2010年03月21日

[第3節:大宮戦A]しぶい

太陽晴れに恵まれた、ナック5スタジアムに行ってきました。

スタジアムに行く前にちょっと寄り道して、氷川神社へ。

20100320_000.jpg

必勝祈願などなど、お願い事があとからあとから出てきて困ったちゃん。
願いが届いて、勝利を目撃することが出来て、良かった。

スタジアムに入ると、ピッチでは子供さんたちの試合がやっていて
20100320_01.JPG
目を細めて観戦してる方たちを、発見ひらめき
興梠くんもジウトンも音楽を聴きながらなのに、
2人で会話していたので、不思議だよ。
何語で話してんだろうか??

間もなくして選手がアップに登場るんるん

20100320_03.JPG

20100320_02.JPG
期待の両サイドバックは、こんな感じ。

20100320_04.JPG

暖かいのは良かったけど、あまりの日差しの強さに
逆光で試合が見ずらい見ずらい。
選手たちに後光が射して見えたぴかぴか(新しい)

レフリーのジャッジは、鹿島にも大宮にも「??」なことが多かったはず。
笛を吹くのが遅かったり、大事な場面が見えていなかったり・・・。
イライラ、イライラだったなぁ。

キックオフ直後から、激しい接触プレーが。
浩二くんが倒れてそっちに気を取られていたら、
フェリペが手前で痛そうにしてるじゃない!!
1度はピッチに戻ったけど、足を引きずりながら走っていた。
すぐにヤスとの交代に。
予想できない早い時間帯でのヤスの投入。
今季のヤスの活躍や成長は見てきた。
それでも「期待」と「不安」が入り混じった気持ちになったよ。

そのヤスは、攻撃に守備にとかなり走っていた。
攻撃時には、他の選手がヤスの動きを確認しながら、
ヤスを活かそうとしていた。
相手のセットプレーには、篤人がポジショニングを注意して教えたり。

大樹の不用意なプレーが、若干気になったけど、
浩二くんが、伊野波くんがしっかりとしのいでいた。

決定的なチャンスもあった。
マルキーが、興梠くんが、タクさんが・・・。
けど、どうしてもゴールをゆらせない。

どんどん時間が過ぎていって。
この空気を変えないと、やばい状態が続いた。
誰か選手を変えて、状況打破しないでいいの!!って
ハラハラしても、その様子はベンチになくて。
待って待って待って、大迫くんの投入。

これが、オズの魔法なんだね。采配が的中して、
大迫くんのファーストプレーが、決勝弾になったぴかぴか(新しい)
マルキーも大迫くんもお互いの動きを信じてのホットラインー(長音記号2)
大絶叫が、ナック5に響き渡ったよぉ。
すんげぇ、大迫くん。

今日は「ゆりかご」見られるかな??と
観戦仲間ちゃんと話していたけど、
見られて良かったなぁ〜。
伊野波くんおめでとう「ゆりかご」が
ゴールパフォーマンスでしたるんるん
照れ屋さんであんまりそういうのしない篤人が、
真ん中中央でやっていたのが、ものすごくかわいかった。

でもでもでも、浮かれてなんていられない。
まだ1点。
京都戦のようなことはないように。
大迫くんのゴールが決まった直後のベンチの動きはマッハダッシュ(走り出すさま)
疲れが見えたヤスに代えて、青木くんを投入。
目立ったないけど、青木くんはかなり効いていた。
中盤の危険を防いでいた。

残り時間もあとわずかになると、
マルキーの個人技炸裂で、ボールを大宮に渡さない。
コーナーで3人に囲まれてもボールを地面につけて
あとは、ボディバランスと強さで負けない。
満男もそれに加わって、最強だった。

そのまま1点を守って、勝利の笛が聞けました演劇
20100320_00.jpg
まだまだ手ばなしで喜べる状態ではなく
しぶい試合だったけど、その中でも1点を奪い、
勝ちきることが出来て、良かった良かった〜。

交代した興梠くんは、ベンチの横で立ったまま試合を見ていました。
20100320_05.JPG
右ふとももにアイシングをしていたのが、気になります。
興梠くんは、動きは悪くはないのに、
少しだけ足りないというか・・・好調にはまだ少しなのかなと。
はがゆい感じがしました。

その興梠くんは
20100320_11.jpg
ゴール裏への挨拶の時、この後イバに頭をナデナデされていました。
相変わらず、興梠くんへの褒め方は「頭ナデナデ」。とてもかわいかったです。

タクさんは、今季はクロスバーに嫌われてるね。
いつも通りに蹴れば入るはずのシュートも
力が入って外したり・・・と惜しいシュートが
何度かあって、悔しそうだった。

20100320_07.jpg
ヤスが出すサッカーは、優しい弾道が多い。
それが良い時・悪い時が両方あった。
後半の残り時間が少なくなってきた頃は、
少しずつ、動きと判断が遅くなっていった。
他の選手がヤスを活かしてくれるのもいいけど、
ヤス自身がどんどん積極的に攻撃に行くようになると
さらにさらに、チームのレベルが上がるよね。
突然の投入でも落ち着いてプレーしていて、すごいと思った。
選手たちも、労っていましたよ。

ナック5スタジアムは、選手との距離がとても近くて、
選手の表情もバッチリ見えるから、ものすごい迫力だし、
気持ちがストレートに伝わったきた。
ピッチの選手だけではなく、ベンチにいる選手たちの姿も。
剛さんは、試合中は気がつくとベンチの中で立っていたので
たぶんほとんど立って試合を見ていたんだと思う。
プレーが切れた時には、選手にドリンクを差し出したり・・・。
献身的にチームを支えてる存在。

20100320_08.jpg

20100320_10.jpg

20100320_09.jpg
試合後も、こうやって選手を労ってて、こういうベテラン選手がいることが
また鹿島の強さなんだと思った。

20100320_13.jpg
今季の篤人は「縦横無尽」。
戻ってきて欲しい危険な場面も、チャンスの場面も
篤人が顔を出す機会が多い。
体力的にはまだ心配なとこもあるけど、頼もしいよ。

こんな姿も見られたよ
20100320_12.jpg
負傷しているのに、挨拶に出てきたフェリペ。
フェリペはボディタッチが多い選手だとは思っていたけど、
まさか満男に、こんなことができる選手はいないよね!!
照れくさそうな満男・・・。グッときました。
(フェリペの完治は6週間になるそうで、そんな足でも
最後までピッチに残って挨拶までしてくれたんですね。
ピッチに戻ってくるのを待っています)

いやな流れを断ち切る勝利は、選手を元気にしてくれました。
みんな良いお顔だったものぴかぴか(新しい)
水曜にはまたACLがあるから、勝利の波牡牛座に乗りたいね!!

-----------------------------------------------------------------------------
塚本選手への募金をしに、スタジアムに行く途中ショップに寄りました。
会場前にはナック5の外でも募金活動をしていましたね。
塚本選手のこと、ずっとずっとブログに書くべきか悩んでました。
簡単に言葉にはできない、しちゃいけない、うまくできない気がして。
病気を知った時は、ものすごい衝撃でした。
そしてこの病気と真正面から戦おうと決めた塚本選手の強さに
尊敬と感動をしました。
だから何かできるとしたら募金だと思って、やっとそれが出来ました。
もう手術は終えて、辛い辛いリハビリが待っていると思います。
「頑張れ」って簡単なことじゃないから、他チームのサポですが、
塚本選手のこれからを応援し、見守りたいと思います。
-----------------------------------------------------------------------------
posted by noyama at 12:21 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。応援お疲れ様でした。勝利GOODです!野沢選手のソックスはずっと気になってたのですが、足が細くて下がってたわけではないのですね??
塚本選手の事は私も涙、涙でした・・・
機会があれば募金したいと思います。
Posted by いずりん at 2010年03月21日 16:50
こんばんは。
タクさん、細くて下がっているのではないみたいです(笑)
試合中たまに、レフリーから注意されてますが、軽く上げるだけで止めてましたよぉ〜。

塚本選手のあの笑顔を、尊敬しました。
Posted by ☆いずりんさんへ at 2010年03月25日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。