2010年06月19日

[W杯:オランダ戦]残念

初戦のカメルーン戦の勢いをそのままに。
もしかしたら、勝利だってあるかも。
と、力いっぱい応援しました。

先制点を取られると、やっぱり厳しいよね。

交代カードは、こうして欲しい。って。
そういうのが、岡田さんと合わないんだよね。

でも、カメルーン戦で結果は出してるし。
今日も防戦いっぽうではなかった。
ホイッスル聞くまで、まだまだって思っていたもん。

だから、デンマーク戦。
勝利を信じて応援するぞ。

だからだから、アントラーズの選手にもチャンスあれひらめき
拍手する
posted by noyama at 23:24 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

[W杯:カメルーン戦]すんげー

いや〜。
すんげーな岡田JAPAN。
初戦のカメルーン戦を勝利してくれたよ。

始まるまで興味薄だったのが嘘のように、
手に汗握るというか、手握りしめ過ぎて
肩に力入って、疲れたぁ〜。

アントラーズ戦士が1人もピッチにいなかったのは悔しい。
本当に悔しい。
でも、日本の勝利がとてもとてもとても嬉しいです。

そして大(松井)ちゃん。
代表戦で、やっと輝いてくれたよぉ。
守備も頑張っていたし、
何より、何度も何度もしかけて、攻撃的にいったとこ。
大ちゃんはこうじゃなきゃ。

そしてやっぱり持ってました、本田(圭)ぴかぴか(新しい)
本職のFWがいるのに、なぜW杯になって1トップよ。
なんて想いもありましたが、決めてくれたね。
さすが。

まだ初戦を勝っただけ。
これからこれから・・・なんだけど、
やっぱり喜ばずにはいられない夜です。

残りの2試合で篤人・大樹にチャンスがあればいいな。


拍手する
posted by noyama at 01:41 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

[日本代表]南アフリカW杯のメンバー発表

倉庫にいました。

全然ドキドキしないと思っていたのになぁ。

なんか、朝から落ち着かなかった。

メンバー発表の瞬間は、窓のない倉庫にいました。

コンビニ弁当を片手に、携帯電話小さい画面と音声を頼りに。

会長やら、原さんの話など耳に入るはずもなく、

もう早く!!って。

GKで、ひと驚きして、
DFで、歓声をあげ、
MFで、落胆し、
FWで、落胆と驚きでした。

色々言いたいことはある。
けど監督に選ぶ特権があるんだから、仕方なし。

選ばれた篤人と大樹、頑張れ。
けがには気をつけて欲しいです。
拍手する
posted by noyama at 23:46 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

チームのために

満男が帰ってくる。
「キリン杯」で、こんなに黒ハートがワサワサするの久しぶりだなぁ。

夕方に重たい業務を頼まれないことだけを、祈りながら仕事してたよあせあせ(飛び散る汗)
急いでいるって雰囲気を醸し出さないで、早くに会社を出るのが苦手。
キックオフには間に合わなかったけど、そこは携帯電話でワンセグしながら
前半の始めの時間に家に辿り着けたのは、良かったグッド(上向き矢印)

ちいさい携帯電話の画面の中に、満男を探す。
やっと国歌斉唱の時に、ブルーユニの満男。
やばい、どんだけ涙腺弱いんだ。ジーンとして鼻ツンとしてビックリした。

満男体の線は太いけど、やっぱり小柄だなぁって。
その満男が大きな相手選手にディフェンスに挑んで
負けないとこが、やっぱりすごい。

ちょっと試合の話から離れちゃうけど。
満男が代表に久しぶりに招集されてから、昔の満男の言動とか
行動とか、今さら書きたてる記事をいっぱい見た。
過去は過去で事実だよ。
でもさぁこの3年以上の年月は長いよ。
満男に流れた年月を、今の満男を見て欲しい。
どんだけすごい成長をしてるか。
今の満男のプレーを見たら、わかるはず。
そして、口にする言葉といったら「チームのために」だ。
代表でも、きっとそうするはずだもん。

で、キリン杯。
ベネズエラの若手選手が中心だと言われていたから、
どうなんかな??って思っていたけど、
ものすごい、フルでぶっかってきた。
出足は早いし、スタミナも落ちないし。
どのチームと戦ったって、簡単なんてことはないんだよね。

いつもの「アントラーズ」とは違う「代表」というチームで戦う
満男を見ていつも以上に「熟」を感じた。
おっさんの新人は、久しぶりの代表というのをほとんど感じさせない。
もちろん、連携部分ではまだまだ良く出来ると思う。
でも満男が入ってチームが「ぶれる」なんてことは一切なかった。
どのチームにいても満男は、チーム全体を見ている。
そう感じた。
代表はチームのためと言っても、自分が選ばれるためにって
気持ちは誰にでもあること。もちろん満男にだって。
でもその思い以上に、この試合にかける気持ちが見えた。
しっかり中盤のキープレーヤーで、中心人物だったよ。

欲を言えば、フルで見たかったし、篤人や興梠くんが
一緒だったら、ホットラインももっとあったかな??とか
色々考えちゃうけど、でも久しぶりの満男の代表戦。
いつもの満男で、良かったと思う。

試合はスコアレスドローで、不満もあるよ。
でも、まだまだあと3試合。
また満男も見られるかな??

試合後に満男のインタビューがあって
「チームコンセプトを理解して」とか
「勝ちたかった」って何回も言ってて。
そういう満男はやっぱりステキだなぁって思いました。

大樹に1試合でもチャンスが欲しいし、
興梠くんもまだまだチャンスを与えて欲しい。
そして、篤人の状態が心配です。


拍手する
posted by noyama at 21:46 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

[日本代表]もやもや〔vs南アフリカ〕

なんだろう??このスッキリしない感じ?
まず言いたいのは、TVの映像が見づらかったむかっ(怒り)
誰が誰なのか、慣れるまで判断できんかったどんっ(衝撃)
岡崎・大久保・本田の3トップ気味の布陣にも
後になって気づいたもん。

俊輔選手や憲剛選手は他の選手を活かしながら
自分もチャンスの時は逃さないってタイプ。
本田圭選手はそういうタイプではない。
岡崎選手も点取り屋。
大久保選手は活かすことも出来る選手だけど・・・。
この3人が、融合して得点を!!って動きは
あんまり見られなかったなぁ。
全体的に、みんなでシュートまでって雰囲気を感じなかった。

後半、俊輔選手や大ちゃんが入って少しリズムは
変わったけど、ゴールするまでの変化はなかった。
「個」で動いてパス、取られるみたいな感じ。
ランクで言うと格下の南アフリカだったけど
背が高く体格も良い選手にゴール前では仕事を
させて貰えなかったよね。

ゴールのニオイもあんまりしないまま
危ないシーンもあんまりないまま
スコアレスドローで終了。

アントラーズ戦士たちは
篤人はスピード感っていうか、あんまり動けていないように見えた。
興梠くんは終盤に投入されて、前で動いていたけどサッカー
あんまり出てこなかったなぁ。
まだ他の選手とのコミニュケーションが不足してるように見える。
出し手と受け手との感覚がまだ出来てないよね。
それが出来れば絶対活躍出来ると思うのになぁ。
大樹は次の香港戦ではチャンスがあるんだろうか??

うーん、私にはもやもやしか残らん試合内容だったよぉ。


拍手する
posted by noyama at 20:04 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

[日本代表]新旧融合〔vsトーゴ代表〕

スタメン知って、アントラーズ戦士がいなくてちょいガッカリバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ベンチにはいるのぉ〜って。
なかなかベンチメンバーの紹介がなくてむかっ(怒り)した。

この前の試合で大樹は高評価だったと思うのに、
ベンチにも入っていないのは、チェッだよ。
右サイドは徳永選手が秘密兵器みたいな記事を
見ていたので、やっぱりかぁって。

それでも森本選手と岡崎選手の2トップ。
得点力に期待大で見始めました。

そして、その期待にアッと言う間に岡崎選手が応えてくれました。
ポンポンって2得点。
それを追うように、森本選手がゴール。
前半10分くらいで、2トップで3ゴール。

トーゴが2軍メンバー中心ということで、力の差があっても
得点を獲るというのは簡単なことではない。
天皇杯とか見ててホントそう思う。
得点を獲った2トップもすごいけど、
クロスを上げる側のクロスのスピードがものすごい。
ずっと練習してきたことらしいけど。
みんなが同じ理解で動かないと難しいだろうなぁって思う。

前半ポンポンってゴールを奪ってから、少し落ち着いてしまったなぁ。
後半最初から、篤人・本田圭・大久保の3人が投入された。
本田圭は俊輔と交代したのかと思ったけど、ヤット選手とだった。
マスコミがあおる、俊輔と本田圭関係。
話がウソでもホントでもピッチの中ではしっかりと感じ合っていた。
あれだけビックマウスをしてれば、外してはいけない。
そんな立場に自分で自分を追いこんでる本田圭を嫌いじゃない。
でもあの俊輔からのボールは決めなきゃいけなかったよね。

後半も、これぞ岡崎っていうヘディングゴールを決め、
またまたハットトリック。すごいって認めざるを得ないよね。
そして、本田圭のゴールで5点。
またまたごっつあんゴールに見えるけど、あの位置にいるって
それがゴールのニオイを感じるってことなのかな。

これっという、危ないシーンもあんまりなかったので、
ディフェンス面では確認なんかは出来なかったとは思う。

岡田監督が他のチームより1km以上を多く走らないと
日本は勝負にならないってような話で、走行距離に目標数字を
立てたらしく、TVでは時折、全体の走行距離と選手ベスト3が
表示され、紹介されていた。
両サイドバックがそりゃートップだろうって考えるよね普通。
長友選手は予想通りトップ。
でも2位は長谷部選手で、3位は中村憲選手だった。
これにはちょっと驚いた。
長谷部選手は目立たないとこで、しっかり仕事をしてるんだなって。
ボランチの選手ってそういう仕事なんだって改めて数字見て思った。
徳永選手は入っていませんでした。
この数字を見ていたので、後半は篤人かもってなんとなく思ってた。

その篤人。後半直後はクロスの速いの上げてました。
さすが篤人って思わせてくれましたが・・・。
次第にボールに触ることが減って行きましたよね。
最近の篤人は、ちょっと攻撃にも迫力が感じられず・・・。
あのサイドをかけ上がって、精度の高いクロス上げちゃう
元気な篤人がいっぱい見たいなぁ。
これでチームに戻って、リーグ・天皇杯とグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)して欲しいです。

代表はやっぱり個のレベルが高いなぁって。
誰が交代で入っても、同じ動き攻撃ができるのは
やっぱりすごいと思いました。

新旧の融合かぁ。


拍手する
posted by noyama at 22:20 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

[日本代表]新戦力発掘〔vsスコットランド代表〕

10/08(木)にアジア杯最終予選の香港戦を戦ったばかりなんだよね。
TVでの放送がなかったし、アントラーズの選手たちもお休みだったから
忘れがちだけどさ。
岡崎選手のハットトリックなどで、大勝だった!!
ゴールへの意識が高いよね。すごいなぁ。

その試合から、中1日ということもあってか、メンバーが大幅に変更されていた。
岡田監督も「新戦力発掘」を掲げていて、大樹の代表デビュー戦となりましたぴかぴか(新しい)

前半は押し上げがなかなか出来ず、攻めあぐねてましたよね。
終了間際になってやっと良いリズムにはなってきたなぁ。
後半スタートでは選手交代はなかったけど、早い時間で森本選手を投入。
スタジアムのわき方からしても、森本選手への期待大でしたね。

その後、攻撃的布陣にしながら守備も安定できるような、
交代をジャンジャンしましたね。
篤人と徳永選手の交代は残念でした。
前半はサイドを掛け上がるシーンも、ゴール前への良いクロスを上げてたけど
後半はなかなか上がる姿が見られなくて、まだ調子全快ではないだろうなぁ。
交代で入った徳永選手は、身体の強い運動量が豊富な選手。
右サイドのレギュラー争いも厳しくなってきていますね。

個人的には、前線にワクワクする選手がいっぱいで、好きでした。
森本選手、本田(圭)選手、大久保選手、そして大ちゃん(松井)。
大ちゃんは出場時間は少なかったけど、今まで出場した代表の中で
1番らしさが出ていたと思う。
最後にゴールを決めた本田(圭)選手。
やる時はやる選手なんだってことはわかります。
でももっともっとオレオレオレとするかと思っていたのに
攻撃力としては、もの足りなかったような・・・。

オウンゴールと本田(圭)選手のゴールで2-0で勝利を飾りました。
試合後の岡田監督のインタビューでは森本選手・石川選手と共に
大樹の名前をあげて、自分達の特徴を出してくれたと合格点を
貰っていました。
身体の強いとこ、セットプレーでの高さを見せていましたね。
若干、強くいき過ぎて心配になる場面もありましたが、
デビュー戦にしては固くもならず、‘らしさ’を出せていたと思いました。
今後、ナカザ選手・闘莉王選手の2強に割って入って欲しいです。

新メンバーとレギュラーの融合は、まだバッチリという感じではなかったですが、
新しい形が何かを生んでくれそうな匂いはしました。
またメンバーを固定しないことが、選手のモチベーションに繋がれば良いですよね。

次はトーゴ戦。
どういう布陣になるのか、ちょっと期待・・・ちょっと心配です。
拍手する
posted by noyama at 22:09 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

[日本代表]アジア杯最終予選の香港戦、キリン杯メンバー発表

すっかり今日が発表だと忘れていて、夕方yahoo!ニュースで知りました。

該当試合は、
10/08(木)アジア杯最終予選の香港戦
10/10(土)キリン杯のスコットランド戦
10/14(水)キリン杯のトーゴ戦
と3試合。

GK
川島 永嗣         1983.03.20 185cm 80kg 川崎フロンターレ
山本 海人         1985.07.10 188cm 81kg 清水エスパルス
西川 周作         1986.06.18 183cm 79kg 大分トリニータ
DF
中澤 佑二         1978.02.25 187cm 78kg 横浜F・マリノス
田中 マルクス 闘莉王 1981.04.24 185cm 82kg 浦和レッズ
駒野 友一         1981.07.25 172cm 76kg ジュビロ磐田
阿部 勇樹         1981.09.06 177cm 77kg 浦和レッズ
岩政 大樹ぴかぴか(新しい)       1982.01.30 187cm 85kg 鹿島アントラーズ
今野 泰幸         1983.01.25 178cm 73kg FC東京
徳永 悠平         1983.09.25 180cm 76kg FC東京
長友 佑都         1986.09.12 170cm 65kg FC東京
岩下 敬輔         1986.09.24 181cm 73kg 清水エスパルス
内田 篤人ぴかぴか(新しい)       1988.03.27 176cm 62kg 鹿島アントラーズ
MF
中村 俊輔         1978.06.24 178cm 70kg エスパニョル(スペイン)
橋本 英郎         1979.05.21 173cm 68kg ガンバ大阪
稲本 潤一         1979.09.18 181cm 75kg レンヌ(フランス)
遠藤 保仁         1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪
中村 憲剛         1980.10.31 175cm 67kg 川崎フロンターレ
松井 大輔         1981.05.11 175cm 64kg グルノーブル(フランス)
石川 直宏         1981.05.12 175cm 69kg FC東京
長谷部 誠         1984.01.18 179cm 72kg ボルフスブルク(ドイツ)
本田 圭佑         1986.06.13 182cm 74kg VVV(オランダ)
FW
玉田 圭司         1980.04.11 173cm 67kg 名古屋グランパス
前田 遼一         1981.10.09 183cm 80kg ジュビロ磐田
佐藤 寿人         1982.03.12 170cm 68kg サンフレッチェ広島
大久保 嘉人        1982.06.09 170cm 73kg ヴィッセル神戸
岡崎 慎司         1986.04.16 173cm 70kg 清水エスパルス
森本 貴幸         1988.05.07 180cm 73kg カターニア(イタリア)

アントラーズからは、篤人と大樹に「集合」が、かかりました。
川崎との再開試合が10/7(水)に行われるため試合後合流となるようですね。
チーム状況を考えると、呼ばれることを手ばなしでは喜べない気が・・・。
篤人の体調が心配だし、大樹は今度こそ出場はあるんだろうか・・・。
10/11の天皇杯への出場は2人は難しいだろうなぁ。

個人的には、GKの西川選手、寿人選手に期待しています。
もちろん、大ちゃんには今度こそ輝いて欲しい。

篤人と大樹が無事戻ってくることを願い、そして、
もう1度リーグで奮起して、興梠くんが呼ばれることを期待します。


拍手する
posted by noyama at 21:44 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

[日本代表]勝つってすごいな!〔vsガーナ代表〕

オランダ遠征の2戦目、ガーナ代表との戦い。
前半からTV前で、応援するぞ!!っと気合いを入れて
会社を飛び出したダッシュ(走り出すさま)のにさぁ。
スタメンにアントラーズ選手がいなくて、ちょっとガッカリ。

前田選手のプレーが見たかったので、スタメンだったので
そこ、楽しみにしました。
頑張ってはいましたけど、なかなか難しいかったような。

前半はあんまり良いプレー、覚えてないなぁ。
ナカザ選手にしろ、闘莉王選手にしても、
Jリーグ簡単には抜かれない選手なのに
身体能力の高いガーナ選手に慌てているとこ見て
個々のレベルが違い過ぎるよぉとか思っちゃったもん。
その中で憲剛選手は、良く動いていたなぁ。

後半は前半先制点を奪われる原因を作ってしまった
長友選手の気持ちが前に出て、それがチームに
「+」に働いたよね。

岡崎選手、前半も前線で動いていたものの、
得点に繋がらなかったけど、後半は実を結んだね。
憲剛選手の1点目のゴールをサポート。
その後また得点されちゃって・・・。
あぁぁぁぁ。って正直ない!って思っていた。

でもこの後の交代が、チーム全体に力を与えていた。
俊輔選手と入れ違いで本田圭選手が入った。
俊輔選手のけがもあったみたいだけど、
2人の共存は今後の日本代表でも、気になるとこだよね。

そして、玉田・岡崎とFW2人がゴールを決めて追いついた!!
チームが一挙にグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) これ、勝てるかもしれないexclamation×2
TVに映る日本代表に、ものすごく勢いを感じた。
久々だったよ<(_ _)>

そして、逆転弾は稲本選手ぴかぴか(新しい)
代表経験も、海外経験も積んだ頼もしい選手。
久しぶりの代表のプレーでも、めちゃ落ち着いてた。
こういう選手がチームにいるといないとでは大違い。

そして逆転を期に、興梠くんがピッチに入ってきた。
残り10分くらいかな。
グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)雰囲気に乗って、一気に代表初ゴールだ!!って
ものすごくものすーごく、応援してたけど、
チャンスはつかめないまま、4-3で勝利。

本田圭選手は活躍の機会もないままだったなぁ。
日本代表というチームでは、チームワークも大切で
もちろん個も大事だけど、でも今の本田圭選手では
なかなか難しいかもしれないなぁ。

勝利はスゲーって思った。めちゃめちゃすごいと思ったぴかぴか(新しい)
でも、アントラーズ選手がピッチにほとんどいなかった試合。
ちょっとバッド(下向き矢印)ちゃう。
篤人が外れたのは体調??状態??なのかな。
元気な篤人のプレーがなかなか見られないよね。

ここで岡田監督に質問手(パー)
大樹はけがをしなかったら、使う気はあった?
今回こそはって思っていただろう大樹の気持ちを考えると
やるせないなぁ。

日本代表としては、とてもとても収穫があったオランダ遠征。
アントラーズ選手にも、何か「+」になりますように。
もう土曜は、大事な大事な川崎戦。
3人の状態が心配ですが、しっかり勝利ですよねぴかぴか(新しい)
拍手する
posted by noyama at 21:47 | Comment(4) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

[日本代表]後半に見たレベルの差〔vsオランダ代表〕

W杯優勝候補の一角、オランダとのアウェイ戦。
これって幸せなことだよね。
本当の意味での強化試合だと思う。
とてもとても興味がある試合でした。

うーん。
前半は、互角に戦えたように見えました。
後半を、戦うまでは。

前半の飛ばし過ぎ??
それとも体力的に及ばないのかな??

前半はしっかりマークにつくことが出来て
踏ん張ることができた。
それを後半もずっと続けるのは難しいこと。
中盤はマークにつくことすら、出来なくなって
フリーの選手に自由にやらせてしまった。
そんなことは予測できたことではないのかな??

そこからは選手だけの問題じゃなくて、
交代やら、フォーメーションやら、
監督の采配も必要だと思う。

それを強く感じた試合でした。

日本はまだまだ。
でもこれからってことだ。

それにしても、オランダの天気の台風晴れに驚きました。


拍手する
posted by noyama at 23:29 | Comment(4) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

[日本代表]オランダ遠征メンバー発表

今日の夕方、オランダ遠征メンバーの発表がありましたねぇ。

今回の遠征は欧州組も招集されるので、発表前から
森本選手や本田圭選手の名前があがっていました。

FWは、岡崎選手や前田選手が調子が良かった。
興梠くんはけがもあって、得点という意味での結果を
残しきれなかった最近だったので、岡田さんはどう見てるのか??
気になっちゃってたり。
前田選手が、今呼ばれている選手とはタイプが違うので
今回の招集に呼ばれるでは??とか。

MFでは、何かにつけ満男の名前があがるけど、
今の状態では、呼ばれるのは難しいかなとか。

Jを行脚してCBを探してるとかニュースで見たけど
大樹がいるじゃんって、本人だってこのまま呼ばれなかったら
悔しいだろうとか。

篤人の体調を考えたら、少し休む時間も欲しいよねってCBは
思っていたり。

ソガが、呼ばれてもおかしくないなぁとか。

なんて個人的には色々な思いがありましたが、メンバーは以下の通りでした

GK
都築 龍太          1978.04.18 185cm 81kg 浦和レッズ 
川島 永嗣         1983.03.20 185cm 80kg 川崎フロンターレ
DF
中澤 佑二         1978.02.25 187cm 78kg 横浜F・マリノス
田中 マルクス 闘莉王 1981.04.24 185cm 82kg 浦和レッズ
駒野 友一         1981.07.25 172cm 76kg ジュビロ磐田
阿部 勇樹         1981.09.06 177cm 77kg 浦和レッズ
岩政 大樹ぴかぴか(新しい)       1982.01.30 187cm 85kg 鹿島アントラーズ
今野 泰幸         1983.01.25 178cm 73kg FC東京
長友 佑都         1986.09.12 170cm 65kg FC東京
内田 篤人ぴかぴか(新しい)       1988.03.27 176cm 62kg 鹿島アントラーズ
MF
中村 俊輔         1978.06.24 178cm 70kg エスパニョル(スペイン)
橋本 英郎         1979.05.21 173cm 68kg ガンバ大阪
稲本 潤一         1979.09.18 181cm 75kg レンヌ(フランス)
遠藤 保仁         1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪
中村 憲剛         1980.10.31 175cm 67kg 川崎フロンターレ
長谷部 誠         1984.01.18 179cm 72kg ボルフスブルク(ドイツ)
本田 圭佑         1986.06.13 182cm 74kg VVV(オランダ)
FW
玉田 圭司         1980.04.11 173cm 67kg 名古屋グランパス
大久保 嘉人        1982.06.09 170cm 73kg ヴィッセル神戸
岡崎 慎司         1986.04.16 173cm 70kg 清水エスパルス
興梠 慎三ぴかぴか(新しい)       1986.07.31 175cm 67kg 鹿島アントラーズ
森本 貴幸         1988.05.07 180cm 73kg カターニア(イタリア)

GKは2人だけでしたね。

P1060268.JPG
大樹が久しぶりに、呼ばれました。
本人も嬉しかっただろうなぁ。
今回こそは、出場機会を与えてくださいよぉ。

P1060776.JPG
興梠くんもしっかり、メンバーしてましたね!!
良かったよぉ。
けがの状態も心配ですが、チャンスを貰って
ゴールを決めてほしい。

P1060342.JPG
呼ぶとは思っていましたが、体調がめちゃ心配なんです。
無事に戻ってきてくださいね。

全体的にはDFが今回は多めかな??と思いますが
阿部選手や今野選手はMFもやりますし・・・。
色々試せそうなメンバーですが、どうなんでしようかね??

個人的には代表がすべてではないと思います。
でも選手たちは、代表を目指してると思うので
リーグを考えると心配なこともありますが、
やっぱり応援してるチームの選手が選ばれるのは嬉しいです。

9/5はエンスヘーデでオランダ代表と9/9にはユトレヒトでガーナ代表と対戦です。
このアウェイ2試合が、日本代表にとってとても大きいものを得られる
チャンスなんじゃないかと思って、期待します。

9/12にはJリーグの試合もあるので、体調・けがが心配ですが、
TVの前で、応援しますよ。
拍手する
posted by noyama at 19:23 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

Jリーグが再開、ブログも再開

Jリーグが再開しましたねぇ。
リーグ戦がなかったのは1週だけなのに、かなり久々に感じたのは
中断前の試合がアウェイ広島戦で、TVで応援だったからだなぁ。

突然停止したこのブログも再開しようと思います。
ブログ名を「かくかくしかじか 〜書く書く鹿々〜」から、
「かくかくしかじか Restart」と文字通り、
「再開」という意味と、新たなスタートという気持ちで
また始めたいと思っています。

※↓−−−部分に興味がない方は、最下部へ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
停止したのは随分前で、今さらなので興味のある方は読んでください。

今まで応援していた選手が移籍することはありました。
中後くんも今年初めにR移籍してますから。
それでも船山くんのR移籍は、かなりショックでした。
プロの選手である以上、移籍はある。
移籍が悪いだけのことではない。
そんなのはよーくわかってはいるのに。
応援してた選手が応援してるチームからいなくなるって
ダメージが大きいことで、どん底ヘコタレテました。
このブログをこのままの形で続けることは難しいのかな?って。
楽しいことや、冷静な気持ちをその時は書ける自信がなかった。

でも、移籍を知って船山くんの決断を応援したいとすぐ思えました。
船山くんは、きっと試合に飢えていたから。
やってしまったこともあるし、その分チームやサポにかえしたいと
思っていたはず。
でも現実は厳しく、ベンチ入りの回数も減ってました。
サテライトリーグでも、思ったようなプレーは
出来ていなかったんじゃないでしようか?
笑顔が減ってました。
そんな時に移籍の話がくれば悩んだはず。
まだ自分はアントラーズで何もしていないって気持ちと
試合に出られない現状とを。それで決断したR移籍です。
レンタル先で活躍して、アントラーズに戻ってくるのを
カシスタで待とうと思っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

応援してる選手が移籍しても、
アントラーズを応援する気持ちに変わりはありません。
(ブログをストップしてる間も、応援に行ってたので、機会があったらそれも更新したいと思います)
でも移籍した選手の動向も気になります。
そこでブログを再開するにあたり、マイナーチェンジします。
アントラーズのことが中心なのは変わらないけど、
R移籍中の船山くんのことも触れたいと思っています。

そんなブログでも良かったら、
今後とも「かくかくしかじか 〜書く書く鹿々〜」改め
「かくかくしかじか Restart」をよろしくお願いします。

またブログの停止中に、色々とコメントをもらって
とてもとても嬉しかったです。
ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。


拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(2) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

少しお休みします

毎回ブログを更新することが楽しかった。

それが、ちょっと出来そうにありません。

といいながら、

すぐに更新なんてこともしちゃうかもしれません。

でも今はその気持ちになれそうもないので、

少しお休みします。

こんなブログでも、読んで下さっていた方、ありがとうございます。
拍手する
posted by noyama at 01:10 | Comment(11) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

リーグの威信をかけた戦い

「JOMO CUP 2009」出場メンバーが発表されましたね演劇

Jリーグの選抜選手(J-ALLSTARS)
                       VS
韓国・Kリーグの選抜選手(K-ALLSTARS)

今回で第2回目ですexclamation×2

オールスターが韓国・Kリーグとの対決になったのは昨年。
国立で開催した、記念すべき第1回を指揮したのはオリヴィラ監督。
1-3と完敗した昨年の雪辱を、今年こそは果たしたいよね。

Jリーグを2つ分けて対決していた時とは違うので、
出場メンバーとして選ばれる選手の数も減った。
出場できる選手人数が、すくなっ。

それでもJリーグの選抜選手はオリヴィラさんが監督ということもあって
アントラーズの選手がたくさん選ばれましたーぴかぴか(新しい)

ではではその選手を紹介

2009070701.JPG
GK 19 曽ヶ端準

2009070706.JPG
DF 2 内田篤人

2009070703.JPG
DF 3 岩政大樹

2009070704.JPG
MF 40 小笠原満男

2009070705.JPG
MF 8 野沢拓也
※タクさん、FKを蹴る前に必ずほっぺを膨らまして
 大きく息を吹き出してる。
 これがリラックス方法なのかな。

2009070702.JPG
FW 18 マルキーニョス

以上の6人が選ばれました!!
アントラーズの選手に限らず、まだまだ呼んで欲しい選手はいますが
人数に制限があるからなぁ・・・。
ベテラン選手・若手選手・外国人選手と、オリヴィラ監督たら
他のチームの選手をよく見てるんだな!!と思いました。
アントラーズ以外の出場選手はこちらで確認してください。

互いのリーグの威信をかけた真剣勝負の戦いは舞台を韓国に移し
8/8(土)仁川の仁川文鶴競技場で行われます!!

もちろんTVでも放送れますよexclamation×2
でもタクさんの勇姿を「生」で見たかったな。
ちぇ残念過ぎだよ。

J’s GOALでは試合まで、選出された全選手への応援メッセージ募集やら
インタビューやってくれるらしいので、そちらを楽しみにします!!

今年はぜひ勝利できるといいなぁ。


拍手する
posted by noyama at 00:33 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

遠藤×小笠原「本当に必要なのはどっち?」

本屋さんで、何となくスポーツ雑誌のコーナーに行ったら、

[特集]あえて問う
 禁断の選択

サッカーマガジンの表紙に赤で大きく書かれた
特集に吸い寄せられたよ。
気になって表紙をもっと詳しくみたら
日本代表編とJリーグ編に分かれていて、

松井大輔×本田圭佑 「ジョーカーで使うならどっち?」
阿部勇樹×岩政大樹 「第3のCBはどっち?」


などなど。
ザッと流し見ただけでもそれはそれは気になる選択がたくさんで。
マッハで、買ってしまった。

家で落ち着いて読んだら、するどい「選択」だらけで、
これを発売したサカマガさんは、勇気あるなぁー。

そして気になる選択の答えですが、

遠藤保仁 × 小笠原満男 〇

強国相手の逆境で戦える強さと凄みがあるから
という理由で、満男。嬉しいよ。

嬉しいのは、ヤット選手と比べてどうのってことではなく
満男のプレーを認めてくれている記事が嬉しかった。
「外国人との肉弾戦など少しも苦にしない男だ。
 激しい接触に耐えながらボールを前へ前へと
 運んで行く技量と凄みを持っている。」
これはもちろん抜粋で、それ以外にもボールを失った後や
攻撃センスなどなど、サポーターが思う満男の凄さが
しっかりと書かれていたから。
FCソウル戦後、満男のコメントを知って、辛かった。
満男がピッチにいたら何かが違かったかもしれない。
でも満男が必死に戦っていたことをサポーターは
知っているから。
この記事はものすごく、嬉しかった。

松井大輔×本田圭佑 「ジョーカーで使うならどっち?」
この選択は
「相手を抜く力があり、引き出しの数も多いから」
という理由で、本田圭佑。
記事では、2人の特徴を比べていて。
大ちゃんの代表での最近のプレーは、敵DFを振り切って
クロスとか、シュートとか見てない。
一方、本田選手は自分のプレーをアピール出来ているから。
今は確かにこう選択されても仕方ないかもしれない。
でも大ちゃんにもまだチャンスはある。
新天地のグルノーブルの移籍も決まったし、
敵を「してやったり」で抜く姿を、また見せてくださいね。

そして、実はこれがものすごーく気になった
阿部勇樹×岩政大樹 「第3のCBはどっち?」
何度か「集合」かけられたにもかかわらず結果1試合も
出場の機会を与えてくれなかった岡田さん。
サカマガでの選択は大樹!!
「世界レベルのフィジカルにも対抗できるから」という理由。
といっても、阿部選手の本職はボランチ。
大樹と比べるというのもなんですが。
世間的には、ナカザ・闘莉王に空中戦や得点力では
引けをとらないけど足元の技術がウイークポイント
だったらしい。そっかー。
それが成長してるという追加理由も書かれていました。
それと思うに、ナカザ・闘莉王2人が頑張っている分、
他のDFが日本代表として世界と戦うチャンスがないから
経験値はまだまだ必要だよね。
でもまた大樹が代表招集され、ピッチに立つのもあると思えたー。

他にもアントラーズサポならば、絶対気になる選択が!!
マルキーニョス × レアンドロ 「帰化させるならどっち?」
とか。
Jリーグ編では
興梠慎三 × 大迫勇也 「先発で使うならどっち?」
とか。
どっちが選択されたか、気になっちゃいませんか??

その他にもまだまだ
☆日本代表編では
岡崎慎司 × 大久保義人 「信頼できるのはどっち?」
高原直泰 × 森本貴幸 「招集したいのはどっち?」
山田直輝 × 原口元気 「救世主と期待するならどっち?」
中村憲剛 × 田中達也 「トップ下で使うならどっち?」
玉田圭司 × 前田遼一 「1トップならどっち?」
Jリーグ編は、18チーム全部のするどい選択が載っています。

サカマガさんが出した選択がそのまま正解じゃないのはわかってるし、
そもそも正解なんてないものだから、読み物として気になる方は
ぜひぜひ買ってみたら、面白いと思います。

最後になりましたが、明日は大分戦ですね!!
現地には行けないけど、TVの前でガッチリ応援しますよexclamation×2
勝利して、ここからまた勢いに乗りましよう!!
拍手する
posted by noyama at 17:28 | Comment(3) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

あぁー心配

W杯アジア最終予選のアウェイ、オーストラリア戦がありました。
今できるベストメンバーで戦ったと岡田さんは言いました。
そして残念と言いました。「残念」って。
「悔しい」じゃないの!! ありえん。

いつものメンバーで戦ったら、結果は違かったかもしれない。
でもやっぱり昨日のメンバーで戦っても勝利して欲しかった。

そして、興梠くんのゴールが見たかった。
あまりにも出場時間が短かった。

「世界を驚かす覚悟がある」かぁ。
その覚悟は見えなかったよ。
拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

なかなかうまく行かない岡田JAPAN

W杯出場を決めた岡田JAPAN。
予選の試合はまだ残っているわけで。
今日はホーム(横浜)でカタールとの戦い。

もっとノビノビと戦う姿が見られると思ったけど。
やっぱり連戦では思うように身体が動かないようだった。
ミスが多かったなぁ。
けが人や、出場停止、監督不在の試合で連携は
特に中盤と最終ラインが難しかった。
松井・本田は良い選手だけど、連携の中で使うのは
意外と難しいものかもしれないなぁなんて思ったりした。

とにかく、悔しい試合だった。
勝ってほしかった。
でもこれから1年あると思って、がまんがまん。

篤人が出場することが出来てホッとして
スピードをいかす動きをしていたので、嬉しかったな。
興梠くんが投入されてからはドキドキ
「どうか興梠くんが決めますように」って祈るばかりだった。
ケンゴ選手や中盤の選手に目につく選手になりたいなぁ。
これからこれからと期待したいめちゃ応援してる興梠くん!!

予選最後は、オーストラリア。
オーストラリアに勝って、スッキリとW杯にむかいたいよ。
拍手する
posted by noyama at 22:03 | Comment(2) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

祝!W杯南アフリカ大会出場決定

世界最速で、W杯南アフリカ大会出場を決めてくれました
岡田JAPAN演劇
おめでとうございます、ありがとうございます!!

アウェイという厳しい戦いの中、虎の子の1点は
岡崎選手の気持ちでもぎ取ったもの。
サッカーより、身体が気持ちが先に行ってしまうんじゃないか
と思うくらいの勢いと熱い気持ちがプレーにみなぎってました。
そういう選手のもとにはサッカーがこぼれてくるんだなぁ。
あの得点はものすごかった。
その後は防戦いっぽうだったけど、楢崎・中沢ラインの鉄壁な守りと
選手全員の気持ちで、守りきりましたねー。
最後のハセベ選手の退場と岡田さんの退席はいらなかったけど。

体調が万全ではない選手もそれでも、できる1番のプレーを
心がけていたように見えました。
今までの代表にはシンボル的選手や、個に頼る部分があったけど
今回W杯を決めたチームは選手全員の力という感じがします。
それがいいなぁーって。

ただ、W杯出場を決める試合にピッチ・ベンチにもアントラーズ選手が
1人もいなかったことが、とてもとても残念でした。
篤人の体調不良にはものすごくビックリしました。
ベンチにも、スタジアムにも(TVに映る範囲でも)姿がなかったので
とても状態が心配です。
(スタジアムにはいたのかな?)
終了ホイッスルと直後に岡田さんをとらえたTVに映った興梠くんは
他の周りの選手は大喜びの中、微笑で拍手をしていましたね。
その後はやっぱり阿部選手と一緒にゴール裏に挨拶に行く姿見えました。

試合後のハセベ選手がコメントで
今日に関していえば、この場に立てなかった(田中)達也とか
ウッチー(内田)とか、あとはベンチに入れなかった選手、
今回来れなかったけれど今まで選ばれていた選手とか、
そういう人たちの分も、絶対に勝ちたいと思っていた。
そういう人たちに、少しでも喜んでもらえたらうれしいです。
と言ってくれてました。ちょっと嬉しかった。

いろんな選手が喜びの中
「やっとスタートラインに立ったところ」と、地に足がついたコメントをしてました。
そうです!!
本番まではまだ1年。
これからの活躍で、本番のピッチに立てる可能性はまだまだあるんです。
そして、岡田JAPANはまだまだこれからレベルを上げなくてはいけない!!
これからのW杯までの時間が大切なんですよね!!

出場を決めた選手たちが着ていたTシャツ
「世界を驚かす覚悟がある」
今まではTシャツに否定的でしたが、これは
なんかジーンとしてしまいました。
もう、ホントどんどん涙腺が弱くなってます
拍手する
posted by noyama at 12:05 | Comment(2) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

キリン杯ベルギー戦に行ってきた

一夜明けちゃいましたが、キンリ杯ベルギー戦に行ってきた。
P1030704.JPG
 ↑ 岡崎選手がめっちゃ前傾姿勢(笑)

当日券があったら行きたいなぁなんて甘い考えでいたから
「当日券」なんかある訳なくて、そうそう断念してたんですよ。
それが「招待券」を手に入れたと、友達からメールがきて

P1030899.JPG

招待席で今回は観戦する事が出来ましたー。友達に感謝です。
招待席といってもどんなものなのかわからず、ドキドキしながら席に
行って見ると、試合がとても見やすそうな、良い席でしたぴかぴか(新しい)

久しぶりの代表戦なので、ついついハイテンショングッド(上向き矢印)になってました。
試合以外のことも、色々カメラしてきたので一緒に報告しちゃいます。
ムダに長いですが、お付き合いくださいなぁー<(_ _)>

席についてイソイソと腹ごしらえをしてると、大型ビジョンに今野選手。
応援にきたサポーターへのメッセージが流れるんですねるんるん
何年か前にアントラーズもやってて、楽しみにしてたの思い出しました。

次は篤人
P1030579.JPG
 ↑ 良い表情の時をおさえられなかったたらーっ(汗)

最後は長友選手&俊輔選手
P1030583.JPG
もうそれは、芸人さんのような扱いで。NGテイクから流されていたよあせあせ(飛び散る汗)
2人の絡み方が面白くて、国立に拍手わいてたもん。
いいのかいいのか、そんなキャラになってて中村俊輔(笑)

その後、選手がアップに出てきた
P1030630.JPG
色々な中継などがあるらしく、城さんや芸人さんの姿がピッチの外にちらほら。

スタメン組は手前でアップを初め
P1030638.JPG
そこはねぇ、年下の篤人がせかせかとドリンクを運んだりしてたのが、
かわいらしかったな。(注:運び方はかわいくはなかった)

その頃サブ組は
P1030647.JPG
興梠くん、本田(圭)選手遠いよぉバッド(下向き矢印)

P1030649.JPG
篤人は、代表でも楽しそうでしたー

選手が一旦下がると、選手紹介が始まって
P1030683.JPG

P1030693.JPG

アントラーズ戦士2人はこんな感じ。
なんでみんな斜に構えてるのかな?っていつも疑問。
ちょいビビったのが

P1030688.JPG
あはははーたらーっ(汗) 眉間にシワ・・・迫力あり過ぎですはい。

再び、選手登場での記念撮影では
P1030701.JPG
子供たちは緊張気味でしたけど、そこがかわいかった。

キックオフの笛の前に、選手コールがありますよね。
P1030711.JPG
P1030712.JPG
篤人の挨拶はこんな感じ。

ジャカジャンるんるん
P1030714.JPG
俊輔選手はこんな感じ。「生」俊輔選手、かくかくしかじかお初です。

キックオフまでが長いって<(_ _)>

序盤から攻撃をしかけてましたが、背が高く足が長いベルギーに
途中でパスをひっかけられたりで簡単には得点は出来ず。
ケンゴ選手の縦スルーパスに、サイドをかけ上がってきた長友選手が
キレーにゴールを決めた先制点。
P1030721.JPG
シュートは空に向かったコースだったので、ゴールの上に突き刺さる感じだった。

みんながグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)時に
P1030725.JPG
あ、篤人ダッシュ(走り出すさま)

その後すぐに、ケンゴ選手が技ありのゴールを決めてくれました。
代表と言うと、俊輔選手・ヤット選手ってものすごい存在だけど
ケンゴ選手の味があるプレーもとても見どころですよね。
得点が入ったからが、ガクっと動きがなくなるからびっくり。
それでも前半は2点リードで終了。

ハーフタイムにサブ組が、アップに登場
P1030727.JPG
阿倍選手と興梠くん全く同じタイミングで振り返ってるよexclamation×2

後半最初から選手交代があって
俊輔選手→本田(圭)選手、ハセベ選手→橋本選手。
俊輔選手は万全ではないけど、足元が抜群にうまかった。うなった。
同じくらいうなったプレーを見たのがハセベ選手。
悔しいけど、やっぱり海外で戦ってるだけあるよ。
身体が強いし、読みも早いし、いて欲しいとこにいたもん。

後半も攻撃を仕掛け、早い時間で追加点を奪えた。
岡崎選手のダイビングヘッド。
大久保選手からボール、びったんこだったー。
P1030746.JPG

3点目が入ったとこで、ヤット選手→阿部選手を投入。

そしてとうとう興梠くんが呼ばれたーひらめき
P1030748.JPG

胸がまだ痛いって言ってたから、この試合では見られないかも。
と思っていたので、ホッとしたー。

P1030755.JPG

そして交代するのは

P1030762.JPG
ケンゴ選手。

俊輔選手、ヤット選手、ケンゴ選手と中盤でボールが持てて
さばくこともでき、攻撃も出来る選手がどんどん交代していった。
出来れば1人はピッチに残して欲しかったなぁ。

岡崎選手→矢野選手、闘莉王選手→山口選手の交代があり、
これで全ての交代枠を使った。

中盤でボール支配が出来ず、なかなか前線にボールが出ない。
その中で、矢野選手のゴールを奪ったー
P1030777.JPG

でもその直後、ピッチに倒れてる大久保選手を見て、驚いた。
興梠くんが気がついて近づいて、すぐベンチに伝えてた。
1度ピッチから出て様子を見て、再度ピッチに戻ったけど、
やっぱり違和感があるみたいで、そのままピッチを出て。
やるさなさいっぱいの顔してた。

交代枠を使い切っていたので、10人のまま戦うことになったけど
相手にゴールは許さず4-0で勝利しました。

試合直後篤人は
P1030791.JPG
抜けがらになってたー。

興梠くんは
P1030808.JPG
阿部選手とワイワイしてて。
それにしても本田(圭)選手の肉体美ぴかぴか(新しい)は、目のやり場に困ったよ。

P1030819.JPG
小ヤギちゃん(山田選手)とオオカミくん(槙野選手)の意外な黒ハート感じも見れたー

P1030828.JPG
招待席は、選手がちょくちょく誰かを探してるので、視線を感じましたーあせあせ(飛び散る汗)

P1030849.JPG
阿部選手と仲良しだった

P1030855.JPG
メインスタンドに挨拶

P1030862.JPG
どんどん選手が集合して

表彰式?記念撮影が始まった
P1030869.JPG
なんだかわからんポーズやら

P1030872.JPG
背後から岡崎選手を狙う、怪しい足やら

P1030873.JPG
ホントにいじられキャラな、岡崎選手だったり。

P1030877.JPG
篤人が今野選手と揺れるハートでかわいかったり・・・

楽しそうな代表選手をたくさん見てきました。
ウズベキスタン戦はこんな風には行かないと思ったほうが良い。
それはわかっている。でも代表選手を信じてTVの前で応援します。
拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(4) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

キリン杯チリ戦は4-0で快勝

まだリーグが中断して1週間も経ってないのに、サッカー不足。
ガンバ戦も現地に行ってないしね。
今日の日本代表戦はだからいつもより楽しみにしてました。

けが人、体調不良の選手が続出してたから、どんな布陣かな?
と思ったいたら、スタメンにはアントラーズ戦士の名前はなし。

興梠くんはまだ胸の痛みがあると思うし、
篤人も最近はいつもの元気はないから
ここで無理させるよりはってことだよね。

試合が始まって少ししたら、TVではサブメンバーの紹介
20090527_01.JPG
いましたひらめき アントラーズ戦士の1人、篤人
ここでは、興梠くんはお姿が見えませんでした。
っていうか篤人のアップだしあせあせ(飛び散る汗)

2人の途中での投入に難しいかな〜なんて思いながら
色々用事を済ませながらのTV観戦。

W杯南米予選でパラグアイ、ブラジルに次ぐ3位
アルゼンチンにも勝利した強豪のチリが相手だから簡単には
行かない、前半すぐはお互い譲らずな感じだった。

20分を過ぎて、とんとん拍子に岡崎選手が2点を奪ってくれましたね。
先制ゴールは本田(圭)選手の強烈ミドルをGKがはじいたこぼれ球を
押し込むゴール。
追加点は、ナカザ選手のバッチンコのパスに反応して、ゴール。
岡崎選手は、動き出しが良いというか、準備が出来てるというか
2ゴールともガツンと気持ち良いゴールでしたよね。
ナカザ選手の攻守の切り替えすごいは。

足の捻挫から復帰したばかりの玉田選手が少し足を痛めて
この選手の登場になりましたね
20090527_02.JPG
リーグ10戦で素質・実力を認められた山田選手(18才)
急いで脱いでるとこ、映ってるよ。
普段リーグでは大敵ですが、今日は代表戦ですから。

若手起用に定評のある岡田さんだもんそれは使うよねー
20090527_03.JPG
岡田さん笑顔で何か話してたけど、本人はジャージ脱ぐので精一杯の様子。
興梠くんぴかぴか(新しい)いました〜

川島選手と興梠くんもめちゃ笑顔で見守ってるし

20090527_04.JPG
大久保選手と篤人も、山田選手に釘付けでしたー
またまた2人とも優しいお顔してましたよ。
山田選手がとてもかわいがられてるのが伝わってきましたよ。
そして緊張する様子もなく、しっかりチームの1員として機能してました。
すげー。ボールのタッチが柔らかい選手ですね。

前半2点リードのまま、後半へ。
50分、ああいうの得意だよね〜っていうヘディングシュートを阿倍選手が
決めて3点目を奪う。
チリも、ガンガン攻め込んできたけど、今野選手が落ち着いてさばいたり
ナカザ選手がガッチリ守ったりで、ゴールはさせない。
日本の攻撃は、ケンゴ選手が何度もおしいゴール演出するけど
追加点は奪えずに、ロスタイムへ。

そのロスタイムに、山田選手のパスから本田(圭)選手が
きれいにゴールへ。
20090527_05.JPG

あの〜正直言うと、本田(圭)選手は言うことが大きく聞こえて苦手でした。
でも、今日でそのイメージがしっかり消えました。
オランダ2部リーグでMVPに選ばれるだけの選手ですよね。
ボールの持ち方、運び方がうまいだけじゃなくて、
いつもシュートまでって考えてプレーしてるのがわかる。
やられましたー。すいません。いままで。

20090527_06.JPG
絶妙なパスを出して、ゴールを演出した山田選手にこんな感じだった。
うらやましい〜じゃなくて。
めっちゃ選手として成長してるっていうか、プレーがさらに磨かれとるよ。

ダメ押しのダメ押し4点目が決まったところで、試合終了。
攻守ともに、良い試合だったと思います。
アントラーズ戦士の出場がなかったのは残念ですが。

そうそう、驚いた事が!!
試合直後に小倉さんが、ピッチにいたから。
いつからキリン杯って、そんなひらけた大会になったんだexclamation&question
20090527_07.JPG
試合直後「生」の選手の声を届けるべく、本田(圭)選手を捕まえようとして
嫌がられてました。これも意外でした。
インタビューとか好きなタイプだと思ってました。
重ね重ねすいません。

20090527_08.JPG
結局逃げ切れなかったので、インタビューに答えてましたね。
そのインタビューはやっぱり本田(圭)選手節。

そんなインタビュー中も足をあんまり止めてくれなかった本田(圭)選手の次は
20090527_09.JPG
しっかり待っててくれた山田選手(子供にしか見えん)
ゆっくり質問を聞いて、しっかり答えてくれて、小倉さんはホッとしただろうなぁー。
最初の選手が、逃げ腰だったからたらーっ(汗)

小倉さんのインタビューは2人で終わり、スタジアムに入ったことで
監督インタビューなどやってました。
が、私が気になるのはアントラーズ戦士なわけで。

20090527_10.JPG
いたーひらめき

20090527_11.JPG
カメラに気づかないはずないのに・・・何やってんだか。

でも振り返った興梠くん
20090527_12.JPG
笑顔でいらっしゃいました。
その後も阿部選手と何か会話されている様子でしたー。

すぐ日曜にキリン杯。次なる相手はベルギー。
篤人と興梠くんはどうだろうか?
見たい!それは見たいよ!でも無理はさせたくないよ。


拍手する
posted by noyama at 23:29 | Comment(2) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。