2009年11月29日

[第33節 G大阪戦]圧勝

強い日差し晴れで、冬とは思えない暖かなカシスタは、
ものすごい人で、コンコースもすれ違うのが大変でした。

091128_01.JPG
バックスタンド2階にビックフラッグが広がって、大事な一戦前には既にグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

選手紹介の時には、やはりイバに対するブーイングはものすごかった。
でもこれは「愛情」なんだなぁって。
イバがどうでも良い選手だったら、もう移籍して何年も経っているのに
毎年ものすごいブーイングする訳ない。
イバも以前の公開取材の時に、いまでも「愛」を感じるって言ったから。

091128_02.JPG
試合前に興梠くんと伊野波くんの100試合出場記念セレモニーがありましたよ。
2人のこれからのもっともっとの活躍に期待です演劇

お互い負けられない試合は、前半の中盤くらいまでは、守備をしながら
チャンスを作ることも出来ていたけど、なかなか得点には結びつかない。
前半の終盤ころには、G大阪の攻撃にヒヤヒヤあせあせ(飛び散る汗)しながらも
満男やディフェンスの選手が落ち着いて、攻撃の芽をつんでいた。
G大阪の得点力から考えるとシュートは少なかったと思うけど
アントラーズもなかなか攻撃の幅がなかったなぁ。

そのまま前半終了。
これは難しい試合になるなぁって、思ったんだよね。
ハーフタイムでは。

後半は、攻守の入れ替わりは激しくしかもG大阪が押せ押せの時間が長かった。
そこを集中してケアしてその時間を耐えたアントラーズは、
そこからチャンスを逃さない、底力を見せてくれました。

この試合、満男の動きはピカぴかぴか(新しい)イチ。
あぶない攻撃の芽を中盤でつみ、そのまま攻撃につなぐパスを出す。
そんな動きを繰り返ししてました。

その動きから、先制点が生まれた。
興梠くんの動きを読んで出された満男からのサッカーが、
キッチリと興梠くんに渡って、でもそのサッカーには相手のDFが、付いたきた。
そこを切り替しでDFの振り切ってのシュート。シュートコースは狭かったはず。
私の位置からだと、ゴールからギリギリ外れたように見えたんだけど。
一瞬にして、カシスタが揺れた。
入ったんだ!!ってわかった時には、ピッチの興梠くんはもみくちゃだったよ。

興奮がさめやらぬうちに、マルキーが強烈なミドルシュート。
これはGKに好セーブされた・・・そのサッカーをタクさんが、シュート。
またまた技ありシュートは、弧を描きながら、ゴール上角に突き刺さる。
やっぱりタクさんは、天才だなぁ。

ただその直後、二川選手にゴールを決められて、1点差になったしまった。
いやな空気を一括してくれたのが、モトと交代で入ったダニーロが
中盤でサッカーを奪い、タクさん。
タクさんサッカー受けながら、ピッチ状況をしっかり見てるんだよね。
グランダーでゴール前にサッカーを出すと、ジェストのタイミングで
興梠くん出てきて、つっつく感じで、ゴール。
1点差に追いつかれた直後のこのゴールは、サポーターにも力をくれたよ。

でもG大阪。得点力を考えたらまだまだ時間もあるし。油断できない。
そんなときにルーカスが黄紙2枚目を貰って退場になった。
その直後にマルキーと中澤選手の一触即発のシーンがあったりして
ワサワサする時間もあったり・・・。
10人になったG大阪が、人数をかけて攻撃をしかけてきて。
やばいシーンは何度となくあったけど、伊野波くんすごかった。
ゴール前での速い動きで、危ないシーンを防いでいた。
足が速いからそのまま攻撃に上がってくれると、
相手選手も追いつけなくて、アタフタもさせてくれていた。

途中で安田選手が入ってきて、篤人とマッチアップになった。
でもその時間は長くなく、篤人out→誓志inになった。
まだ時間があるとこでの交代だったので、少し不思議な感じでした。
ベンチでアイシングをしていたので、何か足に異変があったんだとは
わかりましたが、篤人は半月板を痛めていたんですね。心配です。
交代で入った誓志が、少しするとふくらはぎを痛そうにしていたので
気になりましたが、その後は活きの良い動きをしていたので安心したよ。

G大阪のディフェンスの足が止まってきたとこに
興梠くんと交代で入ったタッシーが、タイミングぴったりで
ゴール前に飛び出して、ゴールを決めて4点目。
ダニーロがヘッドで5点目を奪った直後に、マルキーが
ピッチから出てくのが、見えた。
えっえっえっ!! 交代枠使い終わっているのに???って。

アディショナルタイム5分。
ヤット選手を軸にまだまだ攻撃をしかけるG大阪に、
追加点を与えず、気持ち良く勝利がしたい!!もの。
川崎が負けてるかも知れないもの。
って、グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)は最高潮でした。

試合終了のホイッスルと同時に拍手が響いたカシスタでした。
アントラーズベンチが、落ち着いていたのでなんとなく、
川崎は勝ったんだろうなぁって感じてました。
スタジアムで他会場の試合の結果が発表され、
川崎が勝利したことがわかっても、この大一番に
5-1で圧勝した選手たち・チームを見たら、
そんな結果なんて気になりませんでした。
ホームで優勝が見られなかったことは残念だけどね。

091128_03.JPG
イバが移籍してきて、G大阪に勝てない時期があって。
それがこんな顔が見られる、圧勝な試合でした。
とても感慨深いよぉ。

昨年とは違って、大喜びな選手の姿はなかったです。
逆に気を引き締めてるように見えましたよ。
091128_04.JPG
ホーム最終戦だったので、この後セレモニーがあるからか、
あっさりと、選手は挨拶を終えてピッチ中央へ戻って行っちゃいました。
浩二くんは、花束やらプレゼントを渡されていましたよるんるん

ホーム最終戦のセレモニーも、昨年のような監督が感極まることもなく
ふつふつと優勝に向けての闘志が伝わるものでしたよ。

セレモニー後の場内、一周ひらめき
091128_05.jpg
091128_06.jpg
ゴールに、アシストにと、大活躍だったタクさん。
下向きでずっと歩いててちょっと残念でした。
ムダのない動きと、選手を活かすパス、チャンスを逃さないシュート。
タクさんのプレーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)してましたよね??

091128_07.jpg
091128_10.jpg
2ゴールの大活躍、興梠くん。
ゴール後のパフォーマンスも、こっちもさらに嬉しくなっちゃう。かわいいッス。
浦和戦で2ゴール以上して、目標の13ゴールを決めて欲しいよぉ。

091128_08.jpg
091128_09.jpg
091128_11.jpg
ステキな笑顔ぴかぴか(新しい)も、たくさん見られましたよ。

091128_12.jpg
イバは、後ろの方を歩いてました。

091128_13.jpg
太腿を触りながら、会話をしていたので、心配でドキッとしましたが、
すぐ笑顔になったので、ホッ。
イバは、太腿のけがをかかえながらにの戦いが続いてるんですよね。
あと1試合、無事でありますように。

マルキーは、腿に違和感があったらしく途中でピッチを後にしたようです。
どの選手も満身創痍なんですよね。
そんな中で、「優勝したい、勝ちたい」ってガンガン伝わってくる試合を
魅せてくれた選手・チームに、優勝を疑いません。

最終節、しっかり応援してきます。


拍手する
posted by noyama at 19:24 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

[第32節 京都戦A]ミスター・クライマックス、タクさん

「そうだ 京都、行こう。」JR東海のCM、
哀愁漂う曲も雰囲気たっぷりですぐ京都に行きたくなりませんか??

紅葉の真っただ中の京都へ、行ってきました。
ただ今回は紅葉はお預けで、闘志で熱く赤い「西京極」へ。

091121_01.JPG

敵地へ乗り込んだのに、ちょっと癒されました。

リーグが1週なかったので、カードの累積欠場のこと、忘れ気味でした。
終盤の大事な試合に、マルキーと大樹が出場停止でしたねバッド(下向き矢印)
それに、日本代表から戻ったばかりの興梠くんと篤人のコンディションと
イバの太腿裏の状態も気になるところです。

バタバタしてて、アップに登場するところは見られませんでした。

091121_02.JPG
篤人も

091121_03.JPG
興梠くんも
スタメンに名前がありましたねひらめき

そして京都サンガと言ったら
091121_04.JPG
ヤナギexclamation×2

アップを終了して、ピッチから下がる時には
091121_05.JPG
応援席からかなりの声援でしたー(長音記号2)
敵だけど、さすがヤナギは人気だなぁって思っちゃいました。

出場停止のマルキーと大樹に代わり、先日の天皇杯と同じく
タッシーと剛さんがスタメンとなりましたねぇ。
091121_06.JPG
試合が始まる頃には晴れが元気がなくなってきて、肌寒くなっていました。
剛さんひらめきやっぱり半袖、手袋でしたるんるん 冬期の名物ですよね。

太腿の状態が気になるイバ
091121_08.JPG
試合に復帰してくれたのは嬉しいけど、心配でした。

キックオフ前のピッチでは
091121_07.JPG
篤人が口にしているドリンクの矛先を、タッシーに向けて噴射させたり・・・

091121_09.JPG
ヤナギとタクさんが、親しそうに会話をしたりと・・・

大事な試合でもリラックスした雰囲気が見られましたよ。

試合は前半、前線で細かく動くヤナギをなかなか止めることが出来ず
攻められる場面もあったけど、そこはディフェンスが落ち着いて対応して
ゴールを決められることはなかった。
やっぱりヤナギのボールへのコンタクト、飛び出しは変わらずすごい。

アントラーズは前線にタッシーがいるので、まずはタッシーの頭に
ボールを合わせてそこから攻撃を組み立てる形だったけど、
興梠くんが孤立したり、モトが突破しても他に前にいる選手が
いなかったりと、なかなかチャンスに結びつかなかった。

剛さん→タッシーの頭→タクさんにサッカーが繋がり、
相手ディフェンダーの動きを伺いながらドリブルするタクさん。
まだゴールからは距離もあったし、シュートコースもせまい位置で
大きめに足をふり上げたから「そこから!!」ってびっくりしたけど、
キレイな弧を描いたサッカーは、ゴール上角にしっかりとゴール。
タクさんだから、決められたゴールだと思う。ものすごかったよ。

091121_10.JPG
うわぁーとよってくる仲間をなぜか、避けようとするタクさん。

その直後には
091121_11.JPG
やっぱり、ダンシングー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
いつもながら、奇怪な踊りを満面の笑みで踊られてました〜
テクニックゴールとこのタクさんのギャップが、たまりません黒ハート

ポジション的にその輪に加われなかった
091121_12.JPG
篤人。
ここで、喜びをかみしめていたご様子ひらめき

091121_13.JPG
091121_14.JPG
良かった良かった〜タクさんがよってきて、一緒に分かち合えましたぴかぴか(新しい)

先制点を奪ったことで、その後も安定した試合運びで、前半終了。

ベンチ入りメンバーがアップをしてたんですが・・・
091121_15.JPG
ベンチコートを脱げない選手がいましたよ、竜太くん。
後半竜太くんの投入を期待してました。
ゴールハンター竜太くんのプレーが、ぜひ見たいexclamation×2

ハーフタイムの時、大樹の姿を発見しました。
メディア席の近くで、記者さんらしい方とお話してました。
立っていたので、大きいので目立ちましたよ。
やっぱり当たり前だけど、気になるんだよね試合が・・・。

後半、1点差ではまだどうなるかわからない。
追加点が欲しいとこだけど、なかなか追加点が生まれない。
少し早めに交代メンバー入れて、空気を変えて欲しいなぁって
思っていたけど、いつもと同じくらいかな??
最初の交代はモトとダニーロ。
モトは今日もチャンスと見れば前線へ仕掛けていってましたよ。
それがなかなか得点にはならなかったのは残念だったけど。

そして次の交代は
091121_16.JPG
タッシーと竜太くん。
おいしチャンスが何回かあったので、それを1本決めてくれたらと
タッシーには期待が大きいので、思ってしまいます。

2トップに興梠くんと竜太くん。
昔サテライトの試合でこの2トップを良く見ていました。
2人もお互いの動きはわかっているようで、少しやりとりをして
お互い了解手(パー)って感じでした。

091121_17.JPG
竜太くんがピッチに入ってから、私も含めて周りのサポが
「竜太」応援団化して、「竜太、竜太!!」の大声援でした。
竜太くんが愛され選手なんだって実感しましたよ。
ものすごかった。

試合時間もあとわずかというとこで、興梠くんと青木くんが交代。
しっかり1点リードを守って、勝利へ。
最近のアントラーズの勝利の形になりつつある、最後は青木くん。
青木くんはスタメンで出たいに決まっている。
それでも守備の安定感は、青木くんにまさる選手はいない。
しっかりと役目を果たしてくれました。

そのまま1-0で、アントラーズらしい試合で勝利ぴかぴか(新しい)
091121_18.JPG

ゴール裏のサポーターから
「オォ〜ノザワ、タクヤるんるん オォ〜オ〜るんるん」と応援ソングが歌われると
091121_19.JPG
こんな感じで、応えてましたグッド(上向き矢印)

前半から長く走ったり、大きくボールを出した後に
太腿裏を気にする姿が見られたイバが、
試合中ずっと心配でした。
いつものイバなら、もっと突っ込むだろうプレーも
少しセーブしていてようにも見られていまだに心配です。

でも試合後は
091121_20.JPG
とても楽しそうに他の選手に声かけたり、サポーターに手(パー)を振ったりと
ごきげんな様子だったので、少し安心しましたよ。

アントラーズの選手が引き上げた後、サンガの選手が挨拶に来ました
091121_22.JPG

ちょっとザワザワしていたので、その方向を見ると
091121_21.JPG
アントラーズの選手と秋田コーチと入れ替わり、挨拶をしていました。

京都サンガには、ヤナギや秋田さんとアントラーズと関わりが深い
選手・コーチがいて、こういうシーンが色んなとこで見られました。

ここ何年か、残り試合が少なくなって負けた記憶がありません。
ずっと勝ってるのがもちろん安心だけどさ。
残り試合も負ける気がしない。

その立役者の一人、タクさん。
「ミスター・クライマックス」って、すごいネーミングだよね。
それでも今年は、序盤も中盤でもゴールしてるイメージが
あるんだけどなぁ。
本当は簡単なシュートでゴールを決めて欲しい。
それだったら、さっきの方が簡単だったのに・・・って思うこともしばしば。
でも、厳しい試合にゴールを決めてくれる!!って頼れる存在で
あることには変わらない。
残り試合も、その「ミスター・クライマックス」ぶりを思い存分発揮して
勝利へ導いて欲しいと願うばかりです。


拍手する
posted by noyama at 12:18 | Comment(3) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

[フナ]昇格決定後に偵察へ

先日、再び船山くんの様子を偵察しに手(パー)、南津守の練習場へ行ってきました。
昇格が決まったので「おめでとう」というのも、微妙な立場・感じだけど、
今シーズンにもう1回は、偵察に行こうと思っていたので、
思いきって行ってきました。

行く直前まで、セレッソさんが昇格争いをしてることもあって
練習予定の変更がちょこちょこあって、2部練習日を選んだけど
15:00〜の1回だけの練習に変更になっちゃいましたたらーっ(汗)

昇格を決めた直後だったので、連れてってくれたセレサポちゃんから
「すごい人だと思うから」と言われて、覚悟して行きました。
練習場へ行くと平日ということもあり、ワサワサした感じは
なかったので、ちょっと安心しました。

091118_01.JPG
練習まで、まだまだ時間があるのでこの前は満員で入れなかった
Cafe Cerezoでランチをしようということになりました。

店内には
091118_02.JPG
色々なポスターが飾ってあるんです。
このポスターが、選手起用でちょっと洒落たものなんですよねぴかぴか(新しい)

091118_03.JPG
昇格記念商品の販売もしてました。

見つけましたひらめき
091118_04.JPG
今シーズン始まる時に選手全員が目標を書いた色紙が展示されていました。
船山くんは、移籍してきた時に書いたようです。

メニューですが、多種多彩でしたよ。
091118_05.JPG
091118_06.JPG
091118_09.JPG

091118_08.JPG

悩みましたが、パスタにしました。
091118_10.JPG

普通のレストランと同じような、パスタの味でした。
大阪っぽいメニューを選べば良かったなぁと後で後悔しました。
色々種類があるから、サポさんは何度通っても飽きないと思いました。

15:00〜練習だからとのんびりしていたら・・・。
予想していた時間より、めちゃ早くに選手がやってきてるの見て
びっくりしましたよ。

練習場に入ってくる選手・監督にサポさんたちの「昇格おめでとう」
お祝いの言葉がかけられて、みなさん嬉しそうで穏やかのムード。
セレサポちゃんから、船山くんが元気がないと聞いていて
気になっていたのですが、“普通”の船山くんでした。
もちろん嬉しそうに見えましたよ。

それから練習が始まるまで、ものすごーく待ちました。
今日は練習はないかもなんて、ちょっと思い始めていたら
ぽろぽろと選手が出てきて、練習が始まりそうなので見学席へ。
前回来た時は、芝待ちの時期で人工芝グランドでしたが、
今回は天然芝のグランドが使えるようになっていました。

091118_11.JPG

・・・ものすごく遠くて、初めはどこに誰がいるか判断つかずでした。
1番端のチームに船山くんはいました。

軽くアップの運動をした後は、ランニングが始まりました。
091118_12.JPG
最初は中盤で走っていましたが、何周かしてるうちに
最後尾で香川くんと走ってました。

石神くんは、
091118_13.JPG
ものすごい勢いで、1番先頭を走っていました。

091118_14.JPG
最後の方は、ハネケンと香川くんと船山くんが最後尾で走っていました。

091118_15.JPG
何となくらしくない走り方をしている船山くんでした。

大阪から帰ってきてから、草津戦前に船山くんが
けがをしていたことを知りました。
チェックはしてるつもりでも、けがのことは全然知りませんでした。
草津戦も、けがが理由でのベンチスタートになったのかも
知れませんよね。
いつもはもっと全力で走る選手なので、不思議な気持ちで
走る様子を見ていたので、ちょっと納得できたというか。
心配というか・・・残念な気持ちになりました。
頂上決戦を出場停止で出られないのはとてもとても残念だし
本人も悔しいと思いますが、けがを治す時間に使うと割り切って
残り試合を全力でプレーして欲しいです。

セレッソの選手みなさん、練習後お祝いに来たサポさんに
1人1人にたっぷりと時間をかけてファンサービスをしていて
こういう雰囲気ってやっぱり素敵だなぁって思いました。

セレッソも、アントラーズも優勝だって強く思って帰ってきした。
拍手する
posted by noyama at 23:11 | Comment(0) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

[日本代表]もやもや〔vs南アフリカ〕

なんだろう??このスッキリしない感じ?
まず言いたいのは、TVの映像が見づらかったむかっ(怒り)
誰が誰なのか、慣れるまで判断できんかったどんっ(衝撃)
岡崎・大久保・本田の3トップ気味の布陣にも
後になって気づいたもん。

俊輔選手や憲剛選手は他の選手を活かしながら
自分もチャンスの時は逃さないってタイプ。
本田圭選手はそういうタイプではない。
岡崎選手も点取り屋。
大久保選手は活かすことも出来る選手だけど・・・。
この3人が、融合して得点を!!って動きは
あんまり見られなかったなぁ。
全体的に、みんなでシュートまでって雰囲気を感じなかった。

後半、俊輔選手や大ちゃんが入って少しリズムは
変わったけど、ゴールするまでの変化はなかった。
「個」で動いてパス、取られるみたいな感じ。
ランクで言うと格下の南アフリカだったけど
背が高く体格も良い選手にゴール前では仕事を
させて貰えなかったよね。

ゴールのニオイもあんまりしないまま
危ないシーンもあんまりないまま
スコアレスドローで終了。

アントラーズ戦士たちは
篤人はスピード感っていうか、あんまり動けていないように見えた。
興梠くんは終盤に投入されて、前で動いていたけどサッカー
あんまり出てこなかったなぁ。
まだ他の選手とのコミニュケーションが不足してるように見える。
出し手と受け手との感覚がまだ出来てないよね。
それが出来れば絶対活躍出来ると思うのになぁ。
大樹は次の香港戦ではチャンスがあるんだろうか??

うーん、私にはもやもやしか残らん試合内容だったよぉ。


拍手する
posted by noyama at 20:04 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

[天皇杯 ヴィッセル神戸戦]トーナメントは難しい

日本代表に、篤人・大樹、追加で興梠くんまでもが連れて行かれ
さらにイバのけがで、大幅にメンバー構成を変える必要に迫られた。

もうこれはどんなメンバーになっても応援するしかないしょモータースポーツ
と思っていたのに、これがなんと熱を出しましてあせあせ(飛び散る汗)
何とかキックオフまでには行こうと様子を見ていたけど
間に合わない時計になってしまって断念たらーっ(汗)
それでも何とか試合直前までに体調を整えて
家の近所のネットカフェへGoしてきましたダッシュ(走り出すさま)

最近帰りが遅かったから、
アントラーズ情報があんまりない状態でスタメンを待った。
興梠くんのとこは、タッシーだとどこかのニュースで見てて
イバのとこはパクチーだろうし。
大樹のとこは剛さんで行くのか、青木くんもあるなぁ。とか。
篤人のとこは誓志か、青木くんかな??とか。
色々な組み合わせを思い浮かべました。
CB剛さんで、右SBは久しぶりの誓志でした。
タッシーは、今シーズン初スタメンでしたね。

前半、アントラーズペースで時間が進みいつゴールが
生まれてもおかしくない雰囲気で押していた。
攻撃の起点のほとんどがタッシーになっていて。
おしいプレーが何度となく続いた。

でもこういう時って、何かのきっかけで先制点を取られちゃったりする。
今日もそのパターンだった。
先制点を取られ、きっちり守られ、勝ち逃げされちゃう。
あの勝てない苦しかった時のことが、一瞬思い浮かんだよ。

でもそのすぐ後に、マルキーとタクさんが目の覚める
コンビネーションで同点弾を決めてくれたよ。
今日のタクさんは動きがキレてた。
あの下から上に向かって弧を描くシュートってすごい技術たと思った。
得点後の重厚感あるガッツポーズが、タクさんの気持ちの強さを感じたよ。

その後は均衡状態のまま、後半の終盤にさしかかった。
これはもしかしてと、延長も覚悟した時に、
セットプレーから、ダニーロのヘッドが決まって逆転した。

その後の時間は、マルキーがタクさんがボールを持って
時間を使って行き、2-1のまま勝利出来た。

パクチーも誓志も攻撃参加はしていたし、
剛さんはさすがに落ちついていたね。
タッシーもチャンスを何度も作っていたし。
急造チームとしては、落ち着いた試合運びは出来ていたね。

タクさんは攻撃にも、守備にも今日はメリハリをつけて
動けていたよ。

次はガンバなんだよね。
この押し迫った時期にガンバとの対決が2試合あるなんて。
どんっ(衝撃)燃えるなぁ〜。
リーグも天皇杯も勝利を続けて行きたいね。


拍手する
posted by noyama at 18:57 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

[フナ]昇格の瞬間〔vsザスパ草津〕

カシスタで山形戦がキックオフした60分後、
長居で昇格が決定するかもしれない試合が
キックオフしてました。

船山くんが移籍して、試合に出場するようになってから
天皇杯以外は、アントラーズと同日に試合ってなかった。
だから、セレッソの試合TVでライブで見ること出来たのに
今節はそういうわけにいかなかったんで、取りあえず
ハースタイムで、スタメンのチェックを急いでしたら
なくって・・・。
船山くんの名前がスタメンにないたらーっ(汗)
どうやらけがをしていたらしく、
ベンチスタートになったようです。

帰りのバスで、携帯電話で試合速報をチェックすると
2-0でハーフタイムに入っていた。
乾選手と、マルチネス選手が復帰ゴールを決めた。
出来れば昇格が決定する終了のホイッスルが鳴る時は
ピッチにいて欲しいと願うばかりでした。

何度か携帯電話を更新してチェックしていると、
60分 乾 貴士
60分 乾 貴士
68分 乾 貴士

乾選手のお祭りになっていました。
最近ゴールが出来ず苦しんでいたように見えたけど
大事な試合で大爆発してました。
しかも乾選手は今シーズン2回目の1試合4得点。
ものすげーことですよぴかぴか(新しい)

携帯電話更新する度に「in船山祐二」を期待し、ガッカリ。を
繰り返し、交代枠も最後の1つ。
77分にマルチネス→船山祐二ひらめき
どうにか、昇格へのホイッスルはピッチで聞けるようでした。
それでも悔しいだろうなぁって思いました。
あとは録画をチェックするつもりで、携帯電話更新終了。

家に帰りバタバタ片付けをしていたら、やべっちの時計
いやーみんなさん良い顔してましたぴかぴか(新しい)
船山くんも大騒ぎのメンバーに入ってました。
ピンクの昇格Tシャツを着て嬉しそうにしてる船山くんが
昨年のアントラーズの優勝Tチャツを着て喜んでいたのと
だぶって、なんかセンチになってしまって。
まだセレッソの試合は見れてません。

プロ3年目の船山くん。
1、2年目はアントラーズで優勝を味わい
3年目は、セレッソで昇格を味わいました。
きっと今までで1番、実感が湧いたセレモニー
だったんじゃないかと勝手に想像しています。
昇格への道のりにたくさん貢献したから、
きっと嬉しさも倍増してると思うから。
自分(達)の手で、勝ち取った昇格って思えたよね。

セレッソの昇格、おめでとうございます。

次節は優勝を左右する上位直接対決。
船山くんが最終節まで、試合に出場できるように
仙台戦で、猛アピールだ!!と、思っていたのにたらーっ(汗)
携帯電話更新を最後までしなかったから、知らなかった。
最後の黄紙を貰っていたんですよ船山くん。

何やってんのぉ〜と大きい声を夜中に上げてしまいました。
なんと仙台戦は出場停止。あり得ないってたらーっ(汗)
貰ってしまったのはもう仕方ない・・・。

残りの試合は、思いっきり戦える出場時間が貰えるように
いっぱい練習して、アピールしてください。
最後まで頑張ってほしいです。


拍手する
posted by noyama at 01:08 | Comment(2) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

[第31節 山形戦]まだまだ

ソガの仕事がないくらい、危なげない勝利を目撃してきたよ。

20091108_01.JPG
この試合に家族・親戚を招待していた興梠くん、活躍でしたぴかぴか(新しい)
なんでこの試合だったんだろう??気になるなぁ。

鹿嶋は日差しが温かくて、応援日よりだったよ。
20091108_02.JPG
山形からも、たくさんのサポーターの方がいらしてました。
浦和以外のチームで、こんなにたくさんゴール裏がうまるのを久しぶりに見ました。

アップに選手が登場
20091108_03.JPG
今日もスタメンは、浩二&満男のWボランチ、モトもスタメン復帰しましたぴかぴか(新しい)

天皇杯ではベンチ外だったイバも
20091108_04.JPG
スタメンに復帰し、日本人の79年組揃い踏みるんるん

ピッチに出てきた時から
20091108_05.JPG
篤人は笑顔が多かったなぁ。
体調が心配だったのでちょっと安心しましたよ。

キックオフ前には
20091108_06.JPG
マルキーの200試合出場のお祝セレモニーがありましたぴかぴか(新しい)
助っ人外国人選手が200試合って、ものすごいことだよね。
これからもどんどん試合数を重ねて行くマルキーに
今日も期待満タンでした。

キックオフ直後は、ガッチリ守る山形にボールの出しどころを
模索する時間も多かったけど、常にボールを支配していた。
この試合はインターセプトが幸運のパスワードだった。
少し前までは中盤でサッカーを拾えない試合が多かったけど、
攻守の切り替えが早かった今日は、中盤でかなりサッカー
拾えていた。

満男が中央をドリプルしながら、山形の選手を引き連れて
ゴール前までいった。
満男がサッカーを持つと3人くらいは必ず囲みにきていた。
でもそのディフェンスを抑えてどんどん突き進んでいく
満男の背中は、ものすごく頼りがいがった。
その動きを見ながら興梠くんも動き、その興梠くん動きを確認して
満男が絶妙なパスを送った。
落ち着いて興梠くんが、シュート!!先制点が決まった。

それからは、中盤でしっかり守備しながら、サッカーを支配して
どんどんしかけて行った。
その攻撃の多くはイバから始まったり、イバを経由していた。
裏MVPはイバ!!そう言い切れるくらい、攻守に渡って走っていた。
そして気持ちの強さをプレーで見せてくれていた。

もっともっとゴールのチャンスはあったけど、
追加点は奪えず1-0で折り返し。

ハーフタイムで他試合の結果を確認すると、
降格争い真っただ中の千葉と川崎の試合。
千葉が1-0でリードしていた。
千葉には中後くんもいるし、頑張ってほしいなぁと
こちらの試合結果も気になるところでした。

後半も前半と変わらず、攻撃の手を緩めることなくゴールを脅かしていった。
結構ラフプレーが多い試合で、ちょいちょいイザコザしてて心配でした。

興梠くんがサッカーを持ってエリア内に突入すると、後から脇腹を蹴られる形に。
なかなかカードを出さないレフリーでしたが、ココは黄紙でPK獲得。
興梠くんが奪ったPKだから、本人に蹴って欲しかったけど、
痛がる興梠くんを見つめるマルキーが、すでに準備万端グッド(上向き矢印)
蹴る方向は読まれていたものの、速いサッカーを蹴り込んだので
GKにセーブされる前に、ゴールに突き刺さっていたるんるん
マルキーの肝っ玉のすわったとこ、すごいよね。
PKから追加点を奪い2-0。

その後もチャンスはありつつも、追加点はなく2-0の完封勝利。

後半もチャンスはかなりいっぱいあった。
とんとん拍子で得点を重ねることが出来なかったのは残念。
でも、中盤でボールが持てる時間が多かったので
守備に関して危ないシーンがほとんどなかったのは◎
やっぱりそれは浩二&満男のWボランチがうまく機能してるからだと思う。

試合後のイバは
20091108_07.JPG
バックスタンドに挨拶に行く選手たちからは離れ、そのまま下がりました。
下がっていく時には、こうやってゴール裏などに挨拶をしていましたが
やっぱり、もも裏を触って、つっぱってるような感じで歩いてました。
ものすごいスピードで、ボールにむかっていってるイバを見ていたから
もも裏に爆弾をかかえていたことをすっかり忘れていた。
それくらい、サイドを走り続けていた。
どうか、ひどいことになっていないように願うばかりです。

他の選手は、盛り上がるというよりは安堵な雰囲気でした。
20091108_08.JPG
タクさんは、後ろ向きなバックパスをすることも多かったけど
振り向きざまにシュートって、攻撃的に出たりとバランスを
考えてプレーしてるのか??微妙な感じでした。
またまたキッチリと袖をまくってましたよ。
なぜかとても気になる腕まくり。

もちろんMVPは、興梠くんぴかぴか(新しい)
20091108_09.JPG
終盤にむかって、調子がグッド(上向き矢印)ってきたのは、とてもとても頼もしい。
残りの試合もガンガンシュートを蹴って、
今年の目標の背番号と同じ「13」ゴールを決めて欲しい。
きっとそれはアントラーズの優勝にとても必要なものだと思いました。

千葉vs川崎は、2-2と踏ん張って追いついた千葉が
ロスタイムに川崎に得点され3-2で川崎が勝利しました。
これで千葉のJ2降格が決定し、川崎は首位を守りました。

アントラーズは3連覇を信じて勝ち続けるしかないexclamation×2
だから、私も信じて応援します。
拍手する
posted by noyama at 23:11 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。