2009年11月29日

[第33節 G大阪戦]圧勝

強い日差し晴れで、冬とは思えない暖かなカシスタは、
ものすごい人で、コンコースもすれ違うのが大変でした。

091128_01.JPG
バックスタンド2階にビックフラッグが広がって、大事な一戦前には既にグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

選手紹介の時には、やはりイバに対するブーイングはものすごかった。
でもこれは「愛情」なんだなぁって。
イバがどうでも良い選手だったら、もう移籍して何年も経っているのに
毎年ものすごいブーイングする訳ない。
イバも以前の公開取材の時に、いまでも「愛」を感じるって言ったから。

091128_02.JPG
試合前に興梠くんと伊野波くんの100試合出場記念セレモニーがありましたよ。
2人のこれからのもっともっとの活躍に期待です演劇

お互い負けられない試合は、前半の中盤くらいまでは、守備をしながら
チャンスを作ることも出来ていたけど、なかなか得点には結びつかない。
前半の終盤ころには、G大阪の攻撃にヒヤヒヤあせあせ(飛び散る汗)しながらも
満男やディフェンスの選手が落ち着いて、攻撃の芽をつんでいた。
G大阪の得点力から考えるとシュートは少なかったと思うけど
アントラーズもなかなか攻撃の幅がなかったなぁ。

そのまま前半終了。
これは難しい試合になるなぁって、思ったんだよね。
ハーフタイムでは。

後半は、攻守の入れ替わりは激しくしかもG大阪が押せ押せの時間が長かった。
そこを集中してケアしてその時間を耐えたアントラーズは、
そこからチャンスを逃さない、底力を見せてくれました。

この試合、満男の動きはピカぴかぴか(新しい)イチ。
あぶない攻撃の芽を中盤でつみ、そのまま攻撃につなぐパスを出す。
そんな動きを繰り返ししてました。

その動きから、先制点が生まれた。
興梠くんの動きを読んで出された満男からのサッカーが、
キッチリと興梠くんに渡って、でもそのサッカーには相手のDFが、付いたきた。
そこを切り替しでDFの振り切ってのシュート。シュートコースは狭かったはず。
私の位置からだと、ゴールからギリギリ外れたように見えたんだけど。
一瞬にして、カシスタが揺れた。
入ったんだ!!ってわかった時には、ピッチの興梠くんはもみくちゃだったよ。

興奮がさめやらぬうちに、マルキーが強烈なミドルシュート。
これはGKに好セーブされた・・・そのサッカーをタクさんが、シュート。
またまた技ありシュートは、弧を描きながら、ゴール上角に突き刺さる。
やっぱりタクさんは、天才だなぁ。

ただその直後、二川選手にゴールを決められて、1点差になったしまった。
いやな空気を一括してくれたのが、モトと交代で入ったダニーロが
中盤でサッカーを奪い、タクさん。
タクさんサッカー受けながら、ピッチ状況をしっかり見てるんだよね。
グランダーでゴール前にサッカーを出すと、ジェストのタイミングで
興梠くん出てきて、つっつく感じで、ゴール。
1点差に追いつかれた直後のこのゴールは、サポーターにも力をくれたよ。

でもG大阪。得点力を考えたらまだまだ時間もあるし。油断できない。
そんなときにルーカスが黄紙2枚目を貰って退場になった。
その直後にマルキーと中澤選手の一触即発のシーンがあったりして
ワサワサする時間もあったり・・・。
10人になったG大阪が、人数をかけて攻撃をしかけてきて。
やばいシーンは何度となくあったけど、伊野波くんすごかった。
ゴール前での速い動きで、危ないシーンを防いでいた。
足が速いからそのまま攻撃に上がってくれると、
相手選手も追いつけなくて、アタフタもさせてくれていた。

途中で安田選手が入ってきて、篤人とマッチアップになった。
でもその時間は長くなく、篤人out→誓志inになった。
まだ時間があるとこでの交代だったので、少し不思議な感じでした。
ベンチでアイシングをしていたので、何か足に異変があったんだとは
わかりましたが、篤人は半月板を痛めていたんですね。心配です。
交代で入った誓志が、少しするとふくらはぎを痛そうにしていたので
気になりましたが、その後は活きの良い動きをしていたので安心したよ。

G大阪のディフェンスの足が止まってきたとこに
興梠くんと交代で入ったタッシーが、タイミングぴったりで
ゴール前に飛び出して、ゴールを決めて4点目。
ダニーロがヘッドで5点目を奪った直後に、マルキーが
ピッチから出てくのが、見えた。
えっえっえっ!! 交代枠使い終わっているのに???って。

アディショナルタイム5分。
ヤット選手を軸にまだまだ攻撃をしかけるG大阪に、
追加点を与えず、気持ち良く勝利がしたい!!もの。
川崎が負けてるかも知れないもの。
って、グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)は最高潮でした。

試合終了のホイッスルと同時に拍手が響いたカシスタでした。
アントラーズベンチが、落ち着いていたのでなんとなく、
川崎は勝ったんだろうなぁって感じてました。
スタジアムで他会場の試合の結果が発表され、
川崎が勝利したことがわかっても、この大一番に
5-1で圧勝した選手たち・チームを見たら、
そんな結果なんて気になりませんでした。
ホームで優勝が見られなかったことは残念だけどね。

091128_03.JPG
イバが移籍してきて、G大阪に勝てない時期があって。
それがこんな顔が見られる、圧勝な試合でした。
とても感慨深いよぉ。

昨年とは違って、大喜びな選手の姿はなかったです。
逆に気を引き締めてるように見えましたよ。
091128_04.JPG
ホーム最終戦だったので、この後セレモニーがあるからか、
あっさりと、選手は挨拶を終えてピッチ中央へ戻って行っちゃいました。
浩二くんは、花束やらプレゼントを渡されていましたよるんるん

ホーム最終戦のセレモニーも、昨年のような監督が感極まることもなく
ふつふつと優勝に向けての闘志が伝わるものでしたよ。

セレモニー後の場内、一周ひらめき
091128_05.jpg
091128_06.jpg
ゴールに、アシストにと、大活躍だったタクさん。
下向きでずっと歩いててちょっと残念でした。
ムダのない動きと、選手を活かすパス、チャンスを逃さないシュート。
タクさんのプレーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)してましたよね??

091128_07.jpg
091128_10.jpg
2ゴールの大活躍、興梠くん。
ゴール後のパフォーマンスも、こっちもさらに嬉しくなっちゃう。かわいいッス。
浦和戦で2ゴール以上して、目標の13ゴールを決めて欲しいよぉ。

091128_08.jpg
091128_09.jpg
091128_11.jpg
ステキな笑顔ぴかぴか(新しい)も、たくさん見られましたよ。

091128_12.jpg
イバは、後ろの方を歩いてました。

091128_13.jpg
太腿を触りながら、会話をしていたので、心配でドキッとしましたが、
すぐ笑顔になったので、ホッ。
イバは、太腿のけがをかかえながらにの戦いが続いてるんですよね。
あと1試合、無事でありますように。

マルキーは、腿に違和感があったらしく途中でピッチを後にしたようです。
どの選手も満身創痍なんですよね。
そんな中で、「優勝したい、勝ちたい」ってガンガン伝わってくる試合を
魅せてくれた選手・チームに、優勝を疑いません。

最終節、しっかり応援してきます。

posted by noyama at 19:24 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。