2009年10月17日

[第29節 磐田戦A〕吉とでるか凶とでるか

3連覇するには、今日は絶対に勝利して勢いに乗りたい。
今まであんまり布陣を変えなかった監督が、
勝負に出たと思えるスタメンだった。

興梠くんが累積欠場ということもあり、大迫くん。
ボランチに久しぶりに浩二くん。
そして、満男が2列目をやってたことなんて
はるか昔の記憶になっていたよ。

私がアントラーズを応援するようになった時、
ボランチと言えば浩二くんで、助っ人選手とWボランチ。
年月が過ぎて、青木くんの不動のポジションになっていた。

久しぶりのこの布陣が吉と出るか凶と出るか。

前半、完全に磐田ペース。
前線にボールが入ることも少なかったから、
シュートもほぼ蹴れてない。
マルキーが下がり、大迫くんが孤立。
満男の2列目も、活きてない。
満男が前目にいる分、中盤からディフェンスのバランスも悪い。
最終ラインが安定しないと両サイドも上がれない。
攻撃に厚みが出ない。
TVで見る限り、何かのきっかけがないと、やばい雰囲気でした。

後半、大迫くんに代わってタッシーが投入された。
磐田ペースは変わらない。
セカンドボールが取れない、前線でボールが持てない。
そんな試合展開だったから、モトを出せぇ!!って大声出してた。

その後早い時間にダニーロと誓志をピッチに送り出した監督。
疲れてくる時間に誓志の動きは効きそう。行けー誓志!!
叫ばずにはいられませんでした。

この交代によって、満男がいつものボランチに。
すると中盤でボールが落ち着き、散らせることが出来るようになった。
タッシーも役割を果たき動きをしていたし、何より誓志が躍動していた。
完全にアントラーズの押せ押せの時間になった。
あと1歩ってとこまでは行った。
でも、ゴールを奪うことは出来なかった。
ソガの頑張りで、ゴールを奪われることもなかった。

そのままスコアレスドローで終了。
残りの試合数を考えたら、勝利しなきゃいけない試合だったと思う。
布陣を見たら監督にも迷いが出てきたように感じたし、
選手にも自信を感じられなかった。

うーん。うーん。うーん。
唸っていても、信じて応援するしかないよね。
posted by noyama at 22:07 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。