2009年10月31日

[天皇杯 アビスパ福岡戦]タクさん活躍

アントラーズにとっての天皇杯2戦目、
アビスパ福岡戦に行ってきたよ。

20091031_16.JPG
危なげない試合でした。

20091031_01.JPG
試合前、落ち着いた良い雰囲気。

前半はボールを支配し、いつ得点が入っても良い雰囲気があった。
先制点は、興梠くんの右足から生まれた
タクさんが、ゴールラインギリギリまでボールを持ちこんで
ラインの上なんじゃないか??ってとこで、低いパスを出した。
そのボールを混雑の中で、シュート。
ゴールだとわかった時には、
ザザザーって芝を滑った音が聞こえるような、
頭からスライディングしたようなかっこで、興梠くんが倒れていたとこ。
20091031_02.JPG
FW2人のこの姿、今日も見られましたぴかぴか(新しい)

2点目は、タクさんの足技。
思いっきり蹴り切った豪快なシュートが、ゴール吸い込まれていったよ。
焦らなければ、蹴りたいとこに蹴れる技術を持っている選手だもん。
さすが、タクさんるんるんってゴールでした。
20091031_03.JPG

20091031_04.JPG
自分のことのように喜ぶ興梠くんのこういうとこ、良いなぁって思います。

20091031_05.JPG
タクさんも、嬉しそうだったよ。

その後もアントラーズ優勢に試合は進み、
タクさんのCKをダニーロがヘディングシュートー(長音記号1)で3点目。
20091031_06.JPG
このあと、ゆりかごパフォーマンスをダニーロはしていました。
すご〜く嬉しそうでしたね。

3点リードで前半終了。

ハーフタイムが終了して、選手がピッチに出てくる時って、
決まって、タクさんとイバが遅い。
イバは太もも裏の状態が良くないようですね。
残念ながら、メンバーから外れていました。

20091031_09.JPG
そのイバがいないからなのか、タクさん珍しく早く姿を現しましたひらめき

20091031_10.JPG
この満男を見て、得点差は関係なく、後半も戦うって気持ちが伝わってきました。

後半が始まると、得点を取りにきた福岡がボールを支配し始める。
ただそれは、ボールを持っているという時間で、
ゴール前での危ないシーンは、ほとんどなかったと思う。
本来の安定したディフェンスが戻ってきていた。

20091031_12.JPG

浩二くんがボランチに入ったことで、満男の攻撃参加の時間も増えたと思う。
がむしゃらにボールを追いかけディフェンスに走る満男の姿にはいつも感動する。
でもそればかりに追われて、攻撃への仕事が出来なくなっていた気がする。
だけど、浩二くんが入ったことで、満男は自由に動ける時間が
できたんじゃないかと感じました。違うかな・・・。

後半も3点は取れるんじゃないか??と期待していたけど、
押せ押せの空気はそれほど感じなくなっていった。
残り15分を過ぎると、選手交代開始。

マルキーout→大迫くんin 
20091031_13.JPG
いつもほど、ゴールのニオイを感じなかったマルキー。
興梠くんとも動きが合わなかったのか、何度かコンセンサスを
取り合う姿も見ましたよ。

ダニーロout→誓志in
20091031_14.JPG
活きの良い動きで、入って行きました。

満男out→青木くんin
20091031_15.JPG
満男と青木くんが交代になるとこ、初めて見た気がします。
浩二くん、満男、青木くんと3人のボランチをうまく組み合わせて行くのが
今後のチームのパスワードな気がしました。

3枠の交代枠を使い切り、危ないシーンもそのままなく、
3-0で、勝利でしたぴかぴか(新しい)

前半3点を奪ったことで、後半は無理する必要はなくなりました。
それでも後半何点か積み重ねて欲しかったというのが本音です。

20091031_17.JPG
20091031_18.JPG
試合後、選手の和やかなお顔、やっぱり勝利が1番の特効薬だぴかぴか(新しい)

久しぶりの試合となった篤人は、前半はパクチーとのバランスを
考えてなのか、あんまりサイドを上がっていたイメージはなかったけど
後半には、長い距離を走ってチームの攻撃リズムを作っていました。
20091031_11.JPG
でも、この細さがとても心配になる時があります。

最後に久しぶりに、タクさん。とても気になったことがありました演劇

前半は
20091031_19.JPG
右側の袖

後半は
20091031_20.JPG
左側の袖

片方だけをきちんと、まくってました。
グルグルってまくし上げてるんじゃなくて、折ってあげてました。

なんで、片方だけなんだ??

きっと暑くて上げてるんだろうから、後半は半袖のユニかな??って
予想していたのだけど、完全に予想は裏切られ、
今度は逆側の腕をまくっていましたよ。
バランスでもとっているんか??
相変わらず、不思議タクさんでした。

欲を言えば、もっと得点が取れる試合だったと思う。
でも、興梠くんの調子も上がってきたと思えるし、
ディフェンスも安定していたし、良いことをたくさん感じた
嬉しい試合でした。

元旦は国立が合言葉です

posted by noyama at 22:47 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
相変わらずナイスな視点を楽しませてもらいました。
練習ではわからなかった中田の役割も、「そうだったのか!!」って思いました。
そうですよね、あんなに動けている満男さん見るの、お久しぶりでしたもの(感涙)
ひとつ気になったのは、前半の終わりの頃のFKを満男さんが蹴るとき、
パクがフェイントかけましたよね?結局満男さんが蹴りなおしたんですが、
プレーが切れたとき、パクが満男さんに頭をはたかれてましたね、笑いながら。
あれってなんだったんでしょうかね?とっても気になりまして(汗)

あの頃のコーロキが戻って来たし、拓ちゃんは絶好調になって来たし、
あとは、ゴール前での遊びをもう少し少なくしてくれると、嬉しいような・・・・

「元旦国立」行きましょう!!
Posted by もりっち at 2009年11月01日 00:14
こんばんは。コメントありがとうございます。
パクチー、フェイントしてましたね。
満男と相談してのことだと思っていましたが、
その後すぐに蹴らなかったので、???と思っていました。
パクチーの単独犯だったのですかね。

元旦までまだ道のりは長いですが、元旦は国立にいる
そう信じています。
Posted by ☆もりっちさんへ at 2009年11月01日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。