入って行きました。

満男out→青木くんin
20091031_15.JPG
満男と青木くんが交代になるとこ、初めて見た気がします。
浩二くん、満男、青木くんと3人のボランチをうまく組み合わせて行くのが
今後のチームのパスワードな気がしました。

3枠の交代枠を使い切り、危ないシーンもそのままなく、
3-0で、勝利でしたぴかぴか(新しい)

前半3点を奪ったことで、後半は無理する必要はなくなりました。
それでも後半何点か積み重ねて欲しかったというのが本音です。

20091031_17.JPG
20091031_18.JPG
試合後、選手の和やかなお顔、やっぱり勝利が1番の特効薬だぴかぴか(新しい)

久しぶりの試合となった篤人は、前半はパクチーとのバランスを
考えてなのか、あんまりサイドを上がっていたイメージはなかったけど
後半には、長い距離を走ってチームの攻撃リズムを作っていました。
20091031_11.JPG
でも、この細さがとても心配になる時があります。

最後に久しぶりに、タクさん。とても気になったことがありました演劇

前半は
20091031_19.JPG
右側の袖

後半は
20091031_20.JPG
左側の袖

片方だけをきちんと、まくってました。
グルグルってまくし上げてるんじゃなくて、折ってあげてました。

なんで、片方だけなんだ??

きっと暑くて上げてるんだろうから、後半は半袖のユニかな??って
予想していたのだけど、完全に予想は裏切られ、
今度は逆側の腕をまくっていましたよ。
バランスでもとっているんか??
相変わらず、不思議タクさんでした。

欲を言えば、もっと得点が取れる試合だったと思う。
でも、興梠くんの調子も上がってきたと思えるし、
ディフェンスも安定していたし、良いことをたくさん感じた
嬉しい試合でした。

元旦は国立が合言葉です


拍手する
posted by noyama at 22:47 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。