2009年04月18日

△第6節H やっぱり勝ちたかった

このところ攻撃的なチームと戦っても、戦術的に引かれてしまう。
固く守られたゴール付近ではボールは持てても、決定打には至らない。

20090418_10.jpg

なんかもの足りないままスコアレスドロー。
7連戦のスタートは弾みをつける勝利とは、ならなかった。

前半、マリノスのディフェンダーは実際大きい人が多いんだけど、
それ以上に大きく感じるほどの威圧感さえ感じた。
大迫くんは、ナカザマリノスディフェンスにほとんど自由にさせて
貰えなかった印象が残る。
逆にマリノスは中盤の兵藤選手、そしてFW起用された山瀬選手が
ゴールを脅かしてきた。
特に伊野波くんの足の間にボールを通され、ほぼノーマークで
兵藤くんがシュートした時は、確実に1点やられたと思った。
ポストに当たり、ラッキーで救われた感があった。
攻撃のリズムすら作れないまま、終了してしまった。

後半に入ってもなかなか攻撃の糸口すらつかめない。
早い時間に興梠くんが入ると、マルキーとの連携で
ゴールを脅かし始めて、スタジアムのボルテージもグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)るんるん
ただ選手の疲れも早く、動きが悪くなってきたのも確かで。
おしいプレーはあっても、ゴールは生まれず。

接触プレーで傷んだモトに代わり誓志を投入。
激しく動きまわる誓志の存在で、スピード感が出てきた。
最後は、篤人に代わってイバ。
今日の篤人は運動量があまりなかったように思えた。
なのでイバが入ったことによって、サイドからの攻撃を
増やすことが出来た。
何度かチャンスがあったけど、ここぞって決めがなくそのまま終了。
この形でもう少し時間があったらなぁ〜と思うばかりでした。

ゴール裏にきた選手の表情は、かなり違いがあって
20090418_1.jpg
「こうやって、蹴られた」

20090418_2.jpg
「あの辺で〜」

20090418_3.jpg
「おまえ」

20090418_4.jpg
「こんな感じで蹴られたよなぁ〜」

20090418_5.jpg
「あはははは」「あはははは」

20090418_6.jpg
「オカシイ」と首をふると、言った感じの興梠くんとイバ。

20090418_7.jpg
早くも4枚目のカードを貰ってしまったミツオは厳し顔でした。
第6節で4枚目。
ミツオがどれだれ厳しい場面で、ディフェンスにいってるかがわかるから苦しい。

そして、右側にいたタクさん。
今シーズンは開幕前から調子は良くって浦和戦でもゴールを決めた。
でも最近は、良いパフォーマンスとはいいがたい。
スーッと選手たちから離れていってしまう。

20090418_11.jpg

いつもなら、他の選手と話しながら歩くことが多いタクさん。

20090418_12.jpg

一番最後をこうやって歩いていたのが気になりました。
なにか思うとこがあったのかな。と背中をみて勝手に思ってしまいました。

試合の話に戻りますが・・・
個人的には前半からもう少し攻撃的に行きたい。
興梠くんやイバをスタメン起用することに期待したい。
また、練習試合でもゴールを量産した竜太くんもみたい。

水曜のACLでは青木くんが、次節の山形戦はミツオがカード累積で欠場になる。
ここは、チーム団結して1戦1戦を勝利できるよう大事に戦ってほしいです。

posted by noyama at 23:59 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。