2009年06月29日

どこにいても

スカパー!では、Jリーグアフターゲームショーという番組があって
その日行われた試合のハイライトや活躍した選手がゲストとして
インタビューに答えたりしてくれるんですよ。
もしや今週はアントラーズの選手が出るかも!?と思い毎回録画しちゃう。
日曜は録画しながら、生でボゥーと見ていたんですよ。
なんせ、夕方は母親と2人でTVの前で、ガッチリ応援した後なんで。

何気なく見ていた画面に、うんんん?
2009063001.JPG
見覚えがある男前・・・いしがみくん?
TVに近づいて確認・・石神くんだよなぁ〜。
と、急いで追っかけ再生してみると間違いない!!
いやーなんか雰囲気が違かったので、一瞬わからんかった。
開幕戦でゴール、最近もゴールを決めてたり・・・
それくらいは知ってましたが、TVでお会いできるとはすごいなぁ。

水戸ホーリーホックとの試合後だったので、笠松からの中継。
この試合ではゴールは決めていませんが、攻撃に守備にと活躍でした。

人は自信がつくと、顔つきが変わるんだなぁって実感した。
今現在セレッソの中でただ1人、開幕からフル出場してるそうです。
そのことについて
「最初入ったころは試合に出れるかどうかもわかんなかったんで
 1節からずっとがむしゃらにやってきたんですけど、
 だんだんいろいろ交代があったり、出場停止だったりで
 まあ退場もあったりして、どんどん最初からスタメンで出てる人が
 少なくなっちゃって、気づいたら僕だけになっちゃたんですけど
 ここまできたら、ずぅーと出たいなぁと思いますけど」
と全試合フル出場する意気込みを語っていました。

スタジオ都並さんがいて
「セレッソと言うとねぇ、乾選手とか香川選手とか2シャドウばっかりに
 注目が集まりますけど、僕は元々サイドバックの選手で、
 サイドハーフの重要性1番わかってますよ!!
 石神選手、酒本選手がいなきゃ成り立たないんですから、このシステムは!!」
2009063002.JPG
とても嬉しそうでしたー。
もうセレッソになくてはならない存在になっているんだね。

3バックのワイドのポジションも慣れてきたようで、あとは1つ1つのプレーの
質を上げて行かなきゃいけないんだと、次のやるべきことも話してました。

と真面目な試合の話の最後に、平畠さんから
「石神選手に(中継を)つなぐ前に石神選手の表情を見てたんですけど
 スタジオでは男前や!!男前だ!!という声がかなり出ておりましたけれども」
と言われ、恥ずかしそうにお礼を言いつつも、
2009063004.JPG
「えっー僕のほうから見ると、男性2人しかいないですけど〜」

ひょこっと、女子アナさん登場
「女性スタッフも含めてみんな言ってます、はいすいません」
男前だと伝えてる女子アナさんが、テレくさそうだったは。

2009063005.JPG
「ありがとうございます」ってこっちもこっちでテレてたよ。

アントラーズにいた時も男前でしたが、なんだろうヘタな言い方かな。
顔つきが、凛々しくなった。

何が正解かなんか誰にもわからないけど、こうやって他のチームで
活躍して大きくなってる姿を見ると、移籍(R)は悪いことだけじゃない
って思える。
石神くんだけじゃなくて、深井くんやヤナギや元アントラーズ選手のことは
どうしても気になってしまいます。
もちろん戦うときは敵ですが、そうじゃない時はやっぱり活躍してて欲しい。

その石神くんですが、ブログを最近始めたそうです。
気になる方は覗いてみてください。


拍手する
posted by noyama at 22:57 | Comment(0) | 元アントラーズの選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

☆第15節A あきらめない気持ち

ACLの悔しい敗退から、中3日でリーグ戦ですよ。
相手は大分トリニータ。
順位だけみたら最下位の大分トリニータだけど
昨年のナビスコ杯では優勝をしてる実力あるチーム。
けが人とピッチコンディションに恵まれずに、今は沈んでいるけど
決して順位ほど“楽”な相手ではない。

それに
2009062801.JPG
大旗もゲーフラもいっさいなしのゴール裏のサポーターたちの声。
ピッチで戦う大分の選手たちに届かないはずはないよね。
厳しい戦いになりそうなのは、キックオフ前からヒシヒシと感じてた。
でも、アントラーズにとっても、ここで負けてズルズル行く訳にはいかない。

現地には行けなかったけど、TVの前でガッシリ応援してましたよ。
スカパーでは、キックオフの少し前から放送が始まって
スタジアム入りする選手の表情も教えてくれます。

2009062802.JPG
満男は試合前の移動中どんな曲を聞いてるんだろう?

そして、両チームの思いを表す映像が流れましたー。
2009062803.JPG
2009062804.JPG

順位の差はあっても、お互い譲れないプライドがあるから。

今日の勝負はまさに
2009062805.JPG
気持ち。
心が折れたほうが負ける。

大分はけが人が、少しずつ復帰。
2009062806.JPG
エジミウソンも戻ってきてまして、モトと固い握手してましたよ。

解説の増田(元アントラーズ)さんが今日の見どころとして
エジミウソンと満男をあげていました。中盤をどっちが制するか。

2009062807.JPG
マルキーは、リラックスしてる様子

FCソウル戦のPKでは、守護神ぶりを発揮してくれた
2009062808.JPG
ソガは、今日でリーグ250試合出場!! 

敵はピッチにいる選手だけではなく、この芝ってどうよ!?
2009062809.JPG
ありえないんですけど。
これじゃ、キックもダッシュも足踏ん張れないよ。
大分にけが人が多いのは、この芝も原因の1つだと実況の方が説明してました。
だったら、そんな芝で試合させないでー。けがが心配じゃないよぉ。
実際に試合中この芝にやられまくりでしたね。

大分はかなり引き気味。
正直、身体の疲れが残っているアントラーズは、動きが重い。
ボールは持てるよ。前にも行くよ。
でもなんだろう?? 勢いがないよ。
それ仕方ないけど。
でもボールを回すことで相手を走らせ、後半疲れてきたとこを一気に!!
それなら、良いボディブローになるかも。

さっき芝も敵と言ったけど、まだ敵がいて。レフリー!!
東條レフリーは良い印象がないんだよな、ワタクシ。
このピッチコンディションでは、したくてしてるんじゃない。
止まらない!!のかもだけど。アフターが多かった。
TVから、ものすごいうめき声が聞こえて、モトが倒れた。
2009062810.JPG
多少痛みが治まったのか、起き上がり痛めたとこを確かめていたよ

このプレーにはオリヴィラ監督もだまっていなかった
2009062812.JPG
めちゃ抗議していた。

その後もチャンス場面は少なく、ボールを支配できるものの
実は大分のゲームプラン通りなんじゃないかと不安になった。

前半終了後、たまってる疑問をぶつけるように
2009062813.JPG
東條レフリーにつめ寄る2トップの2人。
どのプレーについていっているのかは、わからなかったな。

そこに現れた我らキャプテン
2009062814.JPG
マルキーをなだめながら、レフリーから離して連れて行く。

でもでも納得が出来てないのか
2009062815.JPG
興梠くんは再度詰め寄ってたよ。

後半は、攻撃にリズムが欲しいな。

うーん、後半もなかなか思い通りには行かない。
開始直後に、前半でも活きの良い動きをしていた清武選手に
バタバタの中押し込まれ、先制弾を決められてしまう。
ACLの精神的なダメージがまだあるのかな?? やばい。
このままではまじやばい。
と応援してる私は不安でいっぱいになった瞬間TVに映ったのが
2009062817.JPG
満男。
大きい声を張り上げ、さもすると下を向いてしまいそうな仲間に
2009062818.JPG
「まだまだ」って気持ちで伝えていた。

チャンス!!に繋がるはずのドリブル突破も
2009062819.JPG
踏ん張れない芝生に足をとられ
2009062820.JPG
バランスを崩して転んでしまう
2009062821.JPG
ピッチコンディションのせいで、やりたいサッカーができない。

攻撃にスピードがたらんのよ。
前半からずっと入れてくれーと思っていた選手がいる。
いや違う、FCソウル戦の時も、その前の試合でも
心の底から叫んでいた選手がいる。

きたー
2009062823.JPG
イバの出番。

2009062824.JPG
そうだ。
このむきだしの闘志が、見たかった。

そして、この交代が功を奏でる。
前半元気がなかった篤人も、サイドをかけ上がり始める。
攻撃的な両サイド復活!!
左サイドを上がるイバにボールがどんどん経由され、ゴール前へ。
言いすぎじゃないよね。
攻撃に幅が広がって、良いリズムになってキター。

こんな時にはずさない男が満男。
2009062825.JPG
タクさんから放たれたクロスは簡単なものではなかったのに
絶妙なタイミングで合わせ、豪快ボレーを叩き込んだ!!
勝!!その思いが魂がやどった熱いゴールだったよ。
同点弾を決めた満男は、もちろん浮かれることもなく冷静に
ポジションに戻っていった。
このゴールが、チームにもたらしたものはドデカかった。
やっぱり満男がいると心強い。

断然勢いに乗ったチームは、ゴール前に押し込む時間が増えて。
CKのチャンスには、ポジションを入念に支持する満男
2009062826.JPG

それをしっかり決める男
2009062828.JPG
大樹。
ゴール前は混戦だっだけど、落ち着いてゴールに蹴り込んだよぉ。
最高!!

2009062829.JPG
篤人がこんな風になるの珍しいと思う。
この篤人をみて、なんかホッとした。
ACL敗退が篤人にダメージを与えてるって思っていたから。
きっとこの試合で、少しは払拭できたはず。

もちろん、逆転された大分が黙っているはずはなく
2009062830.JPG
スタンバイOKの高松選手が、ベンチ前に出てきた。
大分に取って、心強い選手が復帰した。
って事は、こっちはピンチが増えるってこと。

選手たちは集中を切らすことなく、相手の攻撃をシャットアウト。
そんな中で
2009062831.JPG
タクさんも奮闘してました。
決めるやろ!!ってゴールをなかなか決めることが出来てないのは
良くないけど、でも中盤で地味に踏ん張っている。
今年はカードを貰っていることでも証明されているけど
守備頑張ってる。
それに中盤のボールの落ち着きどころはやっぱりタクさん。
簡単にはボールを奪われなかったよ。

浩二くん、ダニーロとボールを落ち着かす選手がピッチに。
その後鉄壁の守備で、守りきり勝利!!
あきらめない気持ちが、勝利を奪った。

倒れこむ選手や呆然とする大分の選手の中に
攻撃陣を苦しめてくれた、厳つい雰囲気の上本選手の姿もあって。
2009062832.JPG
タクさんが、立ちあがらせにいってる姿が映っていたんだ。
調べてみたけど、2人は年が1つ違いくらいしかわからなかった。
同世代だから、いろいろな大会で顔を合わせいてたのかな。

ゴール裏へ挨拶を終えた選手たちの様子は
2009062834.JPG
やっぱり疲れていました。

2009062835.JPG
興梠くんは笑顔でゴール裏に手を振っていて、知りあいでも見つけたのかな??
こんな感じでした。

2009062836.JPG
篤人も疲れは見えたけど、なんとなく気持ちは晴れているように見えました。
(勝手な推測ですんません)

そして勝利インタビューに呼ばれたのは
2009062833.JPG
満男でした。

インタビュアーから
「ACL敗退もあってキツイ試合だったんじゃないか?」
と聞かれて
「単なる1敗じゃなくてすごい悔しい思いして、
 自分もチームに迷惑をかけてしまったんで
 でもそんな中、今日勝てて良かったです。」


「1点先に取られて、チームの中どうだったんでしよう?」には
「そんな慌てることなく、試合をひっくり返すことができたんで
 良かったと思います。」


「魂のこもった、すごい同点ゴールだったと思うんですが・・・」には
「なかなか最近あすこまで行ってなかったんですけど、
 ゴールは良かったです」

「このあとも過密日程が続きますけども、この先に向けてひとこと」には
「自分もそうですし、チームの中にも、やっぱりもう1回アジア優勝したいって
 気持ちがあるんでその為にJリーグとってまた来年挑みたいっていう、
 高いモチベーションがあるんで、絶対今年優勝できるように
 そういう気持ちで戦っています」


と、それぞれの質問にゆっくり何かをかみしめるように、答えていました。
ACLの敗退は悔しかったけど、満男にチームに、新たなる力を与えた敗戦。
そう思える戦いをしてくれたアントラーズに感謝です。

3連覇と、その先につながるアジアの頂点への挑戦をつかみ取ろう!!


拍手する
posted by noyama at 23:53 | Comment(0) | Antlers[TV応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

遠藤×小笠原「本当に必要なのはどっち?」

本屋さんで、何となくスポーツ雑誌のコーナーに行ったら、

[特集]あえて問う
 禁断の選択

サッカーマガジンの表紙に赤で大きく書かれた
特集に吸い寄せられたよ。
気になって表紙をもっと詳しくみたら
日本代表編とJリーグ編に分かれていて、

松井大輔×本田圭佑 「ジョーカーで使うならどっち?」
阿部勇樹×岩政大樹 「第3のCBはどっち?」


などなど。
ザッと流し見ただけでもそれはそれは気になる選択がたくさんで。
マッハで、買ってしまった。

家で落ち着いて読んだら、するどい「選択」だらけで、
これを発売したサカマガさんは、勇気あるなぁー。

そして気になる選択の答えですが、

遠藤保仁 × 小笠原満男 〇

強国相手の逆境で戦える強さと凄みがあるから
という理由で、満男。嬉しいよ。

嬉しいのは、ヤット選手と比べてどうのってことではなく
満男のプレーを認めてくれている記事が嬉しかった。
「外国人との肉弾戦など少しも苦にしない男だ。
 激しい接触に耐えながらボールを前へ前へと
 運んで行く技量と凄みを持っている。」
これはもちろん抜粋で、それ以外にもボールを失った後や
攻撃センスなどなど、サポーターが思う満男の凄さが
しっかりと書かれていたから。
FCソウル戦後、満男のコメントを知って、辛かった。
満男がピッチにいたら何かが違かったかもしれない。
でも満男が必死に戦っていたことをサポーターは
知っているから。
この記事はものすごく、嬉しかった。

松井大輔×本田圭佑 「ジョーカーで使うならどっち?」
この選択は
「相手を抜く力があり、引き出しの数も多いから」
という理由で、本田圭佑。
記事では、2人の特徴を比べていて。
大ちゃんの代表での最近のプレーは、敵DFを振り切って
クロスとか、シュートとか見てない。
一方、本田選手は自分のプレーをアピール出来ているから。
今は確かにこう選択されても仕方ないかもしれない。
でも大ちゃんにもまだチャンスはある。
新天地のグルノーブルの移籍も決まったし、
敵を「してやったり」で抜く姿を、また見せてくださいね。

そして、実はこれがものすごーく気になった
阿部勇樹×岩政大樹 「第3のCBはどっち?」
何度か「集合」かけられたにもかかわらず結果1試合も
出場の機会を与えてくれなかった岡田さん。
サカマガでの選択は大樹!!
「世界レベルのフィジカルにも対抗できるから」という理由。
といっても、阿部選手の本職はボランチ。
大樹と比べるというのもなんですが。
世間的には、ナカザ・闘莉王に空中戦や得点力では
引けをとらないけど足元の技術がウイークポイント
だったらしい。そっかー。
それが成長してるという追加理由も書かれていました。
それと思うに、ナカザ・闘莉王2人が頑張っている分、
他のDFが日本代表として世界と戦うチャンスがないから
経験値はまだまだ必要だよね。
でもまた大樹が代表招集され、ピッチに立つのもあると思えたー。

他にもアントラーズサポならば、絶対気になる選択が!!
マルキーニョス × レアンドロ 「帰化させるならどっち?」
とか。
Jリーグ編では
興梠慎三 × 大迫勇也 「先発で使うならどっち?」
とか。
どっちが選択されたか、気になっちゃいませんか??

その他にもまだまだ
☆日本代表編では
岡崎慎司 × 大久保義人 「信頼できるのはどっち?」
高原直泰 × 森本貴幸 「招集したいのはどっち?」
山田直輝 × 原口元気 「救世主と期待するならどっち?」
中村憲剛 × 田中達也 「トップ下で使うならどっち?」
玉田圭司 × 前田遼一 「1トップならどっち?」
Jリーグ編は、18チーム全部のするどい選択が載っています。

サカマガさんが出した選択がそのまま正解じゃないのはわかってるし、
そもそも正解なんてないものだから、読み物として気になる方は
ぜひぜひ買ってみたら、面白いと思います。

最後になりましたが、明日は大分戦ですね!!
現地には行けないけど、TVの前でガッチリ応援しますよexclamation×2
勝利して、ここからまた勢いに乗りましよう!!
拍手する
posted by noyama at 17:28 | Comment(3) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

★ACL-R16/FCソウル戦H 悔しい敗退

カシスタに行ってました。

20090625_01.JPG

結果は「2−2」同点で延長戦へ、それでも決着がつかずPK戦までもつれた。
そして、サドンデスまで持ち込んだけど、負けてしまった。

これで2009年のアジア制覇は、なくなってしまった。

ミツオの退場、相手の激しいプレー、レフリーの判定、交代カードの使い方
選手たちの精神力などなど・・・“たら、れば”の思うことはたくさんある。悔しい。
でも選手たちのほうが、もっともっともっと悔しいと思う。
だからこの敗退が、次節の試合リーグに、ナビスコ杯に、天皇杯に
プラスになるように、これからに活かして貰うしかない。

20090625_03.JPG

本来ならばPK戦のキッカーになっているはずのミツオ、モト、タクが
ピッチにいない。
そんな中で、キッカーとなった誓志や篤人たちには、残酷な結果に
なったけど、この経験を次に役立てて欲しいです。

なんていっていますが、まだショックではあります。
昨日の帰りは現実味がなかったのか、意外と元気だったのになぁ。
それが家着いてもろもろ済ませてふとんに入って
何気にTVを点けたら、録画予約していたACL戦が映り出せれて
タイミング悪く、延長戦のロスタイムだった。そのまま、釘付けになった。
さっき生で見てきたのに、TVで見る試合のほうが実感がわくって不思議でしたよ。
スタジアムでは選手の詳しい表情までは見られないし。応援に力入れてるから。
TVで見るPK戦は蹴る選手だけではなく、
監督、交代した選手や今日は出番がなかったベンチ入りした選手の姿や
PKの順番を待つ選手、GK、それぞれの表情が刻々とわかるから
現場より、残酷なのかもしれない。胸がギュッと押さえつけられる感じ。
TV点けなきゃ、良かったよ。

日曜の大分戦がとてもとても大事な試合に思えます。
絶対スッキリ勝って、まだリーグもナビスコ杯も天皇杯の3冠があるぞ!と
気合いを入れ直したいです。


拍手する
posted by noyama at 22:12 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

△サテA 意地の1点で同点

2日連続でアントラーズの試合に行けるなんて幸せぴかぴか(新しい)
と思ってたんだけど雨ってぇ。
でも遠いとこでもサテ応援に行ってるのに、
東京でやるのに行かないなんてありえーん。
ということで雨具持参で、舎人公園行ってキター。

なのに、なんでか、うまく電車が乗り継げなくて。
陸上競技場についた時は、もう選手がアップしてましたダッシュ(走り出すさま)

P1040911.JPG
P1040926.JPG
昨日の試合でベンチ入りしていたタッシー、誓志の姿もありました。
サテライトリーグはアピールの場だもん、ビシバシ決めて貰いましよう!!

小雨だとはいえ、そんなに人はいないだろう。とか甘々でした。
まだ着いたときは、スタンド席に空きがあったのに、すぐに満席で
ゴール裏の芝席を解放、それもすぐいっぱいになってしまって
バックスタンドも解放になってて、たくさんの人が来てました。

雨で、ピッチもかなりぬかるんでる様子
P1040937.JPG
選手のアップが終わったら、こうやって水を出してましたよ。

このピッチがクセものでした。
試合中何度も何度も選手がすべってました。
雨だから仕方ないけど、足を踏ん張れない状態のように見えた。

選手登場
P1040944.JPG
いつもはゴール裏で応援するのが多いので、こうやって戦闘モードの背中が
見られるのもいいもんですね。

P1040959.JPG

P1040977.JPG

P1040974.JPG

チームは連勝してるので、メンバーは固定されつつある。
だけど、ここでアピールしなくては、始まらないわけで。
選手それぞれがサテライトをどうとらえてるかはわからんけど
気持ちが入らない試合があるわけない。
なので、毎回ワクワク、ドキドキしながら応援してます。

対戦相手のFC東京には
P1050038.JPG
茂庭選手がメンバーに入っててビックリ。

ピッチの選手にも気合いを感じたし、やってくれる!!って思ったんだけど
悪ピッチも影響してなのか、なんか歯車が合わないというか。
そのまま前半を終え、後半。

ピッチに出てきた選手たちは
P1050045.JPG
色々と確認し合ってました。

が、先制点を奪われてしまった。

後半の2トップも、もちろんこの2人だったけど
P1050057.JPG
タッシー、竜太くんや前線の選手が、なかなか自由に動けない。

それは
P1050114.JPG

P1050122.JPG

茂庭選手が、壁となっていたからなんですよ。
特にタッシーを徹底マークをしていて、2人の攻防は見ごたえがありました。
ものすごく邪魔だったということは、良いDFってことなんだよね。

それでも負けるわけに行かないし、お互い疲れも出てくるので
チャンスが生まれるようになった。

いった!!と思ったシーンでは
P1050066.JPG

P1050068.JPG
タッシーも、誓志もものすごく悔しそうだった。

その後も、チャンスはあるけどゴールにはならず。

船山くんがゴール前を持ちこんで、タッシへ。P1050089.JPG
これは!!ってシーンだったけど、これも決めきれず。
なかなかゴールが遠い。

前へ前へと見てるほうは、思うんだけど、
バックパスや横パスばかりになってて。
選手の気持ちが見えないわけでもないけど、
ものすごくストレスになる時間が続いた。

前線にボールが出なくなって。
竜太くんやヤスがバックラインまで下がってボールを貰おうとするけど
そうするなら、他の選手が連動して前に上がらないとうまく行かない。

あぁぁぁぁぁぁ・・・いやな結果も想像できる時間になって
待っていた同点弾は、2トップが奪ってくれた。
タッシーのアシストから、竜太くんが意地の1点をもぎとった。

P1050127.JPG

竜太くんは喜ぶどころか、ゴールに入ったサッカーをすぐに拾いに走ってた。
まだ同点なだけ。

P1050136.JPG

水を含んだピッチに足を取られたり、ディフェンスにかかったり、
スライディングに行ったりで、選手たちのユニは泥だらけになってた。

最後の最後は、攻め込んでから、終了のホイッスルが鳴るまで、
まだあるまだあるって思っていたから、残念。

P1050148.JPG

レギュラークラスの選手も何人もいるメンバーで戦っているから、
もっとやれるんじゃないか?とか思うとこもあるけど。
試合はそんな簡単なもんじゃないってサテ見に行くと考えちゃう。
大樹やモトがインタビューで、優勝するには「若手」の成長も必要と
いうことを良く言ってる。
足りてないものがいっぱいあるから、どんどん成長できるんだろうし、
今レギュラーの選手を、脅かす存在にたくさんなって欲しいな。

P1050162.JPG

試合後の選手はクタクタに見えました。


拍手する
posted by noyama at 20:31 | Comment(2) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

☆第14節H 代表での悔しさをバネに

やっとJリーグが再開、カシスタに行ってキター。

20090620_10.jpg
期待の興梠くんがやってくれましたね!!

久しぶりのカシスタは、スタジアムが見えてきただけで、アドレナリンが噴火。
テンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)で、アントラーズカードやら、リストバンドやらを
買いあさってしまう始末でしたよぉー。
なかなか出てこん、タクさんのリストバンドたらーっ(汗)

アントラーズカードが、今日から発売?だったからなのか、
3パック買うと、ACLのユニが当たるくじ引き券を貰えるなんて
商売上手な企画をやってて、その魚に釣られて買ってもうたー。
なかなか出てこん、船山くんのカードたらーっ(汗)

なんてしてる間に、お腹はペコペコ。
最近のお気に入りは「沖縄そば」なんですよ。
ワタクシ、いわゆるソーキそばを味が薄いラーメンなどと誤解しておりまして。
でも友達が、毎回って言っていいほどいつも食べてるんですよ。
騙されたと思って挑戦したら、これが、味深くてたまらん。
具の角煮がトロトロで味がしみてて、これがやばいです。
そういえばTVで見た、行方バーガー「なめパックン」が販売してて、
かなりの行列が出来てましたよ。いつか食べてみたいと野望中。

と、試合までの話が長いって。

テンション高いってめでたいことだよね。
あっと言う間に、選手がアップに出てくる時間になってたもん。

久しぶりに見る選手たちは、
大樹の髪がクルクルだったり
浩二くんの髪がものすごくカクガリってたり
伊野波くんやタクさんの髪が短くなってたり
全部ヘアースタイル<(_ _)>

そして篤人も
2009062000.JPG
若干サッパリぴかぴか(新しい)してましたよ。

試合前に選手紹介で流れる戦闘ムービーが、マイナーチェンジされてまして。
夏期仕様なのか、最初のほうが波しぶきに変わってました。
それだけのことでも、なんか妙に興奮しちゃいました。

試合の相手はイ・グノの活躍で、盛り返してきたジュビロ磐田だったんだけど、
そのイ・グノが、パリSGに移籍が内定したことで、今日の試合には欠場。
アントラーズにとっては、危険な材料が1つ減ったというべきかな。

それでも中断明けの試合は難しい。
守備的にきたジュビロからは、なかなかチャンスを作らせては貰えず、
全体通してお互い決定機の少ない試合だった。
少ない中で、しっかりゴールを決めてくれた興梠くんはさすが。
やっぱり得点が入ると、慎重になるのか、さらに固い試合になった。

前半終りのほうで、モトが倒れてて。
前線でボールを持つことが多いモトは狙われやすい。
試合で倒れこむシーンは良くみるけど、今日は様子が違って。
起き上がったら、目の端くらいから血が流れてて。
すぐに応急処置をしてピッチに戻ったけど心配でした。

大きなけがにはならなかったようで
200906201.JPG
後半も包帯を巻いて、戦ってくれたー。
今日はモトの30回目の誕生日なのになぁー。

後半は、マルキーのイキの良さが際立ってみえた。
ゴールに飢えてる!! わかったもん。
最後まで走りまわっていた。
それでも後半は守る時間が長くて、長くて。
最後は浩二くんを入れて、1点を守りきった!
試合内容だけで言えば、面白くはない試合だったけど、
勝ち続けることが、大事だもん!!
中断明けとしては、大切な試合に勝利して充分満足です。

トステム賞・ヒーローインタビューはもちろん、興梠くん
2009062002.JPG
ゴール裏にボードを見せた、恥ずかしげな感じがたまらん。

他の選手たちは、スタジアム内を挨拶に回り始めてて。
勝利したし、モトがゴール裏にきたらお祝いするんだろうな!!と
期待してたんだけど、なかなか「ハッピーバースディるんるん」のかけ声が聞こえてこない。

20090620_02.jpg

アレレ、ゴール裏の挨拶も終わっちゃったよー。
えーえーえー。

20090620_04.jpg

モトがこれくらいな時に、お祝いの歌は始まったけど、聞こえたかな?
聞こえていたら、嬉しいなぁ。

ちょっと、戻るんですが・・・
20090620_03.jpg
他の選手はこんな感じで。

そして、インタビューが終わった興梠くんがやってくるー。
20090620_05.jpg
20090620_08.jpg

代表では出場機会も少なかったし、モヤモヤはあって当たり前。
結果を出せて、嬉しそうな笑顔がたくさん見られてホント良かった。

20090620_12.jpg

またまた感激してもうた

20090620_14.jpg

これからも、どんどんこの背中が大きく感じるようになる。
アントラーズのエース、そしていずれは日本代表のエースと
呼ばれるように。強く強くなって貰いたい。

チームは明日もお休みなく、水曜にはACL戦。
こっちもしっかり勝利を奪ってほしいですね!!
拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(0) | Antlers[生応援] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

ガビーン、クリクリ大樹

今日のオフィシャルHP「スタッフダイアリー」に
NEWヘアーの大樹が登場してましたよね?!
ずっと前からかけていたけど、髪が伸びたから
パーマがかかりやすくなったのかも。という話。

さらにさらに
今は伸ばしたい気分で、人生で今が結構長いほう。
いつ切るかわかりません。気分次第ですね〜
ということだけど、思い出しちゃいましたよワタクシ。

開幕前のやべっちFC「QUESTIONリレー」での出来事ひらめき

2009061801.JPG

トップバッターのアントラーズ代表:大樹は、やべっちからの質問に
回答しないといけませんよぉ。

本来の質問は「3連覇に向けて秘策は何ですか?」だったはずが・・・

2009061803.JPG

やべっちは悩みがあるそうで、それを相談したいらしい・・・(雲行きが怪しい)

2009061805.JPG
2009061806.JPG

あはははーたらーっ(汗) どっちでもいいわダッシュ(走り出すさま)

2009061809.JPG

3連覇の秘策<やべっちの悩み事らしく、こちらの質問の回答を先に。

「ちょっとイメチェンで短くして欲しいなっていうのはあります」という
大ちゃんが出したお答えは・・・

2009061811.JPG

もちろん、本来の質問「3連覇の秘策」にも回答してました。

そしてこっちのほうが、大仕事だったよねー(長音記号1)
2009061812.JPG

いやいやー

2009061814.JPG

真面目すぎやろぉーーーーーーー。

2009061815.JPG

大樹がものすごーく考えた質問に答えるのは

2009061816.JPG

2人は同じ歳なんだって!!

2009061817.JPG

大樹のパネルを見た前田選手は

2009061818.JPG

アレレレ。
前田アナからもこの表情を突っ込まれて

2009061819.JPG

そういうことねぇー。と妙に納得しましたよ
いつもの大樹を知ってればねぇ。そう思うよねー
でもこの日の大樹は違ったけど・・・

2009061820.JPG

やべっちの質問と、かぶせてきましたよー

2009061821.JPG

「やってやった!!」ってこの満足気なお顔・・・

2009061822.JPG

相対してこちらは、こんなお顔になるよねぇ。
こちらも前田アナとお話ししながらお答を考えとりましたー。
そして出した答えは・・・

2009061823.JPG

そうなの?? そうなの??

2009061824.JPG

ということが、ありましたよ。

2009061825.JPG

もっともな疑問!!

チャンチャンで終わるはず。
なのに今の大樹を見て見て見て前田選手!!
髪伸ばしてますよはい!!

なのでひそかにワタクシ、大樹は前田選手の意見を取り入れて
髪伸ばしてると思っております!!

な、ことないか。


拍手する
posted by noyama at 23:26 | Comment(2) | Antlers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

あぁー心配

W杯アジア最終予選のアウェイ、オーストラリア戦がありました。
今できるベストメンバーで戦ったと岡田さんは言いました。
そして残念と言いました。「残念」って。
「悔しい」じゃないの!! ありえん。

いつものメンバーで戦ったら、結果は違かったかもしれない。
でもやっぱり昨日のメンバーで戦っても勝利して欲しかった。

そして、興梠くんのゴールが見たかった。
あまりにも出場時間が短かった。

「世界を驚かす覚悟がある」かぁ。
その覚悟は見えなかったよ。
拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

なかなかうまく行かない岡田JAPAN

W杯出場を決めた岡田JAPAN。
予選の試合はまだ残っているわけで。
今日はホーム(横浜)でカタールとの戦い。

もっとノビノビと戦う姿が見られると思ったけど。
やっぱり連戦では思うように身体が動かないようだった。
ミスが多かったなぁ。
けが人や、出場停止、監督不在の試合で連携は
特に中盤と最終ラインが難しかった。
松井・本田は良い選手だけど、連携の中で使うのは
意外と難しいものかもしれないなぁなんて思ったりした。

とにかく、悔しい試合だった。
勝ってほしかった。
でもこれから1年あると思って、がまんがまん。

篤人が出場することが出来てホッとして
スピードをいかす動きをしていたので、嬉しかったな。
興梠くんが投入されてからはドキドキ
「どうか興梠くんが決めますように」って祈るばかりだった。
ケンゴ選手や中盤の選手に目につく選手になりたいなぁ。
これからこれからと期待したいめちゃ応援してる興梠くん!!

予選最後は、オーストラリア。
オーストラリアに勝って、スッキリとW杯にむかいたいよ。
拍手する
posted by noyama at 22:03 | Comment(2) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

祝!W杯南アフリカ大会出場決定

世界最速で、W杯南アフリカ大会出場を決めてくれました
岡田JAPAN演劇
おめでとうございます、ありがとうございます!!

アウェイという厳しい戦いの中、虎の子の1点は
岡崎選手の気持ちでもぎ取ったもの。
サッカーより、身体が気持ちが先に行ってしまうんじゃないか
と思うくらいの勢いと熱い気持ちがプレーにみなぎってました。
そういう選手のもとにはサッカーがこぼれてくるんだなぁ。
あの得点はものすごかった。
その後は防戦いっぽうだったけど、楢崎・中沢ラインの鉄壁な守りと
選手全員の気持ちで、守りきりましたねー。
最後のハセベ選手の退場と岡田さんの退席はいらなかったけど。

体調が万全ではない選手もそれでも、できる1番のプレーを
心がけていたように見えました。
今までの代表にはシンボル的選手や、個に頼る部分があったけど
今回W杯を決めたチームは選手全員の力という感じがします。
それがいいなぁーって。

ただ、W杯出場を決める試合にピッチ・ベンチにもアントラーズ選手が
1人もいなかったことが、とてもとても残念でした。
篤人の体調不良にはものすごくビックリしました。
ベンチにも、スタジアムにも(TVに映る範囲でも)姿がなかったので
とても状態が心配です。
(スタジアムにはいたのかな?)
終了ホイッスルと直後に岡田さんをとらえたTVに映った興梠くんは
他の周りの選手は大喜びの中、微笑で拍手をしていましたね。
その後はやっぱり阿部選手と一緒にゴール裏に挨拶に行く姿見えました。

試合後のハセベ選手がコメントで
今日に関していえば、この場に立てなかった(田中)達也とか
ウッチー(内田)とか、あとはベンチに入れなかった選手、
今回来れなかったけれど今まで選ばれていた選手とか、
そういう人たちの分も、絶対に勝ちたいと思っていた。
そういう人たちに、少しでも喜んでもらえたらうれしいです。
と言ってくれてました。ちょっと嬉しかった。

いろんな選手が喜びの中
「やっとスタートラインに立ったところ」と、地に足がついたコメントをしてました。
そうです!!
本番まではまだ1年。
これからの活躍で、本番のピッチに立てる可能性はまだまだあるんです。
そして、岡田JAPANはまだまだこれからレベルを上げなくてはいけない!!
これからのW杯までの時間が大切なんですよね!!

出場を決めた選手たちが着ていたTシャツ
「世界を驚かす覚悟がある」
今まではTシャツに否定的でしたが、これは
なんかジーンとしてしまいました。
もう、ホントどんどん涙腺が弱くなってます
拍手する
posted by noyama at 12:05 | Comment(2) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

「帰ってきた中田浩二」というコラム

スポーツナビでは、いろいろなコラムが掲載されるのでサーチ(調べる)チェックしてます。
今日6/4(木)は、浩二くんのコラムがアップされてました。

「帰ってきた中田浩二 右ひざ手術を乗り越えて」というタイトル。
バーゼルより帰国してから、復帰戦までの道のりを、
チーム・監督とのやりとりなど、表には出ていなかったことも
こちらには書かれています。

監督の選手起用についての気持ちが少しわかった気がしました。
浩二くんはまだ「回復してる段階」ということ。
中断期間が浩二くんにとって「+」に働くといいな〜。
浩二くんが膝を気にすることなく、戦える日がくること願ってます。

浩二くんのコラム以外にも、
「興梠ではなく大迫が起用される理由」など
気になるコラムもバックナンバーで読めますよ。
拍手する
posted by noyama at 22:22 | Comment(0) | Antlers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

もうすぐ大ちゃんが帰ってくる!!

すんません<(_ _)> 
いや〜大ちゃんと言っても今回は、「松井」の大ちゃんではなく
フィギュアスケートの高橋大輔選手のことなんです。

「右足膝の前十字靱帯と半月板が損傷」けが後、
バンクーバー五輪を見据えて、手術に踏み切った大ちゃん。
2月くらいTVで、病院を退院してリハビリを始めた姿を見て、
ギャーギャー感動しまして。

でもその後ぷっつり情報がなく。
4月に入って初滑りをしたら「意外と滑れた」とブログで
報告してて、ものすごく嬉しかったんですよるんるん

大ちゃんのブログ更新は、とてもマイペースなので。
いつアップするか、よめませんダッシュ(走り出すさま)

そして5月にやっと更新があって。
ミュージカル「オペラ座の怪人」を見に行ってましたぴかぴか(新しい)

私の中では、大ちゃんと言えば「仮面の男」なんですよ。
2006-2007シーズンのFSは、「オペラ座の怪人」の曲を
使って演技をしたんですよ。
そのシーズン、、グランプリファイナルで日本人男子では
最高順位の2位に入って、ものすごい活躍でした。
だからという訳じゃなくて
「荒々しくも、悲しい」そんな演技が心にグサッと
ささっちゃったんです。

白鳥の湖 hiphop ver.も、ロミオ&ジュリエットも
ノクターンもムーランルージュもみんな素敵だけど
(興味がある方はYouTubeなどで見られるのでぜひぜひ)
やっぱり、私の中で「オペラ座の怪人」を演じる大ちゃんが
今でも1番かも知れません。

「オペラ座の怪人」を見た大ちゃんはずっと泣きっぱなしだったそうです。
『「オペラ座の怪人」を使っていたシーズンを思い出したりもして、
モチベーションも上がってきました』とも書いていたので、
これなら大ちゃんは大丈夫だ!!って安心しましたもん。
そのブログには「もうすぐジャンプも始められる」ともあったから大興奮!!

で、で、で、先週発表があったんですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
2009-2010シーズンのグランプリシリーズの各大会のエントリーがexclamation×2

第1戦目 10/15〜10/18 トロフィーエリックボンパール(フランス、パリ) 
第2戦目 10/22〜10/25 ロステルコムカップ(ロシア、モスクワ) 
第3戦目 10/29〜11/01 カップオブチャイナ(中国、北京)
第4戦目 11/05〜11/08 NHK杯(日本、長野)ひらめき
第5戦目 11/12〜11/15 スケートアメリカ(アメリカ、レイクプラシッド)
第6戦目 11/19〜11/22 スケートカナダ(カナダ、キッチナー)
※グランプリファイナル 12/03〜12/06(日本、東京)ひらめき

細かいルールがあるんですが、かいつまんじゃいますと
上記1〜6戦の中から2試合に出場できるのですが、
それがどの大会になるかで、どの選手とぶつかるかで
かなり順位にかかわってきます!!

女子は
浅田真央ちゃんが第1戦、第2戦にエントリー
キム・ヨナ選手が第1戦、第5戦にエントリー
安藤美姫ちゃんが第2戦、第4戦にエントリー
ということで、初戦から真央vsキム・ヨナの戦いが見られるんですね。

男子は
織田くんが第1戦、第3戦にエントリー
小塚くんが第2戦、第4戦にエントリー
そしてそして、大ちゃんるんるん演劇第4戦と第6戦にエントリーしてますぴかぴか(新しい)
とうとう大ちゃんが、リンクに帰ってくるんですね嬉しすぎ〜

グランプリファイナルが日本で行われるので、
真央ちゃん、織田くんはNHK杯では姿を見ることは
出来ないけど、ファイナルに残ってくれると信じてる。

と興奮して長々になっていますが。
大ちゃんが関西大学で6/14に開催される「氷の甲子園」に出演するって
記事を読んでびっくりしてたのですが、今回は「挨拶のみ」になるそうです。
ちょっと残念ですが、それでも「ジャンプも始めたばかりですし」と!!!!!!!
ジャンプの練習も出来るようになってることが何より嬉しい報告でした。

早く大ちゃんの演技がみたいー。
今から冬が待ち遠しい〜ってまだ夏も来てませんあせあせ(飛び散る汗)

長々お付き合いしてくださった方々ありがとうございます<(_ _)>
拍手する
posted by noyama at 23:30 | Comment(2) | 好きなもの、好きなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

興梠くんの気持ち

ファミマで配布されてる「Famima.com MAGAZINE」7月号に
興梠くんが掲載されるっていうから、早速もらってキター(長音記号1)

20090602.jpg

ちぇー1Pだけかぁー。もう少し突っ込んだ内容だったらなぁバッド(下向き矢印)
それでも、ちょっとだけ、興梠くんの心の中を知れた気がしましたぴかぴか(新しい)
「自分自身を信じて」ってことが1番大きいんじゃないかと
この記事を読んで思いました。

日曜の代表戦では、中々攻撃のチャンスがなくて残念だったけど、
きっと「自分を信じて」やってくれると思います。


拍手する
posted by noyama at 21:11 | Comment(0) | Antlers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

キリン杯ベルギー戦に行ってきた

一夜明けちゃいましたが、キンリ杯ベルギー戦に行ってきた。
P1030704.JPG
 ↑ 岡崎選手がめっちゃ前傾姿勢(笑)

当日券があったら行きたいなぁなんて甘い考えでいたから
「当日券」なんかある訳なくて、そうそう断念してたんですよ。
それが「招待券」を手に入れたと、友達からメールがきて

P1030899.JPG

招待席で今回は観戦する事が出来ましたー。友達に感謝です。
招待席といってもどんなものなのかわからず、ドキドキしながら席に
行って見ると、試合がとても見やすそうな、良い席でしたぴかぴか(新しい)

久しぶりの代表戦なので、ついついハイテンショングッド(上向き矢印)になってました。
試合以外のことも、色々カメラしてきたので一緒に報告しちゃいます。
ムダに長いですが、お付き合いくださいなぁー<(_ _)>

席についてイソイソと腹ごしらえをしてると、大型ビジョンに今野選手。
応援にきたサポーターへのメッセージが流れるんですねるんるん
何年か前にアントラーズもやってて、楽しみにしてたの思い出しました。

次は篤人
P1030579.JPG
 ↑ 良い表情の時をおさえられなかったたらーっ(汗)

最後は長友選手&俊輔選手
P1030583.JPG
もうそれは、芸人さんのような扱いで。NGテイクから流されていたよあせあせ(飛び散る汗)
2人の絡み方が面白くて、国立に拍手わいてたもん。
いいのかいいのか、そんなキャラになってて中村俊輔(笑)

その後、選手がアップに出てきた
P1030630.JPG
色々な中継などがあるらしく、城さんや芸人さんの姿がピッチの外にちらほら。

スタメン組は手前でアップを初め
P1030638.JPG
そこはねぇ、年下の篤人がせかせかとドリンクを運んだりしてたのが、
かわいらしかったな。(注:運び方はかわいくはなかった)

その頃サブ組は
P1030647.JPG
興梠くん、本田(圭)選手遠いよぉバッド(下向き矢印)

P1030649.JPG
篤人は、代表でも楽しそうでしたー

選手が一旦下がると、選手紹介が始まって
P1030683.JPG

P1030693.JPG

アントラーズ戦士2人はこんな感じ。
なんでみんな斜に構えてるのかな?っていつも疑問。
ちょいビビったのが

P1030688.JPG
あはははーたらーっ(汗) 眉間にシワ・・・迫力あり過ぎですはい。

再び、選手登場での記念撮影では
P1030701.JPG
子供たちは緊張気味でしたけど、そこがかわいかった。

キックオフの笛の前に、選手コールがありますよね。
P1030711.JPG
P1030712.JPG
篤人の挨拶はこんな感じ。

ジャカジャンるんるん
P1030714.JPG
俊輔選手はこんな感じ。「生」俊輔選手、かくかくしかじかお初です。

キックオフまでが長いって<(_ _)>

序盤から攻撃をしかけてましたが、背が高く足が長いベルギーに
途中でパスをひっかけられたりで簡単には得点は出来ず。
ケンゴ選手の縦スルーパスに、サイドをかけ上がってきた長友選手が
キレーにゴールを決めた先制点。
P1030721.JPG
シュートは空に向かったコースだったので、ゴールの上に突き刺さる感じだった。

みんながグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)時に
P1030725.JPG
あ、篤人ダッシュ(走り出すさま)

その後すぐに、ケンゴ選手が技ありのゴールを決めてくれました。
代表と言うと、俊輔選手・ヤット選手ってものすごい存在だけど
ケンゴ選手の味があるプレーもとても見どころですよね。
得点が入ったからが、ガクっと動きがなくなるからびっくり。
それでも前半は2点リードで終了。

ハーフタイムにサブ組が、アップに登場
P1030727.JPG
阿倍選手と興梠くん全く同じタイミングで振り返ってるよexclamation×2

後半最初から選手交代があって
俊輔選手→本田(圭)選手、ハセベ選手→橋本選手。
俊輔選手は万全ではないけど、足元が抜群にうまかった。うなった。
同じくらいうなったプレーを見たのがハセベ選手。
悔しいけど、やっぱり海外で戦ってるだけあるよ。
身体が強いし、読みも早いし、いて欲しいとこにいたもん。

後半も攻撃を仕掛け、早い時間で追加点を奪えた。
岡崎選手のダイビングヘッド。
大久保選手からボール、びったんこだったー。
P1030746.JPG

3点目が入ったとこで、ヤット選手→阿部選手を投入。

そしてとうとう興梠くんが呼ばれたーひらめき
P1030748.JPG

胸がまだ痛いって言ってたから、この試合では見られないかも。
と思っていたので、ホッとしたー。

P1030755.JPG

そして交代するのは

P1030762.JPG
ケンゴ選手。

俊輔選手、ヤット選手、ケンゴ選手と中盤でボールが持てて
さばくこともでき、攻撃も出来る選手がどんどん交代していった。
出来れば1人はピッチに残して欲しかったなぁ。

岡崎選手→矢野選手、闘莉王選手→山口選手の交代があり、
これで全ての交代枠を使った。

中盤でボール支配が出来ず、なかなか前線にボールが出ない。
その中で、矢野選手のゴールを奪ったー
P1030777.JPG

でもその直後、ピッチに倒れてる大久保選手を見て、驚いた。
興梠くんが気がついて近づいて、すぐベンチに伝えてた。
1度ピッチから出て様子を見て、再度ピッチに戻ったけど、
やっぱり違和感があるみたいで、そのままピッチを出て。
やるさなさいっぱいの顔してた。

交代枠を使い切っていたので、10人のまま戦うことになったけど
相手にゴールは許さず4-0で勝利しました。

試合直後篤人は
P1030791.JPG
抜けがらになってたー。

興梠くんは
P1030808.JPG
阿部選手とワイワイしてて。
それにしても本田(圭)選手の肉体美ぴかぴか(新しい)は、目のやり場に困ったよ。

P1030819.JPG
小ヤギちゃん(山田選手)とオオカミくん(槙野選手)の意外な黒ハート感じも見れたー

P1030828.JPG
招待席は、選手がちょくちょく誰かを探してるので、視線を感じましたーあせあせ(飛び散る汗)

P1030849.JPG
阿部選手と仲良しだった

P1030855.JPG
メインスタンドに挨拶

P1030862.JPG
どんどん選手が集合して

表彰式?記念撮影が始まった
P1030869.JPG
なんだかわからんポーズやら

P1030872.JPG
背後から岡崎選手を狙う、怪しい足やら

P1030873.JPG
ホントにいじられキャラな、岡崎選手だったり。

P1030877.JPG
篤人が今野選手と揺れるハートでかわいかったり・・・

楽しそうな代表選手をたくさん見てきました。
ウズベキスタン戦はこんな風には行かないと思ったほうが良い。
それはわかっている。でも代表選手を信じてTVの前で応援します。
拍手する
posted by noyama at 23:59 | Comment(4) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。