2008年05月03日

ヤナギの言葉、姿勢

鹿島vs川崎戦の6時間前、西京極で京都vs札幌戦がキックオフしてました

yanagi1.jpg

等々力競技場にむかっていたので、家に帰ってから録画を見ました。
京都サンガも勝利に苦しんでいて、久(加藤)監督から名指しで
「ヤナギのゴールが欲しい」と言われたそうです。

ヤナギのゴールへの姿勢と言葉がとてもジーンとしたので
鹿島vs川崎戦レポ前にふれます。


ヤナギといえば「ゴールだけがFWの仕事じゃない」と言い続けてきたことは有名。
アントラーズでも、『ゴール』というよりは、周りを活かすことを心がけていたように見えた。
そのヤナギが自分の成長を求めて「京都サンガ」へ移籍した。
簡単に考え方が変わるなんてないだろうと思っていました。

が、開幕してからのヤナギは常にゴールにむかって行ってるように感じる。
もちろん、周りを活かす裏への動きや、飛び出しも変わらずすごいけど。
ゴールへの気持ちが1番感じる。

この試合で始まって間もなく、アタリバから絶妙なパスがゴール前に出て
P1300815.JPG
P1300820.jpg
P1300840.jpg
P1300828.jpg
P1300830.jpg
P1300837.jpg

ゴール前までいったとき、ヤナギにGKがむかってくるのは見えていたはず。
それでもヤナギは、ひるむ事なくゴールだけ見てシュートしてた。
惜しくもボールはゴールには入らなかった。
そして、パンチングで防ごうと出てきた相手GKに上から、乗られる形で倒れた。

P1300847.jpg
頭に乗っかられたようで、出血。
タンカでピッチの外に運ばれて止血をされていました。

試合前にヤナギは
「連敗してるからといって、特別なことをするんじゃなくて一生懸命やってきた
練習をやっていくんだと。
カシマでも勝てなかったときがあったけど特別なことをしようとか何かこう
色々考えてしまうことがあるんだけれども普通通り、いつも通りを心がけることが
ゴールへの近道なんだ」と語っていたそうです。

今もし、ヤナギがアントラーズにいたら、同じことを言って選手をチームを
盛り上げてくれたに違いないと思う。

P1300858.jpg
治療をほどこされて、すぐにピッチに戻っていったヤナギをみて
本当に人はいくつになっても成長(変われるんだ)できるんだって思った。

こういうヤナギの戦う姿勢が、他の選手に色々なことを伝えるんだよね。
その後も何度もGKと向かい合うことがあったけど、全く臆することなく
飛び込んでいってた。それがPKを貰うことにもなった。
(シジクレイが外してしまったけど)
チームはアタリバのゴールで、勝利してました。

ヤナギが頑張っていることがすごく嬉しく思えた。
もちろん、敵は敵ですから、戦うときは容赦しませんよ応援も。
posted by noyama at 23:59 | Comment(0) | 元アントラーズの選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。