2009年10月31日

[天皇杯 アビスパ福岡戦]タクさん活躍

アントラーズにとっての天皇杯2戦目、
アビスパ福岡戦に行ってきたよ。

20091031_16.JPG
危なげない試合でした。

20091031_01.JPG
試合前、落ち着いた良い雰囲気。

前半はボールを支配し、いつ得点が入っても良い雰囲気があった。
先制点は、興梠くんの右足から生まれた
タクさんが、ゴールラインギリギリまでボールを持ちこんで
ラインの上なんじゃないか??ってとこで、低いパスを出した。
そのボールを混雑の中で、シュート。
ゴールだとわかった時には、
ザザザーって芝を滑った音が聞こえるような、
頭からスライディングしたようなかっこで、興梠くんが倒れていたとこ。
20091031_02.JPG
FW2人のこの姿、今日も見られましたぴかぴか(新しい)

2点目は、タクさんの足技。
思いっきり蹴り切った豪快なシュートが、ゴール吸い込まれていったよ。
焦らなければ、蹴りたいとこに蹴れる技術を持っている選手だもん。
さすが、タクさんるんるんってゴールでした。
20091031_03.JPG

20091031_04.JPG
自分のことのように喜ぶ興梠くんのこういうとこ、良いなぁって思います。

20091031_05.JPG
タクさんも、嬉しそうだったよ。

その後もアントラーズ優勢に試合は進み、
タクさんのCKをダニーロがヘディングシュートー(長音記号1)で3点目。
20091031_06.JPG
このあと、ゆりかごパフォーマンスをダニーロはしていました。
すご〜く嬉しそうでしたね。

3点リードで前半終了。

ハーフタイムが終了して、選手がピッチに出てくる時って、
決まって、タクさんとイバが遅い。
イバは太もも裏の状態が良くないようですね。
残念ながら、メンバーから外れていました。

20091031_09.JPG
そのイバがいないからなのか、タクさん珍しく早く姿を現しましたひらめき

20091031_10.JPG
この満男を見て、得点差は関係なく、後半も戦うって気持ちが伝わってきました。

後半が始まると、得点を取りにきた福岡がボールを支配し始める。
ただそれは、ボールを持っているという時間で、
ゴール前での危ないシーンは、ほとんどなかったと思う。
本来の安定したディフェンスが戻ってきていた。

20091031_12.JPG

浩二くんがボランチに入ったことで、満男の攻撃参加の時間も増えたと思う。
がむしゃらにボールを追いかけディフェンスに走る満男の姿にはいつも感動する。
でもそればかりに追われて、攻撃への仕事が出来なくなっていた気がする。
だけど、浩二くんが入ったことで、満男は自由に動ける時間が
できたんじゃないかと感じました。違うかな・・・。

後半も3点は取れるんじゃないか??と期待していたけど、
押せ押せの空気はそれほど感じなくなっていった。
残り15分を過ぎると、選手交代開始。

マルキーout→大迫くんin 
20091031_13.JPG
いつもほど、ゴールのニオイを感じなかったマルキー。
興梠くんとも動きが合わなかったのか、何度かコンセンサスを
取り合う姿も見ましたよ。

ダニーロout→誓志in
20091031_14.JPG
活きの良い動きで、入って行きました。

満男out→青木くんin
20091031_15.JPG
満男と青木くんが交代になるとこ、初めて見た気がします。
浩二くん、満男、青木くんと3人のボランチをうまく組み合わせて行くのが
今後のチームのパスワードな気がしました。

3枠の交代枠を使い切り、危ないシーンもそのままなく、
3-0で、勝利でしたぴかぴか(新しい)

前半3点を奪ったことで、後半は無理する必要はなくなりました。
それでも後半何点か積み重ねて欲しかったというのが本音です。

20091031_17.JPG
20091031_18.JPG
試合後、選手の和やかなお顔、やっぱり勝利が1番の特効薬だぴかぴか(新しい)

久しぶりの試合となった篤人は、前半はパクチーとのバランスを
考えてなのか、あんまりサイドを上がっていたイメージはなかったけど
後半には、長い距離を走ってチームの攻撃リズムを作っていました。
20091031_11.JPG
でも、この細さがとても心配になる時があります。

最後に久しぶりに、タクさん。とても気になったことがありました演劇

前半は
20091031_19.JPG
右側の袖

後半は
20091031_20.JPG
左側の袖

片方だけをきちんと、まくってました。
グルグルってまくし上げてるんじゃなくて、折ってあげてました。

なんで、片方だけなんだ??

きっと暑くて上げてるんだろうから、後半は半袖のユニかな??って
予想していたのだけど、完全に予想は裏切られ、
今度は逆側の腕をまくっていましたよ。
バランスでもとっているんか??
相変わらず、不思議タクさんでした。

欲を言えば、もっと得点が取れる試合だったと思う。
でも、興梠くんの調子も上がってきたと思えるし、
ディフェンスも安定していたし、良いことをたくさん感じた
嬉しい試合でした。

元旦は国立が合言葉です


拍手する
posted by noyama at 22:47 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

[フナ]すっかり馴染んでいた〔vs横浜FC_A〕

国立競技場に行ってきたよ。

20091025_01.JPG

船山くんの戦う姿を、生で見られて良かった。
熊本戦でスタメン出場して、3試合連続で黄紙貰っていたから、
もう1枚貰ったら、出場停止になってしまうので、心配していました。
セレッソは、レギュラーとサブは試合によって変動があるので
1試合でも休んだら、命取りにもなりかねないよ。
このまま4枚目を貰わないまま、連続出場を続けてシーズンを終えて欲しいよ。

久しぶりに戦う姿が見られたので、
いつもにも増して船山くん中心のレポになっちゃいます。
それでも良かったら、どんどん覗いてってくださいなぁ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

指定席でもメインスタンドってことだけの自由席なので、早めに向かった。
席を選んで「早く来すぎちゃったかなぁ」って、思っていたとこに、
ピッチコンディションを確認に、選手がぽろぽろと出てきた。

少しすると
20091025_02.JPG
香川選手と一緒に、こんな感じで出てきたよ。

20091025_03.JPG
香川選手は、手(パー)でピッチの感触を確認してるように見えました。
船山くんは???

20091025_01.JPG
控室に帰りがけに、監督と談笑してました。
スパイク2つひらめき
ピッチにしゃがんでやっていたのは、どっちのスパイクにするか
感触を確かめていたんだなぁ。と妙に納得した瞬間でした。

雨降ってなかったけど、秋とは思えん寒さで、早く出てこーい選手!!

20091025_05.JPG
サポーター席はゴール裏ではなく、バックスタンドの端になっていて、
アップに出てきた選手たちは、そちらに挨拶に行きました。

すぐに円陣パスが始まって
20091025_06.JPG

サポーターさんから、
「XXXXX〜フ〜ナ〜ヤ〜マ〜るんるんるんるんXXXXX」前後は聞き取れなかったけど
確かに曲の中にフナヤマって言ってたようなぁ。。。と半信半疑だったけど

20091025_07.JPG
やっぱりひらめきひらめきひらめき 船山くんの応援ソングるんるんでした。
すごいなぁぴかぴか(新しい) 感動しました。

応援ソングの後には「フナヤマ、オレるんるん フナヤマ、オレるんるん
20091025_08.JPG
これも船山くん用のコール。
もうすっかり、サポーターさんに認められた証拠グッド(上向き矢印)

そしてまたまた
20091025_09.JPG
リフティングされていましたよ、相変わらずうまかった。

アップ時間が終了して控室に戻る時に
20091025_10.JPG
知り合いを見つけて、嬉しそうだった。

20091025_11.JPG
またまた人気でした石神くん。

今日もベンチスタートの香川くんは、スタッフさんと一緒に
サッカーの片付けをお手伝いしてました。
20091025_12.JPG

選手入場の時には、かなり厳粛な曲が流れて、厳かな空気になりましたよ。

20091025_13.JPG
船山くんは、リラックスムードで、良いお顔をしてましたね。

20091025_15.JPG
香川くんは、こちらで戦況を見守ってます。

20091025_16.JPG
ハネケンもすっかりキャプテンなんですよね。
船山くんと何やら打ち合わせでもしてる感じでしたが・・・。

またまたキックオフまで、前置きが長くなりました<(_ _)>

試合が始まると最初のセットプレーで、カイオ選手がヘディングシュート。
これが、キレイにゴール角に。アッサリと先制点を決めてくれました。

20091025_17.JPG

セットプレーの時は、カウンター要因で残る役割の船山くんは
喜びの輪にたどり着くのに、遠いー。

20091025_18.JPG
みんな良いお顔してましたよ。

そしてその後すぐに。
ゴール前での混戦から、チエゴ選手がシュートしたサッカー
ラッキーなオウンゴールになって、追加点!!

20091025_19.JPG

まだまだどんどん得点が取れるんじゃないか!!と期待しちゃうグッド(上向き矢印)
めちゃくちゃ良い出足でした。

が・・・。レフリーがねぇ。なかなかどうして。
20091025_20.JPG
わかるんですよ。
セットプレーは試合で大事な場面だっていうのは。
でも良くわからない意味、壁の位置にめちゃこだわってて。
何度かこういうシーンがあったんですが、監督さんが
ピッチに入っていっちゃうくらいの勢いで憤慨してました。
通訳さんが、めいいっぱい手をひっぱって監督がピッチに
飛び込んで行くのを必死で制してました。通訳さんも大変です。
そのまま2-0前半終了。

後半スタートから、
20091025_21.JPG
香川くん投入。

20091025_22.JPG
後半スタート前も、良い雰囲気でした。

横浜FCは早い時間にまず1点と、前がかりになってきて。
危ない場面も何度かあり、GKのナイスセーブがあったり
ディフェンダーが落ち着いてクリアしたりして、ゴールは
させなかった。
前がかりになっている分、セレッソにもチャンスはいっぱいあった。
だぶん、前半後半とももっともっと得点が取れた試合だったと思う。
触れば・・・ってシーンが結構あって、ポジショニングや冷静さって
大事なんだって、再認識できたよ。
ゴール裏から見てることが多いので、選手の動きが横では見られない。
縦だから、距離間とかわかりづらかったりするから。

途中交代で、マルチネス選手が投入されるのが見えた時
これは船山くんと交代なのかな??とちょっと覚悟したのですが、
乾選手との交代でした。
20091025_24.JPG
出場停止明けだった乾選手は、納得のいかない試合になったかもしれません。

マルチネス選手が入る時に、船山くんが自分のポジションを確認してました。
どうなるんだろう??と見ていたら、マルチネス選手がボランチに、
船山選手が1つ前のポジションに入っていたように見えました。
より攻撃的なポジションに入って、ボールを押し上げていました。
前に、マルチネス選手が戻ってきたら、船山くんはどうなるんだろう??
って書いたことがありました。出来れば共存は出来ないのか??とも。

2人のバランスなかなか良かったと思います。
マルチネス選手と船山選手が両方いることで、どっちかがボールを
経由することで、攻撃の幅も広がるし、ボールも落ち着いてました。
(ちょっと贔屓目だったらすいません)

両チームにも得点が入らないまま、もう終了間近って時に
やっぱり、決めるんですよ!! 香川選手。
簡単なコースではなかったと思うのになぁ。

20091025_25.JPG
ダメ押しの3点目を決めてくれました。

3-0で、危なげない勝利でした。

20091025_26.JPG
試合後、やっぱり仲良く話してましたよ。

20091025_27.jpg
みんな良いお顔でした・・・

これで次節勝利すれば、昇格決定です演劇
でも昇格というより、完全優勝を目標にしてるチームなので、
気を緩めることなく、戦っていくチームだと思います。

20091025_28.jpg
ステキなお顔をたくさんしてました。

ヴェルディ戦では、まだまだって消化不良な気持ちになったけど、
もうすっかりチームにフィットしてて、活かし活かされてました。
ちょっとミスもしてたけど、縦のパスにはやられますね。
ハードワークもしてるけど、最初の頃のように無理に奪いに行くって
無茶はしてませんでした。どんどん成長していますぴかぴか(新しい)

このまま昇格は間違いないと思います。
船山くんが初スタメンから、まだリーグは負けなしです。
船山くんだけの力ではないけど、役に立っているのは
間違いなしの事実。
シーズン後、船山くんはどんな答えを出すのか
そろそろ気になり始めた、管理人でした。

長々お付き合い頂き、ありがとうございました。


拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(1) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

[第30節 千葉戦]快勝

良かった良かったと終わってみれば、ホッとした試合でした。

20091024_08.JPG

が、管理人にはちぃと複雑な試合でもありました。

20091024_05.JPG
今日の対戦相手は降格争いの真っただ中のジェフ千葉。
たくさんのサポーターさんが、いらしてました。
東京駅のバス乗り場も長蛇の列が出来ていました。

20091024_01.JPG
そう、今シーズンから中後くんがR移籍したチームであり、
深井くんが完全移籍したチームでもあります。

中後くんは監督が変わる前、出場チャンスに恵まれていませんでしたが、
新しい監督になってからは、コンスタントに使って貰っていました。
敵チームとして初めて、カシスタにやってきた中後くんに複雑な気持ちでした。

もちろん敵ですパンチ
この試合には絶対に勝利なんだ!!とアントラーズを応援する気持ちは、
いつもと変わりませんでしたよ。

アップに選手たちが出てきて、興梠くんのコールが始まると
20091024_03.JPG
と、いつものようにゴール裏に挨拶をしてくれました。

興梠くんは愛され選手だなぁって、スタジアムくるといつも思う。
アップの時のコールも多いし、試合で交代する時にもコールされる。
期待度が高いのもあるし、ちゃんと毎回って言っていいくらい
こうやってサポの声に応えてくれるから、応援しがいもあるよね。

その興梠くんが、久しぶりにやってくれましたねexclamation×2
キックオフ直後、千葉の猛攻撃で冷や汗もののいやな空気だったけど
満男が中盤くらいのとこでインターセプト、それに反応して興梠くんが
動き出してたのも良かった。2人の力がマッチして先制点を奪ったるんるん
ゴールが決まった瞬間は、久しぶりに嬉しい発狂しちゃいました!!
興梠くんは腕をグルグル回して喜びを爆発させてて、
他の選手もどんどん祝福に走っていってたよ。

ここで安心をしないで、集中!!
サポの想いは、ちゃんと選手に届いてて、すぐに追加点グッド(上向き矢印)
興梠くんが持ちこんで、マルキーがシュートぴかぴか(新しい)
コレコレコレ!! FWコンビのゴールが見たかった!!
このゴールを得て、やっと暗闇から抜け出したような気がした。

前半はそのまま終了。
後半も、千葉にチャンスをそんなに与えることもなく時間は進む。

今日のスタメンに青木くんの名前がなくてビックリした。
確かに今シーズンは昨シーズンに比べて、
コンデションは良くないようには見えたけど。
オリヴィラ監督が青木くんを外すことは考えにくかったから。
でも前節の満男が2列目よりも、浩二くんと満男のWボランチの
布陣の方が、中盤が安定するんじゃないかとは思った。
2列目はモト&タクの相性は良いし。
実際、満男と浩二くんのWボランチはバランスが良かった。
浩二くんが中盤にいることで、満男が少し前目で安心して
プレーしてるように見えた。
大樹が攻撃的に前に行けば、浩二くんがDFに下がっていた。
チャンスと見ては、浩二くんもゴール前に上がれる。
モト&タクや伊野波くんが空いてしまったスペースを
うめる動きもしっかりしていて、最近見なかった攻撃だけじゃなく
守備も含めた連動がちゃんとしていた。

時間もなかばを過ぎたことで、興梠くんoutタッシーin。
タッシーも苦しいシーズンが続いている。
そのタッシーが、投入されてすぐにチャンスがやってきた!!
サイドよりに抜けだして、ドリブル。GKが飛び出してきたとこを
狙い定めてシュート!!
ゴール裏にむかって、胸を叩く姿を見てジーンとした。
このゴールパフォーマンスをもう暫く見ていなかったなぁ。
本人も嬉しそうだったけど、他の選手が自分のことのように
喜んでいたのが、印象的だったなぁ。
みんなタッシーが苦しんでるのを見ていたからだと思う。
やっぱり、チーム愛だなぁ。
このゴールがきっかけになって、残りの試合のタッシーの
奮起に期待したいよぉ。

このゴールは勝利を決定づけるものだったけど、
その後もゴールを狙い続ける姿が、良かった。
そのまま3-0で、勝利。

終了のホイッスルは、アントラーズに歓喜をジェフ千葉に沈黙を与えました。

先制点、2点目を早い時間に決めてくれたので、
選手の動きなど冷静に見ることが出来ました。
タッシーのゴール、直前でディフェンスにいったのは中後くんで、
その中後くんをかわしてのゴールだった。
中後くんは、途中交代でピッチを後にしました。
その背中を見るのは、辛かった。
試合中、中後くんはかなり後ろ目に位置してました。
ボールに触る回数がかなり少なかったように思います。
それでもボールを蹴る精度、パスのタイミングは
変わらないなと思った部分もありました。
自分の可能性を信じてR移籍に踏み切った中後くんも
苦しいシーズンになっているようでした。

試合後、勝利インタビューは興梠くん。
20091024_09.JPG

インタビュー後は、こうやって選手たちと挨拶しながらゴール裏へ

20091024_10.JPG

やっぱり試合後は、こうやって選手と一緒に喜び合うのが1番。
出場したFW3人が全員ゴールと、完封勝利。
絶対3連覇!!
そう、また強く信じられる試合でした。
拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

[フナ]FW起用もありなんだ〔vs徳島ヴォルティスA〕

J2は、どんどん試合がやってくる。
J1も上位が大接戦だけど、J2も同じく、
毎試合の結果が順位に響きます。

今日は鳴門・大塚ポカリスエットスタジアムでの試合でした。

キックオフにはTVの前に滑り込むべく、仕事を片付けたいのに
なんだか今日は、色々と邪魔が入って中々進まんかった。
やっと手が空いたので、ちょっとスタメンを調べてあんぐりダッシュ(走り出すさま)

GK、DF、MFと見ていて、名前がないexclamation×2
今日はとうとうスタメンじゃなくなったかぁ。と
FWの名前を見ると「船山祐二」ってひらめき
えらいこっちゃ。
見つけた時は、汗出てましたよぉ。

選手のけがなどで厳しい台所事情。
前節でのゴールが認められたからなのかはわからないけど
得点能力を期待してだと思えるFW起用されました。
それ知って何だか心配になって、急いで会社を飛び出したよ。
それでも家の着くには、キックオフを少し過ぎてから。
焦って焦って急いで、追っかけ再生TVにかじりついた。

カイオ選手の1トップの下の2シャドーの位置に入ると
スカパーのフォーメーションでは表示されてました。
試合が始まって見るとがっちり前目って感じはなくって。
たぶん自然と下がっててしまってるように見えた。
2列目で得点を獲れる選手で、経験はあるとは思うけど
1.5列目は、0.5違うだけでも、役割はだいぶ違うから
難しかったと思います。前に出てくタイミングとかね。

それでもカイオ選手とも1、2で、ゴール前に抜け出した時は
これは行けるって思ったんだよなぁ。
軸の足を踏ん張れれば、ゴール出来たと思うのに。
ぐちゃーってなってしまった分、ゴール横にすぽ抜けてしまった。
くぅー惜しかったし、決めなきゃいけなかったよ。

前半のチャンスと言えば船山くんのこのシュートくらいだったような。
3クールになるとお互いの戦い方を知ってるし・・・。
ハードワークの戦いでしたね。
どちらかのチームが一瞬でも隙を見せると、
攻撃され、守られ、の一進一退。
キッチリ守備られて、前線にボールを入れることが
出来ないまま前半終了。

後半は予想してた通り、香川選手を投入、
船山くんは、ボランチに下がりました。
これで少しは流れは変わるかぁと期待したけど、
思っていたほどの変化はなく、
香川選手がボールに触るチャンスが少なくて、
焦りみたいなものを感じたよ。珍しい。

それでも後半のラストは、猛攻撃で。
何度か、これは!!っていうのがあって、
こぼれ球の位置にいたら、1点だったのに。
そのままタイムアップで、終了でした。

スコアレスドロー。
上位の仙台と湘南が勝利したので、勝ち点差が2に。
負けてはないけどこの勝ち点1が、この後の試合に
重くのしかかりそうです。

アントラーズと一緒にするのは違うと言われるかも知れませんが
勝利することも、優勝することもたやすいものではないですよね。
次節は、両チームともの勝利を目撃したいとたくらんでいます。

船山くんは後半になると疲れのせいなのか、
パスミスが目立つように感じるのは、私だけかな。
気のせいだといいなぁ。
FW起用はなかなか厳しいものだったと思うけど、
期待されてるんだなぁというのがわかってちょっと安心しました。



拍手する
posted by noyama at 23:11 | Comment(0) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

[フナ]ミドルシュートでゴール!!〔vs愛媛FC〕

リーグでは9試合負けていなかったセレッソが、
天皇杯でアマのチームに負けた。
それがどれくらいの後遺症になっているか、
気になった試合。

まだまだセレッソというチームのこと語れるほど
知っているわけではないけど、スタメンを見ただけで
チームの苦しい選手事情がわかった。

チームの中心選手の香川選手はけがの具合が
まだ完全ではないようで、ベンチスタート。
乾選手は累積欠場。
カイオ選手はけがを抱えたまま、強行出場。
攻撃陣には初出場、今期初出場、18試合ぶりと
新しいメンバーを送り込む必要があった。

試合は厳しいものでした。
やはりコミュケーションという部分ではまだまだで。
意思の疎通が足りない分、ミスが目立ってました。
しかも相手GKは、昨シーズンまでセレッソに
在籍していたらしく、セレッソ選手のプレーは
知り尽くしてるようでした。

それでもシュートまで何度か持って行くことは出来た。
TVだとゴール前にボールが来ると、その周りしか見えない。
中盤の動き、後から飛び込んでくる選手が見えないのが
状況がわからなくて、イライラしちゃう。

サイドからチャンスボールがゴール前に上がって
でも相手の壁がすぐそこに迫って、後にパスした。
そこはスペースがあって
「フナーこい!!」って、またお得意の大声で叫んだら
TVに飛び込んできた船山くんが映り出されて、ビックリした。
そして、スペースにうまく入って行って、ミドルシュート。
空気を切り裂くようなボールがゴール右上に突き刺さった。
欲しくて欲しくてたまらん先制点は、フナの足から生まれた。

そりゃーそりゃー、チーム全体が大喜び。
先日ハネケンに赤ちゃんが生まれたばかりなので
みんなで「ゆりかご」パフォーマンスが、ステキでした。

これで少し落ち着くかな??と思ってましたが、
流れは行ったり来たり・・・。
そして、同点ゴールを決められてしまう。
悪い流れを切ってくれたのは、藤本選手のゴール。
船山くんのセレッソでの初ゴールの試合も、
2点目は藤本選手でした。なんかいい感じです。

後半も、ところどころでミスが出てました。
前線での攻撃も単調にしかならず・・・。
そんな時、香川選手の投入。
香川選手が入るとやるべきことが統一されたように
前でボールが落ち着くんですよね。
香川選手の技術もすごいんですが、ボールが
なんでか香川選手のもとにくるって感じがする。
勝利を決定づける3点目を決めちゃうあたりがさすがです。

3-1で勝利しました。

勝利インタビューはゴールを決めた3人で、
船山くんは、自分のゴールを素晴らしいと言いながら
もう出来ないっすっと、謙遜して恥ずかしそうに話してました。
活躍が嬉しく、目の前で見られないことがちぃと悔しい。

きっときっとアントラーズにあのままいたら、
得られないような経験をしてて、成長してる。
だからとてもイキイキしてる船山選手を
見るとこができて嬉しいです。

あっ、試合には関係ないですが、
黒髪にしてる船山くんを初めて見ました。
とても新鮮でしたー。


拍手する
posted by noyama at 21:25 | Comment(0) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

[第29節 磐田戦A〕吉とでるか凶とでるか

3連覇するには、今日は絶対に勝利して勢いに乗りたい。
今まであんまり布陣を変えなかった監督が、
勝負に出たと思えるスタメンだった。

興梠くんが累積欠場ということもあり、大迫くん。
ボランチに久しぶりに浩二くん。
そして、満男が2列目をやってたことなんて
はるか昔の記憶になっていたよ。

私がアントラーズを応援するようになった時、
ボランチと言えば浩二くんで、助っ人選手とWボランチ。
年月が過ぎて、青木くんの不動のポジションになっていた。

久しぶりのこの布陣が吉と出るか凶と出るか。

前半、完全に磐田ペース。
前線にボールが入ることも少なかったから、
シュートもほぼ蹴れてない。
マルキーが下がり、大迫くんが孤立。
満男の2列目も、活きてない。
満男が前目にいる分、中盤からディフェンスのバランスも悪い。
最終ラインが安定しないと両サイドも上がれない。
攻撃に厚みが出ない。
TVで見る限り、何かのきっかけがないと、やばい雰囲気でした。

後半、大迫くんに代わってタッシーが投入された。
磐田ペースは変わらない。
セカンドボールが取れない、前線でボールが持てない。
そんな試合展開だったから、モトを出せぇ!!って大声出してた。

その後早い時間にダニーロと誓志をピッチに送り出した監督。
疲れてくる時間に誓志の動きは効きそう。行けー誓志!!
叫ばずにはいられませんでした。

この交代によって、満男がいつものボランチに。
すると中盤でボールが落ち着き、散らせることが出来るようになった。
タッシーも役割を果たき動きをしていたし、何より誓志が躍動していた。
完全にアントラーズの押せ押せの時間になった。
あと1歩ってとこまでは行った。
でも、ゴールを奪うことは出来なかった。
ソガの頑張りで、ゴールを奪われることもなかった。

そのままスコアレスドローで終了。
残りの試合数を考えたら、勝利しなきゃいけない試合だったと思う。
布陣を見たら監督にも迷いが出てきたように感じたし、
選手にも自信を感じられなかった。

うーん。うーん。うーん。
唸っていても、信じて応援するしかないよね。
拍手する
posted by noyama at 22:07 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

[日本代表]新旧融合〔vsトーゴ代表〕

スタメン知って、アントラーズ戦士がいなくてちょいガッカリバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ベンチにはいるのぉ〜って。
なかなかベンチメンバーの紹介がなくてむかっ(怒り)した。

この前の試合で大樹は高評価だったと思うのに、
ベンチにも入っていないのは、チェッだよ。
右サイドは徳永選手が秘密兵器みたいな記事を
見ていたので、やっぱりかぁって。

それでも森本選手と岡崎選手の2トップ。
得点力に期待大で見始めました。

そして、その期待にアッと言う間に岡崎選手が応えてくれました。
ポンポンって2得点。
それを追うように、森本選手がゴール。
前半10分くらいで、2トップで3ゴール。

トーゴが2軍メンバー中心ということで、力の差があっても
得点を獲るというのは簡単なことではない。
天皇杯とか見ててホントそう思う。
得点を獲った2トップもすごいけど、
クロスを上げる側のクロスのスピードがものすごい。
ずっと練習してきたことらしいけど。
みんなが同じ理解で動かないと難しいだろうなぁって思う。

前半ポンポンってゴールを奪ってから、少し落ち着いてしまったなぁ。
後半最初から、篤人・本田圭・大久保の3人が投入された。
本田圭は俊輔と交代したのかと思ったけど、ヤット選手とだった。
マスコミがあおる、俊輔と本田圭関係。
話がウソでもホントでもピッチの中ではしっかりと感じ合っていた。
あれだけビックマウスをしてれば、外してはいけない。
そんな立場に自分で自分を追いこんでる本田圭を嫌いじゃない。
でもあの俊輔からのボールは決めなきゃいけなかったよね。

後半も、これぞ岡崎っていうヘディングゴールを決め、
またまたハットトリック。すごいって認めざるを得ないよね。
そして、本田圭のゴールで5点。
またまたごっつあんゴールに見えるけど、あの位置にいるって
それがゴールのニオイを感じるってことなのかな。

これっという、危ないシーンもあんまりなかったので、
ディフェンス面では確認なんかは出来なかったとは思う。

岡田監督が他のチームより1km以上を多く走らないと
日本は勝負にならないってような話で、走行距離に目標数字を
立てたらしく、TVでは時折、全体の走行距離と選手ベスト3が
表示され、紹介されていた。
両サイドバックがそりゃートップだろうって考えるよね普通。
長友選手は予想通りトップ。
でも2位は長谷部選手で、3位は中村憲選手だった。
これにはちょっと驚いた。
長谷部選手は目立たないとこで、しっかり仕事をしてるんだなって。
ボランチの選手ってそういう仕事なんだって改めて数字見て思った。
徳永選手は入っていませんでした。
この数字を見ていたので、後半は篤人かもってなんとなく思ってた。

その篤人。後半直後はクロスの速いの上げてました。
さすが篤人って思わせてくれましたが・・・。
次第にボールに触ることが減って行きましたよね。
最近の篤人は、ちょっと攻撃にも迫力が感じられず・・・。
あのサイドをかけ上がって、精度の高いクロス上げちゃう
元気な篤人がいっぱい見たいなぁ。
これでチームに戻って、リーグ・天皇杯とグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)して欲しいです。

代表はやっぱり個のレベルが高いなぁって。
誰が交代で入っても、同じ動き攻撃ができるのは
やっぱりすごいと思いました。

新旧の融合かぁ。


拍手する
posted by noyama at 22:20 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

[天皇杯 アルテ高崎戦]勝利するのは簡単じゃない

天皇杯の初戦は、難しい。
そんなイメージはあったバッド(下向き矢印)
けど16分の再開試合を得て、
気持ちの切り替えと勝利への執念を感じたから、
大勝での勝利もあるなぁって、グッド(上向き矢印)の気持ちと
不安と期待の天皇杯初戦でした。

久しぶりにメイン側(S席)で、応援してきました。
20091011_04.JPG
ゴール裏いっぱいに広がるビックフラッグに、気持ちも高鳴りました。

アップに登場した選手たち
20091011_02.JPG
タクさん、丸めたTシャツを全く見ないで、投げてはキャッチしてて。
手(パー)も器用なんです!!

そろそろゴールが見たい!!
20091011_03.JPG
興梠くんイイ笑顔してましたー、期待大になった

アップを終え登場した選手たちは
20091011_01.JPG
みんな気合いの入った顔をしていたよ

試合が始まると、完全に引いた高崎に攻め手が、見つからない。
ボールを持つが回してる状態が続いた。

リーグでもそうだけどアントラーズと戦うときのお決まりの戦術
「引いて、カウンター狙い」を気持ちイイくらいしっかりとこなされていた。
サイド攻撃を仕掛けても、ゴール前をしっかりと固められてて
そこから、パス大会になってしまっていた。
ボールがなかなか触れない、マルキーが中盤に下がってくる。
前線と中盤の距離が出来る。中盤でボールが持てない。
そんな時間も続き、シュートに持って行くことも難しかった。

ピッチの色々なとこで
20091011_05.JPG

選手たちがコンセンサスをはかるべく、話をしている姿を見ました

20091011_06.JPG

何とか打開しようとしていた。
それでもガッチリ固まった守備から、何回もチャンスを作るのは難しい状況だった。
そのまま時間だけが進み、もしかしたら延長??
そんな弱気な気持ちになりそうな時に、選手交代によりポジション変更で
右サイドバックに入っていた青木くんがとドリブルで駆け上がり
ゴール前へクロス、それに反応したマルキーがヘディングシュート。
これが、グッサっとゴールに突き刺さり、欲しかった先制点が決まったよ。

20091011_07.JPG

それまで動きがあんまりなかったので、急な展開に呆気に取られたよ。
久しぶりの先制点。
JFLチームvsJ1チームと言うことを考えたら、残りタイムが少しでも
どんどんゴールを狙って、得点を重ねて!!って思ったよ。
でも相手チームだって追いつく為に必死だから、
守備を重点に行くことが勝利への道。
簡単にはチャンスは作れなかった。

追加点も、相手に得点を与えることなく終了のホイッスルが響きました。
「何とか勝利」そんな言葉がしっくりくる試合だったと思う。

試合中に足を痛めたように見えた興梠くんは
20091011_08.JPG
試合後の挨拶に出てくる時も足を痛そうにしてたので、心配です。
横でパクチーも心配してました。

ピッチでは
20091011_11.JPG
大谷選手との再会の握手を誓志やモトがしてました。

アルテ高崎のキャプテンマークをしていた「10 大谷 昌司」は
2002年〜2004年まで(正確には2005年はR移籍でアルビ新潟)
アントラーズに所属していた選手です。
なので顔見知りの選手もたくさん。

20091011_12.JPG
もちろん、タクさんとも。
懐かしい再会をしてるようでした。

その後タクさんは、田中翔太選手とも親しげにお話をしてました。
田中翔太選手は鹿島アントラーズユース出身でした。

アルテ高崎の選手たちが、アントラーズ側のゴール裏へ挨拶にきた時は
「アルテ高崎」コールで迎えて、そして戦いを称えていました。
その後に久しぶりにカシスタに帰ってきた大谷選手へ
20091011_13.JPG
「大谷コール」も起こりました。
みんなチームは違くなってしまったけど、サッカー、戦っているんだよね。

アントラーズの選手たちは
20091011_09.JPG
興梠くん、ユニが消えています。
アルテの選手に「ユニください」ってお願いされたようで
照れくさそうに脱いで渡してあげてました。
交換じゃなかったです。

20091011_10.JPG
どの選手も納得している顔は、していませんでした。
思うような試合ができていないという、悔しさ。
その気持ちが、今後に繋がると思えました。

久しぶりに勝利をしたこと、目撃できたこと、良かったです。


拍手する
posted by noyama at 23:56 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

[日本代表]新戦力発掘〔vsスコットランド代表〕

10/08(木)にアジア杯最終予選の香港戦を戦ったばかりなんだよね。
TVでの放送がなかったし、アントラーズの選手たちもお休みだったから
忘れがちだけどさ。
岡崎選手のハットトリックなどで、大勝だった!!
ゴールへの意識が高いよね。すごいなぁ。

その試合から、中1日ということもあってか、メンバーが大幅に変更されていた。
岡田監督も「新戦力発掘」を掲げていて、大樹の代表デビュー戦となりましたぴかぴか(新しい)

前半は押し上げがなかなか出来ず、攻めあぐねてましたよね。
終了間際になってやっと良いリズムにはなってきたなぁ。
後半スタートでは選手交代はなかったけど、早い時間で森本選手を投入。
スタジアムのわき方からしても、森本選手への期待大でしたね。

その後、攻撃的布陣にしながら守備も安定できるような、
交代をジャンジャンしましたね。
篤人と徳永選手の交代は残念でした。
前半はサイドを掛け上がるシーンも、ゴール前への良いクロスを上げてたけど
後半はなかなか上がる姿が見られなくて、まだ調子全快ではないだろうなぁ。
交代で入った徳永選手は、身体の強い運動量が豊富な選手。
右サイドのレギュラー争いも厳しくなってきていますね。

個人的には、前線にワクワクする選手がいっぱいで、好きでした。
森本選手、本田(圭)選手、大久保選手、そして大ちゃん(松井)。
大ちゃんは出場時間は少なかったけど、今まで出場した代表の中で
1番らしさが出ていたと思う。
最後にゴールを決めた本田(圭)選手。
やる時はやる選手なんだってことはわかります。
でももっともっとオレオレオレとするかと思っていたのに
攻撃力としては、もの足りなかったような・・・。

オウンゴールと本田(圭)選手のゴールで2-0で勝利を飾りました。
試合後の岡田監督のインタビューでは森本選手・石川選手と共に
大樹の名前をあげて、自分達の特徴を出してくれたと合格点を
貰っていました。
身体の強いとこ、セットプレーでの高さを見せていましたね。
若干、強くいき過ぎて心配になる場面もありましたが、
デビュー戦にしては固くもならず、‘らしさ’を出せていたと思いました。
今後、ナカザ選手・闘莉王選手の2強に割って入って欲しいです。

新メンバーとレギュラーの融合は、まだバッチリという感じではなかったですが、
新しい形が何かを生んでくれそうな匂いはしました。
またメンバーを固定しないことが、選手のモチベーションに繋がれば良いですよね。

次はトーゴ戦。
どういう布陣になるのか、ちょっと期待・・・ちょっと心配です。
拍手する
posted by noyama at 22:09 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[フィギュア]高橋大輔復活

ウィンタースポーツの季節がやって来ました!!
待ちに待った大ちゃん(高橋)復活のシーズンがやってきましたよ。

「2009-2010シーズンのグランプリシリーズ」にエントリーしたことを
知った6月からずっとずっと大ちゃんの復活を待ってました。
先月くらいからTVで、氷上に復帰するまでの大ちゃんの特集が
いっぱい放送されてました。
手術からリハビリを経て、氷の上に立つまでどれほどの
道のりがあったか、知らなかった「高橋大輔」を知ることが出来ました。

そして先日久しぶりにアイスショーに登場して、人前で演技を披露しました。
TVで放送してくれたので、ワクワクしながら、ドキドキでした。
曲が流れ出して滑り出した途端に、ジーンと胸が熱くなりました。
そして3回転をなんなく成功させた時、たまらず涙涙涙でした。
最後まで引き込まれる素晴らしい演技でした。
けが前よりひざの稼働率が広くなって演技に幅が出来たと
大ちゃんもいってましたが、ウリのステップも素晴らしかったけど
スピンの速さが増してたし、種類も増えていました。
この選手はどんだけ精神力が強いんだと感動しました。

そんな大ちゃん。今まさに戦っているんです!!
9日からフィンランドで開催されている「フィンランディア杯」に出場しています。
オリンピック代表選手が決まる大事なシーズン。
少しでもポイントを稼ぐための大会出場のようです。

悲しいことにTVでの放送がないので、スポーツニュースだけが頼りです。
SPの結果が知りたくて、今朝急いで調べたらなんと首位ぴかぴか(新しい)
やっぱりすごいなぁ大ちゃん。
SPはアイスショーで見せてくれた「Eye」です。
「Eye」はけがをしたシーズン1度演技したとこを見たことはありましたが
衣装も振りも変更が加わっていて、バージョンアップした大ちゃんに
ピッタリに仕上がっていました。
なので、とてもとても期待していました。。。
どんな演技をしたのか、見られないだろうなぁとションボリでしたが
YouTubeで見られると知り合いの方から教えてもらって早速見ちゃいました。

とても落ち着いたキレのある演技でしたよ。
ジャンプもばっちりで、ミスらしいミスもなく、会場のお客さんから歓声も上がってました。
ががががが、ラストのキメポーズを決める直前に転倒したんですよ。
前のめりに・・・。ある意味すごいインパクトで、開場もわいてました。
そのミスで減点はされたものの、首位に立ったんだからすごい。

本人は、転倒してそのまま正座するみたいに、ガックリとうなだれてましたが
全然ブランクを感じない演技をしてましたよ、やっぱり精神力が強い。

今日のフリーも期待ですよ・・・。結果はまたスポーツニュース便りです。
頑張れ、大ちゃん。


拍手する
posted by noyama at 18:53 | Comment(0) | 好きなもの、好きなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

[フナ]ロスタイムで劇的勝利〔vsコンサドーレ札幌_A〕

ロアッソ熊本戦から、今節コンサドーレ札幌戦までの8試合。
連続スタメン出場を続けている船山くん。
船山くんがスタメンに入ってから、負けてないんですよるんるん
6勝2分グッド(上向き矢印)チームの力だと思うけど、とても嬉しい。

今節は鹿島の再開試合と同じ時間だったので、
川崎戦が終了して、急いでC大阪の試合に。
前半も残りわずかスコアレスドローでした。
カード貰ってないよね?? めっちゃ心配した。
見られなかった前半部分は、今朝の再放送を見ました。

10月の札幌、すでに冬ですよぉ。
ピッチに出てきた途端、船山くんは手袋をしてましたー。
選手の吐く息が白く見えたくらい、やばい霧
身体温めないと動かないだろうし、しかも夜露で芝がスリッピー。

対戦相手のコンサドーレ札幌は、4戦無失点を続けてる
ディフェンスのしっかりしたチーム。
これはゴールを奪うのが、難しい条件ばかりだぞ。

C大阪のクルピー監督は、対戦チーム・出場選手によって
4パック、3バックを使い分けてるようで、今節は4バック。
スカパーで表示された布陣は ↓コレでした。

        カイオ
    小松      乾
 船山           黒木
        藤本
石神  羽田  前田  酒本
        キム

カイオ選手はボールを追いかけ、自分でリズムを作るタイプ。
小松選手は背が高く、前で張るタイプなので、
実際は小松選手の1トップ気味の布陣です。
香川選手はけがの様子見もあるようで、ベンチスタート。

香川選手がいない分の攻撃は、両サイドの2人の運動量に
かかってくるような試合展開。
攻守が目まぐるしく変わっていました。
船山くんもチャンスと思えば、シュートを蹴っていってました。

前半は点数は動かず後半へ。
香川選手を投入。

スリッピーな芝は、ボールコントロールを乱して、
パスミス、カットミスは多かった。
そこを、しっかりと後で守るディフェン陣。
C大阪は香川・乾の攻撃陣が目立つけど
守備もしっかりしてるんだって、
最近ずっと試合見てきたからわかる。
特にハネケンは、どんな時も落ち着いてて、
キャプテンシーもものすごくて。
改めて素晴らしい選手だなぁって思いました。

足元のうまい香川選手でも、スリッピーな芝にやられていた。
後半になるにつれて、船山くんもミスが増えてた。
お互い攻めて守ってで、どんどん時間はすすんで
とうとう残りロスタイム6分!!まできてしまう。

途中、C大阪GKのスパイクのポイントが壊れてしまい
長時間試合がストップしたので、6分もあった。

いやー、
でもやっぱり持っている人のとこにボールって
こぼれてくるもんですよね!!

カイオ選手がシュートして、GKがはじいたボールが
香川選手のとこに。
そして、そのボールを蹴り込んでゴール。
本人は、ごっつあんゴールと言ってましたが、
いやー、最後まで追いかけていったからあったゴール。
さすがだなぁ。
そして、間もなく終了のホイッスル。

優勝したかのように大喜び。
わかるなぁー。
最後まであきらめない気持ちが生んだ勝利。
こういう劇的勝利ってやばい。
首位にいるC大阪にしたら、また1歩優勝に近づく勝利。
このままの勢いで優勝までかけぬける。
勝ちぐせみたいなものを感じました。

船山くんは、無難なプレーを続けています。
縦のパスは、ココってとこ狙っていることがわかる。
攻撃陣にぴったりと通った時、しびれますぴかぴか(新しい)
でも、サイドに大きくふるパスがちょっと最近イクない。
距離が長すぎてしまう・・・。
でも、波がないプレーが出来てるので、監督さんからしたら
使いやすい選手だと思います。

次節は、マルチネス選手が出場停止明けです。
メンバーはどうなるんだろう??
今から、ドクドク気になってしまいます。


拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(0) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

[第25節 川崎戦:再開]勝利は奪えなかったけど

モヤモヤ気になってた、川崎戦。
とうとう再開試合の日が来た。

会社から猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)して、家に帰ってTVをつける。
スタートに間に合った。
TVに映り出された選手の表情や、TVから聞こえる応援の声。
頑張れーって思えば思うほど、スタート前から涙でてるし。

初の再開試合がスタート。
直後、大樹がゴールを決めたー。
チーム全員の魂を感じるゴールだった。

まだまだこれから。
そう、熱くさせてくれるゴールだった。
そのまま、どんどんゴール前にボールがあがる。
選手が飛び込む。
その繰り返しのような時間が続いた。
選手みんなの気持ちが伝わってきた。

終了のホイッスルがなった時、悔しかったけど
それは選手に対しての怒りではなく、
勝利を奪わせてあげたかった気持ち。

勝ち点は奪えなかったけどもっともっと大事なものを
貰った気がしました。

この選手たちなら大丈夫。
次節に期待して、また応援します。


拍手する
posted by noyama at 21:52 | Comment(2) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

[第28節 新潟戦]ゴール、かしま〜

勝利は目撃出来ませんでした。

今日の選手ひとりひとりのプレーに、今何かいうより、
選手だって勝ちたいんだってこと、
ゴール裏に挨拶にきた選手を見て感じた。

サポーターの気持ち、
「ゴールかしま〜、ゴールかしま〜」のコールで
伝えてきました。

まだ終わった訳じゃないし、選手を信じて応援していきます。
応援することが、今出来ることだと思いました。


拍手する
posted by noyama at 22:07 | Comment(3) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

明日の新潟戦は、必ず勝つ

試合前日に更新することは、したことがなかったけど。

今日試合があった清水が引き分けたので、とうとう暫定2位になりました。
勝利ではなく、引き分けでもなんですね。

でも明日勝てばイイだけ。
「勝利」を信じて疑いません。

気持ちを入れ替えて、応援してきます。


拍手する
posted by noyama at 21:59 | Comment(0) | Antlers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[フナ]ディフェンスの時は・・〔vsアビスパ福岡〕

前節栃木戦で、けがからマルチネス選手が復帰。
したんですよ。
それが、栃木戦で交代する際にカードを貰ったんです。
このカードが、モヤモヤするんですよパンチ
交代選手のナンバーが表示されていないボードを審判があげていた。
それに気付かずに、マルチネス選手がピッチに入ってしまった。
入っちゃいけないのはわかりますよ。
でも、それって審判の不手際も原因なのになぁって。
それでけが前に3枚貰っていたので、4枚になってしまいました。
しかも2回目だったので、2試合出場停止。
セレッソサポさんにとっては、とても痛いカードになりました。
船山くんにとっては、今節含めて2試合アピールのチャンスを貰ったとも言えます。

試合は「守られた」につきます。
六反GKと丹羽DFの好セーブに何度となくゴールを阻まれてしまいました。
香川選手がけが明けで、ベンチ入りしていましたが、
たまらず後半の早い時間に投入されました。
ファーストタッチで、シュートまで持って行く香川選手。
足元の技術が高いです。
ただその後は香川選手があんまりボールに触る機会がなかったかな。
かたーく守られ、ゴールをこじ開けることはとうとう出来ませんでした。

スコアレスドローのまま、試合終了。
勝ち点1を積みましたが、他チームとそんなに差がまだないので
痛いドローとも言えます。

船山くんは、前半は無難なプレーをしてました。
無理に上がらず、無理にディフェンスにも行かずと。
運動量だけ見たら、少なかった。
後半になるとエンジンがかかったように、前線にからむプレーが増えた。
ディフェンスにも行ってました。
だけど、このディフェンス見てる側は怖くて怖くて。
追っかける形が多くて、笛がなる度にカードが出るんじゃないかと
ヒヤヒヤしてしまうほど。
セレッソさんはゾーンで守る形なので、まだ少し動きがなれていないかも。
攻撃参加の時は冷静なので、ディフェンスに行く時も冷静にお願いしたい。
とは言え、他の選手がもめてると間に入って、一喝してるんだよなぁ。
うん!!でも最近の試合では1番安定したプレーをしていたので安心しました。

マルチネス選手の出場停止明けからは、どうなるかわかりませんが
毎試合が経験になり、どんどん精神的に強くなってくれてる気もしてます。
次の試合は、さらにもっともっと気持ちをみたいです。
拍手する
posted by noyama at 21:54 | Comment(0) | レンタル中のフナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

[日本代表]アジア杯最終予選の香港戦、キリン杯メンバー発表

すっかり今日が発表だと忘れていて、夕方yahoo!ニュースで知りました。

該当試合は、
10/08(木)アジア杯最終予選の香港戦
10/10(土)キリン杯のスコットランド戦
10/14(水)キリン杯のトーゴ戦
と3試合。

GK
川島 永嗣         1983.03.20 185cm 80kg 川崎フロンターレ
山本 海人         1985.07.10 188cm 81kg 清水エスパルス
西川 周作         1986.06.18 183cm 79kg 大分トリニータ
DF
中澤 佑二         1978.02.25 187cm 78kg 横浜F・マリノス
田中 マルクス 闘莉王 1981.04.24 185cm 82kg 浦和レッズ
駒野 友一         1981.07.25 172cm 76kg ジュビロ磐田
阿部 勇樹         1981.09.06 177cm 77kg 浦和レッズ
岩政 大樹ぴかぴか(新しい)       1982.01.30 187cm 85kg 鹿島アントラーズ
今野 泰幸         1983.01.25 178cm 73kg FC東京
徳永 悠平         1983.09.25 180cm 76kg FC東京
長友 佑都         1986.09.12 170cm 65kg FC東京
岩下 敬輔         1986.09.24 181cm 73kg 清水エスパルス
内田 篤人ぴかぴか(新しい)       1988.03.27 176cm 62kg 鹿島アントラーズ
MF
中村 俊輔         1978.06.24 178cm 70kg エスパニョル(スペイン)
橋本 英郎         1979.05.21 173cm 68kg ガンバ大阪
稲本 潤一         1979.09.18 181cm 75kg レンヌ(フランス)
遠藤 保仁         1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪
中村 憲剛         1980.10.31 175cm 67kg 川崎フロンターレ
松井 大輔         1981.05.11 175cm 64kg グルノーブル(フランス)
石川 直宏         1981.05.12 175cm 69kg FC東京
長谷部 誠         1984.01.18 179cm 72kg ボルフスブルク(ドイツ)
本田 圭佑         1986.06.13 182cm 74kg VVV(オランダ)
FW
玉田 圭司         1980.04.11 173cm 67kg 名古屋グランパス
前田 遼一         1981.10.09 183cm 80kg ジュビロ磐田
佐藤 寿人         1982.03.12 170cm 68kg サンフレッチェ広島
大久保 嘉人        1982.06.09 170cm 73kg ヴィッセル神戸
岡崎 慎司         1986.04.16 173cm 70kg 清水エスパルス
森本 貴幸         1988.05.07 180cm 73kg カターニア(イタリア)

アントラーズからは、篤人と大樹に「集合」が、かかりました。
川崎との再開試合が10/7(水)に行われるため試合後合流となるようですね。
チーム状況を考えると、呼ばれることを手ばなしでは喜べない気が・・・。
篤人の体調が心配だし、大樹は今度こそ出場はあるんだろうか・・・。
10/11の天皇杯への出場は2人は難しいだろうなぁ。

個人的には、GKの西川選手、寿人選手に期待しています。
もちろん、大ちゃんには今度こそ輝いて欲しい。

篤人と大樹が無事戻ってくることを願い、そして、
もう1度リーグで奮起して、興梠くんが呼ばれることを期待します。


拍手する
posted by noyama at 21:44 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。