2010年05月16日

[第12節:名古屋戦A]モトの存在

中断前、なにがなんでも勝ちたい試合。

現地には行けなかったけど、TVの前で熱く熱く母親と応援したよ。
スタメンに篤人の名前がなかったのは、驚いたよ。
その理由は、試合後の監督インタビューで、わかったよ。

前半は堅さが目立って、連携もチグハグで。
名古屋にボールを支配される時計が長かったよね。
それでも残り1分。
興梠くんがフェリッペからのボールをヘッドで落として、タクさんがシュート。
興梠くんはマルキーに出したつもりだったと思うけど、
そのマルキーがおとりになったかっこで、タクさんゴールひらめき
今日もタクさんのパフォーマンスは見られなかったなぁ。

前半はグッド(上向き矢印)な感じのまま、終了。
これは良くやったぁ〜と安堵したのもつかの間、
後半1分も経たないうちに、同点ゴールさせちゃうって。
準備をしていなかったと言えば、それまで。
いやな空気になったよ。

それを吹き飛ばしてくれたのは、マルキー。
果敢にボールに飛び込んで奪い、興梠くんへ。
追いつけない名古屋DFをよそに、シュート。
2点目。また1点差をつけた。良かったぁ。
マルキーがボール奪ったとこ、一瞬ヒヤっとしたよ。

1点差ではまだまだ不安だし、
アントラーズの流れになっているとは言いきれない状況だった。
それを変えてくれたのは、モトひらめき

モトがラインの外で交代を待つ姿見て、恥ずかしながら感涙雨
ピッチにお帰り〜。
モトが入った途端、別チームのように勢いづいたよね。
モトってやっぱりすごい。
ボール持っても簡単に取られないし、
前線に出すボールは計算されているし。
復帰戦とは全然思えない、一体感。
きっと出られない試合は、味方の選手の動きを観察していたんだろうなぁ。
モトが出すボールが、相手DFを翻弄。
マルキーがGKと1対1になったら、もうゴールしたようなもの。
3点目。
FWの2人がゴールを決めてくれるとチームは元気になる。

3点目の後も、何度もチャンスがあって。
モトの動きに感動しまくってしまった。
FWに裏をつくボールとか、かなりあったから、
FWの2人も、いつも以上に飛び出して走っていたね。

アディショナルタイム4分。
まだ4分、名古屋にもまだチャンスがあると解説の方が発した直後、
こぼれ球すら、モトに味方した。
モトのシュートで4点目。技術の高さはさすが。
復帰戦にゴールしてくれちゃうなんて、最高だよ。
プレーだけじゃなくて、一緒に闘魂も注入してくれる。
モトの姿に他の選手もパワーが沸いたはず。
モトの存在は、大きい。

1点は取られたものの大樹vsケネディ、大樹踏ん張っていたと思う。
なかなか自由にさせていなかった。

そのまま4-1で、見事な勝利ぴかぴか(新しい)をありがとう。
アジア制覇がなくなって、どうだろうと思っていたけど、
選手たちは、チームは前を向いていたね。
ようやく悔しさを払しょく出来たよ。

ちょっと気になったのは、試合後インタビューの時
後ろを通るイバが、アイシングをして足を引きずっていたこと。
中断期間が、ゆっくり治療する時間になるといいな。

試合後、サポーターに挨拶してるモトに近づいて肩を組む篤人。
その篤人を抱きしめるモトの姿見ていたら、ズルズルたらーっ(汗)しちゃった。
色々な想いがつまった試合だったなぁ。
中断前、最後の試合が良い形で勝利できて、良かったよぉ。
明けにもつながるよね??

中断かぁ、篤人のことだけじゃなくて色々と選手の動向も気になる。
出来れば、シーズン通してこのメンバーで戦ってくれたら幸せ。
けど、喜んであげなきゃいけないこと、寂しくなることが起こりそうで、
怖かったりしてます。
posted by noyama at 23:24 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。