2009年11月14日

[天皇杯 ヴィッセル神戸戦]トーナメントは難しい

日本代表に、篤人・大樹、追加で興梠くんまでもが連れて行かれ
さらにイバのけがで、大幅にメンバー構成を変える必要に迫られた。

もうこれはどんなメンバーになっても応援するしかないしょモータースポーツ
と思っていたのに、これがなんと熱を出しましてあせあせ(飛び散る汗)
何とかキックオフまでには行こうと様子を見ていたけど
間に合わない時計になってしまって断念たらーっ(汗)
それでも何とか試合直前までに体調を整えて
家の近所のネットカフェへGoしてきましたダッシュ(走り出すさま)

最近帰りが遅かったから、
アントラーズ情報があんまりない状態でスタメンを待った。
興梠くんのとこは、タッシーだとどこかのニュースで見てて
イバのとこはパクチーだろうし。
大樹のとこは剛さんで行くのか、青木くんもあるなぁ。とか。
篤人のとこは誓志か、青木くんかな??とか。
色々な組み合わせを思い浮かべました。
CB剛さんで、右SBは久しぶりの誓志でした。
タッシーは、今シーズン初スタメンでしたね。

前半、アントラーズペースで時間が進みいつゴールが
生まれてもおかしくない雰囲気で押していた。
攻撃の起点のほとんどがタッシーになっていて。
おしいプレーが何度となく続いた。

でもこういう時って、何かのきっかけで先制点を取られちゃったりする。
今日もそのパターンだった。
先制点を取られ、きっちり守られ、勝ち逃げされちゃう。
あの勝てない苦しかった時のことが、一瞬思い浮かんだよ。

でもそのすぐ後に、マルキーとタクさんが目の覚める
コンビネーションで同点弾を決めてくれたよ。
今日のタクさんは動きがキレてた。
あの下から上に向かって弧を描くシュートってすごい技術たと思った。
得点後の重厚感あるガッツポーズが、タクさんの気持ちの強さを感じたよ。

その後は均衡状態のまま、後半の終盤にさしかかった。
これはもしかしてと、延長も覚悟した時に、
セットプレーから、ダニーロのヘッドが決まって逆転した。

その後の時間は、マルキーがタクさんがボールを持って
時間を使って行き、2-1のまま勝利出来た。

パクチーも誓志も攻撃参加はしていたし、
剛さんはさすがに落ちついていたね。
タッシーもチャンスを何度も作っていたし。
急造チームとしては、落ち着いた試合運びは出来ていたね。

タクさんは攻撃にも、守備にも今日はメリハリをつけて
動けていたよ。

次はガンバなんだよね。
この押し迫った時期にガンバとの対決が2試合あるなんて。
どんっ(衝撃)燃えるなぁ〜。
リーグも天皇杯も勝利を続けて行きたいね。

posted by noyama at 18:57 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。