2009年03月23日

☆第3節H 意地の逆転弾

ゴウゴウと鳴り響く雨風のカシスタ行ってキター。
終わってみれば、2-1で勝利できたけど、なかなか厳しかったよう。

20080322_7.jpg

広島には、寿人選手・柏木選手・槙野選手・ストヤノフ選手などなど。
実力がある選手がいっぱい。簡単に勝てる相手ではない。
もちろんその広島が“敵”なんだけど、レフリーも“敵”に感じた。
イライラが募る試合だったよ。ホント勝って良かった。

スタメンは、ダニーロがけがで欠場・ミツオがスタメン復帰したので
モトが久しぶりに2列目で出場した。
あとはACL上海申花戦と同じ。
でもベンチにはイバ・興梠くんが復帰し、ヤスも久しぶりに
ベンチ入りしていた。

前半を通して、試合をコントロールしていたのはアントラーズ。
広島はかなり引いてきた。
そうなるとボールは持てるが、ボールの出しどころがない。
マイボールにしてゆっくり、チャンスをうかがう戦法のアントラーズ。

ゴール前でアントラーズの選手がシュートをしてディフェンダーに
当たったボールをモトが拾ってというところはギリで見えた。
向こう側のゴールなのでハッキリと状況が見えなくて。
それでもボールが誰かに当たってゴールに入ったのは見えたー。
やったーゴール!!大絶叫!!モトのゴールだった。

その後、柏木くんのスピードとテクニックで翻弄される場面もあり
大樹の顔面でのクリアはすごかったよ。
ミツオはパスの精度とかは、まだ完璧ではないからミスもあったけど
気迫のディフェンスで、チャンスを潰してくれた。
マルキー・大迫のFWは、少しでもボールを持つと広島の選手2、3人が
ドバッと寄ってきて囲まれてしまい、ボールを自由に出来ない。
特に大迫くんには槙野選手が箇所箇所ガッチリガードした。
なので本来の動きはできなかったものの、それでも
身体の強さは十分伝わる高い個人技を発揮していた。

なんとか1-0で折り返し。

後半立ち上がり、モトのヘディングシュートは大迫くんからのクロス。
GKがキャッチでセーブしたけど、こぼしたボールはゴールイン。
私にはラインの中に「ゴールイン」に見えたんだexclamation
でも、レフリーはノーゴールのジャッジ。
これが1番悔しかったなぁ。
ここで1点リード出来たら、もっと楽に戦えたと思うから。

その後、向こう側ゴール前で倒れた寿人選手が見えた。
「ピー」って笛、篤人がファウルを取られPKを与えてしまった。
この状況も全く見えなかったので、なんとも言えない。
ソガソガソガソガソガ、ソガに祈るのみだった。
読みは当たっていたソガだったけど、おしくもゴールを奪われ同点。

いやー、ココからが胃がキリキリする展開だった。
自分たちのイージーミスからピンチを招いたりして。
流れがダンダンと広島にいこうとしていた。
モトout→誓志で、スピード力が上がった。
残りが少なくなってきたとこで大迫くんout→興梠くん。
興梠くんが入ってすぐのCKは、大樹ヘディングを経て
マルキーがヘディングシュート、見事にゴールに突き刺さった。
けど、これはおしくもオフサイド。めちゃくちゃおしいよ。
その後の接触プレーで珍しく大樹が感情的になっていた。
戦っている選手もピッチで苛立っていた。

誓志の思い切ったミドルも、ゴールを奪えず。
ヤスもなかなか攻撃参加にフィットせず、時間だけが過ぎてって。
もうアディショナルタイムしかないとあせあせする中でCK。
時間がないから、急ぎたいのに豪風でボールがコーナーに定まらない。
もうイライライライライライライライライライライラー。
ミツオが蹴ったボールを、大樹がヘッドしてこぼれたところに興梠くん。
すかさずボレー。上がらないでと祈りながらボールの行方を追うと
ゴールの左端にスッと入って落ちたー。
こういう時って本当にスローモーションでボールが見えるよね。
しかもゴール直後は一瞬の静寂があって大大大絶叫。
スタジアムが大歓声で沸いていよ。
興奮して喜び過ぎて、興梠くんのゴールパフォーマンスを見逃した。
逆転したよぉぉぉぉぉー。良かったよ。
あとは早く終わってくれ〜ってもうドキドキドキドキで。
ホイッスルがなったときは、ホッとし過ぎてヘトヘトだった。

試合内容うんぬんより、勝ったこと・連勝したことに意味がある。
最後の最後まであきらめない姿勢が、応援してるサポーターも
あきらめずに応援したい気持ちにさせてくれた。
粘り強いチームになったなぁ。嬉しいかったなぁ。

MVPはもちろん興梠くんだった。
インタビューは残念ながら、ゴール裏では聞き取れなかった。

20080322_4.jpg

インタビューが終わった興梠くん。
あれ??
いつもの興梠くんなら、観客席に上がってきてくれることが多い。
でも今日は、こなかった。
もちろんしっかりサボーターには ↑ こうやって挨拶してくれてましたよ。
でも一緒に喜べると思っていたから、スタジアムでは残念な想いでした。
が、家に帰る途中で試合後のコメントなどを読んで納得。
「ゴール以外は全然だめだった」と自分のプレーに納得してなかったんだね。
確かに、MVPでスタッフに呼ばれた時も、あんまり嬉しそうじゃなかったし。
ベンチからも外れたってことが、そうとう悔しかったと思う。
「どんどん結果を出して頭から出られるようにしたい」
「這い上がっていきます」
興梠くんの戦う闘志になってるから、外れたことも悪いことだけじない。
自分で納得行くプレーをしてMVPに選ばれたら、今度はきっと
一緒に喜んでくれると思うので、それを楽しみにします。

興梠くんと同じように、ベンチ外・ベンチとなったイバ。
足の調子が悪いようですね。
そのイバは、サポーターに挨拶に回る選手の中に最初いなかったの。
なんでなんで??と探していると、
選手たちに向かってダッシュする人影がイバでした。
今までどこにいたん??

このあと、ジーンとしちゃったんですよ。

20080322_5.jpg
20080322_6i.jpg

そう。イバが走って目がけていった先にはパクちゃんがいたんですよ。
そして、ガシッで抱きしめていました。
頑張ったパクちゃんへの労いに見えて、とても温かい気持ちに。

あのー珍しい光景と言えば・・・

20080322_3.jpg

Jリーグでユニ交換してるの、生で初めてみたよぉ。
しかも篤人と槙野くんって友達同士で。
何か特別な理由でもあったのかちら??
その篤人を少し先で止まって待ちかまえていた誓志。
何やら、身振り手振りでお話をしてました。
試合のことかな??
この前も試合が終わってすぐにミツオのとこにいって
やっぱり同じようにお話してるのをTV画面越しに見たなぁるんるん

代表戦があるので1週間リーグ戦はあくので、
篤人以外の選手はゆっくり心と身体を休めてくださいな。
篤人はけがだけはしないように、帰ってきてね。

posted by noyama at 22:38 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。